花火

2017年7月22日 (土)

裏磐梯 火の山まつり花火大会

今週は16日に開催された夏モニカツの花火に始まって、昨日開催された桧原湖での花火大会と6日間で4つの花火を見たことに・・・・正直《疲れた(笑)》です。
日中は35℃近くになる福島市内、日中に散歩をしたら倒れそうなので早朝6時前に散歩をしているので、一日が長~~いですcoldsweats01
今週末は、花火観戦はお休みです。

さて7月21日、日付け固定で開催されている『裏磐梯山火の山まつり』。今回で47回目の開催とのことですが、初めて訪問します。

午後4時過ぎ自宅を出発。
前日の鶴ヶ城での花火に続き2日連続の土湯トンネル越えです。
Php7210690
午後5時を過ぎたこともあるでしょうが、国道459号五色沼付近に設置された温度計は27℃と、さすが裏磐梯高原だけのことはあります。Php7210693
指定の桧原湖第2駐車場は満車で停めれませんでしたが、近くになんとか車を停めることが出来ました。

「磐梯高原先人供養慰霊祭・花火大会」の祭り会場、桧原湖第1駐車場には露天も並び、奉納劇「手長足長」?が演じられていました。
Php7210702
打上開始まで2時間近くあったので露天巡りをしていたら、美味しそう?なのがあったので購入、車中で涼みながら夕食として頂きました。
Php7210706
滅多に露天では買い物しないんですが・・・・coldsweats01 やはり私の口には合いませんでした。

午後6時30分 sunが山陰に沈んでいきます。
Php7210707
普段は観光船や観光ボート等が発着する桟橋前が花火会場になります。
Phimg_2494
湖に浮かべられた台船と一番左側の桟橋の先端から打上られるようです。
Phimg_2492
台船上では花火師さんが最後の確認をされています。
この時、大曲の抽選会に一緒に行ったM君と偶然に遭遇、花火師さんからの情報では横打ち(水中花火)があるとのこと!!
Phimg_2493

19時15分 灯籠流し(灯籠船)が開始
どんなのか?と思っていたら、灯籠が小舟に引かれて桧原湖をグルリ。
オラには上手に表現出来ませんでした。
Phimg_2504
   
19時30分 あなただけの花火「メッセージ花火」開始
コレと言ったheart01特別なメッセージ花火はありませんでしたが、15組程のメッセージ花火が上がりました。
1口5000円(3号玉)、10000円(5号玉)、30000円(5号玉3発)、50000円(スターマイン)で募集していました。リーズナブルな設定のようです。
Phimg_2517
台船まで近い!5号玉は真上に上がる感じ。Phimg_2521
15分程でメッセージ花火が終了

20時 「連続打上花火大会」開始
上の花火を捕えるのに設定しているので、水中で開花する「水中スターマイン」を撮影するのはカメラ1台では厳し~~い。
何とか見れる1枚をアップしておきます。Phimg_2530
20時20分 打留

急いで片づけて車に。
渋滞前に脱出出来たので、ストレスフリーで国道459号・国道115号経由で帰宅出来たのは21時50分前でした。

花火の写真は 『信夫の郷にて(花火別館)』  にアップしておきます、どうぞお立ち寄りください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月21日 (金)

会津若松 鶴城地区子供会花火大会

17日のドライブ報告途中ですが昨晩も花火を見てきたので、そちらを先にアップします。

会津若松市の鶴ヶ城近くにある鶴城(かくじょう)小学校、その地区の子供会主催の花火大会が夏休みに入る日に毎年開催されるとのこと。
この花火を見て翌日から夏休みに入る、区切りの花火大会を開催するようです。
今年は7月20日(木)に実施されました。

▼陸上競技場が打上場所で鶴ヶ城を挟んで反対側にある西出丸の石垣上からの撮影となりました。(打上場所から900m程の場所になります)
Map20170720a
この花火を教えていただいた、県内の花火大会で何度かご一緒になった『尺玉が好き』さんに現地でお会いして、撮影ポイントまで教えていただき有りがとうございました。

打上前に鶴ヶ城をパチリ
Phimg_2425
撮影ポイントの後ろは石垣でお堀
Phimg_2429
打上予定の19時30分になっても上がりません。
毎晩行われている鶴ヶ城のライトアップを何とか撮影。 
Phimg_2438
何かトラブルがあったのでしょうか?20時前になってやっと打上音が・・・・
思ったより上に花火が・・・coldsweats01 
Phimg_2440
子供会が上げる花火以上の規模で、楽しめました。 
Phimg_2448
打上セットの間が長いけど仕方ないですね。
20時40分 打留 
Phimg_2488
来年リベンジですね。

花火の写真は、『信夫の郷にて(花火別館)』にアップしておきます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

てんえい商工祭の花火

7月17日(月 海の日)福島県の中央部に位置する、岩瀬郡天栄村で開催された『てんえい商工祭』にお邪魔しました。
色々なイベントがあって、19時30分から打上花火があるとのことで、17時30分現地に到着しました。
打上筒の準備中でした。
Phimg_2357
だいたいの場所と大きさが判ったので、近くの道の駅で時間を調整。Phimg_2358
暗くなった頃に再度同じ場所に。
Php7170685
打上開始近くになっても、誰も来ないので心配に・・・
dogの散歩をしていた近所のおじさんと話をしても『今日花火が上がるの??』
普通花火打上の場合、規制線があったり、消防車が待機したりすんだけど・・・
本当に上がるの?

打上予定時間19時30分 まだ少し明るい空に花火が打ち上がりました。
Phimg_2363
今日は大体、想像通りの大きさの花火で撮影的には楽でした。
Phimg_2365
19時48分 打留です。
短い時間でしたが、間近で見れた花火goodでした。

花火の写真は、『信夫の郷にて(花火別館)』にアップしておきますので、お立ち寄り下さい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年7月18日 (火)

夏モニカツ2017の花火

7月16日(日)この日は朝から雨が降ったり止んだり。
この日近くで開催される花火大会は、市内飯坂町茂庭地区で開催される夏モニカツの花火大会と宮城県塩釜みなと祭り前夜祭の花火大会が予定されていました。
塩釜の花火大会はデジイチを購入して初めて写真撮影をした思い出のある花火大会(2012年の記録はこちら)。でも雨雲レーダーで見ると、どちらの花火大会も厳しい条件。
だったら近場で初めての花火を見に行くことにしました。

摺上川ダム上空はいつ雨が降ってきても不思議でない状態。
Php7160648
結果、花火終了まで雨はふらず、帰路についた途中で雨が降ってきました。
この日は風が強く、湖面にはさざ波が立っており、水面に写る花火は期待できませんでした。
Phimg_2193
最大7号(尺玉かな?) が時々大玉が上がるので撮影難しいです。
Phimg_2206
撮影した梨平公園の入口には、『熊出没注意』の看板が。
打上開始1時間前の18時30分、私が到着した時は誰も居ないので熊除けの鈴を鳴らしながら撮影準備をしました。
でも次第に車が増え、打上開始(19時30分)頃には20数台になり、賑やかな子供達も増えたので一安心で撮影できましたcoldsweats01

圧縮率の小さい花火写真は、『信夫の郷にて(花火別館)』 にアップしておきますので、お立ち寄りください。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

夏モニカツ2017

福島市の北西に位置する飯坂町茂庭(もにわ)地区。
国道399号沿いに多くの集落があったのですが、2005年ここに摺上川ダムが完成して県北地区の水ガメとなったのです。
ダムによって形成された人造湖が『茂庭っ湖』と呼ばれるようになりました。
Map20170716a
飯坂温泉から国道399号を山形県方面へ12㎞程入った場所に摺上川ダムがあります。
Php7160639
ダム造成に伴い、酷道と言われた国道399号も付け替えられた部分は、こんなに素晴らしい道になっています。
Php7160641
ダムの形式としては、中央コア型ロックフィルダムというようです。
7月16日(日)ダムの下部にある『茂庭広瀬公園キャンプ場』で「もにわの夏フェス」『夏モニカツ2017』で開催されました。
Php7160644
その中で、堰堤から花火を打ち上げるとのことだったので、ダムの上流にある『梨平公園』へ
Php7160646
ダムの堰堤方面をパチリ。
この日は、朝からパッとしない天気で時々雨模様でしたが、打上開始時刻にはこんな感じです。
Phimg_2177
こんな感じで撮影準備・・・
Phimg_2181
一発目が上がって!
思ったより左で、しかも上が切れてしまいました。
Phimg_2185
今日も朝からお出掛けしていますので、詳細は、明日にでもアップします。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年7月 3日 (月)

弾丸ツアーでゲットだぜ(笑)

『大曲の花火』有料観覧席の現地販売会(抽選会)に行ってきました。
ネットでの申し込みに落選(記事はこちら)したので、席確保の確立が高い販売会(抽選会)に初めて行くことにしました。

この販売会(抽選会)は
(1)7月2日午前7時~午前9時までに抽選会場(大曲駅前の大曲商工会議所)に来場した人に抽選券を配布
(2)来場者から2000名が当選となり有料観覧席券を購入出来る。
(3)来場者が2000名以下の場合は、全員当選。

ということで、相方と2人で行けば当選確率が高くなるはずなんですが、生憎相方は別用事が入っており同行出来ないとのこと。
花火の先生M君(花火で知り合った県内在住の花火好きさん)に声を掛けたら、抽選要員としてドライブに同行してもいいよの返事を受け、2人で秋田県大曲へ向かうことにしました。

午前2時40分 道の駅『国見』でM君をピックアップ
午前2時50分 国見ICから東北自動車道路へ
          この日は、所々でrain模様。注意しながら運転です。
          車中花火のことに等に話がはずみ、あっという間に秋田県入りできました。
Php7020529
午前6時  秋田自動車道 大曲ICで高速を降り大仙市大曲町内へ
まだ時間が早かったので、雄物川沿いにある花火大会会場に立寄ってみました。
Php7020531
JR大曲駅前付近の有料駐車場へ車を停めて午前7時抽選会場へ
抽選券をもらって会場へ入場です。
Php7020537
開始15分で500名位、2000名は越えそうかな?
Php7020542
雨も降らず、曇り空だったので過ごしやすかったです。
Php7020543
ここ商工会議所の建物などは最近建てられたそうで、今年から抽選会場がここに変更になったそうです。
売店で公式プログラムを購入したり、タブレットで自身のブログのコメントに返事を入れたりしながら過ごしました。 
Php7020544
午前9時 号砲の合図でアナウンス
『来場者が2000人に満たなかったので全員当選とします』happy01
ということで、同行者M君の抽選券は記念品として持ち帰りとなりました。
(秋田県の地元紙記事によると、1825名が列を作ったそうです)
C席の前の方でしたが、横位置的には中央部に近い所でまずまずの場所でした。(席の場所は自分では選べません) 
Php7020574
帰りは国道13号など、一般道を利用して戻りました。
午後5時過ぎ 道の駅国見でM君と別れて帰宅しました。

往復530㎞の弾丸ツアーでしたが、初めての抽選会参加。
全員当選という珍しい事象にも立ち会えて面白かったです。

大曲の花火、今年は参加業者さんの入替年に当たり、3社が減って2社増えました。
今回増えたのは、新潟県の阿部煙火工業(株)と(有)片貝煙火工業です。
阿部煙火工業さんは長岡の花火などを担当している業者さん、片貝煙火工業さんは片貝の花火や柏崎の花火などを担当されています。
共に3尺玉や4尺玉など大きな花火玉を上げられることでも有名な花火業者さんで楽しみです。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2017年6月16日 (金)

落選

Oomagari20170616

8月26日(土)開催される、全国花火競技大会(大曲の花火)の観覧席券の抽選結果が今日発表されました。
残念ながら落選でしたcrying
共同戦線で申し込みした甥っ子も落選。

今後、観覧席を確保する方法としては
 (1)大仙市の大曲商工会議所での直接販売(抽選)(7月2日開催)に行く
 (2)2次販売
 (3)ネットオークション

夏の大曲の花火の観覧席確保は、ほんと難しいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

ふくしまミュージック花火2017

6月3日(土)ふくしまミュージック花火2017が開催されました。
会場は、吾妻山の麓にある『あづま球場』
市内中心部から約20分、打上直前に現地到着。
福島市街地の灯りが遠くに見える場所です。
Phimg_1203

前回(2015年)開催された時(その時の様子はこちら)は山側から撮影しましたが、今回は開始時間ギリギリの出勤なので、丁度車を停めることが出来た市街地側(下記地図の矢印部分)から撮影しました。
Map20170603
有料観覧席は、あづま球場のスタンド席になるんですが6000円~、三脚持ち込み可能な席は1万円sign03
先日東京お台場でもセレブな花火大会が開催されましたが、そこまでyenを払っても見たい花火なら払うかもしれませんが・・・・・coldsweats01
Phimg_1208
近畿日本ツーリスト関連企業等が、福島復興支援のためにツアーなどを組んで実施しているのであまり言えないけど・・・ネ。
花火を見て、市内のspaに泊ってもらえたら嬉しいです。
開催直前でも有料席販売していたけど、大丈夫だったのかな?
Phimg_1166
4月末に観覧し、記事をアップした『大曲の花火(春)』は入場料千円で間近で見れましたからね。

詳細は『信夫の郷にて(花火別館)』でご覧ください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年5月 7日 (日)

青森・秋田 花火・桜・鉄の旅(完) 角館・大曲へ再び

ホテルで無料の朝食を食べた後、午前8時45分角館へ向かってGO!。
途中で愛車に朝食を与え、国道46号に入ります。
すぐに、「道の駅協和」が現れます。
Php4290208
この日、桜まつりが開催されており、道の駅の廻りは桜が満開でした。
Php5020254
午前10時前、角館へ到着。有料駐車場(500円)に停めて散策へ出かけます。
釣り人多数、何を釣っているのかな?
Phimg_0376
午前中から雨の予報でしたが、何とかもっています。
Phimg_0378
高校生なのかな?
Phimg_0384
桧木内川沿いのソメイヨシノは満開でした。
Phimg_0388
セブンの建物も街中に融けこんでいます。
Phimg_0398
武家屋敷通りのシダレザクラは、ちょっぴり葉っぱが出てきた感じです。
Phimg_0402
ここで、またまた有名なdogに出会いました。
現在は、BSジャパンで放送されている「まさはる君行く」の収録をしていたようです。
Phimg_0406
樺細工伝承館前も人・人・人
Phimg_0410
伝承館内のピンクが強いシダレザクラを撮影していたらrainが・・・
Phimg_0413
天気予報が雨だったので、皆さん傘の準備は万端だったようです。
Phimg_0418
雨も降ってきたので、散策を切り上げ、車で近くにある日帰り温泉施設へ。
劇団わらび座を中心とした秋田芸術村。
Php4290216
その中にある温泉ゆぽぽ
Php4290213
650円で利用できる日帰り温泉施設です。
日本庭園を眺めながら、ゆったり出来る温泉でした。混んでいたので写真はありません。
Php4290210
ロビーに貼ってあるポスターvirgoが気になりました、秋田県内のあちこちで見かけました。
Php4290212
温泉施設ゆぽぽでも食事は出来るのですが、まだお腹が空かないので、大曲へ向かいます。
国道105号沿いにある、「道の駅なかせん
Php4290222

Php5020255
道の駅に併設されている農家レストランで「元気な肉定食(920円税込)」
Php4290219
道の駅のウラを流れる川端の桜も満開でした。
Php4290221

午後3時前、昨日と同じ大曲市民会館の駐車場へ車を停めましたが、前日と違って午後4時前には満車となりました。
以前として雨が降っているので車中で待機。
午後6時を過ぎると雨も止んだので、打上会場へ向かいます。
前日と違って人が多かったです。
Php4290223

19時予定通りに打上開始。
Phimg_0446
残念ながら風が弱いのと、雨が上がったあと暖かくなったため?、霧・靄?が出て花火打上の条件としては最悪に。
レンズをフキフキしながらの撮影です。
おまけで2尺玉も上がったのですが、煙の中でまともに見ることが出来なかったのが残念でした。
Phimg_0489

2017年 大曲の花火~春の章~4月29日分 の写真を別館にアップしています。
  できたら、 『信夫の郷にて(花火別館)』  へお立ち寄り下さい。

21時 予定より30分以上遅れて打ち止めになりました。
21時40分 大曲ICから秋田自動車道へ
翌0時30分 国見ICで東北自動車道を降り、自宅へ。

 総走行キロ 1212.3㎞  燃費 13.6㎞/L
の旅でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

青森・秋田 花火・桜・鉄の旅(6) 大曲へ

4月28日国道101号を南下。
秋田県に入ってすぐに現れるのが 「道の駅 はちもり
秋田音頭で歌われる「はちもり ハタハタ」の八森町(現在の八峰町)です。
Php4280181_2
小さな道の駅です。
Php5020250
さらに国道101号を南下して、同じ八峰町にある「道の駅みねはま
Php4280188
なぜ、ポンポコなんだろう?
Php5020251
遅い昼食時になっていたので、ここで地元野菜たっぷりのハヤシライス(800円)を頂きました。
Php4280182

能代市を抜け、大潟村へ。
道の駅 おおがた」で休憩
Php4280189
大きな産直市場があります。
Php5020252

大潟村へ立ち寄ったのは、以前訪ねて感激した「桜と菜の花ロード」を訪ねるためです。
Php4280191
延長11㎞にわたって、3000本の桜(ソメイヨシノ、ヤエザクラ、ベニヤマザクラなど)と菜の花を植えたそうです。
Phimg_0260
青空の下、桜の下、車を走らせると爽快な気分になります。
Phimg_0261
11㎞ものほぼ直線の道路があるのも、干拓地だから出来ることなんでしょうね。
Phimg_0262
大潟村へ通じている道?橋?から見る風景は海を渡っているようです。
Php4280196

国道7号と合流し、南下。秋田自動車道昭和男鹿半島IC近くにある『道の駅 しょうわ』に立ち寄り。
Php4280197
秋田県花き種苗センターを併設する道の駅だそうで、初めての訪問です。
沢山のお花が並んでいました。
Php5020253
国道7号で秋田市へ入ってしまうと渋滞しそうだったので、ナビに任せて裏道(なのか?県道41号)で秋田南IC近くにあるビジネスホテルへ。

今日の宿泊場所(ホテル秋田御所野)へ16時30分にチェックイン。
Php4290206
ここは全室ツイン(ダブルベット+シングルベット)で、1人利用だと5000円、2人8000円、3人なら9000円(税別)と1部屋の利用人数が多くなるとお得になるシステム。
トイレとバスが別なってるし、無料朝食付き、全室禁煙なので禁煙者にとっては快適なホテルでした。
Php4280200
しかも、宿泊エリアへ入るのもカードキーを使って入るので、チェックイン後は夜間でも出入り自由。
(と言っても、インター傍なので廻りにはコンビニもありませんでした)
Php4290205

大曲まで40数キロとちょっと遠いですが、コスパ的に大満足のホテルでした。
ホテルに荷物を置いて大曲へ向かいます。
無料駐車場の大曲市民会館へ車を停めることが出来ました。
近くのスーパーで夜飯を購入して、花火会場の雄物川へ向かいます。
夏に比べたら、はるかに少ない人出なので、歩くのも楽です。
大曲農業高校の桜とモクレン?が綺麗でした。
Php4280201
会場入口で1000円を払って、有料自由席へ。
広~~い会場、筒場を確認してカメラの準備です。
Php4280202

午後7時 打上開始です。
Phimg_0276

Phimg_0304
19時50分 打上数7000発の花火大会もアッという間に終了しちゃいました。
日が沈むと、やはり秋田、冬仕度で観覧しましたが寒かったです。
国道13号を利用してホテルまで戻りました。
車中泊とは違い、広~いベットで朝までぐっすり眠ることが出来ました。

大曲の花火~春の章~ 4月28日分の詳細は別館で紹介中です。
  信夫の郷にて(花火別館)はこちら
(つづく)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧