旅行・地域

2020年12月30日 (水)

2020年のまとめ(旅行・ドライブ編)

今年のお出かけ、ドライブのまとめを備忘録的に記録します。
コロナ禍で予定が大幅に狂いましたが、GOTOトラベルを利用してお得に旅が出来ました。
県外へ出かけたのは、宮城県・山形県・秋田県の3県のみ、寂しい1年でした。
今年は1回も車中泊をしませんでしたね。

【2020年の旅行(宿泊)】
(01)  6月23日~24日 福島県郡山市 磐梯熱海萩姫の湯 栄楽館
                 (県民限定の宿泊補助キャンペーン利用)  
(02)  8月 5日~ 6日 山形県米沢市 白布温泉 東屋
                  (東北6県と新潟県民対象の宿泊割引キャンペーン利用)   
(03) 10月 9日~10日 秋田県大仙市 大曲の花火(秋)・岩手県湯川温泉 ふる里
                 (GOTOトラベル利用)  
(04) 11月10日~12日 三陸海岸の旅 岩手県気仙沼温泉・ホテル羅賀荘
                 (GOTOトラベル利用)
(05) 11月25日~26日 山形県米沢市 湯の沢温泉 時の宿すみれ
                 (GOTOトラベル利用)
Ph202006p6230301
  (2020年6月23日 磐梯熱海温泉 栄楽館)

コロナ感染に注意し、できるだけ三密にならない場所へ出かけました。
【2020年の日帰り旅】
(01)  1月 7日 郡山市〈市立美術館)・郡山市片平町(うねめの里冬花火)
(02)  2月21日 福島県国見町 くにみつるし飾り展
(03)  2月25日 福島市飯野町 飯野吊しひな祭
(04)  3月 7日 常磐線(浪江~富岡)
            福島県いわき市 勿来復興花火
(05)  3月11日 福島県二本松市 鎮魂の花火
(06)  3月25日 福島県郡山市 郡山総合車両センター
(07)  4月 6日 福島県 浜通り桜紀行
(08)  4月11日 福島県 県北地区桜紀行
(09)  4月16日 福島県 県中地区桜紀行
(10)  6月 1日 福島県二本松市 全国一斉悪疫退散祈願花火
(11)  6月20日 福島県二本松市 中島の地蔵桜ライトアップ
            福島県本宮市 市街地散策
(12)  7月 6日 福島県国見町 中尊寺ハス
(13)  7月21日 宮城県角田市・名取市・仙台市(一番町当選食事)
(14)  7月24日 福島県二本松市 全国一斉花火プロジェクト~はじまりの花火~
(15)  8月 1日 福島県国見町 希望の光プロジェクト 花火
(16)  8月 9日 福島県喜多方市他 磐越西線・四季島・SLばんえつ物語号、只見線・トロッコ列車 
(17)  8月14日 福島県郡山市 あさか野夏まつり花火大会
(18)  8月17日 福島県二本松市 四季花火プロジェクト(夏)
(19)  8月22日 福島県二本松市 陽華と元氣な花火大会
(20)  8月25日 福島県猪苗代町・郡山市 布引高原
(21)  9月 6日 福島県猪苗代町 磐越西線四季島
            福島県須賀川市 大東フェステバルシークレット花火
(22)  9月19日 福島県会津若松市 只見線・トロッコ列車、磐越西線・SLばんえつ物語号、会津まつり開幕セレモニー花火
(23)  9月20日 福島県猪苗代町 新型コロナ終息祈願花火
(24) 10月 1日 福島県二本松市 赤そば畑・四季花火プロジェクト(秋)
(25) 10月11日 福島市松川町  松川町秋祭り花火
(26) 10月21日 会津地方紅葉巡り・須賀川市 円谷幸吉メモリアル花火
(27) 10月25日 福島県須賀川市 いわせ悠久祭り花火
(28) 10月30日 福島県相馬市 松川浦
(29) 10月31日 山形県米沢市 なせばなる米沢秋の元気回復キャンペーン花火
(30) 11月 1日 会津地方 紅葉狩り、磐越西線・四季島 
(31) 11月 6日 福島県二本松市 菊花展
(32) 11月27日 福島県猪苗代町 ホテルリステル猪苗代ライトアップメッセージ花火
(33) 11月28日 山形県米沢市 米沢花火プロジェクト
(34) 12月12日 福島県飯舘村いいたて冬の花火、南相馬市あかりのファンタジー イルミネーション in おだか  
(35) 12月19日 福島県大玉村 冬の花火フェスタ
Ph202009img_2502
  (2020年9月6日 猪苗代町磐越西線・四季島)

| | | コメント (2)

2020年12月 3日 (木)

米沢市 『湯の沢温泉 時の宿すみれ』(3)

『湯の沢温泉 時の宿すみれ』さんの朝食は遅めの、8時30分から
Ph202011pb261483
チェックアウトも午前11時と、全てがゆったり出来る雰囲気が最高の旅館でした。
Ph202011img_4817

詳しくは、『信夫の郷にて(花火別館)』をご覧ください。

【ご近所さん限定】地元米沢の魅力再発見!家から60分で行ける温泉を満喫プラン
(米沢近郊に住んでいる人用のプランで一人1000円程値引きされているプラン、部屋によって値段も異なります)
1泊2日(2食付)税込  27,500円×2人=55,000円

GOTOトラベル割引  ▲19,250円
支払額          35,750円
なお、GOTOトラベルキャンペーン 地域共通クーポン 8,000円分の商品券を頂いたので、実質2人で27,750円で泊まりました。
この金額で米沢牛の創作懐石料理を食べることが出来たのは、GOTOトラベルさまさまです(笑)。

この地域共通クーポンは、宿泊した施設がある県及び近隣(宿泊県と隣接している県)で、宿泊した当日と翌日で使いきる決まり。
夕食時に飲んだお酒や追加料理の支払いでも利用できますが、余り飲めない私の場合、2,000円しか使えません。

道の駅米沢で
Ph202011pb251365
お弁当『牛肉どまん中』
Ph202011img_4871
何度食べても美味しいお弁当ですね。
Ph202011img_4873
さらに米沢の酒造メーカー小嶋総本店の「東光 白い酒」を購入
Ph202011img_4875
福島に戻って、福島県観光物産館で「赤べこ」
Ph202011mg_4880
地元のお菓子を買ったけど、まだ残っていたので
Ph202011img_4883
先日紹介したシクラメンもHCで地域共通クーポンを利用して買っちゃいました。
Ph202011img_4886

また泊まってみたいけど・・・
米沢牛黄木の直営レストラン金剛閣でランチなら何とかなるかな?(笑)

ポチッとよろしく!

| | | コメント (4)

2020年12月 2日 (水)

米沢市 『湯の沢温泉 時の宿すみれ』(2)

『湯の沢温泉 時の宿すみれ』で一番楽しみにしていた夕食です。
米沢牛を使った創作懐石料理を楽しむことが出来ます。

メイン料理は米沢牛のステーキ、すき焼き、しゃぶしゃぶから選べます。 
午後6時~7時の間に食事処に行くと、夕食がスタートします。
Ph202011pb251420
器も2人別々、料理と器両方で楽しませてくれました。
Ph202011pb251430

詳しくは、『信夫の郷にて(花火別館)』をご覧ください。

ポチッとよろしく!

| | | コメント (4)

2020年12月 1日 (火)

米沢市 『湯の沢温泉 時の宿すみれ』(1)

米沢市にある『湯の沢温泉 時の宿すみれ』に「GOTOトラベル」キャンペーンを利用して宿泊してきました。
予約したのは9月中旬、その時点で空室は僅かの人気宿泊施設です。
  
10室だけのおふたり様専用の宿。
米沢牛づくしの 創作懐石料理と肌に優しい温泉がふたりの特別な時間を彩りますとのキャッチコピーの宿。
以前から泊まってみたかったのですが、料金が高級旅館並みの設定なので、今まで泊まったことがありませんでしたが、今回キャンペーンを利用して普通の旅館並みの料金で泊まることができました。

 米沢市内には8つの源泉があって「米沢八湯(小野川温泉; 姥湯温泉; 白布温泉; 滑川温泉; 新高湯温泉; 五色温泉; 大平温泉; 湯野沢温泉)」と呼ばれている♨の多い場所。今回の温泉利用で、四湯目かな(小野川温泉、白布温泉、五色温泉、湯野沢温泉)。

場所は米沢駅から奥羽本線(山形新幹線)を福島方面に向かった次の駅「関根駅」が最寄駅になります。
Ph202011img_4843
ここから板谷峠に向って一気に登っています。
Ph202011img_4845
米沢市内から山形県道232号(板谷米沢停車場線)で峠方面へ向かい関根駅を過ぎて暫く走ると、「時の宿すみれ」の看板が見えてきます。
この道路、この付近までは広い走りやすい道路ですが、ここから峠までは隘路になります。 
Ph202011pb251373
県道から100m程奥に建物が見えてきました。
Ph202011pb251375
駐車場の奥に奥羽本線の線路が見えました。
Ph202011img_4799
アップで(笑)
Ph202011img_4800

詳しくは、「信夫に郷にて(花火別館)」をご覧ください。

ポチッとよろしく!

| | | コメント (4)

2020年11月23日 (月)

古関裕而記念館

今週で終わってしまう『朝ドラ エール』のモデルとなった古関裕而さんの記念館。
我が家から徒歩5分程の場所にあります。
Ph202011pb171320
音楽堂と古関裕而記念館の間にあるプレハブは
Ph202011pb171324
期間限定でオープンしている、『エール』に登場する喫茶バンプーを再現した休憩室があります。
Ph202011pb171328
記念館は無料で利用できますが、2階の資料館は撮影禁止です。
1階には古関裕而が愛用していたハモンドオルガンが展示されています。
Ph202011pb171330
古関裕而生誕100年記念モニュメント(福島駅東口広場に展示)の原型
Ph202011pb171332
『古関裕而のまち』デザインマンホールが市内2ヶ所に設置されています。
Ph202011pb171321
尚、リニュアル工事に伴って、1月上旬から3月上旬はは臨時休館となります。

朝ドラ「エール」の最終回(11月27日放送)が、NHKホールを舞台にした「コンサート」という異例の内容だそうです、楽しみです。 

ポチッとよろしく!

| | | コメント (6)

2020年11月18日 (水)

2020年三陸の旅(6) 久慈市&八戸市

今回の三陸の旅報告も今回が最後となります。

田野畑駅をあとに国道45号を北上、三陸鉄道普代駅に寄ってみました。
山に囲まれたような地形ですが、海から1㎞も離れていないような場所、普代水門が町を守ったようです。
Ph202011pb121246
海沿いを走る国道45号を北上、到着したのは陸中野田駅。
ここは三陸鉄道の駅と『道の駅のだ』が併設された駅、珍しい駅です。
Ph202011pb121256
さらに北上し久慈市内に入り、『道の駅くじ やませ土風館』に立寄りお土産を購入。
Ph202011pb121258
ここには、秋祭りで使われる山車が展示されています、見事な山車です。
Ph202011pb121261
久慈と言ったら『あまちゃん』。こんな顔出しパネルもありました。
Ph202011pb121266

久慈~八戸間の自動車専用道路は半分の区間が工事中、でもまもなく全線開通するみたいで、そうなれば便利になるでしょうね。
ここで青森県に入ります。
Ph202011pb121270
天然の芝生が波打ち際まで敷き詰められた種差海岸の天然芝生地、ゴルフ場みたいです。
Ph202011img_4674
ウミネコの繁殖地として有名な蕪島にある蕪島神社。
2015年11月に火災で社殿を喪失しましたが、昨年末に再建できたとのことで立ち寄ってみました。
Ph202011img_4692
その後、八戸市内の『八食センター』でランチとお土産を購入。
八食センターは八戸で水揚げされた海産物等が並ぶ、鮮魚のテーマパークみたいで、じっくり見て歩いたら一日居ても足りないくらいです。

午後1時過ぎ、八食センターを後に八戸インターから八戸自動車道へ。
この辺りって、一戸町・二戸町・・・・八戸市・九戸村などがあるのに、何故か四戸とつく市町村だけは無いんですよね?
Ph202011pb121281
東北自動車道と合流する安代JCT付近まできたら!!!
道路に雪は残っていませんでしたが、夜間の走行でなくて良かった。
Ph202011pb121293
盛岡南~花巻南間は正式に最高速度が120㎞になったみたいですね、120㎞で走ると速さを感じます。
Ph202011pb121300
ここまでは予定通りきたのですが、電光掲示板に『水沢IC~平泉前沢IC事故通行止め』
手前のサービスエリアで再開を待つか悩んだ末、水沢ICで降りて平泉で再度高速道路へ。
国見サービスエリアに到着した時にも、再開通していなかったので、降りて正解でした。
予定より1時間以上の遅れで帰宅しました。

以上、三陸の旅の報告もこれで最後です。
少しでも三陸の復興の手助けになったら嬉しいです。
(おわり)

詳しくは『信夫の郷にて(花火別館)』をご覧ください。

ポチッとよろしく!

| | | コメント (4)

2020年11月17日 (火)

2020年三陸の旅(5) 田野畑村

11月11日(水)三陸の旅の続きです。

宮古市田老地区から三陸自動車道を使って田野畑村へ向かいます。
この付近の三陸自動車道は現在工事中!!
Ph202011pb111222
三陸鉄道島越駅に立寄ってみました。
内部の展示がガラッと変わっていました。
Ph202011pb111223
以前ここまで三鉄に乗ってきたことが懐かしいです。
Ph202011pb111227
この日泊まるホテルの横を通り過ぎて、高さ200mの断崖が連なる景勝地の北山崎を見学。
何回来ても見事な風景です。
Ph202011img_4589
この日の宿泊は、羅賀漁港横にある『ホテル羅賀荘』
Ph202011pb111233
全部屋から太平洋が望めます。
Ph202011img_4609
夕飯は海の幸が一杯
Ph202011pb111236

11月12日(木)
午前6時3分 日の出に合わせて起きましたが、またしても水平線には雲・・・。
でも何とか朝日による海の光の道を見ることが出来ました。
Ph202011img_4636
1泊2日(2食付)税込  13,750円×2人=27,500円
GOTOトラベル割引   ▲9,625円
おでんせ岩手県割引    ▲6,000円(一人3000円)
支払額          11,875円
なお、GOTOトラベルキャンペーン 地域共通クーポン 4,000円分の商品券を頂いたので、実質2人で7,875円で泊まりました。
この日も、GOTOトラベルさまさまです(笑)。

チェックアウト後、近くの田野畑駅で三陸鉄道を撮影
Ph202011img_4659
この日は八戸まで北上します。

詳しくは『信夫の郷にて(花火別館)』をご覧ください。

(つづく)

ポチッとよろしく!

| | | コメント (4)

2020年11月16日 (月)

2020年三陸の旅(4) 大槌町&宮古市

11月11日(水)三陸の旅の続きです。

釜石市の鵜住居復興スタジアムを見学後に向ったのは、10㎞程北にある三陸鉄道大槌駅です。
『ひょっこりひょうたん島』をモチーフにした駅舎です。
Ph202011img_4548
さらに三陸自動車道等を利用して宮古市へ。
浄土ヶ浜へ向かう途中で、またまた出ました『ラウンドアバウト』円形交差点・・・
と思ったら手前を右折でした(笑)。
Ph202011pb111206
浄土ヶ浜をコンデジのワイドモードで
Ph202011pb111210
宮古市田老地区へ向かう途中、三陸鉄道田老駅に生徒さんが一杯!?
貸切車両でも来るのかな??
Ph202011pb111212
道の駅たろうに立寄ります。
Ph202011pb111216
道の駅のすぐ近くに『震災遺構たろう観光ホテル』があります。
Ph202011pb111218
東日本大震災からまもなく10年、震災遺構の保存整備を整ってきたようです。

詳しくは『信夫の郷にて(花火別館)』をご覧ください。

(つづく)

ポチッとよろしく!

| | | コメント (2)

2020年11月15日 (日)

2020年三陸の旅(3) 大船渡市&釜石市

11月10日三陸の旅の続きです。

道の駅高田松原から一般道で約20分、大船渡市の碁石海岸の奥にある『穴通磯』へ。
海岸沿いを走る道路は高い塀に阻まれて、海が見えません。
Ph202011pb101178
海水の侵食によって3つの大きな穴があいています。 
Ph202011img_4525
この日の宿に向う途中、苦手な交差点が現れました。この時も出る所を間違い遠回りしてホテルに向かうことに。
Ph202011pb101181
この日の宿は、大船渡市にある『大船渡温泉』、数年前に一度泊まっており良かったので再訪です。
外観の写真は施設HPからお借りしました。
Ph202011y354700101
料理はスタンダードコースを頼んだのですが、食べきれない程の料理が出てきました。
Ph202011pb101183
夕食の写真は別館でご覧ください。

ここから11月11日(水)です。
朝食は本来バイキングですが、コロナ対策で和食膳でした。
Ph202011pb111196
ホテルの目の前に『気仙沼線・大船渡線BRT』の大船渡丸森駅が新設されたようで、便利になったみたいです。
Ph202011img_4538
さて宿泊費ですが、東北5県+新潟県住民向け岩手県独自のキャンペーンも利用させてもらいました。
Ph202011pa281058
1泊2日(2食付)税込  12,650円×2人=25,300円
GOTOトラベル割引   ▲8,855円
おでんせ岩手県割引    ▲6,000円(一人3000円)
支払額          10,445円
なお、GOTOトラベルキャンペーン 地域共通クーポン 4,000円分の商品券を頂いたので、実質2人で6,445円で泊まりました。
GOTOトラベルさまさまです。

チェックアウト後向かったのは、大船渡市内にある『かもめテラス』、地域共通クーポンを使ってお買い物です。
ここは、三陸の銘菓『かもめの玉子』の製造元「さいとう製菓」の本店。工場も大船渡市内にあるようです。
Ph202011pb111198

大船渡から三陸自動車道を使って45㎞北にある『釜石鵜住居(かまいしうのすまい)復興スタジアム』へ。Ph202011img_4540
ここは、2019年に開催されたラグビーワールドカップの会場の一つになった場所です。

ここまで詳しくは、『信夫の郷にて(花火別館)』をご覧ください。

(つづく)

ポチッとよろしく!

| | | コメント (8)

2020年11月14日 (土)

2020年三陸の旅(2) 気仙沼市&陸前高田市

11月10日三陸の旅の続きです。

昼過ぎに南三陸さんさん商店街をあとにして、南三陸海岸ICから三陸自動車道に入り20㎞ほど北上。
気仙沼市の大谷海岸ICで国道45号へ、この右側には気仙沼線の大谷海岸駅や道の駅大谷海岸があったのですが、道の駅は左側へ移っていました。
震災後も気仙沼線の線路が海岸沿いに残っていたようですが、今は災害復旧工事の関係で跡形も無くなっていました。
Ph202011pb101168
潮吹き岩で有名な「岩井崎」、震災後には津波に残った松が龍に見える「龍の松」が有名になった場所
Ph202011img_4492
さらに近くには「気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館」があります。
旧気仙沼光洋高校で震災直後には屋上から襲ってくる津波の映像を見たかたも多いのでは。
Ph202011pb101169
ココの駐車場で気づいたのですが、この右側に駐車している車も含め5台近くの車が全て「わ」ナンバー。
三陸の観光名所・震災遺構など巡るには車が便利だからか、多くの方がレンタカーを借りて廻られているようです。
この後も沢山のレンタカーを見かけました。
Ph202011pb101172

国道45号で気仙沼市を抜けます、この区間は三陸道がまだ工事中なんです。
唐桑南ICから三陸自動車道へ入り7㎞走って陸前高田長部ICで降ります。
この間で宮城県から岩手県に入ります。
Ph202011pb101173
ここでは、道の駅高田松原に寄ります。
Ph202011pb101174
ここ高田松原は、日本百景であった浜に約7万本の松を有する美しい砂浜でした、震災前には何度か訪ねています。
奇跡の一本松があまりに有名な場所ですね。
東日本大震災の津波により甚大な被害を受け、道の駅「高田松原」も休館をしていましたが、
その後、高田松原津波復興祈念公園内に国営追悼・祈念施設、東日本大震災津波伝承館と共に道の駅が新たに建設され、昨年(2019年9月22日)リニューアルオープンしたそうで、再開後は初めての訪問になります。 
Ph202011img_4516
道の駅の近くにある「高田松原運動公園」は、先日開催された「三陸花火大会」の観覧会場になった場所。
来年も開催される予定らしいので、来年こそは見に来てみたいと思っています。
Ph202011img_4520
午後3時 この日の宿までは近いので、もう少し観光名所を廻ることにしました。

詳しくは、『信夫の郷にて(花火別館)』をご覧ください。

(つづく)

ポチッとよろしく!

| | | コメント (4)

より以前の記事一覧