旅行・地域

2018年7月 8日 (日)

ペットボタル by くぼた紫陽花公園

7月以降の福島近郊の花火大会のスケジュールを『信夫の郷にて(花火別館)』にアップしました。

伊達市梁川町山舟生(山舟生)地区にある『くぼた紫陽花園』へ行ってきました。
ここ山舟生地区は宮城県境にあり、県境まで数キロの場所です。
昨年に続いて、今年も行っちゃいました。沿道には「ペットボタル」が準備済みです。
Php7071070
午後7時から「ペットボタル」の点灯があるんです。
Phimg_1544
ペットボトルの一部をカットし、中にロウソクを立てたものを、ペットボタルと呼んでいます。
Php7071071
いったい、いくつのペットボタルを準備したんでしょう!?
Phimg_1548
西日本各地では大雨で大きな被害が出ていた日ですが、こちらでは何とかcloud空でもってくれました。
Phimg_1559
午後7時、家庭用花火の打上合図で点灯です。Phimg_1561
といっても、地区の皆さんがライターで順番に灯りをつけていくのですから大変です。
Phimg_1564
折角なので紫陽花と一緒にshine
Phimg_1574
廻りも暗くなって、沢山のペットボタルがshine
Phimg_1584
少し登った高台からメイン会場をパチリ。
雲と同じ高さですね。
Phimg_1588
中央の明るい場所はステージです。
Phimg_1594
正面の青い灯りはLEDの灯りなんですが、ローソクの灯りに比べて寂しい感じがします。
Phimg_1597
夜景は難しいです。
Phimg_1607   

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2018年5月28日 (月)

ふくしま山車祭り2018

第11回ふくしま山車祭りが5月26日(土)に、福島市市街地の国道13号で行われました。
Phimg_0962
『ふくしま山車祭り』の開催について調べてみたら、2007年福島市制百周年を記念して市内の山車が集結し開催されたのが始まりで、その後県北地区の伊達市や二本松市などの山車も参加して年々盛大になってきた祭りです。
今年は県北エリアから21台の山車が集結したようです。
そのため、色々な山車が練り歩きます。

▼沿道の立体駐車場から狙ってみましたが、出店の煙が凄くて・・・・(笑)
Phimg_0972
▼見たことがない山車だと思ったら、今回初参加の川俣町の踊り屋台でした。
Phimg_0973
▼飯坂温泉の奥、茂庭地区の提灯屋台
Phimg_0974
▼奥に見える山は『信夫山(しのぶやま)』となります。
提灯の灯りがともると情緒が出てきます。
Phimg_0984
▼復活して5年目となる『福島踊屋台』
Phimg_0988

▼屋台巡行が1周したところで、東北中央自動車道、福島~米沢間の開通を記念して『山形花笠まつり 山形花笠舞踊団』の方25名が花笠踊りを披露です。
Phimg_0991
▼近いんだけど、花笠まつりは見に行ったこと無いんだよね。
Phimg_1005

▼日が沈み、提灯の明かりがより綺麗になります。
Phimg_1008

Phimg_1011
この日は曇空でしたが、偶然にも moon1が顔を出してくれました。
Phimg_1015
▼南町提灯屋台の上は、いつも virgoさん達が陣取ります。
Phimg_1017
▼近くの広場には、沢山の出店も出て、沢山の人出があったようです。
東北電力の鉄塔ライトアップも綺麗ですね。
Phimg_1019
今年は、10月に開催される『二本松の提灯祭り』を見てみたいと思うのでした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018年5月20日 (日)

大曲の花火・春へ(4) 鉄と桜

ホテルに置いてあった由利高原鉄道『鳥海山ろく線』のパンフレットを眺めていたら、『黒沢駅』が撮り鉄に人気、と書いてあったので立寄ってみました(笑)。
建物自体は新しいようですが、面白い雰囲気です。
Phimg_0709
駅舎の中で時刻表を撮影していたら!!
今10時56分、あと2分で列車が来る!
Php5120587
急いでカメラを構えたら、矢島行の列車がやってきました。
Phimg_0704
帰宅後調べたら、ここの路線を使って乾電池駆動の車両を走らせ、ギネスに登録された記念のラッピング車両でした。
Phimg_0706
2つ先の前郷駅でタブレット交換もあるようなのですが、間に合わないので隣の駅へ向かいます。
Phimg_0708
この曲沢駅は、田んぼの真ん中に駅があります。誰が利用するのかな?
Phimg_0710
列車に乗ろうとする人が居ますが、乗り鉄さんのようです。
Phimg_0713
このおばこ列車は、由利鉄道では一番新しい車両。しかも3両連結で見れたのはラッキーでした。
Phimg_0715
奥に白い鳥海山が見えるのですが、時間が無くて撮影場所も設定も・・・・(笑)
Phimg_0716
5両しか在籍していない車両のうち4両も見れましたhappy01Phimg_0720
終点矢島駅にも行きたかったのですが、時間も無いので今回は諦めました。

次に向かったのは、国道107号沿いにある『道の駅東由利 黄桜の里』Php5120589
ここから少し入った所にある『八塩いこいの森』で開催されている黄桜まつりへ寄ってみたかったからです。
満開とのことです。
Php5120588
八塩いこいの森に到着しました。八重桜も咲いています。
Phimg_0742
黄桜としか書いていないので、種類は判りませんでした(ノ∀`) アチャー。Phimg_0725
 
Phimg_0731
山中だと黄桜は、森に融けこんでしまって八重桜のピンクばかりが目立ちます。
Phimg_0744
今年最後の桜見物でした。
Phimg_0746

このあと大仙市へ向かい『大曲の花火~春の章~』を観覧(20時15分打留)。
駐車場を出たのは20時50分、一般道(国道13号及び東北中央自動車道)経由で帰宅、自宅到着は翌1時頃となりました。
東北中央自動車道の無料で走れる区間も、毎年少しづつ開通しており便利になっています。
(完)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018年5月19日 (土)

大曲の花火・春へ(3) 象潟夕日の宿 さんねむ温泉 

この日予約していたのは、秋田県にかほ市象潟町(きさかたまち)にある、『象潟夕日の宿 さんねんむ温泉』。
部屋(ツイン)からは、日本海が見えます。
Phimg_0665
この宿には2ヶ所大浴場があるようで、鳥海山が見える3階のspaを利用しました。
Php5110557
こんな大きな湯船を貸切利用でしたhappy01
Php5110558
部屋へ戻ったらsunが沈みかけており
Phimg_0668
綺麗な夕日を見ることが出来ました。
Phimg_0679

夕食はレストランで頂きました。
キャンペーンでbeer1杯無料で付きました。
Php5110565
前菜・平皿・蒸物
Php5110560
刺身
Php5110561
揚物・焼物
Php5110566
陶板(活き鮑の陶板焼)
Php5110567
他に写真を撮り忘れたけど、煮物(桜鱒の煮付)・小鉢(鳥海山麓蕎麦の実)・平皿(紅ズワイガニ)が付いており、相方は全部食べ切れませんでした。
吸物で秋田と言ったら『じゅんさい』
Php5110568
デザートまで何とか食べ切りました(笑)。Php5110569

翌朝は海側のspaに入って、カロリー消化(笑)Php5120572
朝ごはんを何とか食べました。
Php5120575
1泊2日2食付き(税込)で27000円(2人分)でした。

ホテルの隣にある『道の駅 象潟 ねむの丘』へ立寄ってみました。
Php5120577
入口に美人が!
Php5120585
道の駅の展望台から見た九十九島の眺め
Php5120578
象潟は、日本三景の松島のように大小の島々が点在する入江だったのが1804年の大地震で隆起し、現在のような陸地へ大変貌したそうです。
Php5120584
ドローンで撮影すると、こんな感じになるのかな?

そんな九十九島を身近で感じるため、羽越本線を渡った蚶満寺駐車場に車を置いて散歩です。
Phimg_0702
かつて海だった所が田畑で
Phimg_0688
田んぼに水が張られると、まさに島々のように見えます。
Phimg_0695

Phimg_0696
この日の天気予報はcloudでしたが、なんとか鳥海山は顔を出してくれました。
Phimg_0700
象潟を後にして秋田県の中央部にある大仙市へ向かいます。
(つづく)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年5月18日 (金)

大曲の花火・春へ(2) 秋田象潟へ

寒河江で昼時に。
以前から気になっていたお店『とんかつ とん八』寒河江店へ。
平田牧場の三元豚を使用しているそうです。
Php5110532
ランチのミックスフライランチ、とん八ランチ(ロースカツ)ともに790円(税別)とコスパgoodです。
美味しいお肉でした。
Php5110533
 
お腹も満足になったので、国道112号を西へ
Php5110540
月山道路の両側には、まだ雪が残っていました。Php5110543
鶴岡市羽黒町にある『漬物の里』でお土産の漬物を購入。
ここの漬物大好きなんです(笑)。
Php5110545
「だだちゃ豆」たっぷりの『だだちゃソフト』も好物なんですよcoldsweats01Php5110548
 
国道345号で遊佐町へ向かいます。
正面には雪の鳥海山が見えているのですが、曇っておりハッキリ見えません。
Php5110549a
反対側の月山は結構見えるんだけどね。Phimg_0656
 
遊佐町内を流れる月光川沿いからは、鳥海山が大きく見えました。Phimg_0660
このイス、判る人には判る(笑)
Phimg_0658
映画『おくりびと』の撮影で使われた場所ですねPhimg_0664

国道7号に合流後は秋田県へ向かって北上。
日本海が目に入るようになりました。
Php5110553a
やがて、秋田県にかほ市へ入りました。
Php5110554
ここまで来れば、この日の宿は近いです。
(つづく)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2018年5月17日 (木)

大曲の花火・春へ(1) 栗子トンネル&ツツジ

西城秀樹さんが亡くなられたニュースに遭遇して驚きました。
同い年の方が亡くなるって、複雑な気持ちです。
ご冥福をお祈りします。

5月12日(土)秋田県大仙市で開催された『大曲の花火~春の章~』観覧を主目的に1泊2日で出かけてきました。
日帰りでも出かけることは可能ですが、歳も考えて2日間で行ってきました。

5月11日(金)午前8時 自宅出発
昨年11月に開通した東北中央自動車道(大笹生IC~米沢北IC間)を初めて走りました。
Php5110504
福島市側の大笹生ICは県道5号(通称フルーツライン)に接続されています。
大笹生IC~東北自動車道の福島JCT間は有料ですが、米沢方面(米沢北ICまで)は無料です。
Php5110505
片側1車線、ポールで分離されており、基本的に最高速度70㎞です。
この日は青空が見事でした。
Php5110509a

福島県側の大笹生ICと山形県側の米沢八幡原IC間は26.8㎞。
驚くことにその間にトンネルが14か所(合計15.4㎞)もあり、この区間は半分以上がトンネルとなっています。
しかも最長の栗子トンネルは、その長さ8972mと無料のトンネルとしは日本最長だそうです。栗子トンネル通過に8分程かかりますcoldsweats01
Php5110511
約25分で米沢中央ICに到着
Php5110518a
米沢中央ICを降りた所に『道の駅米沢』があります。
Php5110521
さすが米沢の自販機です(笑)
Php5110522
無料区間の最終、米沢北ICまで走ってみます。この先の東北中央自動車道(旧米沢南陽道路)は有料となります。
Php5110525

国道287号を走り山形鉄道フラワー長井線長井駅近くにある
Php5110526
松ヶ池公園(通称 白ツツジ公園)に寄ってみましたが
Phimg_0639
まだまだ咲き始め、園内には3000株の白ツツジがあり満開になると見事なんですが
Phimg_0641
福島に比べて1週間以上遅い感じですね
Phimg_0642

この国道287号線、道の駅がたくさん有ります。その中の一つ、道の駅白鷹ヤナ公園に立ち寄ってみます。
道の駅のウラを流れる最上川にはヤナ場が有るのですが、その上を沢山の鯉のぼりが泳いでいました。
Phimg_0644

さらに国道287号を北上し、朝日町に入ります。
以前から気になっていた棚田の案内看板に従って、寄り道してみます。
Phimg_0649
椹平(くぬぎだいら)の棚田です。ここも後1週間もすれば全ての田んぼに水が張られたので看板のような風景になっていたのでは?
Phimg_0648

さらに北上し寒河江市内へ。
サクランボのハウスの奥に見えるの雪山は月山。
Phimg_0655
寒河江市の寒河江公園(通称つつじ公園)へ寄ってみますが
Phimg_0651
やはり、ここもまだ咲き始めでした。
今年の花見学は難しいです。
Phimg_0654
(つづく)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年4月29日 (日)

岩手県南部への旅(3)

4月24日 天気予報では朝から雨だったのですが、なんとかcloudでもっています。
ホテル『大船渡温泉』から7㎞程の所にある碁石海岸を目指します。
途中の海沿いには高い壁が出来ていました。
Php4240368
碁石海岸です。
碁石のような黒い扁平な石が多い海岸なんです。Php4240377
▼左側が碁石海岸で、その奥に見える工場のような建物の前に民宿があったのです。
2008年5月、そこの民宿に泊まったことがあるんです。Php4240378
▼その時(2008年5月5日)に民宿の部屋から碁石海岸を撮ったものです。
Phgazou031
民宿の皆さんは逃げて皆さん無事だったそうですが、民宿は廃業されたそうです。

碁石海岸インフォメーションセンターから遊歩道を進むと、こんな三陸らしい海岸(雷岩)が見れます。
Phimg_0237
天気が良ければ・・・残念です。
Phimg_0240

▼碁石海岸から10㎞程で陸前高田市内へ入ります。
国道45号走っていたら右側に5階建のビルが現れて?
帰宅後調べたら、旧下宿定住促進住宅だそうで4階までが津波で壊されているそうです。
Php4240384
右側が嵩上げ工事が終わった土地のようです。
Php4240385
さらに、左側には旧道の駅高田松原や奇跡の一本松が見えてきました。
色々工事中で立寄ることが出来ないようでした。
Php4240391

▼国道45号を走っていると、至る所でこの看板が現れます。
陸前高田を過ぎる頃から雨が落ちてきました。
Php4240393

▼国道45号を離れ唐桑半島へ向かいます。
大理石が海触によって奇岩が現れ場所、巨釜・折石に寄ってみました。Phimg_0245
高さ16mの大理石の石柱『折石』があります。
明治29年の三陸大津波で先端部分が2mほど折れたことから『折石』と呼ばれるようになったそうです。
Phimg_0247

Phimg_0249

▼国道45号に戻り気仙沼バイパスから気仙沼港横にある『お魚いちば』さんへ寄ってお土産を購入。
『いらっしゃいませ』の上、赤い矢印を示した場所まで津波がきたそうです。
Php4240397
気仙沼と大島を結ぶフェリーが丁度入港してきました。
まもなく、大島と本土を結ぶ橋が完成したら、このフェリーも廃止になるのかな?
Php4240402

▼さらに国道45号を南下、各所で道路工事が行われています。
そんな中、現在BRTで運行されている気仙沼線、何故か新しい鉄橋が作られていたりします?
BRT線用バスが走るための鉄橋を作っているようです。
Php4240405

▼国道45号をさらに南下し、南三陸町へ入ります。
新しい港などが整備されていました。
Php4240407
南三陸さんさん商店街に立寄ります。
ここには、イースター島から贈呈された本物のモアイ像が設置されています。
Php4240410
震災遺構の南三陸町防災庁舎が見えます。
Php4240412
ここでお昼にします。
お食事処もたくさん有る中、選んだのは『創菜旬魚はしもと』の南三陸キラキラ春つげ丼
Php4240427
これで1630円(税別)
Php4240422
めかぶの天ぷら、初めて食べました。
Php4240425
大満足のランチでした。
▼橋の先、トラックの向こうに見えるhotelは、昨年泊った『南三陸ホテル観洋』さん。
Php4240431

これで、国道45号をほぼ全線制覇したことになります。
帰りは有料道路を使わず、基本下道を利用。
午後6時、無事帰宅できました、1泊2日で610㎞のドライブ旅行でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年4月28日 (土)

岩手県南部への旅(2)

4月23日(月)岩手県南部への旅日記のつづきです。
 
この日の宿は大船渡市内を予約。
花巻からは遠回りになりますが国道283号で釜石市へ向かいます。
何故遠回りするかというと、震災後に国道45号の釜石市~南三陸町間を走ったことが無いからです。(国道45号は三陸海岸に沿って仙台市と八戸市間を結んでいます)
Php4230319
震災復興工事の関係で、道路がナビとは異なっていたり、無料通行の三陸自動車道が部分開通したりしていて、悩みながら走ります。Php4230323
16時 大船渡市内を過ぎたところで、この日の宿『大船渡温泉』が見えてきました。
ひょんなことから見つけた施設なんです。
Php4230324
新しい建物なので確認したら、2014年に震災復興のため地元民宿さんが建てたようです。
温泉旅館というより温泉ホテル?かな。
チェクイン時に前払い、部屋への案内無し、カードキー、部屋には蒲団がセット済み・・・
でも結果は満足の施設でした。
Php4230333
今回予約したのは海側なので、大船渡湾が目の前に広がっています。Php4230338
しかも部屋風呂が海側!自宅のお風呂だったら最高ですね。
Php4230337
やはり温泉に入りたいので1階の大浴場へ。
Php4230340
内湯からも大船渡湾が見えるし
Php4240356
露天風呂も最高
Php4230344
レストランでの夕食は、海の物づくし
Php4230350
写真ボケちゃいました。煮物はマコガレイに変更になったようです。
小鉢のモウカの星は、モウカザメの心臓だそうです。ホヤも苦手だったのですが食べれました。
Php4230353
 
Php4230354
こちらの名物、『カジキ鮪の兜煮』
2人で半身です、食べ切れませんでした。Php4230352

翌朝の大船渡湾、天気が良ければ日の出が見れたのに、残念でした。
Phimg_0230
朝食はバイキング。
ちらって見える左下の丼は、自分で作る勝手丼(海鮮丼)です、他にもデザート等あったのですが写真撮り忘れました。
Php4240358
海と反対側の風景です。赤い矢印の部分は大船渡線の線路があった場所です。
Php4240357a
現在はBRT(バス高速輸送システム)が導入され、専用バスが走っています。Php4240363
これで一人1万円(税別)!お薦め宿ですね。
頑張れ東北、頑張れ三陸
(つづく)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年4月27日 (金)

岩手県南部への旅(1)

4月23日の話です。
北上展勝地さくらまつり会場付近の道は、いつも混むことが判っているので早目に出発です。
午前6時30分 国見ICから東北自動車道へ
Php4230279
午前8時20分 北上金ヶ崎ICで高速を降りて一般道経由で北上展勝地へ向かいます。
午前8時45分 渋滞無しで第1駐車場へ入ることが出来ました。
車内で朝食を食べたあと、桜並木の散策へ出かけます。
Php4230289

北上展勝地桜並木の詳細は別館で -----> 信夫の郷にて(花火別館)

11時30分 この日のランチをとるために到着したのは、花巻市内にある『マルカンビル大食堂』
ここは2016年に閉店したマルカン百貸店の大食堂を市民からの要望で、2017年に食堂部分を再開したレストランなんです。
Php4230304
昔ながらの食品サンプルが並びます。
Php4230290
 
Php4230291
最初に食券を購入し、テーブルに座ってウェイトレスに食券を渡します。
食堂の内部も昔ながらで、テーブルに番号札が掲げられています。
Php4230294
ランチはこちらの定番『ナポリカツ』780円。ボリュームが凄いです。Php4230297
食後のデザートは、『ソフトクリーム』180円。
高さは割り箸の長さくらいあります。
Php4230300
ソフトクリームは、割り箸で食べます。
ソフトクリームの中は空洞になっているので一人でも食べられるようです。(私の場合はシェアしました)
Php4230302

食後、国道283号を東へ向かいます。
道の駅みやのもりで休憩、釜石線で有名なめがね橋と桜をパチリ。
T20180423_0221
国道沿いの桜並木を眺めながら東へ車を走らせます。
Php4230315
つづく

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018年4月25日 (水)

猪苗代・喜多方で桜と鉄(2) & 岩手県南部への旅(序) 

観音寺川の桜並木を撮影した後、急いで磐越西線沿いの撮影ポイントで構えます。
train専門家風の方は20名程、他にも桜見物の方が噂を聞いて20名程がカメラやスマホを構えます。
10分遅れで四季島がやってきました。
Php4220267
デジイチは望遠レンズを設定しているので、横を通過する『トランスィート四季島』は撮影できないので、コンデジで撮影です。
Php4220269
四季島には桜も似合います。桜は翌週は葉桜だろうな~?Php4220273
四季島の通過が予定より遅れているので、急いで撤収し喜多方市へ向かいます。
鉄ちゃんだけでなく、桜見物の人も併せてズ~~とcarrvcarcarです。Php4220275

トランスィート四季島の写真は別館でアップしておきます -----> 信夫の郷にて(花火別館)

 
昨年の春は、県外で弘前公園や角館の桜を見に旅をしましたが、今年はどこにも泊りに行っていなかったので、23日・24日と1泊2日で岩手県南部を中心にドライブしてきました。
初めに寄ったのは、岩手県北上市の『北上展勝地』の桜並木です。
10年振りの訪問ですね。
4月上旬の予報では23日頃は咲き始めかな?と思っていましたが・・・。
Phimg_0156
土日が暑かったので、だいぶ散り始めていましたが見事満開でした。
曇空なのが残念でした。
Phimg_0188
遠野市付近の桜並木を抜けて太平洋側へ。
Php4230314
以前から気になっていたhotelに宿泊。
天気が良ければ部屋の窓から日の出を眺められるのですが・・・
でもこの景色を眺められたので良かったです。
Php4240361
帰りは少しrainとなりましたが、こちらでランチをいただき、無事帰宅しました。
Php4240410
詳細は後日アップしますので、今暫くお待ちくださいcoldsweats01

| | コメント (8) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧