« 西村京太郎 『現美新幹線殺人事件』 | トップページ | 信州への旅 (2) »

2017年11月10日 (金)

信州への旅 (1)

いつもお米や野菜などを頂いている、専業農家の義兄ご夫婦と一緒に信州へ行ってきました。
今回は、善光寺へ行ってみたいとのことで、善光寺をメインにルートを考えての旅となりました。
備忘録も兼ねての報告なので、色々アップしますがご了承下さい。

11月7日(火) 午前8時過ぎ、快晴の福島西インターから東北自動車道へ。
Phpb071895
郡山JCTで磐越自動車道へ入り新潟方面へ。
▼これだけ綺麗な磐梯山、なかなか見れません。
Phpb071897
会津若松市内はキリに包まれ、100m先も見えない状態でした。
▼10時15分 新潟中央JCTを通過し北陸道へ。
新潟へは花火見学で何度も来ていますが、北陸自動車道を走るのは久しぶりです。
Phpb071902
▼11時30分 上越JCTで上信越道へPhpb071904
▼新井PAで休憩したら、目の前の山のmapleが真っ盛り。Phpb071906_2
上信越道の廻りのmaple、綺麗でした。
▼12時 信濃町インターで降りて一般道へ
Phpb071909
長野県道36号で戸隠神社へ向かいます。
信濃町からだと戸隠神社へ裏から入る感じ?
戸隠神社奥社が先に出てきますが、奥社までは駐車場から40分程歩く必要があり、足に不安な義兄夫婦も一緒なので、今回はスルー。
▼12時30分 戸隠神社中社(ちゅうしゃ)へ到着
Phpb071911
参拝し、ご朱印を頂きます。
私は10数年前に一度参拝したことがありますが、ご朱印を頂くのは初めて。
Phpb092189
▼境内の樹齢800年以上の三本杉にパワーを頂きました。
Phpb071919
お昼は、やっぱり蕎麦でしょう。
▼中社前にある、宿坊極意の蕎麦処『徳善院蕎麦 極意』さんへ
こんな宿坊に泊って蕎麦三昧もいいですね。
Phpb071936
私が注文したのは『和(なごみ)の膳』1600円(税別)
中央にあるのは、お神酒だそうで私は運転があるので義兄に飲んでもらいました。
Phpb071930
この他に、ミニ天麩羅が付きました。
Phpb071933
14時前、食後に外観の写真を撮ろうとしたら準備中になっていました。(JAF割が使えます)
Phpb071935
善光寺へ向かいましょう。
戸隠バードラインで長野市内へ向かいますが、市街地が遥か下に見えてsign03こんなに山の上に居たんだとsign03
40分程で善光寺へ到着。
今日の宿は、善光寺の宿坊の一つ。
まだ時間が早いので、宿坊指定の駐車場に車を入れて善光寺近辺を散策します。
この日の走行キロは415㎞でした。

石畳の参道もmaple
Phpb071952
沢山の草鞋が結ばれた仁王門
Phpb071954
仲見世通りを覗いて歩きます。
Phpb071955
『牛に引かれて善光寺参り』はあまりに有名
Phpb071950
六地蔵
(三途の川を渡るための六文銭は、この六地蔵に捧げるためとも言われているようです)
Phpb071949  
やっと山門です。
『鳩字の額』と言われる『善光寺』と書かれた額が掲げられています。
Phpb071945
本堂です。この時間でも多くの参拝客が訪れています。
Phpb071957
宿坊に入りましょう。
(つづく) 

|

« 西村京太郎 『現美新幹線殺人事件』 | トップページ | 信州への旅 (2) »

御朱印」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

キハ58さんへ
戸隠、だいぶ前に一度だけ訪ねたことあるんですが、高い所にあったことを知りビックリ。
さすが善光寺さん、たくさんの参拝客がおられました。

投稿: しゅうちゃん | 2017年11月12日 (日) 11時26分

戸隠、スキーでしか行ったことないのですが、霊験あらたかな場所なのですね。
善光寺参道の賑わいも、懐かしいです^.^/

投稿: キハ58 | 2017年11月11日 (土) 22時01分

hibochanさんへ
北陸からは近いですからね。
長野は見どころが多く、コース悩みました。
今回は安曇野、諏訪方面を廻りました。

投稿: しゅうちゃん | 2017年11月11日 (土) 15時57分

善光寺 戸隠は 富山時代出かけたものです
当時志賀高原ルートが人気
ほぼ三十年前ファミリー全員で訪れました
斑尾高原宿泊懐かしい思い出
あれから全員参加実現してません

投稿: hibochan | 2017年11月11日 (土) 07時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/66025860

この記事へのトラックバック一覧です: 信州への旅 (1):

« 西村京太郎 『現美新幹線殺人事件』 | トップページ | 信州への旅 (2) »