« 久しぶりの青空 | トップページ | 12都県目へ »

2017年8月24日 (木)

大曲の花火2017(序) 準備品

Phimg_5223

今週末8月26日、いよいよ大曲の花火(第91回全国花火競技大会)が開催されます。
この花火大会は、一般的な花火大会とは異なり、全国から選び抜かれた花火師さん達が、日本一を目指して競う花火大会です。
現地に行くのは大変ですが、NHK-BSプレミアム(PM6:50~PM9:50)で完全生中継されます。
是非、ご覧になるか録画をお薦めします。

★★★
現地大曲へ観覧へ行かれる方のために、必需品を紹介しておきます。
(1)有料観覧席チケット (有料席確保の方、首から下げること)
(2)公式プログラム
(3)シート(レジャーシートまたはブルーシート)
(4)クッション・座布団 (桟敷席、地面は硬いので)
(5)雨具 (レインコート・雨合羽 上下別の百均のレインコートが便利です)
(6)うちわ
(7)傘 (日除け用と考えてください、花火打上時は後ろの方の邪魔になりますので利用出来ません)
(8)ポケットテッィシュ・ウエットティシュ
(9)タオル・バスタオル
(10)虫よけスプレー、かゆみ止め
(11)懐中電灯
(12)スーパーの袋 (大曲はゴミの持ち帰り禁止 所定の場所に分別して捨てましょう)
(13)大きめのゴミ袋 (雨が降った場合、持ち物をそのままゴミ袋に入れましょう)
(14)飲み物 (暑い場合、脱水症状にならないため)
(15)食べ物 (露天も沢山出ていますが、私は近所のスーパーで夕食を仕入れてから会場入りします)
(16)上着 (日中は暑くても東北、夜9時を過ぎると寒くなる場合があります、一枚羽織るものが有ると便利です。私は薄いジャンバーを持っていきます)
(17)クーラーボックス、保冷バック (有料観覧席の場合スペースに限りがあるので、限りなく小さい物が便利です、有料自由席の場合日中から待つことになるので、ある程度大きめの物が必要になると思います)
(18)携帯ラジオ・イヤホン (コミニュティFM FMはなび87.3MHZは花火関連情報満載で便利です)
(19)携帯用モバイルバッテリー 
(20)カメラ・三脚
(21)保険証

花火観覧会場へはカート等の持ち込みは禁止されています、これだけの荷物を持っていくために、私は大き目のリュックに入れて会場入りします。

★★★
迷子にならいために(子供だけなく、大人も迷子になりますhappy01
花火終了後の混雑は想像以上です。会場入りする時は明るいですが帰りは夜のため雰囲気が全く違くなります。
しかも会場入りした出入口と違う出入口から退場すると大人でも迷子になります。さらに、警備員や警察官に訪ねても、皆さん市外からの応援ですから不案内です。
迷子にならないためには、有料観覧席の指定場所に近い出入口に付けられた名前(メロンロード、アップルロード、バナナロード等)を覚えておき、出来るだけその出入口から会場入りして、同じ出入口から退場してください。
▼こんな案内が各所に出ています。
Ph20110829g

★★★
駐車場について
花火観覧会場に近い場所に車を停めると、帰りは大渋滞で身動きできません。
私は、会場から直線距離で1㎞以上離れた場所で、帰路に対して左折で出場可能な駐車場を選びます。(右折しての出場は渋滞等で厳しいです)

★★★
昼花火について
昼花火の競技大会は、大曲だけで開催されているものです。夜花火だけを見る方がいますが、折角大曲の花火大会へ行くなら、昼花火を見ましょう。

★★★
特別プログラムについて
今年は、7月22日・23日の豪雨で被害を受けた花火会場などの復旧に係わった人やボランティアへの感謝をこめて、10号10発、8号20発が昼花火と夜花火の間に打ち上げるそうです。

というか大仙市には今日も、大雨・洪水警報が出ているんだけど、大丈夫なのかな?

★★★
あまり人出の多い夏の大曲花火へは行きたくないという人は、『大曲の花火 秋の章』いかがですか?
10月14日(土) 18:00~19:00  詳しくはこちら

|

« 久しぶりの青空 | トップページ | 12都県目へ »

花火」カテゴリの記事

コメント

waniさんへ
天候自体は問題なく復旧したましたが、浸水した桟敷席等が復旧出来るか?
天気が良くなったみたいなので、個人的には問題なく開催するような気がしています。

投稿: しゅうちゃん | 2017年8月25日 (金) 17時03分

川が氾濫してるのを昼のニュースで見ました。
天候が心配ですね。

投稿: wani | 2017年8月25日 (金) 16時37分

Peeさんへ
大曲も大変なことになっています。
この頃の異常気象で、屋外のイベント開催は大変なようですね。
花火会場へ浴衣で行きたいのは判るけど、あまり勧められません。

投稿: しゅうちゃん | 2017年8月25日 (金) 14時10分

hibochanさんへ
花火観覧は夜間なので懐中電灯は必須です。
イベント会場の警備員さん達は、会場周辺のこと知識ないですからね。

投稿: しゅうちゃん | 2017年8月25日 (金) 14時06分

キハ58さんへ
大曲は特別ですね。
大仙市と言っても、合併前は小さな町。
そこに70万人以上が来るのですから、混雑は半端ないです。

投稿: しゅうちゃん | 2017年8月25日 (金) 14時02分

(o^-^o)さっすがぁ~!
花火のしゅうちゃん!
今年は雷やゲリラ豪雨で花火大会が
滅茶苦茶になる所続出ですが
雨具、傘、上下の雨合羽、スーパーの袋、大きめのゴミ袋good
浴衣姿で濡れた人に教えてあげたかったですねぇ~coldsweats01

投稿: Pee | 2017年8月25日 (金) 06時53分

もう大曲の花火一年は 早い
必需品参考になりました 懐中電灯忘れカメラの設定にこまったことありました
先日の関西旅行保険証持参
最近応援に出かけますがアルバイトの方が多く
地図確認しておく必要感じました
リポート楽しみ

投稿: hibochan | 2017年8月25日 (金) 06時41分

実体験に基づく、アドバイス素晴らしいです!
花火観賞、大変なんですね。
ここ10年TDLの花火くらいしか見ていないんで^.^;;

投稿: キハ58 | 2017年8月24日 (木) 22時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/65701153

この記事へのトラックバック一覧です: 大曲の花火2017(序) 準備品:

« 久しぶりの青空 | トップページ | 12都県目へ »