鉄道

2017年5月16日 (火)

SLばんえつ物語号 by 一ノ戸川橋梁

一ノ戸川橋梁で『トランスイート四季島』を撮影した日(5月7日)、折角なので同じ場所で『SLばんえつ物語号』を撮影しました。
今までだとSLを追っかけ、野沢駅付近など4~5ヶ所で撮影していましたが、この日は朝早くから四季島を撮影して疲れていたので、一ノ戸川橋梁で撮影開始です。

通過30分前に到着しましたが、他に1名しからおられず?
Phimg_0664
通過直前になって10数名になりましたが、皆さん早朝の四季島狙いだったのか?この日のカメラは閑散としていました。
定刻、煙を上げてやってきました。
Phimg_0668_2


Phimg_0677
最新型の四季島もいいですが、SLは何度見ても体全体で鉄を感じます。Phimg_0679
帰路、姥堂駅付近でSLに追いついたのでパチリ。
Phimg_0682
田んぼに水が入ったら、写真的には最高なんだけど・・・
Phimg_0683
また来なくっちゃネ。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

トランスイート四季島 by 喜多方駅(2)

駅舎に直結している1番ホームに停車している四季島を撮影するために、跨線橋を渡って2番線側へむかいます。

▼新潟方面、1号車、2号車、3号車をパチリ。2号車屋根のパンダグラフがすでに上がっています。
Phimg_0604
▼昨日紹介した5号車(ラウンジカー)と黒色に塗装されている大型のエントランスドア。
Phimg_0607
▼先頭の10号車から編成全体を収めておきます。
Phimg_0613
▼先頭が印象的です。(個人的には、連結器を隠せなかったのかな?と思うのです)
Phimg_0614
▼自分の姿も入れて。
Phimg_0621
▼運転横の小窓、内側へ開けるんですね。
Phimg_0625
▼一ノ戸川橋梁で撮影した野沢駅までの回送列車。野沢駅6時14分発の列車として喜多方駅にやってきました。
Phimg_0626
▼キハ40形(東北地域本社色)と四季島の顔合わせ。
Phimg_0630
▼7時11分喜多方駅発となる下り新津行列車がやってきました。キハ48形(新潟色)と顔合わせ。
Phimg_0639_2
▼7時11分定刻に下り普通列車が出発です。
普段は駅舎側の1番ホームを使っているようですが、1番ホームは四季島に譲って2番ホームの利用となったようです。
Phimg_0642
▼7時12分 定刻とおり四季島も会津若松駅に向かって出発です。
Phimg_0649
後姿も凛々しい。
Phimg_0652
この先も沿線に沢山のカメラが待っていることでしょう。
Phimg_0654
▼見送り用の四季島のロゴ・マーク入り旗を頂いてきました。係のvirgoさん、ありがとさんでした。記念に大事にします。
Phimg_0658

四季島は会津若松駅に4時間程停車して、お客さんは朝食や会津若松市内の観光を行ったようです。
会津若松駅~郡山駅間の磐越西線で、磐梯山をバックに四季島を撮影しようかと悩んだのですが、この日(7日)は黄砂の影響で山々が霞んでいるし、猪苗代駅通過が昼ごろになるので、条件の良い日に挑戦したいと思いこの日の四季島撮影はこれで終わりです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年5月10日 (水)

トランスイート四季島 by 喜多方駅 (1)

豪華寝台列車『トランスイート四季島』
一ノ戸川鉄橋で撮影後、運行予定では喜多方駅で50分停車するとのことだったので、喜多方駅へ車を走らせました。

居ました!
駅併設の有料駐車場からの眺めです。
シャンパンゴールドの車体と先頭部分のブラックがいいですね。
Phimg_0576_2
喜多方駅のホームには10両編成全体は入らないんですね。
最後尾車両1号車の横顔(新津~会津若松駅間は先頭が10号車になります)
Phimg_0579_2
フルで『TRAIN SUITE 四季島』と表示するんですね。
Phimg_0587
駅員さんに確認したら入場券を購入してホームへ入るのはOKとのことでホームへ。
喜多方市長はじめ偉い方々?が勢ぞろいしてお客さんをお出迎え。
5号車(ラウンジカー)の大型のエントランスドアから出入りさせているんですね。
Phimg_0597
先頭の10号車。
ピッカピッカですね。
Phimg_0589
9号車から1号車方面をパチリ。先が見えない!
この列車で旅行された方は17組29名(最大利用17組34名)のお客様だそうです。
Phimg_0590
5号車のラウンジ内
Phimg_0598
5号車の窓間から見えた喜多方の駅名票と・・・ガラスに写ったしゅうちゃん(*゚ー゚*)
Phimg_0599
駅外の風景がハッキリ写っています。
Phimg_0601
反対側ホームからも撮りましょう!
上からの眺め( ̄▽ ̄)
Phimg_0602

何故『喜多方駅』で50分停車するのか?でした。
それは四季島の動力に関係するとのことです。四季島は電車(青函トンネル内も走行可能)とディーゼル車との両方の機能を持っています。なので、JR東日本の大半と青函トンネル、JR北海道の在来線を走ることが出来るんです。
磐越西線新津駅~喜多方駅間は非電化区間のため、ディーゼル発電機(*注意)で走ってきた四季島、ここ喜多方駅からは電車として走るための切り替えを行うのに停車が必要とのことです。
でもこの後、会津若松駅で4時間も停車するんだから、会津若松駅までディーゼル発電機で走ればいいのに?と思うしゅうちゃんです。

(*注意)四季島の場合、ディーゼル発電機で発電しした電力で駆動するそうで、キハと呼ばれる一般的なディーゼル車とは違う駆動方式だそうです。

(つづく)

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

一ノ戸川橋梁で四季島を

JR東日本が5月1日デビューさせた、豪華クルーズトレイン『TRAIN SUITE 四季島』。
3泊4日のコースでは東北本線を北上し北海道へ向かったので、福島駅を通過したのですが、福島駅到着が午後8時15分と夜間のため撮影を断念。
1泊2日コースは、上野駅~(常磐線・武蔵野線・中央本線・篠ノ井線)~姨捨駅~(しなの鉄道・えちごトキめき鉄道・信越本線・磐越西線)~会津若松駅~(磐越西線・東北本線)~上野駅。
しかも会津若松駅到着が朝7時30分頃と発表されていたので、あそこで撮影しなくては!
あそこ=喜多方市山都駅近くにある一ノ戸川橋梁、へ向かいました。
Map20170507
一泊2日コースは5月6日(土)上野駅出発が初日なので、撮影は5月7日(日)早朝。
一般道利用で喜多方へ向かう場合、最短距離だと福島から国道115号利用なんです。
でも国道13号で一旦米沢へ出て国道121号で喜多方へ向かった方が10㎞程遠くなりますが、早朝であることと・走りやすさ・信号機の少なさ等から到着時間は圧倒的に早くなります。

自宅を午前3時半に出発、順調に走り1時間後には米沢を抜けていました。
大峠付近は、道路そばに雪が残っていました。
Php5070257
山都駅近くでは雲海も見ることが出来ました。
Php5070259
一ノ戸川橋梁へ5時30分過ぎに到着。
すでにカメラ・カメラ・・・下の写真以外にもあちこちにcamera
Php5070260
準備していたら、時刻表に乗っていない列車が下って行きました。
野沢駅始発の上り列車になる車両の回送列車(キハ40系只見線用)だったのですね。あとでこの車両に再び出会いました。
Phimg_0556
一ノ戸川橋梁を撮影。何度見ても趣きありますよね。
Phimg_0559
下り始発列車がやってきました。5両編成と長い編成にビックリ、終点新潟駅着が8時19分となるので、通勤通学で混雑するんでしょうね。
(キハ100系4両+キハE120系1両)
Phimg_0560
6時2分 四季島がやってきました。
Phimg_0565
先頭車両がカッコいいです。
Phimg_0567
10両編成全体を撮影することが出来ました。
Phimg_0572
非電化区間を走る四季島goodでしょう。
さて、近くから見ましょう。
(つづく)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

青森・秋田 花火・桜・鉄の旅(4) 芦野公園・浅虫温泉

4月27日 弘前公園で桜を堪能した後、国道339号北上していたら、今回の旅行で初めての道の駅に遭遇です。
鶴田町にある『道の駅つるた 鶴の里あるじゃ (詳しくはこちら)』
Php4270123
鶴田町って、ツルツルの頭に、紐のついた吸盤をつけて引き合うイベントが開催される町でした。
Php5020246
スタンプにもある、鶴の舞橋に立ち寄ってみました。
廻堰大溜池(津軽富士見湖)から見る岩木山(津軽富士)。
Phimg_0205
そして、平成6年に日本一長い木造の橋として作られた『鶴の舞橋』
朝晩に撮影するのがいいみたいです。
Phimg_0201

さらに北上し、五所川原市内で昼食時間に。
農産物直売所内に併設されている『じょっぱり食堂』で食べました。
ミックスフライ定食880円(5種類のフライから2種類を選べました。エビフライ・カキフライをチョイス)
Php4270125

国道339号をさらに北上し、金木町へ向かいます。
芦野公園の桜も見頃とのことだったのと
Phimg_0213
traincherryblossomのコラボ写真を撮りたかったので。
Phimg_0214
↓オイオイ、そこで写真を撮っちゃダメでしょう!
Phimg_0216
到着後、時刻表を見たら電車は行ったばかりweep
寄り道しすぎてました、時刻表を確認してから出かけましょうcoldsweats01
Phimg_0210
次の列車まで2時間弱、列車が無くても、いいネ!なんちゃって。
Phimg_0211
後ろ髪をひかれながら駅を後にしました。
金木町と言ったら、太宰治記念館『斜陽館』、の前を通過。
Php4270128

この日の宿泊、弘前近辺では予約が取れなかったので、少し離れた竜飛崎を予定して一旦予約を入れたのです。
でも直前になって、国道339号の冬季閉鎖から再開通になるのが訪ねる数日前!
ノーマルタイヤに交換済だし、5月になっても雪が降る年もある場所なことにびびってしまい、ちょっと遠いけど青森市の市街地に近い浅虫温泉に変更しました。

国道101号・7号・4号と走って、16時前に浅虫温泉到着。
今回予約したのは、「ホテル秋田屋」。
▼正面に見える6階建ての建物で、手前に国道4号、奥に旧東北本線(現あおい森鉄道)に挟まれていました。
Phimg_0221
▼右奥に見えるのが、浅虫水族館
Php4270145
部屋から見える、あおい森鉄道の車両を撮ったのですが、設定を間違えたようです。
Phimg_0219
再上階のお風呂からの眺めは最高。
Php4270131
露天風呂?もあります。
Php4270141
夕焼けも綺麗に見えそうですが、夕食前に疲れてひと眠りしちゃいました。
Php4270133
夕飯は、今どき珍しい部屋出しです。
Php4270148
beer1杯飲みながら食べていたら、食べきれずチョッピリ残してしまいました。
Php4270150

朝食は、大広間で頂くのですが、床の間から見える外の景色にビックリ。
Php4280152
ホタテの貝焼き卵とじがgood
Php4280151
翌朝、浅虫温泉の海岸を散歩。
Phimg_0229
陸奥湾越しに見る青森港と岩木山。
岩木山の存在感、すごいですね。
Phimg_0230
そうそう1泊一人9180円、コスパ的には大満足でした。

秋田へ向いましょう。
(つづく)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年4月20日 (木)

桜と鉄

16日(日)、レトロ花めぐり号(『ED75+旧型客車5両』が仙台~郡山間で運行)の撮影に再挑戦してきました。
先日15日(土)に撮影した分はブログで紹介させていただきましたが、納得できなかったので。
15日(土)は、↓写真の左側のcherryblossomの場所で撮影しました。
Phimg_9577
この日は、天気も良くて吾妻連峰も綺麗に見えていたので、遠景での撮影にしました。
Phimg_9581

場所を移動して、いつもの大カーブ(奥羽本線庭坂地区)へ。
到着したのは1時間に上下1本しか走っていない時間帯。
まだ桜は咲き始めかなと思ったら満開。
しかも車を降りたら、すぐに山形新幹線がきちゃいました(´Д`;≡;´Д`)アワアワ。
Phimg_9616
上の写真を何とか撮影していたら、目の前に新幹線が!!!!
愛車に写る「E3系つばさ」の奥に桜が。
Phimg_9618
吾妻連峰に桜。
Phimg_9624

帰りに福島駅付近を車で走っていたら、ちょうど下り山形新幹線が出発する時間なので、パチリ。
Phimg_9648
天気がいいと、撮影していても気持ちがいいです。

17日(水)は宮城県南部にある一目千本桜へ行ってきました。
ここは白石川沿いに桜並木が続いていますし、近くの船岡城跡も桜の名所になっています。
Phimg_9667
桜並木に沿って東北本線が走っています。
Phimg_9735
一目千本桜の観覧記は後日アップしますが、traincherryblossomは別館でアップしています。

桜と鉄の写真は、 『信夫の郷にて(花火別館)』 にても公開していますので、是非お立ちより下さい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

浜通りの桜(2) 涼ヶ岡八幡神社&今野畜産&夜ノ森

昨日は夜になって雨が降り始め、朝方には雨が上がっていたので、天気予報で注意されていた豪雨だったのかな?

4月14日、福島県の太平洋沿いを南下したドライブの続きです。
相馬市と南相馬市を結ぶ県道35線沿いにある、涼ヶ岡(すずみがおか)八幡神社へ。
以前この県道を通って気になっていた場所、県内の桜名所でも紹介される場所で初参拝です。
Phimg_9415
朱塗りの神路橋を渡って、桜並木の参道を歩いていくと、
Phimg_9432
右手に本殿が見えてきます。
Phimg_9423
大きな神社でビックリです、1695年に相馬中村藩主相馬昌胤公によって、現在の社殿が造営されたそうです。
Phimg_9431
残念ながら御朱印を書ける方が外出中とのことで、印刷の御朱印をいただいてきました。
Phimg_9471

国道6号に出て南下します。
道の駅南相馬で休憩。桜&こい幟のコラボもいいですね。
Php4140595

さらに南下。
国道6号はずれ、常磐線磐城太田駅前へ
Php4140597
昨年7月、原ノ町駅~小高駅間の運転再開によって営業再開した駅です。
除染作業でピッカピカになったのかな?
Php4140599
そんな駅の近くにある『今野畜産直売店』で買い物をするために立ち寄りました。
ブログ友のggさんに教えられたお店。
Php4140596
右側のカレーコロッケ(@75)が普通(といっても大き目)の大きさで、左側にあるメンチカツ(@85)が、とっても大きくてリーズナブル。
次から次と車が停まります。皆さん大量買いしていきます。
Php4140619
この日の夕食になりました。
もちろん、美味しかったです。近くを通ったらまた寄りま~す。

先日、帰還困難区域の再編がされましたが、未だに二輪車や歩行者は通過できない区間があります。
Php4140603
左折したら福一です。
Php4140605

先日一部地域の避難指示が解除された富岡町。
▼道路の左下は常磐線なんですが、路盤が崩れた場所もあり再開通までは、あと数年はかかりそうですね。
Php4140607
線路の反対側は帰還困難区域です。
Php4140610
夜ノ森駅、常磐線の復旧工事のため除染作業が進められていました。
この駅はツツジが有名だったのですが、6000本近いツツジは線量が高いため伐採したようです。
Php4140611

富岡町の桜といったら、夜ノ森地区の桜並木が有名。
震災前には、夜桜見物に何度も訪ねたことがあります。
Phimg_9438
でも・・・この先にあるバリケード。
Phimg_9436
そこから先は帰還困難区域。
桜並木全体の8割は、まだ入れない場所。そんな場所でも花を咲かせています。
Phimg_9440
桜並木の下で愛車の記念撮影。
Phimg_9449

(つづく)

≪備忘録≫
昨日雨が降る前に夏タイヤに交換してもらいました。
Php4170016
今シーズン(11月末から)冬タイヤでの走行キロは、3,192㎞でした。
前年と併せて冬タイヤでの走行キロは6200㎞になります。

今年は、もう雪は降らないだろう・・・・たぶん。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年4月15日 (土)

花見山2017 桃源郷(3) & レトロ客車

4月12日(水)花見山近辺の報告も最終です。
市内を歩いていると、満員の花見山へのシャトルバスを見かけます。
沢山の観光客が訪れているようです。
三春の滝桜も咲き始めたようで、こちらは来週後半が見頃になるのでは?と思います。

今シーズン何度を散策している、花見山を見渡せる場所も桃源郷です。
Phimg_9357
「花見山桃源郷展望コース」だったのですね。
Phimg_9360
写真では伝えられないのが残念ですが360度、桃源郷です。
Phimg_9363
遠くに見えるのは、花見山の西側に見える斜面です。
Phimg_9366
葉っぱが出始めた桜の向こうに見えるのは福島市街地です。
Phimg_9368
花見山の頂上付近までピンクに染まっていますので、今週末は見頃になっているのでは?
Phimg_9381
▼左側が花見山です。
Php4120558
出来たら、来週中旬にも再度訪問したいと思っています。
 

JR東日本の春の臨時列車の情報を見ていたら、今日15日と明日の2日間、レトロ花めぐり号として『ED75+旧型客車5両』が仙台~郡山間で運行されることを知り、いつもの場所へ。
Phimg_9483
その筋の専門家が10数名いらっしゃいました。
試し撮りしている時は良かったのですが、だんだん雲行きが怪しくなり真っ暗に。
Phimg_9484
雨は降りませんが、オラの技量では茶色の車両は上手に写せません。
Phimg_9491
明日も別アングルで狙ってみようかな?coldsweats01
Phimg_9492

|

2017年4月 4日 (火)

福島交通飯坂線1000系

信夫山の西側の山裾を走っている福島交通飯坂線。
4月1日から新型車両1000系(元東急1000系)が走っているので、寄ってみました。
Php4020440
▲美術館図書館前駅~岩代清水駅間
上の場所で撮影したかったのですが、新型車両が来る確立が3分の1(6編成中2編成のみ1000系)でこの日は所用がったので福島駅方面へ歩きながら通過する列車を待ちました。

▼美術館図書館前駅
Php4020442
丁度やってきたのが1000系でした。
Php4020445

Php4020446
中間車を先頭車両に改造しているので顔つきは違いますね。
Php4020449
▼曾根田駅~美術館図書館前駅間の森合ガード付近
福島駅で折り返してきた車両に出会えました。
Php4020451
来年秋までには全編成が1000系に置き換えられる予定です。

▼福島駅前の花時計
Php4020453
福島駅まで2㎞以上歩いちゃいました。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2017年2月22日 (水)

JR東日本E655系電車 なごみ(和)

昨日はsun晴れたりsnow猛吹雪きになってホワイトアウト状態になったりの繰り返し。
さすがに散歩へは出かけられず一日家の中で過ごしました。

さて 
大失敗!! の話

先日郡山市へ行ったついでに、JR東日本の郡山工場の近くへ行ってみたら、見たこと無い車両が?
Phimg_8668
急いで車を駐車して工場横の踏切に向かいました。
Phimg_8676_3
手前の郡山工場への入場線を・・・スイッチャーが・・・
(このスイッチャー、福島市内に工場のある協三工業製だそうです)
Phimg_8681
工場から引っ張ってきたのは、常磐線で活躍するE531系車両でした。
2階建てグリーン車も付いていました。
2階建て部分の下部は線路ギリギリですね。
Phimg_8683
通常10両編成のE531系、点検スペースのため半分に分割して試運転しているのかも?
Phimg_8686

そんなことより、茶色の電車は・・・
東北本線の踏切へ向かいます、下り線を水郡線のキハ130系が通過していきます。
Phimg_8689
郡山駅方面をのぞくと止まっています。東北新幹線高架には山形新幹線車両が居ました。
Phimg_8693
郡山工場の試験用線路?を往復しているみたいです。
帰宅後調べたら、E655系電車 なごみ(和)じゃないですか・・・・
忘れっぽくなって困ったもんです。
この車両は日本に一編成しかなく、中間に特別車両(皇族が使用する車両)一両を組み込むことでお召列車として使用される車両でしたcoldsweats01
特別車両を除いた編成は、ジョイフルトレインとして利用されており、年に数回運用されているようです。
全検で郡山工場に入っていたようです。
Phimg_8703
ピッカピッカに磨きあげられています。
Phimg_8706
編成全体を撮影しておけばよかった、大失敗でした。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧