« 五月の花めぐり(3) 大桑原つつじ園 | トップページ | 福島市小学校鼓笛パレード »

2017年5月21日 (日)

西村京太郎 北海道新幹線殺人事件

Php3200338
西村京太郎著 北海道新幹線殺人事件
840円(税別) 角川書店 2016年11月30日発行

売れないミステリー作家・三浦に、明日書房の高橋社長から「ベストセラーを出しませんか」と依頼が来る。
3月26日開業の北海道新幹線を題材にミステリー作品を書き、3月25日までに発売して、売りだそうと言うのだ。
無謀とも言える依頼だったが、高橋社長の熱心さに折れ、引き受けることに。本のタイトルはその名も『北海道新幹線殺人事件』。
無事に脱稿し、3月26日当日、東京発の北海道新幹線に乗り込んだが、グリーン車両内で小説同様の殺人事件が起きてしまう。さらに、三浦の隣に座っていた女性も、東京の自宅で殺害されており・・・。
小説と現実が混ざった事件に十津川警部が挑む。


久しぶりに十津川警部シリーズを読みました。
テレビでは、多くの俳優さんが十津川警部を演じてこられましたが、先日亡くなられて渡瀬恒彦さんのシリーズが思い出深いです。

福島近辺の6月~7月の花火大会の予定を別館にアップしました。
  (信夫の郷にて(花火別館)はこちら)
 

|

« 五月の花めぐり(3) 大桑原つつじ園 | トップページ | 福島市小学校鼓笛パレード »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

hibochanさんへ
テレビでもミステリー(2時間ドラマ)も少なくなって残念です。
今は、特急列車も少なくなり、時刻表トリックも出来なくなって寂しいです。

投稿: しゅうちゃん | 2017年5月22日 (月) 17時52分

現記写心さんへ
そうですか、苦手ですか、それは残念。
の写真集なんかが好み?

投稿: しゅうちゃん | 2017年5月22日 (月) 17時50分

潤三郎さんへ
たまには、活字にも親しまないとね。
こんなアングルでの写真撮れる場所少ないと思うんだよね

投稿: しゅうちゃん | 2017年5月22日 (月) 17時48分

昔は 西村京太郎鉄道ミステリー
読んだものでした
今は ミステリードラマ妻の世界

投稿: hibochan | 2017年5月22日 (月) 07時21分

こんばんわー
オラの苦手なジャンルずらw
まあ良い睡眠薬にはなりそうだw

投稿: 現記写心 | 2017年5月22日 (月) 01時25分

綺麗な花を見たあとは
読書もいいですねぇ
西村さんも新しいルートに合わせて
新作忙しそうですね
小説の中身も良いのだろうけれど
この新幹線のアングルすきだなぁ←そっちか(^^ゞ

投稿: 潤三郎 | 2017年5月21日 (日) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西村京太郎 北海道新幹線殺人事件:

« 五月の花めぐり(3) 大桑原つつじ園 | トップページ | 福島市小学校鼓笛パレード »