映画・テレビ

2020年11月23日 (月)

古関裕而記念館

今週で終わってしまう『朝ドラ エール』のモデルとなった古関裕而さんの記念館。
我が家から徒歩5分程の場所にあります。
Ph202011pb171320
音楽堂と古関裕而記念館の間にあるプレハブは
Ph202011pb171324
期間限定でオープンしている、『エール』に登場する喫茶バンプーを再現した休憩室があります。
Ph202011pb171328
記念館は無料で利用できますが、2階の資料館は撮影禁止です。
1階には古関裕而が愛用していたハモンドオルガンが展示されています。
Ph202011pb171330
古関裕而生誕100年記念モニュメント(福島駅東口広場に展示)の原型
Ph202011pb171332
『古関裕而のまち』デザインマンホールが市内2ヶ所に設置されています。
Ph202011pb171321
尚、リニュアル工事に伴って、1月上旬から3月上旬はは臨時休館となります。

朝ドラ「エール」の最終回(11月27日放送)が、NHKホールを舞台にした「コンサート」という異例の内容だそうです、楽しみです。 

ポチッとよろしく!

| | | コメント (6)

2020年11月 3日 (火)

朝ドラ「エール」のオープニング

福島市の西部、あづま総合運動公園近くにある『四季の里』(福島市農村マニュファクチャー公園って?)
四季の里の一番西側にあるレストラン(あさひビール園四季の里店)の奥に目的地があります。
なお遠くに見えるのは吾妻小富士です。
Ph202010img_3708
駐車場から歩いていくと、幟と案内板がありました。→に従って進みます。
Ph202010img_3683
円形花壇は見頃でした。
Ph202010img_3685
四季の里のバラ園の横をさらに進むと
Ph202010img_3688
あと25m(笑)の看板
Ph202010img_3690
水林(みずばやし)自然林になります。
キャンプ場があって芋煮会の会場にもなりますが、熊さん出没注意の場所なので一人でウロウロは出来ません。
Ph202010img_3693
朝ドラファンの方なら見た記憶があるのでは?
Ph202010img_3691
古山音(二階堂ふみ)さんが寄りかかっていた場所
Ph202010img_3696
古山裕一(窪田正孝)さんが立っていた場所(向きが違いました(笑))
Ph202010img_3703
これらの写真を撮影したのは10月中旬だったので、今は紅葉が進んでいると思います。

ドラマもあと1ヶ月になりました、この先どんな展開が待っているのか楽しみです。

ポチッとよろしく!

| | | コメント (4)

2020年10月 7日 (水)

映画 『糸』

久しぶりの映画鑑賞です。
全席販売が可能には成ったようですが、私が利用しているシネマでは前後左右1席づつ間隔を空けての観覧となっています。
Ph202010dsc_1799
今年の春先に公開予定だった映画が続々、公開されはじめました。
Eiga20201001
1998年にリリースされた中島みゆきのヒット曲「糸」をモチーフに、菅田将暉、小松菜奈演じる平成元年に生まれた男女の18年間を生活者からの視点から見た平成史とともに描いていった作品。
見たい映画が続々公開されます。

ポチッとよろしく!

| | | コメント (10)

2020年10月 4日 (日)

ビックリ

いつもの散歩コース、信夫山の護国神社
Ph202009dsc_1792
その近くに『和食料理』のお店があるんですが
Ph202009dsc_1793 
先週の平日に行列が出来ていてビックリ!

理由は判っているんですが、テレビの影響の凄さにビックリです。
日曜夜にTBS系で放送されている『バナナMのせっかくグルメ』で、先週日村さんが紹介したんです!!!。
テレビの影響って凄いですね。

今日、昼前に散歩の際に寄ってみました、日曜日で凄い行列かなと思ったら!?
Ph202010dsc_1815
人数制限しているみたいで、昼前に受付終了していました。
Ph202010dsc_1816

ポチッとよろしく!

| | | コメント (6)

2020年9月15日 (火)

メロディーバス

この頃、暑さも和らいだので散歩も復活しました。
そんな散歩コースの一つ。
Ph202009img_2660
福島県文化センター前です。
今月1日から、朝ドラ「エール」のモデルとなった地元出身の作曲家古関裕而にちなみ、福島市は古関メロディーを車内外に流しながら市中心部を巡るバスの運行を始めました。
文化センター前を通るので少し待っていました。
 
Ph202009img_2678
メロディーバスがやってきました。
マンションの奥に見える建物は福島市音楽堂で古関裕而記念館も併設しています。
Ph202009img_2687
メロディーバスは最大24人が乗れ、外装には楽器や音符のデザインがあしらわれ、内装は木製で温かみがあるそうです。
車内では「高原列車は行く」「船頭可愛や」など7曲の古関メロディーが流れているとのこと。

Ph202009img_2689
可愛い外装ですね。
Ph202009img_2692
古関裕而のまち、福島市です。
Ph202009img_2697
なお以前に紹介した、まちなか周遊バス『ふくしまエール』号も走っています。
Ph202006p6200254
ポチッとよろしく!

| | | コメント (6)

2020年9月14日 (月)

朝ドラ エール再開

6月29日から新型コロナウイルスの関係で中断していた「朝ドラ エール」が今日から再開しました。
Ph202003p3301120
無事再開してホッとしています。
当初予定より10話短くなるようですが、仕方ないですね。
Ph202006p6200271
これから新しい出演者も沢山登場するようなので期待したいと思います。
福島の話は、もう出てこないのかな?

BSで放送されている朝ドラ アンコール放送『はね駒』
(福島県相馬の“はね駒(こんま)りん”が、仙台の女学校で英語を学び、上京。結婚・出産を経て家庭との両立に悩みつつ、女性新聞記者の道を切りひらいてゆく姿を描いたドラマ)
は今週で終わり、主演の斎藤由貴さん始め樹木希林さん・渡辺謙さんなど豪華俳優陣が登場、寂しい限りです。 

来週からは沢口靖子主演の『澪つくし』が放送される予定のようです、見なくては!

ポチッとよろしく!

| | | コメント (2)

2020年7月13日 (月)

古関裕而まちなか青春館

福島市出身の作曲家古関裕而さんの足跡を紹介する「古関裕而まちなか青春館」。
先日外観を紹介しましたが6月20日にNTT大町ビルに開館したので行ってみました。
古関さんの青春時代を振り返る貴重な品々などが並んでいました。

Ph202006p6260380
実家の『喜多三呉服店』の看板。
喜多三の看板は古関裕而記念館に保管されていたが、全長約5メートルと大きいため、展示されていなかったそうです。
Ph202006p6260390
ご両親の写真、テレビでは母親役を菊池桃子さんが演じていますが、実のお母さんも綺麗だったのですね。
Ph202006p6260384
福島関連の歌のレコード
Ph202006p6260382
ドラマでも子供の写真を撮っているシーンがありましたが、実際にカメラの趣味があったようですね。
Ph202006p6260387
路面電車は映っているし、左奥屋根上の看板は『大七』酒造じゃないかな?
Ph202006p6260388
ポチッとよろしく!

| | | コメント (6)

2020年7月 5日 (日)

『エール展』 by 福島チェンバおおまち

福島駅東口から東へ進んだ、昔は銀行・証券会社がズラリと並んでいた場所。
福島交通飯坂東線の路面電車が走っていました。
古関裕而さんの実家があったのもこの辺り。
Ph202006p6260379
移転前は福島商工会議所が入っていたビル。
現在は、文化施設として使われているのかな?

朝ドラ「エール」で使われた衣装や小道具などが並ぶ「エール展」が、そんな「チェンバおおまち」1階で始まった。
Ph202006p6260377
劇中に入り込んだようなセットや、撮影で使われた品々が展示されているとのことで訪ねてみました。
Ph202006p6260360
出演者の等身大パネルの他に撮影で使われた小道具も色々展示されています。
Ph202006p6260362

主人公古山裕一の出身校の設定が「信夫小学校」。
信夫山もあるし、現在の福島市の南西部は昔は信夫村と言ったので「信夫小学校」が実在しても不思議では無いのですが、架空の学校ですね。
(信夫中学校は、今も実在しています)
校歌に出てくる「吾妻の嶺」「阿武隈川」は福島市内の校歌には良く出てきますが、『白虎の誇り』は会津でしょう!??と突っ込みたくなります。
Ph202006p6260364
裕一が生まれた時に父親が買ってきたレジスタ
Ph202006p6260365
コロンブスレコードとの契約書
Ph202006p6260368
ハーモニカ、弟に買ってきた川俣土産。
Ph202006p6260371
ドラマで使われた小道具が展示されていました。

ポチッとよろしく!

| | | コメント (6)

2020年6月26日 (金)

エール by 本宮

朝ドラ「エール」今週で一時中断、来週からは第1話から再放送だそうです。
そんな朝ドラのモデルは「古関裕而」さんご夫婦ですが、福島三羽カラスと呼ばれた作曲家・古関裕而、歌手・伊藤久男、作詞家・野村俊夫についても描かれています。
歌手伊藤久男さんの出身地、本宮駅前に記念モニュメントが出来たとのニュースを思い出し本宮駅前に行ってみました。

昨年の台風19号で決壊して本宮市街地を水没させた安達太良川、普段は穏やかな流れなのに?
Ph202006img_1090
東北本線本宮駅も橋上駅になるはずなんですが、今も工事中??
Ph202006img_1081
色々あって完成が遅れているみたい!
てっきり完成しているのかと思いました。
Ph202006img_1074
伊藤久男さんの胸像と歌碑は以前からあったみたいで、今回は大きなパネルを設置したんだね。
Ph202006img_1076
歌碑は「イヨマンテの夜」「栄冠は君に輝く」「あざみの歌」
1948年「栄冠は君に輝く」が発表された時は伊藤久男さんが歌っていたんですね!!
Ph202006img_1083

本宮駅近くに行ったら是非見てみたい建物があったのです。
それが「本宮映画劇場」
1914年(大正3年)に芝居小屋として開業、その後1943年(昭和18年)に改称、最大1000人まで収容出来たそうです。
残念ながら1963年に廃業。
その後も映写機は大事に保存され、今でも時々昔のフィルムの試写会が行われたりしています。
Ph202006img_1080
ウラから見たら年代を感じました。
Ph202006img_1077
朝ドラ「エール」でも山崎育三郎さん演じる「佐藤久志」さんの生家も裕福な設定ですが、モデルとなった伊藤久男の実家も旧家で父親は県会議員、兄は衆議院議員を務めたことがある名家。
そんな父親が建てた別荘が、蛇の鼻に残っているそうです、桜の時期にでも来てみたいと思います。
Ph202006img_1092

本宮市白沢ふれあい文化ホールで「伊藤久男展」と連続テレビ小説「エール」ご当地巡回展(福島県内各地で1週間単位で開催)が開催されていたので寄ってみました。
出演者の等身大パネル等が展示してありましたが、撮影NGだったので写真はありません。
 
Ph202006p6200293
伊藤久男さん、エールで演じているいる山崎育三郎さんに似ていると思うのでした。
Ph202006p6200295
ポチッとよろしく!

| | | コメント (6)

2020年6月24日 (水)

エール by 川俣

連続テレビ小説「エール」の主人公「古山裕一」が一時働いたことになっている川俣町。
川俣町は福島市の東南に位置します。
モデルとなった古関裕而さんも、高校卒業後2年程、ここ川俣町で働いています。

「道の駅かわまた」もリニューアルしたとのことで立ち寄ってみました。
Ph202006p6200268

Ph202006p6200278
道の駅にある「かわまた銘品館シルクピア」では
Ph202006p6200271
エール川俣編の撮影で使用された小道具などが展示されていました。
Ph202006p6200275
撮影禁止マークが無かったので撮影しちゃいましたが??大丈夫か???
Ph202006p6200276
川俣の街中
Ph202006p6200279
古関裕而が当時勤めた川俣銀行があった場所、今は東邦銀行川俣支店となっています。
Ph202006p6200286
川俣中央公園から見た川俣の様子
Ph202006img_1060
この公園桜の木もたくさんあります。
また、町のシンボル?の「小手姫像」が設置してあります。

Ph202006p6010194
ポチッとよろしく!

| | | コメント (4)

より以前の記事一覧