« 2020年三陸の旅(1) 塩釜市&南三陸町 | トップページ | 2020年三陸の旅(3) 大船渡市&釜石市 »

2020年11月14日 (土)

2020年三陸の旅(2) 気仙沼市&陸前高田市

11月10日三陸の旅の続きです。

昼過ぎに南三陸さんさん商店街をあとにして、南三陸海岸ICから三陸自動車道に入り20㎞ほど北上。
気仙沼市の大谷海岸ICで国道45号へ、この右側には気仙沼線の大谷海岸駅や道の駅大谷海岸があったのですが、道の駅は左側へ移っていました。
震災後も気仙沼線の線路が海岸沿いに残っていたようですが、今は災害復旧工事の関係で跡形も無くなっていました。
Ph202011pb101168
潮吹き岩で有名な「岩井崎」、震災後には津波に残った松が龍に見える「龍の松」が有名になった場所
Ph202011img_4492
さらに近くには「気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館」があります。
旧気仙沼光洋高校で震災直後には屋上から襲ってくる津波の映像を見たかたも多いのでは。
Ph202011pb101169
ココの駐車場で気づいたのですが、この右側に駐車している車も含め5台近くの車が全て「わ」ナンバー。
三陸の観光名所・震災遺構など巡るには車が便利だからか、多くの方がレンタカーを借りて廻られているようです。
この後も沢山のレンタカーを見かけました。
Ph202011pb101172

国道45号で気仙沼市を抜けます、この区間は三陸道がまだ工事中なんです。
唐桑南ICから三陸自動車道へ入り7㎞走って陸前高田長部ICで降ります。
この間で宮城県から岩手県に入ります。
Ph202011pb101173
ここでは、道の駅高田松原に寄ります。
Ph202011pb101174
ここ高田松原は、日本百景であった浜に約7万本の松を有する美しい砂浜でした、震災前には何度か訪ねています。
奇跡の一本松があまりに有名な場所ですね。
東日本大震災の津波により甚大な被害を受け、道の駅「高田松原」も休館をしていましたが、
その後、高田松原津波復興祈念公園内に国営追悼・祈念施設、東日本大震災津波伝承館と共に道の駅が新たに建設され、昨年(2019年9月22日)リニューアルオープンしたそうで、再開後は初めての訪問になります。 
Ph202011img_4516
道の駅の近くにある「高田松原運動公園」は、先日開催された「三陸花火大会」の観覧会場になった場所。
来年も開催される予定らしいので、来年こそは見に来てみたいと思っています。
Ph202011img_4520
午後3時 この日の宿までは近いので、もう少し観光名所を廻ることにしました。

詳しくは、『信夫の郷にて(花火別館)』をご覧ください。

(つづく)

ポチッとよろしく!

| |

« 2020年三陸の旅(1) 塩釜市&南三陸町 | トップページ | 2020年三陸の旅(3) 大船渡市&釜石市 »

旅行・地域」カテゴリの記事

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

キハ58さんへ
大震災直後にテレビで見た津波の様子を思い出しました。
各地に遺構が整備されています、忘れてはいけないですね。

投稿: しゅうちゃん | 2020年11月15日 (日) 16時10分

hibochanさんへ
三陸自動車道が大分開通したので、移動が楽になりました。
来年あたりには全線開通するみたいです。
バス電車だけでは廻りきれないので、皆さんレンタカーを利用しているようです。

投稿: しゅうちゃん | 2020年11月15日 (日) 16時08分

こうして残される遺構、大切ですね!
歴史は真実の積み重ねですから。

投稿: キハ58 | 2020年11月15日 (日) 12時19分

震災後地名は 記憶してます
三陸地方やはり距離が長い
レンタカー利用なのでしょう
行けそうにありませんので
映像期待してます

投稿: hibochan | 2020年11月15日 (日) 06時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020年三陸の旅(1) 塩釜市&南三陸町 | トップページ | 2020年三陸の旅(3) 大船渡市&釜石市 »