2017年5月 7日 (日)

青森・秋田 花火・桜・鉄の旅(完) 角館・大曲へ再び

ホテルで無料の朝食を食べた後、午前8時45分角館へ向かってGO!。
途中で愛車に朝食を与え、国道46号に入ります。
すぐに、「道の駅協和」が現れます。
Php4290208
この日、桜まつりが開催されており、道の駅の廻りは桜が満開でした。
Php5020254
午前10時前、角館へ到着。有料駐車場(500円)に停めて散策へ出かけます。
釣り人多数、何を釣っているのかな?
Phimg_0376
午前中から雨の予報でしたが、何とかもっています。
Phimg_0378
高校生なのかな?
Phimg_0384
桧木内川沿いのソメイヨシノは満開でした。
Phimg_0388
セブンの建物も街中に融けこんでいます。
Phimg_0398
武家屋敷通りのシダレザクラは、ちょっぴり葉っぱが出てきた感じです。
Phimg_0402
ここで、またまた有名なdogに出会いました。
現在は、BSジャパンで放送されている「まさはる君行く」の収録をしていたようです。
Phimg_0406
樺細工伝承館前も人・人・人
Phimg_0410
伝承館内のピンクが強いシダレザクラを撮影していたらrainが・・・
Phimg_0413
天気予報が雨だったので、皆さん傘の準備は万端だったようです。
Phimg_0418
雨も降ってきたので、散策を切り上げ、車で近くにある日帰り温泉施設へ。
劇団わらび座を中心とした秋田芸術村。
Php4290216
その中にある温泉ゆぽぽ
Php4290213
650円で利用できる日帰り温泉施設です。
日本庭園を眺めながら、ゆったり出来る温泉でした。混んでいたので写真はありません。
Php4290210
ロビーに貼ってあるポスターvirgoが気になりました、秋田県内のあちこちで見かけました。
Php4290212
温泉施設ゆぽぽでも食事は出来るのですが、まだお腹が空かないので、大曲へ向かいます。
国道105号沿いにある、「道の駅なかせん
Php4290222

Php5020255
道の駅に併設されている農家レストランで「元気な肉定食(920円税込)」
Php4290219
道の駅のウラを流れる川端の桜も満開でした。
Php4290221

午後3時前、昨日と同じ大曲市民会館の駐車場へ車を停めましたが、前日と違って午後4時前には満車となりました。
以前として雨が降っているので車中で待機。
午後6時を過ぎると雨も止んだので、打上会場へ向かいます。
前日と違って人が多かったです。
Php4290223

19時予定通りに打上開始。
Phimg_0446
残念ながら風が弱いのと、雨が上がったあと暖かくなったため?、霧・靄?が出て花火打上の条件としては最悪に。
レンズをフキフキしながらの撮影です。
おまけで2尺玉も上がったのですが、煙の中でまともに見ることが出来なかったのが残念でした。
Phimg_0489

2017年 大曲の花火~春の章~4月29日分 の写真を別館にアップしています。
  できたら、 『信夫の郷にて(花火別館)』  へお立ち寄り下さい。

21時 予定より30分以上遅れて打ち止めになりました。
21時40分 大曲ICから秋田自動車道へ
翌0時30分 国見ICで東北自動車道を降り、自宅へ。

 総走行キロ 1212.3㎞  燃費 13.6㎞/L
の旅でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

青森・秋田 花火・桜・鉄の旅(6) 大曲へ

4月28日国道101号を南下。
秋田県に入ってすぐに現れるのが 「道の駅 はちもり
秋田音頭で歌われる「はちもり ハタハタ」の八森町(現在の八峰町)です。
Php4280181_2
小さな道の駅です。
Php5020250
さらに国道101号を南下して、同じ八峰町にある「道の駅みねはま
Php4280188
なぜ、ポンポコなんだろう?
Php5020251
遅い昼食時になっていたので、ここで地元野菜たっぷりのハヤシライス(800円)を頂きました。
Php4280182

能代市を抜け、大潟村へ。
道の駅 おおがた」で休憩
Php4280189
大きな産直市場があります。
Php5020252

大潟村へ立ち寄ったのは、以前訪ねて感激した「桜と菜の花ロード」を訪ねるためです。
Php4280191
延長11㎞にわたって、3000本の桜(ソメイヨシノ、ヤエザクラ、ベニヤマザクラなど)と菜の花を植えたそうです。
Phimg_0260
青空の下、桜の下、車を走らせると爽快な気分になります。
Phimg_0261
11㎞ものほぼ直線の道路があるのも、干拓地だから出来ることなんでしょうね。
Phimg_0262
大潟村へ通じている道?橋?から見る風景は海を渡っているようです。
Php4280196

国道7号と合流し、南下。秋田自動車道昭和男鹿半島IC近くにある『道の駅 しょうわ』に立ち寄り。
Php4280197
秋田県花き種苗センターを併設する道の駅だそうで、初めての訪問です。
沢山のお花が並んでいました。
Php5020253
国道7号で秋田市へ入ってしまうと渋滞しそうだったので、ナビに任せて裏道(なのか?県道41号)で秋田南IC近くにあるビジネスホテルへ。

今日の宿泊場所(ホテル秋田御所野)へ16時30分にチェックイン。
Php4290206
ここは全室ツイン(ダブルベット+シングルベット)で、1人利用だと5000円、2人8000円、3人なら9000円(税別)と1部屋の利用人数が多くなるとお得になるシステム。
トイレとバスが別なってるし、無料朝食付き、全室禁煙なので禁煙者にとっては快適なホテルでした。
Php4280200
しかも、宿泊エリアへ入るのもカードキーを使って入るので、チェックイン後は夜間でも出入り自由。
(と言っても、インター傍なので廻りにはコンビニもありませんでした)
Php4290205

大曲まで40数キロとちょっと遠いですが、コスパ的に大満足のホテルでした。
ホテルに荷物を置いて大曲へ向かいます。
無料駐車場の大曲市民会館へ車を停めることが出来ました。
近くのスーパーで夜飯を購入して、花火会場の雄物川へ向かいます。
夏に比べたら、はるかに少ない人出なので、歩くのも楽です。
大曲農業高校の桜とモクレン?が綺麗でした。
Php4280201
会場入口で1000円を払って、有料自由席へ。
広~~い会場、筒場を確認してカメラの準備です。
Php4280202

午後7時 打上開始です。
Phimg_0276

Phimg_0304
19時50分 打上数7000発の花火大会もアッという間に終了しちゃいました。
日が沈むと、やはり秋田、冬仕度で観覧しましたが寒かったです。
国道13号を利用してホテルまで戻りました。
車中泊とは違い、広~いベットで朝までぐっすり眠ることが出来ました。

大曲の花火~春の章~ 4月28日分の詳細は別館で紹介中です。
  信夫の郷にて(花火別館)はこちら
(つづく)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

青森・秋田 花火・桜・鉄の旅(4) 芦野公園・浅虫温泉

4月27日 弘前公園で桜を堪能した後、国道339号北上していたら、今回の旅行で初めての道の駅に遭遇です。
鶴田町にある『道の駅つるた 鶴の里あるじゃ (詳しくはこちら)』
Php4270123
鶴田町って、ツルツルの頭に、紐のついた吸盤をつけて引き合うイベントが開催される町でした。
Php5020246
スタンプにもある、鶴の舞橋に立ち寄ってみました。
廻堰大溜池(津軽富士見湖)から見る岩木山(津軽富士)。
Phimg_0205
そして、平成6年に日本一長い木造の橋として作られた『鶴の舞橋』
朝晩に撮影するのがいいみたいです。
Phimg_0201

さらに北上し、五所川原市内で昼食時間に。
農産物直売所内に併設されている『じょっぱり食堂』で食べました。
ミックスフライ定食880円(5種類のフライから2種類を選べました。エビフライ・カキフライをチョイス)
Php4270125

国道339号をさらに北上し、金木町へ向かいます。
芦野公園の桜も見頃とのことだったのと
Phimg_0213
traincherryblossomのコラボ写真を撮りたかったので。
Phimg_0214
↓オイオイ、そこで写真を撮っちゃダメでしょう!
Phimg_0216
到着後、時刻表を見たら電車は行ったばかりweep
寄り道しすぎてました、時刻表を確認してから出かけましょうcoldsweats01
Phimg_0210
次の列車まで2時間弱、列車が無くても、いいネ!なんちゃって。
Phimg_0211
後ろ髪をひかれながら駅を後にしました。
金木町と言ったら、太宰治記念館『斜陽館』、の前を通過。
Php4270128

この日の宿泊、弘前近辺では予約が取れなかったので、少し離れた竜飛崎を予定して一旦予約を入れたのです。
でも直前になって、国道339号の冬季閉鎖から再開通になるのが訪ねる数日前!
ノーマルタイヤに交換済だし、5月になっても雪が降る年もある場所なことにびびってしまい、ちょっと遠いけど青森市の市街地に近い浅虫温泉に変更しました。

国道101号・7号・4号と走って、16時前に浅虫温泉到着。
今回予約したのは、「ホテル秋田屋」。
▼正面に見える6階建ての建物で、手前に国道4号、奥に旧東北本線(現あおい森鉄道)に挟まれていました。
Phimg_0221
▼右奥に見えるのが、浅虫水族館
Php4270145
部屋から見える、あおい森鉄道の車両を撮ったのですが、設定を間違えたようです。
Phimg_0219
再上階のお風呂からの眺めは最高。
Php4270131
露天風呂?もあります。
Php4270141
夕焼けも綺麗に見えそうですが、夕食前に疲れてひと眠りしちゃいました。
Php4270133
夕飯は、今どき珍しい部屋出しです。
Php4270148
beer1杯飲みながら食べていたら、食べきれずチョッピリ残してしまいました。
Php4270150

朝食は、大広間で頂くのですが、床の間から見える外の景色にビックリ。
Php4280152
ホタテの貝焼き卵とじがgood
Php4280151
翌朝、浅虫温泉の海岸を散歩。
Phimg_0229
陸奥湾越しに見る青森港と岩木山。
岩木山の存在感、すごいですね。
Phimg_0230
そうそう1泊一人9180円、コスパ的には大満足でした。

秋田へ向いましょう。
(つづく)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

青森・秋田 花火・桜・鉄の旅(3) 弘前公園の3

4月27日 弘前城にある弘前公園のつづきです。

車を駐車した弘前市役所側の反対側にある北門から外へ出ます。
Phimg_0156
上の写真の一番奥から撮影したのが下の写真です。
遠くに岩木山が見えています。
Phimg_0165
外堀かと思ったのですが、弘前城跡を囲む中濠に沿って駐車場まで戻ります。
Phimg_0166
お堀と桜、見事な景色が続きます。
Phimg_0183
一部では花筏が出来ていました。
Phimg_0192
市役所の屋上に人が!
屋上を開放しているそうなので、向かってみます。
Phimg_0195
上の写真を撮影した方向をパチリ。
Phimg_0197
岩木山と桜並木を出来るだけ撮影したかったので・・・・斜めになってしまいました。
首を左に傾けて見てください。
Phimg_0199
午前10時半過ぎ、弘前公園を後にしました。
圧倒的な桜のボリューム、何度来ても見事でした。
さて、次の目的地へ向かいます。
(つづく)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

青森・秋田 花火・桜・鉄の旅(2) 弘前公園の2

4月27日 弘前城にある弘前公園のつづきです。

岩木山を眺められる場所に顔出しが。
オラは出さないよcoldsweats01
Phimg_0100
工事前には、撮影ポイントだった場所。右奥に本丸があって、絵になった場所なんです。
テレビ中継車が準備中のようでした。
Phimg_0112
朱塗りの鷹丘橋が綺麗に水面に映っていました。
Phimg_0114

ここで有料エリアの本丸エリアを一旦出ます。入場券を見せれば一日何度でも出入りできます。
パンフレットなどで紹介される西濠の桜トンネルへ。
Phimg_0120
ソメイヨシノ満開です。
Phimg_0116
ここの「ぼんぼり」でflairsign03
調べたら、個人で広告を出せるようでgoodアイデアですね。
Phimg_0123
見事な桜並木です。
残念ながら風が強く、水鏡は現れませんでした。
Phimg_0124
西濠にかかる朱塗りの春陽橋
Phimg_0133
heart01記念撮影のカップル2組に出会いました。
Phimg_0137

Phimg_0143
人気スポットですね
Phimg_0144
西濠を一周しちゃいました。

園内には、日本一大きなソメイヨシノの木もあります。
Phimg_0149
出店で、毎回購入する黒コンニャクを食べて
Phimg_0154
オートバイサーカス。
以前は福島のお祭りにも来ていたんですが、このごろは見かけませんね。
Phimg_0155
まだまだ桜の見所があります。
(つづく)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

青森・秋田 花火・桜・鉄の旅(1) 弘前公園の1

4月27日 弘前城にある弘前公園。
車を停めた弘前市役所から一番近い、追手門から中に入ります。
Phimg_0068
撮影時間は朝7時40分 写真には写っていませんが通学のため高校生bicycleが集団で通過していきました。
城内を通過すると近道になるんでしょうね!
Phimg_0069
弘前城跡には、朱塗りの橋が数か所あり、撮影ポイントになっています。
杉の大橋と桜。
Phimg_0070
未申槍と桜と岩木山
Phimg_0075
本丸へ続く下乗橋と桜
Phimg_0079
テレビなどで報道されて皆さんご存知かと思われますが、弘前城石垣修理工事の関係で天守が曳屋されました。
本来、朱塗りの下乗橋の先に天守があったのでが、現在はその奥に少しだけ見えています。
Phimg_0084
内濠も埋め立てられていました。
Phimg_0086
ここから先、本丸エリアは有料(310円)エリアとなります。
枝垂れ桜の正面に、曳屋された天守が、この時期しか見ることが出来ないです
Phimg_0089
天守が載っていた台座も見ることが出来ます。
Phimg_0091
そして、仮設で作られた展望デッキから、天守・岩木山・桜を眺めることができます。
この風景も今だけ。
仮置き場で、天守に登ることも出来ます。
Phimg_0096
江戸時代からの現存天守12ヶ所のうち、東日本唯一の弘前城。
国重要文化財に指定されています。
城を曳屋して石垣を修理するなって珍しい工事を見ることが出来て良かったです。
(つづく)

2017年 大曲の花火~春の章~4月28日分 の写真を別館にアップしました。
   よろしかったら 『信夫の郷にて(花火別館)』 へお立ち寄りください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年4月30日 (日)

青森・秋田 花火・桜・鉄の旅(序)

皆さんGWはいかがお過ごしでしょうか?
以前紹介しましたが4月25日~29日、秋田県大仙市大曲で国際花火シンポジム「大曲の花火~春の章~」が開催されました。
全部を見るのは厳しいので28日・29日の2日間だけ見ることにし、さらに桜の開花状況を見ながら旅の工程を決めて旅してきました。

Phimg_0456
(2017年4月29日撮影 大曲の花火~春の章~)

青森県弘前市で開催されている「弘前さくら祭り」が丁度満開とのことでGO!。
4月26日(水)夕方用事を済ませてから午後9時自宅を出発、東北自動車道を北上し、岩手県岩手山サービスエリアで車中泊。
4月27日(木)午前5時起床 雪を抱いた岩手山が綺麗に見えました。
Php4270115
早朝の高速道路を走るのは久しぶり、気持良かったです。
Php4270117
東北自動車道 大鰐弘前ICを降りると、岩木山が見えてきます。
Php4270120
午前7時30分 下写真左側に写っている弘前市役所隣にある立体駐車場へすんなり駐車できました。
私が出る頃には満車状態だったので、やはり早めに到着しないと駐車は厳しいんだよね。
Phimg_0194
お堀の桜も満開だし、一部花筏になっていました。
Phimg_0066
2013年5月3日訪問以来、4年振りです。
前回は、寒い春で5月に入ってもやっと開花した状態だったので、満開の弘前公園に出会えるのは久しぶりです。
写真も沢山撮ったので整理が進みません、出来るだけ早めに続きをアップしたいと思います。

有名なdogの家から見える、こんな風景なども紹介したいと思っていますcoldsweats01
Php4280169

(つづく)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年4月29日 (土)

会津をウロウロ

23日(日)ドライブ報告の続きです。

鶴ヶ城を後にして向かったのは、満田屋さん。
Php4230095
味噌屋さんなんですが、みそ田楽が有名なんです。
私は2年前に食べていますが、相方は久しぶりだったようです。
Php4230085
早めの到着だったので、あまり待たずに席へ案内されました。
今回も「みそ田楽コース」
Php4230086
こんにゃく(2本)、味噌の種類が違います。
Php4230087
案内された席は、囲炉裏の前でした、ラッキー。
Php4230089
さといも&とうふ生揚げ
Php4230091
しんごろう(うるち米を半つきにしたもの)
Php4230092
身欠にしん&おもち
Php4230094
素材によって味噌が違いますが、いつも変わらない味に満足満足happy01
待ち時間を含めて1時間程で食べれました。日曜日なので覚悟して訪問しましたが意外と早かったです。
(食べ終わったころは、激混みで1時間待ちになっていました。ラッキー)

食後、県内の道の駅で実施しているスタンプラリーの押印のため、道の駅巡りです。
会津若松市の北側にある『道の駅 あいづ 湯川・会津坂下』へ
遠くに見える、沢山の雪を抱いているのは、たぶん飯豊山?
すぐそこまで雪のように見えます。
Php4230100

会津坂下にある『春日八郎記念館』へ寄ってみました。
私の年齢以上の方ならご存知の歌手。
出身地の会津坂下町に想い出の品が展示されており、無料で見学できます。
Php4230104
左にある杉の木が、別れの一本杉?だそうです。
Php4230105
さらに、『杉の糸桜』の看板があったので寄ってみました。
葉が出ているのですが、咲いている花は少なかったです。
Phimg_0040
同じ境内にある、こちらの桜のある風景の方が赴きがありました。
Phimg_0041

国道49号に別れ、国道252号を新潟方面へ向かった所にある『道の駅 会津柳津』
国道252号、新潟県との県境付近は今だに冬季通行止めです。
Phimg_0044
ここの桜も満開に近かったです。赤い橋は国道252号線の橋になります。
Phimg_0048

国道252号沿いの『道の駅 尾瀬街道みしま宿』『奥会津 かねやま』とスタンプをゲット。
さらに国道252号から国道400号へ入って『道の駅 からむし織の里しょうわ』へ
施設内にも雪が残っています。
Php4230108
ここから会津田島へ抜ける間の国道400号、一部はトンネルが出来て改良されましたが、それでも400番台の国道ですcoldsweats01
さすがに路面には雪は有りませんが、道路脇には雪がまだまだ残っていました。
Php4230111

会津鉄道 会津田島駅で撮影したい列車があったのですが、時間的に待ち時間が2時間以上になってしまったので、今回はスルー。
先へ進んで会津湯野上駅で休憩。
時刻表を見たら、5分程で『お座トロ展望列車』が来ることが判ったので待ちます。
Phimg_0050
桜が咲いていたら最高なんですが、残念ながらまだ咲いていませんでした。
Phimg_0055

Phimg_0060

最後に国道118号で須賀川へ抜ける途中にある『道の駅 羽鳥湖高原』でスタンプをゲットして帰宅しました。
福島県内に道の駅が28ヶ所あるんですが、20ヶ所のスタンプをゲットしました。
スタンプラリー期限の5月末までに残りを制覇したいな~。

諸事情により、皆さんへのコメント、コメントの返事、いいね!など遅れる場合がありますのでご了承ください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年4月28日 (金)

会津鶴ヶ城へ

新聞の「桜だより」によると、会津鶴ヶ城の桜が満開になったとのこと。
色々予定が詰まっており、23日(日)しか行く時間が取れないので、混雑覚悟で日曜日に出かけました。

福島市内の西側を流れる須川にかかる八木田橋。
ここから先は、旧信夫郡となります。吾妻連峰の眺めはここからが最高です。
Php4230072
3月には散歩で何度も訪ねたあづま運動公園、ここの桜も満開になっていました。
Php4230073
国道115号、土湯峠へ向かう直前の桜並木も満開です。
Php4230074
土湯トンネルを抜けたら猪苗代町。
まだまだ道路脇には雪が残っています。
Php4230077
磐越自動車道猪苗代IC近くに、新しく出来た『道の駅いなわしろ』
Php4230080
磐梯山の眺めがいいですね。
Php4230081
ちょっと裏道を走り混雑を避け、鶴ヶ城が見える近くまでやってきました。
Php4230082
お城からちょっと離れた無料駐車場に停めることが出来ました。
城内にも駐車場があるんですが、有料&激混みなので、離れた所に停めた方が早いと思うんだけどね。
Phimg_9990
やはり、桜の季節の鶴ヶ城が一番いいな!
Phimg_9993
さすが日曜日、観光客が多いな
Phimg_9998
▼この角度からの鶴ヶ城が、一番の撮影ポイント。
ここでも「中○語」が氾濫していたな。
Phimg_0015

Phimg_0029
結婚写真・・・・皆さん記念写真ひっぱり出して見ますかネcoldsweats01
Phimg_0034
(つづく)

諸事情coldsweats01により、皆さんへのコメント、コメントの返事、いいね!など遅れる場合がありますのでご了承ください。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年4月26日 (水)

三春滝桜

4月21日阿武隈山系の一本桜巡りの途中で、三春滝桜に立ち寄ってみました。
去年は早く咲いて4月12日に訪問して満開だったので、9日位遅いことになりますね。
「梅・桃・桜の花が一度に咲き、三つの春が同時に来るから三春と呼ばれるようになった」と言われています。
現代の気候では、このようなチャンスに恵まれる機会は厳しいかな?

そんな三春に午前10時過ぎに駐車場へ渋滞なく到着できましたが、私が帰る頃には渋滞が出来ていたのでラッキーでした。
Phimg_9960
駐車場は無料ですが滝桜を見るためには、観桜料として300円が必要です。
駐車場から、こんな坂道を少し登ると、滝桜が現れます。
Phimg_9920
さすが3大桜の一つ。観光客の数も多いです。
Phimg_9925
下から見上げても見事。
Phimg_9931
右側から
Phimg_9942
そして上から、遠くに阿武隈の山々。
Phimg_9948
左側から
Phimg_9949
見る場所によって、異なる姿を見せてくれます。
Phimg_9952
聞こえてくる「中○語」の多さにビックリ。

出店も沢山出ています、毎年同じものを食べています・・・・coldsweats01
Phimg_9957
ピーマンが一杯入っている「三春 グルメンチ」
Phimg_9959
熱々をいただきました。
今年の阿武隈山系一本桜巡りは、これで終わりかな?

| | コメント (10) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧