旅行・地域

2017年12月 7日 (木)

木幡の幡祭り(2)

木幡の幡祭り、幡行列の続きです。
奥に見える雪山は、たぶん安達太良山?かな。
Phimg_6533a
行列の先へ、撮影ポイントを移動します。
新しく出来た道の下をくぐって、旧道を進みます。Phimg_6543
去年は、あの上から撮影しました。
今年は、澄んだ青空が眩しいくらいでした。
Phimg_6548
さらに先へ進みます。
Phimg_6551
だいぶ登ってきました、安達太良山が綺麗に見えました。
Phimg_6562a
五反幡に従って歩きます。
Phimg_6571
隠津島神社の一の鳥居前に着きました。
Phimg_6576
この階段を早く登ると、願いが早く叶えられるとか?
沢山のカメラの砲列の中、重い幡を持ちながら駆け足で登っていきます。
Phimg_6580
すでに11時を過ぎてしまいました。
Phimg_6593
午後は喜多方市でSLクリスマストレインの撮影(既に紹介済み)をしたかったので、急いで撤収して移動しました。
なお、行列は午後3時頃、山頂の本殿へ到着したはずです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2017年12月 6日 (水)

木幡の幡祭り(1)

去年初めて観覧した、木幡の幡祭り。
今年も天気が良かったので行っちゃいました。

お祭りが開催される二本松市木幡(こはた)地区(旧安達郡東和町木幡)は、JR安達駅から東へ10㎞ほど入った阿武隈山系にあります。

祭りのパンフレットによると木幡の幡祭りの由来は
『1055年前九年の役に、奥羽地方鎮定に向かった源頼義、義家父子が敗走し、木幡山にこもり神仏に戦勝を祈願したところ、雪に包まれた全山の樹木が源氏の白旗に見え、追走してきた安倍貞仁軍は戦わずして敗走した、という伝説に因み、以来960年、神仏の加護を崇敬する郷土民は、勇壮な平安絵巻「木幡の幡祭り」を今に継承している』
だそうです。

旧木幡第1小学校グランド出立式が行われました。
九つの集落から大小合わせて100本以上の幡が集まりました。
Phimg_6467
このお祭り、区切り毎に花火が上がります。
Phimg_6477
幡を掲げながら走る『幡競争』などが行われます。Phimg_6480
大きな五反幡を持って走るのは大変そうです。Phimg_6487
午前10時 花火の合図で幡行列が木幡山山頂にある隠津島神社へ向かって出発です。
Phimg_6504
幡行列の先へ向かいカメラを向けます。
郵便局を過ぎると山登りが始まります。 
Phimg_6507
五色の五反幡と一緒に沢山の方が木幡山頂を目指します。 
Phimg_6524
 
Phimg_6526
(つづく)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)

信州への旅 (完)

ベタな軽井沢、軽井沢テニスコートや
Phpb092136
旧軽井沢銀座などを散策し
Phpb092145
その後に向かったのは、旧中山道の旧碓氷峠。
 
▼階段の中央が県境、左側が長野県、右側が群馬県。
Phpb092147
 
Phpb092149
拝殿は一つだけど
Phpb092161
賽銭箱は2つ。
何故かというと、長野県側は『熊野皇大神社』、群馬県側は『熊野神社』となっているため。
Phpb092153
社務所も2つあります。
長野県側の熊野皇田大神社の御朱印は、残念ながらゴム印でした。
Phpb092193
群馬県側の熊野神社のご朱印です。 
Phpb092195
参道を降りた所にあるお店『しげのや』さんへお邪魔します。
店の中を県境が通っていることで有名なお店。Phpb092165
テラス席に設けられた県境のラインです。
こちらのお店を訪ねたら、是非トイレを利用してみてください。sign03です(笑)。
Phpb092170
力餅(みそくるみ、ゴマ)をシェアして頂きました。
Phpb092169
今回の立寄り予定は全て終了。
軽井沢町内へ戻り、上信越自動車道の碓氷軽井沢ICから帰路につきます。
高速に入ってすぐの、横川サービスエリアで昼食です。Phpb092187
ここ横川サービスエリア(上り)は、峠の釜めしで有名な『おぎのや』さんが運営しているので、休憩室内にはキハ57が設置されています。
(実際はキハ58の車体)
Phpb092183
車内で食べることも出来るようですが
Phpb092185
train車体を眺めながら釜めしを食べました。Phpb092177
久しぶりの釜めし、美味しかったです。
Phpb092180

17時10分 二本松インターチェンジで一般道へ降りて帰宅。
2泊3日で総走行 936㎞ (12.3㎞/L)でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年11月14日 (火)

信州への旅 (4)

2日目の宿泊は、信州上田 別所温泉『上松屋』さん。
お部屋のカギが2本有るって便利ですよね。
Phpb092099
お部屋からの眺めも最高
Phpb092101
夕食の一部、部屋食なんていつ以来だろう。
Phpb082082
spaは、お風呂場が狭いのが難点ですが
Phpb092085
泉質はgood
Phpb092086
翌朝もspaに、露天ぶろからの朝焼けも最高。
Phpb092090
朝食は食べきれない程の量。
左側のお椀の中は蕎麦です。
Phpb092098
朝食後に向かったのは、北向観音さん。

善光寺は、南向きに建立され阿弥陀様をご本尊にし未来往生を願います。
この北向観音は、北向きに建立され千手観音様をご本尊にし現生利益を願うとのこと。
Phpb092103
現在と未来の片方だけだと片詣りと言われて、向き合っている両方をお詣りした方が良いといわれるようになったとのことです。
Phpb092108
こちらにも六地蔵がありました。
Phpb092116
温泉街を散策していたら、こんな所がありました。無料で見学、写真もokとのことで(笑)。
Phpb092120

午前9時 ホテルを出発。東へ向かいます。
信州・浅間サンライン沿いにある『道の駅雷電くるみの里』に立寄りました。
今回の旅行で立寄った最後の道の駅です。
Phpb092130
江戸時代の『雷電為右衛門』のふるさとってここだったようです。Phpb092131
さらに東進、軽井沢です。
私は今年の夏に来ていますが、義兄夫婦は来たことが無いとのことで、帰路に立ち寄ることにしました。
Phpb092133
(つづく)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年11月13日 (月)

信州への旅 (3)

大王わさび園を見学後、安曇野ICから諏訪ICまで約45㎞を高速移動。
この時期、高速道路を走っていてもmapleの綺麗な場所が多くて楽しみです。
Phpb082022
12時50分 諏訪大社 上社本宮へ
Phpb082025
諏訪大社は、上社前宮、上社本宮、下社秋宮、下社春宮の4社があり4社巡りをするのがいいのでしょうが、今回は時間の関係もあり上社前宮はスルーさせていただきました。
諏訪大社といったら『御柱祭り』が有名ですが、各宮毎に四隅にある御柱といわれるモミの木を建て替える祭り。(4宮×4本なので、全部で16本の御柱を建て替えるんですね!)
▼上社本宮の一之御柱
Phpb082026
拝所で旅行の無事を願い
Phpb082030
境内を散策、神楽殿に大太鼓がありました。
Phpb082034
ご朱印もいただきました。
Phpb092190
国道20号で下社へ向かいます。

途中、諏訪湖間欠泉センターで休憩。
ここの間欠泉は夜間はお休みします(笑)自然の間欠泉ではありえませんね?
Phpb082052
諏訪湖畔のホテル街が遠くに見えます。諏訪湖の花火大会に来てみたいな。
Phpb082048
間欠泉センター前にある、タケヤ味噌の直売所で味噌ソフトを食べました。
ほんのりお味噌の味がして、美味しかったです。
Phpb082042

14時20分 諏訪大社 下社秋宮到着です。
Phpb082055
こちらでも、4本の御柱を探してみます。
Phpb082058
この時期、菊花展が各宮で行われていました。
Phpb082059
▼下社秋宮の御朱印です。
Phpb092191
予定では、本宮・秋宮だけ訪問の予定でしたが、春宮は近いようなので寄ることにしました。

14時50分 諏訪大社 下社春宮に到着
Phpb082063
こちらには、万治の石仏があるのですが、時間的に立寄れなかったのが残念でした。
また機会を作って訪ねたいと思います。Phpb082065
こちらの御柱は見つけやすかったです。
Phpb082066
下社春宮の御朱印です。
Phpb092192
駐車した時は気付きませんでしたが、ここには『下馬橋』がありました。
情報番組で見た記憶があります。
Phpb082071
さてこの日の宿泊地へ向かいます。

国道142号を佐久方面へ車を走らせていたら『木落し坂』の看板が現れました。
御柱祭りのニュースで何度も見た場所。山の中なのかと思って見ていましたが!!!
国道142号のすぐ隣の坂。
テレビ映像だと、もっと広い場所かと思いましたが意外と狭いんですね。
Phpb082075
有料の新和田トンネルを走って上田方面へ向かいます。
この頃になったら、天候も回復。
翌日は快晴の予感です。
Phpb082080
(つづく)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年11月11日 (土)

信州への旅 (2)

この日のお宿は、信州善光寺建立時に阿弥陀堂として最初に建てられたと言われている『宿坊 薬王院』さん。
でも、R天トラベルで予約可能な今どきな面もある宿坊です。
(宿坊に泊ったのは、人生初です)
翌朝のお朝事や回向のお願いなど親切に説明して頂いた後、精進料理の夕食です。
他にも料理が有ったはずなのですが、beerを飲んじゃったので・・・・
Phpb071963
宿坊に泊ったのは、善光寺で毎朝日の出とともに行われるお朝事(おあさごと)に参列するため、早起きのため夕食を食べたらすぐにsleepyです。

翌朝5時起床で準備をして、朝6時に宿坊玄関前に集合。
公式案内人の方と一緒に善光寺へ。
まだまだ暗い中、僧侶の方も続々と出仕されてきます。
Phpb081964
六地蔵や山門の「鳩字の額」、過去の御開帳回向柱について等説明をしていただきました。
Phpb081965
6時30分 『お数珠頂戴』が始まります。私達も参道に一列に並んでしゃがみます。
お寛主さまの手にされた数珠で頭に触れてもらいました。
Phpb081967
その後、本堂内陣で行われるお朝事(御朝事法要)に参列します。
さらに前日宿坊で申し込みしていた供養や祈願をして頂きました。
さらに、お戒壇巡りをして本堂を出ます。
(お朝事やお数珠頂戴などについては、信州善光寺HPを参考にして下さい)Phpb081971
境内の紅葉も見ごろでした。
Phpb081983
帰りのお数珠頂戴まで経験させてもらいました。
公式案内人さんの説明・案内で、今まで知らない善光寺の姿を見ることが出来ました。
Phpb081979
前回参拝した時に普通のご朱印は頂いていたので、今回は季節限定の御朱印を頂いてきました。
Phpb092197
8時過ぎ、宿坊に戻り朝食を頂きました。
Phpb081980
お朝事で祈願していただいたお札やご朱印をいただきました。
Phpb081981
▼薬王院さんの御朱印です。
Phpb092188
バスツアーで1時間程で訪ねる善光寺とは違った善光寺を体験することが出来ましたhappy01

善光寺付近から高速道路インターまで距離があるので、一般道利用でも時間が変わらないので国道19号で松本方面へ向かいます。
途中、道の駅長岡市大岡特産センターで休憩。Phpb081986
善光寺から1時間半程で、安曇野の大王わさび農場へ。Phpb081998
わさびのオブジェなんかも有りました。Phpb081997
三連水車は残念ながら一部工事中でした。Phpb082008
こんな『わさび』を美味しく頂ける
Phpb082003
大王レストランで、▼これを食べました。
Phpb081993
店内から、わさび田を眺めながら
Phpb082013
わさびを自分ですりおろして
Phpb082014
おかかご飯の上に載せて・・・・
Phpb082015
うんまかっただ。
残ったわさびをもらってきたので、自宅でもやってみようと思います。
天気が良かったら北アルプスが見えたはず、残念でした。Phpb082019
つづく

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年11月10日 (金)

信州への旅 (1)

いつもお米や野菜などを頂いている、専業農家の義兄ご夫婦と一緒に信州へ行ってきました。
今回は、善光寺へ行ってみたいとのことで、善光寺をメインにルートを考えての旅となりました。
備忘録も兼ねての報告なので、色々アップしますがご了承下さい。

11月7日(火) 午前8時過ぎ、快晴の福島西インターから東北自動車道へ。
Phpb071895
郡山JCTで磐越自動車道へ入り新潟方面へ。
▼これだけ綺麗な磐梯山、なかなか見れません。
Phpb071897
会津若松市内はキリに包まれ、100m先も見えない状態でした。
▼10時15分 新潟中央JCTを通過し北陸道へ。
新潟へは花火見学で何度も来ていますが、北陸自動車道を走るのは久しぶりです。
Phpb071902
▼11時30分 上越JCTで上信越道へPhpb071904
▼新井PAで休憩したら、目の前の山のmapleが真っ盛り。Phpb071906_2
上信越道の廻りのmaple、綺麗でした。
▼12時 信濃町インターで降りて一般道へ
Phpb071909
長野県道36号で戸隠神社へ向かいます。
信濃町からだと戸隠神社へ裏から入る感じ?
戸隠神社奥社が先に出てきますが、奥社までは駐車場から40分程歩く必要があり、足に不安な義兄夫婦も一緒なので、今回はスルー。
▼12時30分 戸隠神社中社(ちゅうしゃ)へ到着
Phpb071911
参拝し、ご朱印を頂きます。
私は10数年前に一度参拝したことがありますが、ご朱印を頂くのは初めて。
Phpb092189
▼境内の樹齢800年以上の三本杉にパワーを頂きました。
Phpb071919
お昼は、やっぱり蕎麦でしょう。
▼中社前にある、宿坊極意の蕎麦処『徳善院蕎麦 極意』さんへ
こんな宿坊に泊って蕎麦三昧もいいですね。
Phpb071936
私が注文したのは『和(なごみ)の膳』1600円(税別)
中央にあるのは、お神酒だそうで私は運転があるので義兄に飲んでもらいました。
Phpb071930
この他に、ミニ天麩羅が付きました。
Phpb071933
14時前、食後に外観の写真を撮ろうとしたら準備中になっていました。(JAF割が使えます)
Phpb071935
善光寺へ向かいましょう。
戸隠バードラインで長野市内へ向かいますが、市街地が遥か下に見えてsign03こんなに山の上に居たんだとsign03
40分程で善光寺へ到着。
今日の宿は、善光寺の宿坊の一つ。
まだ時間が早いので、宿坊指定の駐車場に車を入れて善光寺近辺を散策します。
この日の走行キロは415㎞でした。

石畳の参道もmaple
Phpb071952
沢山の草鞋が結ばれた仁王門
Phpb071954
仲見世通りを覗いて歩きます。
Phpb071955
『牛に引かれて善光寺参り』はあまりに有名
Phpb071950
六地蔵
(三途の川を渡るための六文銭は、この六地蔵に捧げるためとも言われているようです)
Phpb071949  
やっと山門です。
『鳩字の額』と言われる『善光寺』と書かれた額が掲げられています。
Phpb071945
本堂です。この時間でも多くの参拝客が訪れています。
Phpb071957
宿坊に入りましょう。
(つづく) 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年10月19日 (木)

山形・秋田の旅(4) 角館へ

大曲の花火秋の章、最後の写真を『信夫の郷にて(花火別館)』 にアップしました。
お立ち寄り下さい。

大曲の花火秋の章、観覧後の翌日・・・何しようかな?
今年だけで4回目の秋田県大曲訪問(笑)
もう行く所が思い浮かばない・・・
まだ紅葉には早いことは判っていたが、角館に寄ってみることにしました。 
Phimg_6086
武家屋敷通りも何度来たことか
Phimg_6076
やはり、ここは桜の季節が一番だと思いながら散策
Phimg_6088
桧木内川沿いの桜並木も曇り空ではネ
Phimg_6097
角館のお土産定番、「生もろこし」を購入
Phimg_6089
角館駅方面へ歩いていると、こんな建物が
▼何だか判ります。

Phimg_6071
▼コレは判りますよね

Phimg_6112
赴きある建物が多い街でした。
一軒目が銀行、2軒目は交番です。

駅までやってきました。
右側がJR東日本の駅で、左側が秋田内陸鉄道の駅となっていました。
Phimg_6111
駅から少し離れて秋田新幹線を狙います。
Phimg_6102
桜の季節に撮りたいな~
Phimg_6107
大曲・秋田方面へ向かう「こまち」を見送ります。
Phimg_6109
新幹線なら福島まで早いんですが・・・
この後は、一般道路をひたすら福島へ向かって走ります。

午後5時30分帰宅
2泊3日 総走行776㎞ 15.1㎞/L
の旅でした。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2017年10月18日 (水)

山形・秋田の旅(3) 鳥海山・あきた港・大曲へ

14日も曇り、肌寒い湯野浜の浜辺。
寒くてもサーフィンは楽しめるんですね。
Phimg_5859
部屋から鳥海山が見えたので、鳥海ブルーラインを山形県側から登ることに。
中腹がmaplemaplemaple
Phimg_5861
庄内平野も見渡せました
Phimg_5869
日本海に浮かぶ飛島、いい所らしいけど行くことは無いかな?
Phimg_5873
鳥海山は山形県と秋田県に跨る2236mの活火山
Phpa141718
雪が積もるのも早いんですね
Phimg_5879
展望台から北を。
写真では判りずらいですが、左側に男鹿半島の寒風山が見えていました。
Phimg_5885
鳥海ブルーラインを秋田県側に降りた所まで、高速道路(無料区間)が延びてきていました。(wさんの記事で延伸していることを知り、利用しちゃいました)
Phpa141720
国道7号線、結構イライラする区間だったのですが、日本海東北自動車道が延伸して、ストレス無しで秋田港へ
Phpa141726
道の駅あきた港へ登録されてからは初めての訪問です。
Phimg_5892
ポートタワーからの眺め、雲に隠れて鳥海山が見えませんでした。
Phimg_5893
秋田臨海鉄道の鉄路happy01
こんな風景が好きです
Phimg_5899
ここでランチ
Phpa141729
某テレビ局のドキュメント72時間で紹介された自販機、ここに引っ越していたので会いたかったよ(笑)
Phimg_5903
大曲へ向かう途中にあるホテルへチェックイン後、大仙市大曲へ。
18時打上開始です。
Phimg_5910

花火の写真は、『信夫の郷にて(花火別館)』 に、大曲の花火 秋の章(2)をアップしました。
お立ち寄り下さい。
(つづく)

備忘録
車を停めたのは▼ここの近く
Phpa141733
泊ったホテルはここ
Phpa151734
大曲まで40㎞程あるので遠いけど安いし、この時期車中泊は厳しいので仕方ないですね(笑)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年10月17日 (火)

山形・秋田の旅(2) 加茂水族館・湯の浜温泉へ

クラゲで有名になった「鶴岡市立加茂水族館」
Phimg_5756
日祭日や夏休み等は激混みらしくて訪ねる機会がありませんでした。
Phimg_5760
今回初めての訪問、満足以上に楽しむことができました。
館内の様子は、信夫の郷にて(花火別館)にアップしておきましたので、お立ち寄り下さい。

この日の宿泊は、加茂水族館からも見える湯の浜温泉
Phpa131668
ホテルは『華夕美日本海』さん。
こちらは、天童温泉王将さんのグループホテル
Phpa131669
露天spagood
Phpa131673
spaを独占できたのでfoot
Phpa131675
私が予約したのは、海が見えずらい部屋でしたが階段からは、こんな風景も眺められました。
Phpa131682
遠くに見えるのは鳥海山
Phpa131685
夕食は、自分で焼いて食べる『いろりバイキング』
Phpa131687
エビ・ホタテ・サザエ・鯛・・・が自分で焼いて食べ放題
エビ・ホタテ最高でした
他にもカニ・刺身・お寿司・サラダ・天ぷら・・・も食べ放題
Phpa131688
デザートも程々に(笑) 
Phpa131694
翌朝の朝食もバイキングで食べ放題。
Phpa141697
2人で16,200円で、満足の食べ過ぎ(笑)でした。

つづく

| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧