東日本大震災

2020年11月14日 (土)

2020年三陸の旅(2) 気仙沼市&陸前高田市

11月10日三陸の旅の続きです。

昼過ぎに南三陸さんさん商店街をあとにして、南三陸海岸ICから三陸自動車道に入り20㎞ほど北上。
気仙沼市の大谷海岸ICで国道45号へ、この右側には気仙沼線の大谷海岸駅や道の駅大谷海岸があったのですが、道の駅は左側へ移っていました。
震災後も気仙沼線の線路が海岸沿いに残っていたようですが、今は災害復旧工事の関係で跡形も無くなっていました。
Ph202011pb101168
潮吹き岩で有名な「岩井崎」、震災後には津波に残った松が龍に見える「龍の松」が有名になった場所
Ph202011img_4492
さらに近くには「気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館」があります。
旧気仙沼光洋高校で震災直後には屋上から襲ってくる津波の映像を見たかたも多いのでは。
Ph202011pb101169
ココの駐車場で気づいたのですが、この右側に駐車している車も含め5台近くの車が全て「わ」ナンバー。
三陸の観光名所・震災遺構など巡るには車が便利だからか、多くの方がレンタカーを借りて廻られているようです。
この後も沢山のレンタカーを見かけました。
Ph202011pb101172

国道45号で気仙沼市を抜けます、この区間は三陸道がまだ工事中なんです。
唐桑南ICから三陸自動車道へ入り7㎞走って陸前高田長部ICで降ります。
この間で宮城県から岩手県に入ります。
Ph202011pb101173
ここでは、道の駅高田松原に寄ります。
Ph202011pb101174
ここ高田松原は、日本百景であった浜に約7万本の松を有する美しい砂浜でした、震災前には何度か訪ねています。
奇跡の一本松があまりに有名な場所ですね。
東日本大震災の津波により甚大な被害を受け、道の駅「高田松原」も休館をしていましたが、
その後、高田松原津波復興祈念公園内に国営追悼・祈念施設、東日本大震災津波伝承館と共に道の駅が新たに建設され、昨年(2019年9月22日)リニューアルオープンしたそうで、再開後は初めての訪問になります。 
Ph202011img_4516
道の駅の近くにある「高田松原運動公園」は、先日開催された「三陸花火大会」の観覧会場になった場所。
来年も開催される予定らしいので、来年こそは見に来てみたいと思っています。
Ph202011img_4520
午後3時 この日の宿までは近いので、もう少し観光名所を廻ることにしました。

詳しくは、『信夫の郷にて(花火別館)』をご覧ください。

(つづく)

ポチッとよろしく!

| | | コメント (4)

2019年6月 8日 (土)

東北絆まつり2019 福島(5)

東北絆まつり2019 福島の紹介も最後です。

秋田市、『秋田竿灯まつり』
秋田観光レディーの皆さん、さすが秋田美人が揃っています。
Ph201906img_1127
『どっこいしょ・どっこいしょ』の掛け声が聞こえてきます。
Ph201906img_1040
囃子方は女性が担当するのかな?
Ph201906img_1044

Ph201906img_1050
おっとと・・・
Ph201906img_1126

最後は青森市、『青森ねぶた祭』
Ph201906img_1105
今回絆まつりで披露された『ねぶた』は中型ねぶた
Ph201906img_1109
本番の青森ねぶたで披露されるねぶたの大きさは、この1.5倍ほどのはず
Ph201906img_1114
もう一度、青森ねぶた見てみたくなりました。
Ph201906img_1116

復路は、参加者全員が一団となってスタート地点に戻っていきます。
Ph201906img_1130
観客とふれあいます。
Ph201906img_1133

Ph201906img_1135
パレードと一緒に私も戻ります。
Ph201906img_1146
パレード終了後、地元『福島わらじまつり』のメンバーで万歳
Ph201906img_1160
各市町村のミスの方達が記念写真を撮っていました。
Ph201906img_1164
普段通り慣れた道にパレード参加者で一杯、なんか不思議な気分でした。
Ph201906img_1166

2020年の『東北絆まつり』は、5月30日・31日に山形市で開催されます、東北の祭りを一気に見ることが出来ます、良かったら予定に入れてみてはいかがですか?

ポチッとよろしく!

| | | コメント (8)

2019年6月 7日 (金)

東北絆まつり2019 福島(4)

今日、東北南部まで梅雨入りしました。
一気に涼しくなりましたが、これが平年だとか、今までが暑すぎました。

東北絆まつり2019の記事まだ続きます。
2日目のパレードの様子です。
1日目はパレードスタート地点の国道4号で観覧しましたが、この日は終点の市道腰浜町町庭坂線で観覧です。
初日よりは写真を撮りやすい場所かな?
パレードの構成は基本的に前日と同じです。

先行パレード
台湾伝統舞踊団
Ph201906img_1033
相馬野馬追
Ph201906img_1035

Ph201906img_1038

昼12時30分に始まったパレード、私が観覧した場所に着いたのは13時15分を過ぎていました。
最初は、福島市『福島わらじまつり』です。
Ph201906img_1060
大わらじに
Ph201906img_1065
わらじ踊りの踊り子が続きます。
Ph201906img_1069
踊り屋台、この日も登場です。
Ph201906img_1073

続いて、山形市『山形花笠まつり』の皆さん
Ph201906img_1075
ミス花笠の皆さん
Ph201906img_1078

Ph201906img_1082

3番目は、盛岡市『盛岡さんさ踊り』の皆さん
先頭はミスさんさ踊りの皆さん
Ph201906img_1088
さんさ踊り、この太鼓を鳴らしながら踊る姿、自分が若かったら参加してみたいお祭りです。
Ph201906img_1091

Ph201906img_1093

この日も暑い日でしたが、さらに熱くしたのが
特別ゲストの『松岡修造』さん。
Ph201906img_1074
熱い修造さんが、パレード参加者や観客をさらに熱くしていました。
Ph201906img_1086

4番目は、仙台市『仙台七夕まつり(仙台すずめ踊り』の皆さん。
甲冑をつけて暑いだろうな~!
Ph201906img_1097
ほんと雀が踊っているようです。
Ph201906img_1102

Ph201906img_1103

(つづく)

ポチッとよろしく!

| | | コメント (6)

2019年6月 6日 (木)

東北絆まつり2019 福島(3)

パレード5番目は青森市、『青森ねぶた』
先日も五能線の旅で、ワ・ラッセでねぶたを見たばかりですが、跳人が加わると賑やかですね。
Ph201906img_0965
青森ねぶたを現地で見たのは、もう20年程前になるのかな?
Ph201906img_0968
ラッセラー・ラッセラー!
Ph201906img_0970
分解して福島まで運んできたようです。
Ph201906img_0974
青森ねぶたは、8月2日~7日開催されます。
パレードは以上です。

パレードが通過した後は秋田市の『秋田竿灯まつり』
Ph201906img_0978
この日は天気はいいけど、風もあって竿灯のバランスをとるのは難しそうでした。
Ph201906img_0980
1か所4本の竿灯を4カ所で披露、全部で16本の竿灯です。
Ph201906img_0987

Ph201906img_0990
竿灯1本50㎏をバランスとる技は素晴らしいです。
夜の竿灯、見てみたい!
Ph201906img_0993
秋田竿灯まつりは、8月3日~6日に行われます。

東北絆パレード、往路はお祭り毎に進みますが、復路は青森ねぶたの太鼓に合わせて、参加者が一団となって戻ってきます。
復路は市役所近くで撮影です。
Ph201906img_0996_1

Ph201906img_0997

Ph201906img_0999

Ph201906img_1003

Ph201906img_1005_1
1000名近くの参加者が仲良く戻ります。
Ph201906img_1012
暑いなかお疲れさまでした、翌日も宜しくお願いします。
初日の人出は16万人だったようです。

なお、例年この時期に開催される山車まつりは、規模を縮小して駅前で開催
Ph201906img_1022
引き回しは行わず、おはやしを披露していました。
Ph201906img_1023

Ph201906img_1025
やはり山車は引き廻してこそだね?

(つづく)

ポチッとよろしく!

| | | コメント (6)

2019年6月 5日 (水)

東北絆まつり2019 福島(2)

6月1日(土)午後2時30分 室屋義秀さんと福島の子供達による出発の合図でパレードが始まりました。
Ph201906img_0908

パレードとして練り歩くには似合わない、秋田市のお祭り『秋田竿灯まつり』はパレードの合間を見て、沿道の随所で妙技を披露します。
Ph201906img_0910
パレードが始まりました。
Ph201906img_0911

先頭は地元福島市、『福島わらじまつり』です。
大わらじの上に立つのは福島市長です。
Ph201906img_0916
今年から踊りを一新した『わらじ踊り』の踊り子
Ph201906img_0917
特別参加の踊り屋台と一緒に400名の参加者が「わっしょい、わっしょい」と掛け声を響かせました。
Ph201906img_0921
ちなみに、福島市のわらじ祭りは8月2日・3日と開催されます。

続いては、山形市の『花笠まつり』
「ヤッショ、マカショ!」の威勢のいい掛け声とともに花笠を手にした踊り子がやってきました。
Ph201906img_0925
男おどりと言われる、勇ましい踊りのグループもやってきました。
Ph201906img_0932
総勢150名もの踊り手でした。
山形市の花笠まつりは、8月5日~7日に開催されます。

続いてやってきたのは、盛岡市の『盛岡さんさ踊り』
本番のお祭りでは、世界一の太鼓数といわれるパレードをメインに行われるようです。
Ph201906img_0935
伝統さんさでは、ほとんどが妻折笠に赤い牡丹や蓮華をかたどった造花を付けて踊るそうです。
Ph201906img_0940
太鼓を打ちながら踊る姿は見事です。
Ph201906img_0947
一度は本番のお祭りを見たいと思いながら実現していません。
Ph201906img_0950
130名の踊り手・笛・拍子方が参加されました。
盛岡さんさ踊りは、8月1日~4日に開催されます。

4番目は仙台市、『仙台七夕まつり(仙台すずめ踊り)』です。
伊達武将隊も参加。
仙台すずめ踊りは、5月に開催される仙台青葉まつりの中で披露される踊りですが、夏まつりでも踊るようです。
Ph201906img_0951
江戸時代に踊り初められた「すずめ踊り」、踊る姿が餌をついばむ雀の姿に似ていたことから「すずめ踊り」と名付けられたそうです。
Ph201906img_0957
170名の踊り手・囃子・伊達武将隊が参加
Ph201906img_0962
(奥に見える建物は福島市役所です)
仙台七夕まつりは、8月6日~8日、仙台夏まつり すずめ踊りは7月27日・28日に開催されます。

(つづく)

ポチッとよろしく!

| | | コメント (4)

2019年6月 4日 (火)

東北絆まつり2019 福島(1)

東北絆まつり2019 福島が6月1日(土)2日(日)と福島市役所西駐車場をメイン会場として、市内数カ所のサブ会場で開催されました。
メイン会場では、青森市・秋田市・盛岡市・山形市・仙台市・福島市のブースや協賛会社のブースなどもあり、ステージで披露される催しを楽しんでいました。
Ph201906img_0869
福島市役所前にはパレードで使用される『日本一の大わらじ』がクレーンで吊り上げられていました。
こうやって見ると大きいな!
Ph201906img_0876
青森市のねぶたも大きいです。
福島県ということで『勿来の関 八幡太郎義家』の姿だそうです。
Ph201906img_0879
航空自衛隊松島基地のブースでは、『ブルーインパルスJr』2機が展示され試乗することも出来ました。
6年前の東北六魂祭の際はブルーインパルスの展示飛行に興奮したことを思い出しました。
Ph201906img_1029
今年が最後との報道があった『レッドブルエアレース』の日本人パイロット室屋義秀さんのブースもありました。
室屋さんは福島市内の飛行場を本拠地に活躍されています。
Ph201906img_1030
サブ会場には、福島県内や東北6県のご当地グルメや郷土料理が味わえる飲食ブースが設けられ、多くの方が東北の味を楽しんでいました。
Ph201906img_1018
東京2020に合わせて、車いすバスケットやボッチャなどパラリンピックのスポーツを体験するスペースもあり、沢山の子供達がチャレンジしていました。
Ph201906img_1016
メインのイベント、『東北絆まつりパレード』
福島市内の国道4号線を通行止めにして行われました。
Ph201906img_0882
絆パレードの前に先行パレードとして、台湾伝統舞踊の披露や
Ph201906img_0891
相馬野馬追も披露されました。
Ph201906img_0893
暑い日、いよいよ東北6祭りパレードの始まりです。
Ph201906img_0894
(つづく)

ポチッとよろしく!

| | | コメント (10)

2019年6月 1日 (土)

東北絆まつり(速報版)

東日本大震災の鎮魂と復興を願い、東北6県の県庁所在地の代表的なお祭りを一同に集めたお祭り『東北六魂祭』の後継イベントとして開催されているのが『東北絆まつり』
『東北絆まつり』となって3回目の今年は、福島市で開催されています。
Ph201906img_0874
6月1日・2日と開催されパレードだけでなく
Ph201906img_0996
県内外の特産物・グルメの販売やスポーツ・お祭り等の体験なども出来るイベントも開催されています。
Ph201906img_1005
今日一日で17000歩も歩いちゃいました。
地元紙は号外まで出したようです。
Ph201906img_1031
詳細は後日アップします。

ポチッとよろしく!

| | | コメント (6)

2017年10月21日 (土)

国道114号走破

先日の記事(国道114号再開通の記事はこちら)で紹介した、国道114号を走破したくて行ってみました。
色々都合があって、行きは県道12号で飯館村を経由して南相馬へ向かいます。
福島県道の駅31番目『いいたて村の道の駅まいで館』が8月12日にオープンしています。
福島市と南相馬市の中間的な位置に出来た道の駅、助かります。
但し、まいで館は毎週水曜日定休日なので注意が必要です、また併設のセブンイレブンは年中無休ですが営業時間は6:00~20:00となっています。
Php8211070
南相馬市内の新田川温泉『はらまちユッサ』
結構なお客さんで、お風呂の写真は撮れませんでした。Php8211066
お昼は、ボリュームが凄いとの評判のお店(喜龍 鉄鍋餃子房)さんへ。
Php9271473
ランチメニューも豊富です。
原ノ町駅裏にあるためか?店内は中華料理屋さんというより、居酒屋さんポイ造りでした。
Php9271462
相方は1日20食限定の喜龍ランチ980円(税込)
サンマの油林仕立て、エビとたまごの塩炒め、オクラ豆腐、鮭の炒飯、点心2種、五目春巻き、エビマヨ、生春巻き、サラダ、スープ、杏仁豆腐
Php9271469
しゅうちゃんは小食で?
Php9271466
丼と麺が選べる、プチランチ890円(税込)
カニ玉丼、醤油麺、プチサラダ、チーズ春巻、小鉢3種類、生春巻、蒸し物2種、杏仁豆腐
Php9271471
原町へ来たら、『今野畜産直売店』のメンチカツを購入して、夕食のおかずにしました。
Php9271475
やっと、国道114号の終点となる浪江町へ向かいます。
Php8211061
3月末に一部の避難指示は解除されましたが、大半は帰還困難区域に指定されたままです。
Php8211062
国道114号の終点、国道6号との交差点。
ここを右折すると国道114号になります。
Php9271479
浪江町内の国道114号、拡幅工事が行われたんですね。
Php9271480
国道114号だけが通行可能となっており、その廻りは帰還困難区域ですから、ゲートで立ち入りが出来ないようになっています。Php9271485
テレビ番組『ダッシュ村』の撮影が行われていた地区、津島地区も国道114号のみが通行可能です。
Php9271486_2
昔は、ここから国道399号を使って都路方面へ走ったのですがね。
現在は当然通行禁止です。
Php9271487
川俣町へ入って山木屋地区に新設された、『とんやの郷』で休憩Php9271496
山木屋地区も以前は避難指示が出ていたエリアです。
今回は、急いで廻ったので写真が少ないですが、再度ゆっくり走ってみたいと思います。 

| | | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年9月29日 (金)

国道114号再開通

Php9211379
東日本大震災に伴う、東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴い通行が制限されていた浪江町内の国道114号が9月20日約6年半振りに制限が解除され、自由に走ることが出来るようになりました。
(但し、4輪車のみ通行可、歩行者・二輪車は不可)
Php9211392
福島市内の国道114号 やっと浪江まで走ることが出来るようになりました。
但し、国道114号のみ自由に走行可能で、国道の廻りは帰還困難区域となっていますから、走行には注意が必要です。

先日、東北中央自動車道の大笹生IC~米沢北IC間が11月4日に開通することが発表されました。
今回の開通区間は無料で走行することが出来ます。
また、今回の開通で東北自動車道から自動車専用道路を利用して米沢・高畠方面へ繋がることになります。
詳しくは、国道交通省の発表を参考に(PDFファイルです)
http://www.thr.mlit.go.jp/bumon/kisya/kisyah/images/67336_1.pdf
 
もう9月も終り、撮りためた写真も色々あるので
Php9211386
今年の「おはぎ」は、秋彼岸明け近くに作ってもらえました。
Php9251459

| | | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

東北絆まつり (完)

パレードの往路が過ぎたのが14時45分頃。
まだ昼食を食べていないので、東北各県のうまい物の出店が並ぶエリアに移動・・・・
Phimg_1339
でも、全てのお店にすごい行列が出来ており諦めました。
どこも人・人・人
Phimg_1341

丁度、パレードの復路がやってきたので撮影
Phimg_1345
復路は参加全てのお祭りが一緒になって歩いてきます。
Phimg_1349
大わらじも戻ってきました。
Phimg_1356
青森ねぶたのハネトの方々も担いでおられます。
Phimg_1357
こんな風景地元では撮影出来ないのでパチリ。

15時30分 すべてのパレードを見送り仙台駅へ向かいました。
仙台駅3階にある『すし通り・牛たん通り・ずんだ小径』
Phimg_1373
向かったのは牛たん通りにある『喜助 JR仙台駅店』
待つこと5分
Phimg_1367
やってきました『牛たん炭焼定食(みそ味)』1674円
味は、塩味、タレ味、ミソ味から選べます。
Phimg_1369
定食には、麦めし、テールスープ、おしんこ、味噌南蛮(青唐辛子の味噌漬)が付いてきます。
Phimg_1370
昼夜兼用の食事みたいになっちゃいました。
食後は、ずんだ小径で『ずんだシェイク』をデザートに
Phimg_1372
その後駅中を徘徊?楽しい仙台旅でした。
午後6時発の高速バスで自宅近くのバス停へ降りて帰宅、楽でした。
(完) 

| | | コメント (12) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧