鉄道

2017年7月20日 (木)

会津へドライブ(1) GO!

17日(月 祭日)てんえい商工祭の花火を見る前に会津方面をドライブすることにしました。
▼国道115号土湯峠越えで猪苗代へ向かう途中、あづま運動公園に立寄ってみました。
この日は高校野球の試合が行われていましたが、私がよりたかったのは
Phimg_2218
満開だというヤマユリ園
Phimg_2217

Phimg_2210
▼この黄色い花は何?調べたら『ヤブカンゾウ(ユリ科)』でいいのかな。
Phimg_2215

▼国道115号の旧道沿いにある照南湖のスイレン
6月中旬に訪問報告して以来です、この日も長~い望遠を付けたcameraが数台おられました。Phimg_2227
綺麗なんだけど、どう写すか悩む花です。Phimg_2224

この日は雲が多く吾妻小富士は顔を見せてくれませんでした。Php7160649

この日は、久しぶりに猪苗代のどら焼専門店「どらや製菓」さんへ立ち寄ってみました。
▼国道115号を猪苗代方面は走って、国道459号の分岐交差点の少し先を左折して養蚕集落へ入っていきます。
Php7170651
こんな所に店があるの?という場所です。Php7170653
この日は三色どら焼(150円別)をゲット
Phimg_2246
つぶ餡&生クリーム&カスタードクリームの三層です。Phimg_2247
会津若松市内にもお店を出したようですね。
お店のホームページです。(どら焼きのどらや
会津磐梯山銘菓とうたっているので、磐梯山を見ながら頂きました。
Phimg_2253
(つづく)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年7月15日 (土)

福島トンネル

今日15日は群馬県玉村町で明日16日は茨城県境町で花火好きにはたまらない花火大会が開催されます。
多くの花火愛好家の方が連チャンで楽しんでいるんでしょうね。
オラも行きたいとは思うけど・・・歳なのか?・・・連日の暑さで関東圏まで車で出かける気力が出ません。
日中の催しなら何とかなるけど、花火大会は夜なので段々きつくなってきましたcoldsweats01
ネットにアップされた動画で楽しみましょう。

さて
『福島トンネル』と名前がつくトンネルは、東北本線、東北新幹線、東北自動車道にあります。
その中でも、東北新幹線の福島トンネルは東北本線の安達駅付近から南福島駅付近まで11.7㎞と長いトンネルとなっています。
Map20170623a
▼手前側が福島トンネルの東京側(南側)の入口となります。
Phimg_1665
福島駅の手前に大きな山が有るわけでは無く、福島は盆地で周辺に比べて100m以上の高低差があるため、東京方面からはこの長大トンネル内が坂となって福島駅へ繋がっているんです。
▼上り新幹線がトンネルを抜けてきて、東京方面へ向かっていきます。
Phimg_1649
この東京側の入口へ来たのは初めてです。
▼下り新幹線が、福島トンネルへ入っていきます。
Phimg_1662
▼場所を変えて、トンネルの下り線側から撮影をしてみます。Phimg_1675
▼下り新幹線が、福島トンネルへ入ってきます。
こちら側からの撮影の方がいいかな?
Phimg_1683
福島トンネルから出てくる時(上り新幹線)は、音で判るのでタイミングはとり易いけど、下り列車は見えているけど難しい。
Phimg_1695
でもこの場所、車も停めれるし、季節毎に来てみたいですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

山形新幹線開業25周年記念号(2)

E3系リゾート新幹線「とれいゆ つばさ」が新幹線ホームに入ってくるのは、基本的にはありません。
Phimg_2002
僅か2分程の停車時間で出発しちゃうんで、一番前まで移動出来ませんでした。
Phimg_2005
▼14番ホームから東京駅へ向かって出発。14番ホームは上り下り列車共通で使用するので、下り本線を逆走して東京方面へ向かいます。
Phimg_2007

Phimg_2012
100m程走って、上り線に移動。
Phimg_2023
新幹線車両なのに、普段新幹線区間を走らない車両、この日は沿線には多くのカメラが待ち構えていたようです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年7月 7日 (金)

山形新幹線開業25周年記念号(1)

今日は7月7日七夕ですね、でもこっちでは七夕祭りは月遅れの8月になってからです。
天の川って見れるのかな?と調べたら・・・街中の明るい所では見れないし今日のようにfullmoonでも見れないとのこと。
この歳になって、知ることが多いです。

ところで山形新幹線は、7月1日に開業25周年を迎えました。
記念して、E3系リゾート新幹線「とれいゆ つばさ」を使った団体専用列車が7月1日に運行されました。
福島駅発が10時1分なので15分前にホームに上がってみました。
Phimg_1958
『とれいゆ つばさ』は新幹線車両なんですが、普段は福島駅~新庄駅間を運行しており、福島駅では地上駅の奥羽本線ホームを使っているので、この新幹線ホームに上がってくることも無ければ、東北新幹線区間も走行しないんです。
詳しく、以前のこちらの記事を参考にして下さい

▼ホームに上がったら、9時48分 上りはやぶさ10号+こまち10号が通過していきました。
Phimg_1963
帰宅後、写真を見たらsign01
JR東日本のE5系新幹線と同じ、JR北海道のH5系新幹線でした。
(帯の色とマークが違っていました)
Phimg_1964

▼9時49分 つばさ127号山形行(E3系)が出発して行きました。
Phimg_1968
▼9時50分 分割されたやまびこ127号仙台行(E2系)も出発していきました。
Phimg_1973
この日撮影に選んだのは渡り線が見易い、上りホーム。
9時56分 山形新幹線の渡り線の先に「とれいゆ つばさ」が見えてきましたが・・・
Phimg_1976
ホームのアナウンスで『下り列車が通過します』!!!
思わず『まずい』coldsweats01
Phimg_1988
▼下り はやぶさ7号(E5系)+こまち7号(E6系)がやってきてしまいました。
Phimg_1990
う~~
Phimg_1991
完全に隠れてしまいました。
Phimg_1992
でも、はやぶさの通過は速い。
頭どうしをなんとか撮影出来ました。
Phimg_1993
全体も撮影できました。
Phimg_1995
(つづく)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年7月 4日 (火)

大曲駅

大曲の観覧席について少し説明しておきます。
▼の上部が打上方向になります。そして1ブロック~7ブロックと表示されている部分がA席で1マス(定員6名)23000円、後方の茶色の部分が堤防の斜面でC席(定員5名)15000円、A席の両側にあるのがP席(イス席1名)3000円、さらにその外側が有料自由席で1000円となっています。
Php7040577
もちろん花火ですから、反対側からも見えますので、無料で見ることが出来ますが、やはり見るなら会場で見たいものです。
A席・C席・P席を合わせた定員は13万人を越えるようで、販売総額は4億円越えになるようです。

今回、大曲花火の有料観覧席券を確保するために車を駐車したのは、大曲駅の近く。
折角なので大曲駅を探索することにしました。
Php7020533
駅前には、花火玉を模したオブジェと大曲花火(全国花火競技大会)までのカウントダウン表示が。
Php7020535
さてそんな大曲駅は、福島駅~秋田駅を結ぶ奥羽本線の中間駅であるのと、大曲駅~盛岡駅間を結ぶ田沢湖線の終点駅となっています。
現在は、盛岡駅~大曲駅~秋田駅を結ぶミニ新幹線の秋田新幹線の停車駅となっています。
しかも下記地図のとおり、盛岡駅から秋田駅へ向かって走ってきた新幹線車両は、ここ大曲駅で方向を変え(スイッチバックして)秋田駅へ向かうことになるんです。
Map20170702a
そんな秋田新幹線が停車する11番・12番ホームにE6系新幹線車両が停車しています。
Php7020546
12番ホームの秋田駅行が先に出発して行きました。
結構無理してホームを作ったことが判るくらいに先頭部が極狭です。
Php7020548
ホームの先端部に立っていて大丈夫なのか心配になる狭さです。
Php7020552
盛岡駅経由東京駅行のこまち号が出発していきました。
Php7020553
こまちの右側に写っているのは・・・?保守用車両なのかな?
Php7020555
▼こまちが2本とも出発してしまった新幹線用ホーム。頭端式ホームとなっており線路は行き止まりとなっています。
右側のホーム3番線は大曲駅~盛岡駅間を結ぶ田沢湖線の普通列車用です。
Php7020557
▼上の写真の左側に写っている『ホキ800貨車(ホッパ車)』が4両も留置きされていました。
線路幅を見ると狭軌なので、奥羽本線の保守用なのかな??
Php7020560
▼奥羽本線用のホーム(奥が秋田方面)で、写真左側が1番線秋田方面、右側が2番線横手・新庄方面となっています。
かつては上野からの特急列車が走っていたこともある奥羽本線の駅、ホームは無駄に長~~いです。
Php7020562
▼駅の東西を結ぶ通路から秋田方面をパチリ。秋田新幹線用の標準軌と奥羽本線用の狭軌のレールが北へ向かって伸びています。
Php7020564
▼奥羽本線の秋田駅発湯沢駅行普通列車(701系車両)がやってきました。
Php7020566
楽しい鉄分補給も出来ました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年6月29日 (木)

福島駅の新幹線ホーム(2)

10時4分 E4系による東北新幹線開業35周年記念号を見送った後も、新幹線ホームに残って撮影を続けました。

▼10時7分 14番ホームに上り『やまびこ132号 東京行(仙台9時41分発)』E2系が入ってきて大きな口を開けて待ちます。
Phimg_1778
10時12分 同じく口を大きく開けて、E3系『つばさ132号 東京行(山形9時3分発)』が14番ホームにやって併結されました。
併結作業は人気があります。
Phimg_1783
10時13分 やまびこ132号+つばさ132号が東京へ向かって出発していきました。
Phimg_1786
駅を出た先で、下り線から上り線へ移っていきます。
Phimg_1793

▼10時21分 下り『やまびこ43号 盛岡行(東京8時48分発)』が13番ホームに入ってきました。
福島駅での停車時間4分の間に、下り『はやぶさ9号新青森行 + こまち9号秋田行 (東京9時8分発)』が通過線を高速で通過します。

E6系どうしの2ショットを1枚。
Phimg_1800
E6系とE5系の2ショット
Phimg_1807
10時25分 やまびこ43号が仙台へ向かって出発していきました。

▼10時26分 上り『はやぶさ46号(新青森8時20分発)+こまち46号(秋田7時37分発)東京行』が網スピードで通過。
Phimg_1828
上りホームへ移動するため一旦コンコースへ降りたら!駅弁屋が出来ており、米沢の「牛肉どまんなか」も販売していました。
Phimg_1831
 
上りホームへあがったら、14番線から10時33分発下り『つばさ129号 山形行(東京8時56分発)』E3系が出発して行くところでした。 
Phimg_1832
▼10時34分 上り『はやて114号 東京行(盛岡8時57分発)』E2系が通過していきました。
E2系の『はやて』もあるんですね、ビックリです。 
Phimg_1833
▼10時34分 14番線から分割された下り『やまびこ129号 仙台行(東京8時56分発)』E2系が出発。 
Phimg_1836

▼10時43分 14番線に下り『やまびこ131号仙台行+つばさ131号新庄行(東京9時24分発)』E2系+E3系がやってきました。
Phimg_1839
▼10時44分 12番線に上り『やまびこ134号東京行(仙台10時24分発)』E2系が入線です。 
Phimg_1844
10時48分 分割された下り『つばさ131号』が14番線から新庄へ向かって出発。 
Phimg_1845
▼10時48分 下り『はやぶさ11号新函館北斗行(東京9時36分発)』E5系が通過線を猛スピードで駆け抜けます。 
Phimg_1853
その先には、福島駅を出発したばかりの『つばさ131号』が見えています。 
Phimg_1859
 
Phimg_1860
▼10時48分 上り『はやぶさ12号(新函館北斗7時34分発)+こまち12号(秋田8時10発)』E5系+E6系が通過です。 
Phimg_1868
12番ホームに停車中のE5系と通過線のE6系。 
Phimg_1872
10時51分 14番線から分割された下り『やまびこ131号』が仙台へ向けて出発です。 
Phimg_1884
1時間チョットで何本の新幹線に出会っただろう?
入場料140円で、楽しい時間を過ごせました。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年6月28日 (水)

福島駅の新幹線ホーム(1)

6月24日(土) E4系による東北新幹線開業35周年記念号を撮影するために福島駅へ。
新幹線ホームの様子を時間経過に従って紹介したいと思います。
東北新幹線開業前には機関庫などがあった福島駅の西側に、新幹線駅と西口広場が整備されました。
オラの小さい頃の遊び場だったこの辺り、面影は全く消えてしまいました。
Phimg_1893

福島駅の新幹線ホームは上り下りとも島式ホームがあるので最大4本の列車が止まることができます。(上り11番線・12番線、下り13番線・14番線)但し11番ホームは現在未使用。
他に中央に上下各1本の通過線があります。
山形新幹線との渡り線は、下り線の14番線としか繋がっていないので、山形新幹線に関連する列車は、上り下り関係無く14番線の発着になります。
北側には信夫山が鎮座しており、福島駅を出た列車はすぐに信夫山トンネルに入ります。
Phimg_1700
私が、下り線ホームに到着したのは、9時30分過ぎでした。
9時39分 下り13番線に到着したのは『やまびこ205号 仙台行(東京駅7時44分発)』
やまびこですが、「E6系+E5系」での運用です。Phimg_1704
今回のE6系は現在24編成あるうちのZ12編成でした。
Phimg_1705
E6系は秋田新幹線こまち用に製造された車両なので、「秋田新幹線こまち」全てが通過扱いの福島駅で見れるのは珍しいです。
▼9時40分 やまびこ205号、仙台に向けて出発です。(東京側はE5系です)
Phimg_1707
▼9時40分 下りやまびこ205号が信夫山トンネルに消える前に、上り『はやぶさ104号 東京行(盛岡8時10分発)』E5系が通過線を駆け抜けていきます。
ちなみに、はやぶさは全て福島駅は通過です。
Phimg_1708
▼9時44分 上り『やまびこ130号 東京行(仙台9時24分発)』E5系が上り12番ホームへ。
Phimg_1713
E5系10両編成のみだと、前方に停車し短く感じます。 
Phimg_1716
▼9時46分 下り『やまびこ127号 仙台行・つばさ127号 山形行(東京駅8時8分発)』E2系+E3系が14番ホームに到着しました。
Phimg_1717
9時49分 下りつばさ127号(E3系)が分割して山形新幹線の渡り線へ向かって出発して行きました。
Phimg_1719
9時50分 分割した、下りやまびこ127号(E2系)が仙台へ向かって出発です。
Phimg_1721
この少し前に、上り『はやぶさ10号 東京行(新函館北斗6時35分)・こまち10号 東京行(秋田7時15分発)』E5系+E6系が上り通過線を走り去ったのですが撮り忘れてしまいましたcoldsweats01。その通過を待って9時51分上り『やまびこ130号 東京行』が出発していきました。
▼9時56分 下り『はやぶさ7号 青森行・こまち7号 秋田行(東京8時40分)』E5系+E6系が通過線を走り去りました。
Phimg_1730
E5系の長~いお鼻はgoodですね。
Phimg_1732
▼9時57分 季節運行の上り『つばさ76号 東京行(山形発8時48分)』E3系が14番ホームに入ってきました。
Phimg_1738
▼10時1分 14番ホームからつばさ76号が単独で東京に向かって出発していった時、12番ホームに、E4系東北新幹線開業35周年記念号がホームに入ってきました。
(詳細は既にアップ済みです)
Phimg_1759
10時4分 E4系記念号も沢山の人に見送られて東京駅へ向かいました。

入場券140円でホームに滞在できる2時間迄は、まだ余裕があるので撮影を続けますcoldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年6月26日 (月)

練習(3)

庭坂の大カーブで流し撮りの練習をした日。
流し撮りは難しいので、普通に撮影coldsweats01した分をアップします。

▼判りずらいけど、左奥に見えるひょうたん島みたいなのが信夫山です。
Php6170519
(コンデジのパノラマモードで撮影、右上を山形新幹線が走っています)

▼遠くに、下り山形新幹線がやってきました。
この日は、何故か10分程遅れており、撮影のタイミングが難しいです。
Phimg_1522
 
Phimg_1528

上りの「とれいゆつばさ」がやってきました。これも少し遅れており、ダイヤが乱れているようです。
Phimg_1563
撮影場所を変えて、庭坂の大カーブを見渡せる場所に移動。
写真では明るく見えますが、18時を廻り結構暗くなってきています。
Phimg_1575

Phimg_1578

山形への回送になる「とれいゆつばさ」が戻ってきました。
Phimg_1594
上り普通列車も10分遅れでやってきました。
Phimg_1608
この日、三脚を持っていなかったので、手持ち撮影も限界になったので練習はこれまでです。
Phimg_1586
(完)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年6月25日 (日)

E4系 東北新幹線開業35周年記念号

6月24日(土)東北新幹線開業35周年記念号が、仙台~上野間で運行されました。
全車2階建ての新幹線(Max)E4系が5年振りに走ったので見に行ってきました。
Phimg_1741
E4系は、現在上越新幹線のみで運行され、2020年には全車廃車になってしまう予定。
上越新幹線を利用している人にとっては見慣れた車両ですが、東北新幹線では久しぶり。
Phimg_1748
本当はE4系の横に写っている立体駐車場から撮影しようと思ったのですが、背景にと考えていた吾妻山が雲で全く見えなかったので、新幹線ホームで撮影することにしました。
Phimg_1753
信夫山をバックにしたE4系を見れるのも、これが最後かも?
Phimg_1764
新幹線ホームは長くて・・・停車時間に一番前まで行けませんでした。
Phimg_1767
私がE4系に乗った記憶は1回のみ、普段は防音壁で見えない風景が見えたことだけは覚えています。
Phimg_1772
12番ホームでの見送りカメラマンも多かったようです。
Phimg_1774
せっかく入場券で新幹線ホームに入ったので色々撮影しました。
後日アップしたいと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年6月23日 (金)

祝 東北新幹線35周年

1982年(昭和57年)6月23日 東北新幹線 大宮駅~盛岡駅間が暫定開業してから35年が経ちました。
3年後に上野~大宮間が開業するまでは、大宮~上野間の新幹線リレー号に乗り継ぐのが面倒でした。

▼新幹線福島駅の南側辺りで、小さい頃育った「しゅうちゃん」。新幹線が出来て小さい頃の面影は全く無くなってしまいました。
Phimg_1330
(2016.02.19 信夫山から東北新幹線東京方面を望む)

福島駅の通過線ですれ違う新幹線車両
Phimg_1319
(2016.02.19 信夫山から東北新幹線福島駅を望む)

開業当初活躍した200系新幹線車両
Phimg_0842
(2016.01.29 宮城県利府町 新幹線車両基地にて)

大きな事故もなく、毎日多くの新幹線車両が走れるのは、▼電気・軌道総合試験車両(通称East i)が日々点検しているからです。
東海道新幹線のドクターイエローに相当する車両です。
この時見たのが最初で最後。また出会いたいな。 
Phimg_00642
(2015.11.12 福島駅~郡山駅間にて)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧