« 2017年4月 | トップページ

2017年5月

2017年5月28日 (日)

春の会津 撮り鉄めぐり(6) SLばんえつ物語号(上り)

SL只見線新緑号(下り)の撮影しながら、やはり磐越西線の「SLばんえつ物語号」が気になるので、いつもの⑨荻野駅へ移動することに。
11時20分SL只見線の撮影終了後、国道252号で一旦国道49号まで戻ったのち、県道151号経由などで12時15分には荻野駅に到着。
先客は1人だけでした。
Map20170521e

12時31分 黒煙を出しながらC57180がやってきました。
SL到着前には只見線からの移動者なども増え、お仲間は7名程になりました。
Phimg_0984
ここでも、藤の花が綺麗に咲いていました。
Phimg_0987
ちょっと斜めだったcoldsweats01
Phimg_0989
やはりC57は力強いです。
Phimg_0991

山都駅での停車時間を利用して先回り。
いつもの⑩一ノ戸川橋梁へ。
ただし、今回は反対側から撮影です。
12時53分 山都駅を出発したC57がやってきましたが、残念ながら途中からケムリが少なくなってしまいました。
Phimg_0997
いつもの撮影場所(橋梁下)には、結構多くの車が居ました!
只見線からの移動者なのかな?
Phimg_1000

最後に、喜多方駅の停車時間を利用して先回り。
13時16分 ⑪塩川駅手前の踏切で撮影できました。
本当は、反対側で撮影したかったのですが車を停めている間に踏切が降りてしまいました。
Phimg_1005
ここって意外とケムリが出る場所なんですね。
Phimg_1008
▼奥に見えるオーバークロスは、朝にトランスイート四季島を撮影した場所。
本当は、あそこまで行けるかと思ったのですが時間的に間に合いませんでした。
Phimg_1010

道の駅あいづ 湯川・会津坂下でチョッピリ休憩するために移動していたら、飯豊山が綺麗に見えたのでパチリ。
自分の眼では、綺麗に水鏡になっているんですが、cameraで表現するのは難しいです。
Phimg_1011

今まで「SLばんえつ物語号」の上り(新潟駅→会津若松駅)の撮影は何度も行っていましたが、下り(会津若松駅→新潟駅)の撮影をしたことが無かったので、この日初めて撮影してみました。
(つづく)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年5月27日 (土)

春の会津 撮り鉄めぐり(5) SL只見線新緑号③

⑤の杉第2踏切で撮影後、会津柳津駅の先へ向かって車を走らせていたら・・・・
汽笛の音で、塔寺駅付近でSLを追い越したことが判りました!。(新しい道が出来たので追いついけたのかも?)
Map20170521
なので、会津柳津駅手前の⑥会津坂本駅付近で撮影することにしました。
⑤から⑥まで約6㎞の区間で追い抜いけたのは、SLでの峠越えがいかに厳しいか実感しました。

ここは登りきった場所なので煙は少ないですが、藤の花が綺麗でした。
Phimg_0954
 
Phimg_0958
次の撮影ポイントは、前年に撮影した▼柳津虚空蔵尊円蔵寺の裏も考えていましたが、出来たら只見川沿いで撮影したいと思い移動。
Php5210335

⑦第2只見川橋梁を手軽に撮影できる三島町内の国道400号から撮影することにしました。
11時11分 定刻通りにやってきました。
Phimg_0965
会津宮下駅に到着直前なので、煙は期待できませんでしたし、逆光で列車自体が判りずらいですが、只見川との撮影が出来たのでgoodでした。
Phimg_0969
これで撮影を終えようと思ったのですが、会津宮下駅での停車時間を利用してちょっとだけ先回りできたので、⑧宮下発電所付近で撮影することに。
11時20分 C11325がやってきました。
Phimg_0973
正面をアップで、手作り感いっぱいのヘッドマークでした。
Phimg_0977
私が居た場所の少し先でケムケムになっていました、残念。
Phimg_0979
この日のSL只見線新緑号の撮影ドライブ、十分に満足できたのでこの日の撮影は終了としました。
でも撮影ドライブは、まだまだ続きます。
(つづく)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

春の会津 撮り鉄めぐり(4) SL只見線新緑号②

本日2件目の投稿です。

SLと言ったら黒煙。
それが必ず見れる場所、⑤会津坂下駅~塔寺駅間にある杉第2踏切へ移動。
Map20170521c
10時7分 会津坂下(あいづばんげ)駅を出発する時の黒煙も違います。
Phimg_0930
近づいてくるSL、ドキドキしちゃいます。
Phimg_0933
ここから最大勾配25‰の登りが続き、やっと登ってくるSLの息遣いが聞こえてきます。
Phimg_0936
素敵な煙heart02
Phimg_0940
ここから、さらに登りが続きます。
Phimg_0946
この坂があるため?客車3両が限界のようです。
Phimg_0948
人気の撮影ポイントですが、この上に新しい道が出来てそちらにも多くのcameraが移動したようです。
Phimg_0951
次は給水のため会津柳津駅で15分停車する間に先回りするため、国道49号経由で国道252号へ向かいましたが・・・・。
(つづく)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ダグラスDC-3

本日1本目の記事です。

1935年(昭和10年)に初飛行し、航空輸送に革命を起こしたと言われる「名機」ダグラスDC-3が、今日25日、26日福島県内を周回飛行をする予定でした。
今回飛行するのは、スイスの時計メーカー「ブライトリング」が維持・保存を支援している機体で、製造77年目を記念した世界一周ツアーの一環として福島に立寄ったのです。
日本国内では、すでに神戸や熊本などでも、小学生を乗せて空を飛びました。

福島でも今日は、小学生を乗せ福島市内ルートや会津ルートを飛ぶはずだったので、信夫山から撮影しようといつもの場所へ行ったのですが・・・・。
Php5260365
生憎の空模様
Phimg_1073
同じ考えの方数名と、山形新幹線などを撮影しながら待ったのですが
11時10分 福島空港のライブ映像でも飛たった形跡はなく。
Phimg_1076
11時30分 福島市内ルートのキャンセルが発表されました。Phimg_1080
大変残念でしたが、福島駅でさえ霞んでしまうこの雲では、素人眼でも飛行は無理でしょうね。
今回のキャンセル分が後日、再飛行された場合は再度紹介したいと思います。

ブライトリングDC-3 ワールドツアー(日本語版)のHPは -----> こちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

春の会津 撮り鉄めぐり(3) SL只見線新緑号①

磐越西線は新潟方面から阿賀川に沿って走ってきて、喜多方駅を過ぎて一気に南下して会津若松駅に到着します。会津若松駅から進行方向を変えて北上したのち猪苗代湖の北側を東北本線郡山駅へ向かいます。
一昨日紹介した、磐梯山を背景にした写真は、下記地図の①・②で撮影しました。
昨日の「トランスイート四季島」を撮影したのは③になります。
Map20170521a

会津若松駅を始発とする只見線は、一旦南下後に西へ向かい、さらに北上後只見線に沿って県境に向かい新潟県小出駅に繋がっています。
現在、会津川口駅~只見駅間が不通となっているため、SL只見線新緑号は会津若松駅~会津川口間で運行されています。
最初の撮影場所は、昨年と同じ④(根岸駅~新鶴駅間)で狙います。
今回も磐梯山は霞んでおり残念です。
Phimg_0913
9時38分 会津高田駅を出発するSLの汽笛が聞こえ黒煙も見えます。
Phimg_0914
この場所は煙が期待出来ない場所、田んぼとのコラボですね。
Phimg_0918
使用されているSL(C11 325)は真岡鉄道からの借り入れで、年2回運行されます。
Phimg_0922
旧型客車3両は、JR東日本(高崎車両センター)所属。満員の乗客を乗せて走っていきます。
本来は反対側から撮影するのが順光なんですが、駐車場所の確保とこの後の移動のため逆光側での撮影です。
Phimg_0924
ここは若干登りになっているので、煙が期待できる場所なんですが、残念ながらこの日は見ることが出来ませんでした。
▼あのアングルからだと、どのように写るのかな?
Phimg_0925
皆さん色々苦労されて撮影しています。
明日は、ケムケム満載の場所ですhappy01
(つづく)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

春の会津 撮り鉄めぐり(2) 塩川大橋にて

次は先日紹介した「トランスイート四季島」を撮影するために向かったのは、塩川町の塩川大橋。
ここは福島県道61号が磐越西線をオーバークロスしており、遠くには雪を抱いた飯豊山を眺めることが出来ます。
▼コンデジのパノラマモードで撮影。私が到着した時点ですでにcameraが20台近く並んでいました。w(゚o゚)w
Php5210334
この日は天気が良すぎて、飯豊山は残念ながら肉眼でも霞んでいる状態でした。Phimg_0889

6時58分 会津若松行普通列車がやってきました。Phimg_0892
7時2分 新津駅行下り普通列車も行って
Phimg_0894
7時17分 やってきました「トランスイート四季島」
Phimg_0898
シャンパンゴールドの車体が朝日に照らされ輝いています。
Phimg_0905
反対側、塩川駅に向かって走っていく「トランスイート四季島」をパチリ。
Phimg_0909
さて、この日のメイン「SL只見線新緑号」の撮影ポイントへ向かいますか。
(つづく)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

春の会津 撮り鉄めぐり(1) 磐梯山と

まだ5月だというのに、今日まで4日連続の真夏日を記録した福島市。
暑いですcoldsweats01

20日(土)・21日(日)と只見線で「SL只見線新緑号」が運行されるとのことで、これを撮影することをメインに他にも色々撮影することに。

21日(日)午前5時前に自宅を出発
この日の天気予報では福島市内の最高気温が35℃、会津でも33℃と激暑。
朝から眩しい太陽が昇っていました。
Phimg_0878
この日は国道115号土湯峠越えで猪苗代へ向かいました。
米どころ会津、田植え真っ最中で、6時前というのに農家の方は作業されていました。Phimg_0879
磐越西線(猪苗代駅~翁島間)の踏切で磐梯山を背景に1枚Phimg_0880
磐梯町駅手前で、上り始発列車とすれ違うことを知り、撮影することに。
イベント列車が走ると、カメラの砲列となる場所ですが、さすがにこの時間では私一人で撮影です。
Phimg_0883
6時12分 磐越西線(翁島駅~磐梯町駅間)にて郡山駅行普通始発列車。
Phimg_0885
さて、この日朝早く自宅を出て撮影したかったポイントへ移動しましょう。
(つづく)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月)

福島市小学校鼓笛パレード

昨日21日の最高気温が34.2℃で全国2位、今日22日は33.8℃で全国5位と連日夏のような天気が続く福島市内です。

毎年5月に開催される福島市小学校鼓笛パレードも今年で40回目になりました。
5月17日(水)午前9時から12時まで3時間、福島市内の小学校50校から3400名の児童が参加して開催されました。
小規模校の場合全校生徒参加で8名の学校から、大規模校だと6年生のみ参加でも100名以上の学校もあります。
Phimg_0811
県庁前通りなどを通行止めにして開催されます。 
Phimg_0813
平日の開催なので、今まで見たことがありませんでした。
今は親がビデオ撮影しながら移動していきますので、大規模校の場合は民族大移動になりますcoldsweats01。 
Phimg_0815
今年は甥っ子の子供が出場するので、撮影&応援に行ってきました。
Phimg_0851
地元テレビ局が後日放送します。
Phimg_0874
各学校の運動会時や地区の交通安全パレード等にも披露されているようです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

西村京太郎 北海道新幹線殺人事件

Php3200338
西村京太郎著 北海道新幹線殺人事件
840円(税別) 角川書店 2016年11月30日発行

売れないミステリー作家・三浦に、明日書房の高橋社長から「ベストセラーを出しませんか」と依頼が来る。
3月26日開業の北海道新幹線を題材にミステリー作品を書き、3月25日までに発売して、売りだそうと言うのだ。
無謀とも言える依頼だったが、高橋社長の熱心さに折れ、引き受けることに。本のタイトルはその名も『北海道新幹線殺人事件』。
無事に脱稿し、3月26日当日、東京発の北海道新幹線に乗り込んだが、グリーン車両内で小説同様の殺人事件が起きてしまう。さらに、三浦の隣に座っていた女性も、東京の自宅で殺害されており・・・。
小説と現実が混ざった事件に十津川警部が挑む。


久しぶりに十津川警部シリーズを読みました。
テレビでは、多くの俳優さんが十津川警部を演じてこられましたが、先日亡くなられて渡瀬恒彦さんのシリーズが思い出深いです。

福島近辺の6月~7月の花火大会の予定を別館にアップしました。
  (信夫の郷にて(花火別館)はこちら)
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土)

五月の花めぐり(3) 大桑原つつじ園

須賀川市にある『大桑原つつじ園』
300年前に庄屋が自分の敷地内につつじを植えたのが始まりで、現在は1万株以上のつつじが花を咲かせる場所になったそうです。
入園料600円ですが、相方がプレゼントで当てた招待券利用で入園できましたhappy01
Phimg_0768
前日降った雨の影響か、だいぶ花は散っていました。
Phimg_0774
それでも、つつじ以外にも「ぼたん」「シャクナゲ」などの花が咲いていて綺麗でした。
Phimg_0776
このあと、芍薬が咲き始めるようです。
Phimg_0781
 
Phimg_0791

Phimg_0793
天気が良かったこの日、綿あめのような雲が美味しそうcoldsweats01
Phimg_0801
須賀川まで来たら、須賀川ぼたん園へも寄ろうと思ったのですが、ここまで沢山の花々を見たし、お腹も空いたので郡山へ戻って遅い昼食にしました。
いつもの「かに徳」さんへ。
Php5160315
かに徳昼膳(1280円税別) 
Php5160309
相方は海鮮丼(980円税別)
Php5160314

この日は帰宅後、夕焼けが綺麗でした。
Phimg_0807
夕焼けが綺麗な日の予想って出来ないもんかな。
ロケーションのいい場所で撮影してみたいですcoldsweats01

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

五月の花めぐり(2) 吉美根ふじ園

地元紙などで見頃だと報道されていた「吉美根ふじ園」へ行ってみました。
須賀川市吉美根にある個人宅のふじ園で、家業のこちらの会社名をナビに入れて向かいました。
入口が判りずらく一度通り過ぎてしまいました。車は隣の公民館?に駐車可能だそうです。
Phimg_0767
特に断る必要は無いそうで、自由に見学させていただきました。
敷地内に入ると見えてきました。
Phimg_0735
立派なふじ棚です。
Phimg_0743
あそこのふじ棚には比べられませんが、見事です。Phimg_0759
白ふじの見頃はもう少し先かな?
Phimg_0746

ふじ以外にも沢山の花を見ることが出来ました。
ふじ棚の下にアヤメ。
Phimg_0750
ふじの花、匂いも良かったです。
Phimg_0764
葉っぱを見るとシャクナゲっぽいんだけど?
Phimg_0753
ボタンかな?
Phimg_0755
見事なお庭でした。
Phimg_0766
近くのつつじ園へ向かいます。
(つづく)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

五月の花めぐり(1) 羽山のクマガイソウ

bottle
今日のニュースから
全国の日本酒の新酒を集めた全国新酒鑑評会で福島県産の日本酒22銘柄が金賞に選ばれました。
金賞受賞の銘柄数は都道府県別で5年連続日本一となったそうです。この鑑評会での5年連続日本一は過去、広島県が1度記録していて史上タイ記録となったそうです。
bottle

本題に入ります。
3年前にも紹介したことがある『クマガイソウ』(以前の記事はこちら
以前紹介したのは、福島市水原地区に自生していた「クマガイソウ」ですが、今回は二本松市東和地区の羽山の「クマガイソウ」です。
「クマガイソウ」はラン科の多年草で、紅紫色の網目静脈がある袋状の花弁が特徴の花です。
源氏方の武将熊谷直実が、流れ矢を防ぐために背負って戦った布の袋(母衣)(ホロ)に形が似ていることから名づけられ、別名ホロカケソウとも呼ばれているとのことです。
訪問日は5月16日(水)です。
Phimg_0698
個人の方が40年程前に自宅の裏山へ植えたのが始まりだそうです。
今では20アールの群生地に1万5千株があり、遊歩道が整備されています。
Phimg_0709
母衣に似てますよね。
Phimg_0713
個人の裏山で、入場には300円の管理協力費が必要です。
Phimg_0717
菜の花畑とコラボした写真を撮りたかったのですが難しかったですcoldsweats01Phimg_0725
クマガイソウ以外にも色々な花が咲いていたので紹介したいと思います。
▼シラネアオイ
Phimg_0702
▼宝鐸草(ホウチャクソウ)
Phimg_0728
▼クリンソウ
Phimg_0730
▼藤棚とクマガイソウ
Phimg_0733
阿武隈山地の山の中へ、次から次へと見学者がやってきていました。

この日は更に南下して須賀川市へ向かいます。
(つづく)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年5月17日 (水)

会津をぐるぐる

毎年参加している『ふくしま道の駅スタンプラリー』今年で9回目。
毎年道の駅が増え続け、今回28駅にもなっており、全駅制覇も大変になってきています。
来年3月までには3駅程増えそうだし、年々難しくなります。
Phimg_0688
5月7日四季島とSLばんえつ物語号を撮影している合間を利用して、道の駅 西会津・喜多の郷・裏磐梯を巡りました。
さすが道の駅裏磐梯、いまだに雪が一杯。
Php5070269

▼福島県道16号沿い、磐越西線山都駅~荻野駅間にある県営荻野漕艇場付近の風景。
右側から磐越西線、県道16号、阿賀川です。
Php5070272
磐越西線荻野駅~尾登駅間にある阿賀川水系山郷ダム。ヤエザクラが満開でした。
Php5070271
阿賀川は、新潟県に入ると阿賀野川に名前が変わります。

▼国道459号、裏磐梯と喜多方間にある桜峠
Phimg_0661
ラビスパ裏磐梯と桜峠一帯に3000本のオオヤマザクラを植えたそうです。
Phimg_0662
福島県内の桜も最後にちかいかな?

帰りは道の駅ばんだいで『蕎麦ソフト』を食べて帰りましたとさcoldsweats01Php5070277

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

SLばんえつ物語号 by 一ノ戸川橋梁

一ノ戸川橋梁で『トランスイート四季島』を撮影した日(5月7日)、折角なので同じ場所で『SLばんえつ物語号』を撮影しました。
今までだとSLを追っかけ、野沢駅付近など4~5ヶ所で撮影していましたが、この日は朝早くから四季島を撮影して疲れていたので、一ノ戸川橋梁で撮影開始です。

通過30分前に到着しましたが、他に1名しからおられず?
Phimg_0664
通過直前になって10数名になりましたが、皆さん早朝の四季島狙いだったのか?この日のカメラは閑散としていました。
定刻、煙を上げてやってきました。
Phimg_0668_2


Phimg_0677
最新型の四季島もいいですが、SLは何度見ても体全体で鉄を感じます。Phimg_0679
帰路、姥堂駅付近でSLに追いついたのでパチリ。
Phimg_0682
田んぼに水が入ったら、写真的には最高なんだけど・・・
Phimg_0683
また来なくっちゃネ。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

運動会

福島市内の多くの小学校で13日(土)に運動会を予定していましたが、大雨。
昨日14日は曇空だったのですが、グランドは大丈夫なのか?と思いながら散歩へ出かけたら、運動会が開催されていました。
Php5140291
小学校の運動会を見るのは、甥っ子が小学生の頃だから30年近く前以来かも?。
Php5140294

先日、義兄宅でキュウリ苗の植え付けを手伝ってきました。
余った苗を頂いてきて、植えてみました。ハウス用なので育つか?ですが。
Php5130283_2
今年は、青しそは作らないからと言われたので、市販の苗を買ってきました。
我が家の食卓に『しそ』は必須なんですよね。無事育ってほしいです。
Php5130282
春ですね、山菜も色々いただいてきました。
ワラビはおひたしで。
Php5130285
筍は、たけのこご飯で頂きました。
Php5130284_2
食卓で春を感じるこの頃です。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日)

ランチで食うポン2017(2) 手打ちそば なお

『バーチャル日本一周歩こうかい』
東京都は距離的に短かったので1週間程で通過、神奈川県へ突入です。
これで8都県目突入です。
Aruku20170514

間が空いてしまいましたが食うポンランチ。
2件目は蕎麦屋さんへ。
昨年9月にオープンしたお店だそうで、virgoさんが打っているようで、店内はvirgo×3で営業されていました。
また、外観も内装も蕎麦屋というより、お洒落な喫茶店的雰囲気でした。
Php4100550
こちらのクーポンは、手打ちそばと天ぷら(950円)に前菜プレートが付いて1000円の提供です。
Php4100545
▼これが前菜プレートです。
蕎麦が出来るまで食べて待ちます。
説明はできませんが?美味しかったです。
Php4100544
蕎麦は、会津のかおり二八そばだそうです。天つゆは別に出てきました。
Php4100546
コシがあって美味しいお蕎麦でした。
Php4100549

お店情報  福島市荒町2-8 定休日(日曜、第2・4土曜日)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

ネコ写真展へ

朝からrainです。
私は4月末に秋田県で雨にあたっていますが、こちらでは1ヶ月近くまとまった雨が降っていないそうです。

cat続きの話題。
近くの文化センターで開催されていた(5月7日まで)
Php5010225
岩合光昭さんの
Php5010227
世界のネコ歩き写真展へGW期間中に行ってきました。
Php5010231
写真撮影はここまで
色々な表情の世界のcat写真を見ることが出来ました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

睨まれた

散歩コースの目的地の一つ『福島稲荷神社』に住んでいる?
野良catちゃん
Php4180025
境内の枝垂れ桜が満開の頃の話ですが
Php4180027
お参りする人に触られているので、人が近付いても逃げないんだけど。
Php3290418

Php3290419
あまりに執拗に写真を撮っていたら、睨まれたcoldsweats01
Php3290420

今も1週間に数回は散歩で立ち寄りますが、藤の花の季節になっています。
Php5020233

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

トランスイート四季島 by 喜多方駅(2)

駅舎に直結している1番ホームに停車している四季島を撮影するために、跨線橋を渡って2番線側へむかいます。

▼新潟方面、1号車、2号車、3号車をパチリ。2号車屋根のパンダグラフがすでに上がっています。
Phimg_0604
▼昨日紹介した5号車(ラウンジカー)と黒色に塗装されている大型のエントランスドア。
Phimg_0607
▼先頭の10号車から編成全体を収めておきます。
Phimg_0613
▼先頭が印象的です。(個人的には、連結器を隠せなかったのかな?と思うのです)
Phimg_0614
▼自分の姿も入れて。
Phimg_0621
▼運転横の小窓、内側へ開けるんですね。
Phimg_0625
▼一ノ戸川橋梁で撮影した野沢駅までの回送列車。野沢駅6時14分発の列車として喜多方駅にやってきました。
Phimg_0626
▼キハ40形(東北地域本社色)と四季島の顔合わせ。
Phimg_0630
▼7時11分喜多方駅発となる下り新津行列車がやってきました。キハ48形(新潟色)と顔合わせ。
Phimg_0639_2
▼7時11分定刻に下り普通列車が出発です。
普段は駅舎側の1番ホームを使っているようですが、1番ホームは四季島に譲って2番ホームの利用となったようです。
Phimg_0642
▼7時12分 定刻とおり四季島も会津若松駅に向かって出発です。
Phimg_0649
後姿も凛々しい。
Phimg_0652
この先も沿線に沢山のカメラが待っていることでしょう。
Phimg_0654
▼見送り用の四季島のロゴ・マーク入り旗を頂いてきました。係のvirgoさん、ありがとさんでした。記念に大事にします。
Phimg_0658

四季島は会津若松駅に4時間程停車して、お客さんは朝食や会津若松市内の観光を行ったようです。
会津若松駅~郡山駅間の磐越西線で、磐梯山をバックに四季島を撮影しようかと悩んだのですが、この日(7日)は黄砂の影響で山々が霞んでいるし、猪苗代駅通過が昼ごろになるので、条件の良い日に挑戦したいと思いこの日の四季島撮影はこれで終わりです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年5月10日 (水)

トランスイート四季島 by 喜多方駅 (1)

豪華寝台列車『トランスイート四季島』
一ノ戸川鉄橋で撮影後、運行予定では喜多方駅で50分停車するとのことだったので、喜多方駅へ車を走らせました。

居ました!
駅併設の有料駐車場からの眺めです。
シャンパンゴールドの車体と先頭部分のブラックがいいですね。
Phimg_0576_2
喜多方駅のホームには10両編成全体は入らないんですね。
最後尾車両1号車の横顔(新津~会津若松駅間は先頭が10号車になります)
Phimg_0579_2
フルで『TRAIN SUITE 四季島』と表示するんですね。
Phimg_0587
駅員さんに確認したら入場券を購入してホームへ入るのはOKとのことでホームへ。
喜多方市長はじめ偉い方々?が勢ぞろいしてお客さんをお出迎え。
5号車(ラウンジカー)の大型のエントランスドアから出入りさせているんですね。
Phimg_0597
先頭の10号車。
ピッカピッカですね。
Phimg_0589
9号車から1号車方面をパチリ。先が見えない!
この列車で旅行された方は17組29名(最大利用17組34名)のお客様だそうです。
Phimg_0590
5号車のラウンジ内
Phimg_0598
5号車の窓間から見えた喜多方の駅名票と・・・ガラスに写ったしゅうちゃん(*゚ー゚*)
Phimg_0599
駅外の風景がハッキリ写っています。
Phimg_0601
反対側ホームからも撮りましょう!
上からの眺め( ̄▽ ̄)
Phimg_0602

何故『喜多方駅』で50分停車するのか?でした。
それは四季島の動力に関係するとのことです。四季島は電車(青函トンネル内も走行可能)とディーゼル車との両方の機能を持っています。なので、JR東日本の大半と青函トンネル、JR北海道の在来線を走ることが出来るんです。
磐越西線新津駅~喜多方駅間は非電化区間のため、ディーゼル発電機(*注意)で走ってきた四季島、ここ喜多方駅からは電車として走るための切り替えを行うのに停車が必要とのことです。
でもこの後、会津若松駅で4時間も停車するんだから、会津若松駅までディーゼル発電機で走ればいいのに?と思うしゅうちゃんです。

(*注意)四季島の場合、ディーゼル発電機で発電しした電力で駆動するそうで、キハと呼ばれる一般的なディーゼル車とは違う駆動方式だそうです。

(つづく)

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

一ノ戸川橋梁で四季島を

JR東日本が5月1日デビューさせた、豪華クルーズトレイン『TRAIN SUITE 四季島』。
3泊4日のコースでは東北本線を北上し北海道へ向かったので、福島駅を通過したのですが、福島駅到着が午後8時15分と夜間のため撮影を断念。
1泊2日コースは、上野駅~(常磐線・武蔵野線・中央本線・篠ノ井線)~姨捨駅~(しなの鉄道・えちごトキめき鉄道・信越本線・磐越西線)~会津若松駅~(磐越西線・東北本線)~上野駅。
しかも会津若松駅到着が朝7時30分頃と発表されていたので、あそこで撮影しなくては!
あそこ=喜多方市山都駅近くにある一ノ戸川橋梁、へ向かいました。
Map20170507
一泊2日コースは5月6日(土)上野駅出発が初日なので、撮影は5月7日(日)早朝。
一般道利用で喜多方へ向かう場合、最短距離だと福島から国道115号利用なんです。
でも国道13号で一旦米沢へ出て国道121号で喜多方へ向かった方が10㎞程遠くなりますが、早朝であることと・走りやすさ・信号機の少なさ等から到着時間は圧倒的に早くなります。

自宅を午前3時半に出発、順調に走り1時間後には米沢を抜けていました。
大峠付近は、道路そばに雪が残っていました。
Php5070257
山都駅近くでは雲海も見ることが出来ました。
Php5070259
一ノ戸川橋梁へ5時30分過ぎに到着。
すでにカメラ・カメラ・・・下の写真以外にもあちこちにcamera
Php5070260
準備していたら、時刻表に乗っていない列車が下って行きました。
野沢駅始発の上り列車になる車両の回送列車(キハ40系只見線用)だったのですね。あとでこの車両に再び出会いました。
Phimg_0556
一ノ戸川橋梁を撮影。何度見ても趣きありますよね。
Phimg_0559
下り始発列車がやってきました。5両編成と長い編成にビックリ、終点新潟駅着が8時19分となるので、通勤通学で混雑するんでしょうね。
(キハ100系4両+キハE120系1両)
Phimg_0560
6時2分 四季島がやってきました。
Phimg_0565
先頭車両がカッコいいです。
Phimg_0567
10両編成全体を撮影することが出来ました。
Phimg_0572
非電化区間を走る四季島goodでしょう。
さて、近くから見ましょう。
(つづく)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

GWの花見山

現役の方、GWも終わり憂鬱な生活が始まっていることと思います。
黄砂の影響で、廻りの車も含めて汚れています。
水で流さないと、機械洗車出来ないので、明日にでも手洗い洗車しなくっちゃ。

GW中、花見山公園付近へ行ってみました。
Php5020235
吾妻小富士の雪うさぎも日々細くなっていきました。
Php5020237
リンゴの花も咲いて
Php5020240
花見山も緑が眩しい季節になっていました。
Php5020242

ところで
4月18日の記事(こちら)で紹介しました、夜ノ森の桜。
NHK総合で放送の『ドキュメント72時間』で5月12日(金)午後10時50分~『夜の森 桜のトンネルで』が放送されます。
NHKのまわし者ではありませんが、原発事故について考えるうえでも、是非ご覧になってみて下さい。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年5月 7日 (日)

青森・秋田 花火・桜・鉄の旅(完) 角館・大曲へ再び

ホテルで無料の朝食を食べた後、午前8時45分角館へ向かってGO!。
途中で愛車に朝食を与え、国道46号に入ります。
すぐに、「道の駅協和」が現れます。
Php4290208
この日、桜まつりが開催されており、道の駅の廻りは桜が満開でした。
Php5020254
午前10時前、角館へ到着。有料駐車場(500円)に停めて散策へ出かけます。
釣り人多数、何を釣っているのかな?
Phimg_0376
午前中から雨の予報でしたが、何とかもっています。
Phimg_0378
高校生なのかな?
Phimg_0384
桧木内川沿いのソメイヨシノは満開でした。
Phimg_0388
セブンの建物も街中に融けこんでいます。
Phimg_0398
武家屋敷通りのシダレザクラは、ちょっぴり葉っぱが出てきた感じです。
Phimg_0402
ここで、またまた有名なdogに出会いました。
現在は、BSジャパンで放送されている「まさはる君行く」の収録をしていたようです。
Phimg_0406
樺細工伝承館前も人・人・人
Phimg_0410
伝承館内のピンクが強いシダレザクラを撮影していたらrainが・・・
Phimg_0413
天気予報が雨だったので、皆さん傘の準備は万端だったようです。
Phimg_0418
雨も降ってきたので、散策を切り上げ、車で近くにある日帰り温泉施設へ。
劇団わらび座を中心とした秋田芸術村。
Php4290216
その中にある温泉ゆぽぽ
Php4290213
650円で利用できる日帰り温泉施設です。
日本庭園を眺めながら、ゆったり出来る温泉でした。混んでいたので写真はありません。
Php4290210
ロビーに貼ってあるポスターvirgoが気になりました、秋田県内のあちこちで見かけました。
Php4290212
温泉施設ゆぽぽでも食事は出来るのですが、まだお腹が空かないので、大曲へ向かいます。
国道105号沿いにある、「道の駅なかせん
Php4290222

Php5020255
道の駅に併設されている農家レストランで「元気な肉定食(920円税込)」
Php4290219
道の駅のウラを流れる川端の桜も満開でした。
Php4290221

午後3時前、昨日と同じ大曲市民会館の駐車場へ車を停めましたが、前日と違って午後4時前には満車となりました。
以前として雨が降っているので車中で待機。
午後6時を過ぎると雨も止んだので、打上会場へ向かいます。
前日と違って人が多かったです。
Php4290223

19時予定通りに打上開始。
Phimg_0446
残念ながら風が弱いのと、雨が上がったあと暖かくなったため?、霧・靄?が出て花火打上の条件としては最悪に。
レンズをフキフキしながらの撮影です。
おまけで2尺玉も上がったのですが、煙の中でまともに見ることが出来なかったのが残念でした。
Phimg_0489

2017年 大曲の花火~春の章~4月29日分 の写真を別館にアップしています。
  できたら、 『信夫の郷にて(花火別館)』  へお立ち寄り下さい。

21時 予定より30分以上遅れて打ち止めになりました。
21時40分 大曲ICから秋田自動車道へ
翌0時30分 国見ICで東北自動車道を降り、自宅へ。

 総走行キロ 1212.3㎞  燃費 13.6㎞/L
の旅でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

青森・秋田 花火・桜・鉄の旅(6) 大曲へ

4月28日国道101号を南下。
秋田県に入ってすぐに現れるのが 「道の駅 はちもり
秋田音頭で歌われる「はちもり ハタハタ」の八森町(現在の八峰町)です。
Php4280181_2
小さな道の駅です。
Php5020250
さらに国道101号を南下して、同じ八峰町にある「道の駅みねはま
Php4280188
なぜ、ポンポコなんだろう?
Php5020251
遅い昼食時になっていたので、ここで地元野菜たっぷりのハヤシライス(800円)を頂きました。
Php4280182

能代市を抜け、大潟村へ。
道の駅 おおがた」で休憩
Php4280189
大きな産直市場があります。
Php5020252

大潟村へ立ち寄ったのは、以前訪ねて感激した「桜と菜の花ロード」を訪ねるためです。
Php4280191
延長11㎞にわたって、3000本の桜(ソメイヨシノ、ヤエザクラ、ベニヤマザクラなど)と菜の花を植えたそうです。
Phimg_0260
青空の下、桜の下、車を走らせると爽快な気分になります。
Phimg_0261
11㎞ものほぼ直線の道路があるのも、干拓地だから出来ることなんでしょうね。
Phimg_0262
大潟村へ通じている道?橋?から見る風景は海を渡っているようです。
Php4280196

国道7号と合流し、南下。秋田自動車道昭和男鹿半島IC近くにある『道の駅 しょうわ』に立ち寄り。
Php4280197
秋田県花き種苗センターを併設する道の駅だそうで、初めての訪問です。
沢山のお花が並んでいました。
Php5020253
国道7号で秋田市へ入ってしまうと渋滞しそうだったので、ナビに任せて裏道(なのか?県道41号)で秋田南IC近くにあるビジネスホテルへ。

今日の宿泊場所(ホテル秋田御所野)へ16時30分にチェックイン。
Php4290206
ここは全室ツイン(ダブルベット+シングルベット)で、1人利用だと5000円、2人8000円、3人なら9000円(税別)と1部屋の利用人数が多くなるとお得になるシステム。
トイレとバスが別なってるし、無料朝食付き、全室禁煙なので禁煙者にとっては快適なホテルでした。
Php4280200
しかも、宿泊エリアへ入るのもカードキーを使って入るので、チェックイン後は夜間でも出入り自由。
(と言っても、インター傍なので廻りにはコンビニもありませんでした)
Php4290205

大曲まで40数キロとちょっと遠いですが、コスパ的に大満足のホテルでした。
ホテルに荷物を置いて大曲へ向かいます。
無料駐車場の大曲市民会館へ車を停めることが出来ました。
近くのスーパーで夜飯を購入して、花火会場の雄物川へ向かいます。
夏に比べたら、はるかに少ない人出なので、歩くのも楽です。
大曲農業高校の桜とモクレン?が綺麗でした。
Php4280201
会場入口で1000円を払って、有料自由席へ。
広~~い会場、筒場を確認してカメラの準備です。
Php4280202

午後7時 打上開始です。
Phimg_0276

Phimg_0304
19時50分 打上数7000発の花火大会もアッという間に終了しちゃいました。
日が沈むと、やはり秋田、冬仕度で観覧しましたが寒かったです。
国道13号を利用してホテルまで戻りました。
車中泊とは違い、広~いベットで朝までぐっすり眠ることが出来ました。

大曲の花火~春の章~ 4月28日分の詳細は別館で紹介中です。
  信夫の郷にて(花火別館)はこちら
(つづく)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

青森・秋田 花火・桜・鉄の旅(5) 秋田へ

『バーチャル日本一周歩こうかい』
青森・秋田の旅で歩数を稼いだので、千葉県をあっという間に制覇して、東京都に突入しました。
これで7都県目突入です。
Aruku20170503

4月28日朝。
この日の夜は、秋田県大仙市大曲で開催される花火大会を見るために秋田県へ向かいます。
行程としては、国道7号を南下し峠越えして大館市を経由する方法と、国道101号で日本海沿いを南下する方法があります。
盆地に住む者としては、やはり海沿いを走り、JR五能線にも出会いたかったので国道101号経由で秋田県へ向かうことにしました。

その前に、ホテルから見える「道の駅浅虫温泉 ゆ~さ浅虫」に立ち寄り
Php4270138
スタンプをゲット。
Php5020247
青森港近くで、八甲田丸を眺め青森の雰囲気だけ感じて青森市内はスルー。
Php4280154
国道7号から国道101号に入り、昨日に続き五所川原市を通過。
前日より岩木山が綺麗に見えました。
Php4280158
つがる市にある 「道の駅もりた アーストップ」で休憩。
Php4280160
アーストップの意味が?
Php5020248

鰺ヶ沢町へ入り、日本海が近くなった場所にあるお店。
Php4280162
有名なdogが居ます。
Php4280174
わさお君が居る、きくや商店さんへ立ち寄り
Php4280172
娘さんの「ちょめ」
Php4280167
そして「わさお」君。
嫁の「つばさ」は、恥ずかしいのか出てきませんでした。
Php4280166
いか焼きの他、わさお君グッズを販売していました。
日本海を眺めながら「いか焼き」を食べtrainを待ちます。
Php4280176
そう、上写真の海岸線の手前を五能線が走っているのです。
Phimg_0236

下り普通列車を見送ったあと、さらに南下して景勝地「千畳敷」で
Phimg_0240
上り普通列車を撮影。
リゾートしらかみを狙ったけど・・・時間を勘違いしたみたい┐(´д`)┌ヤレヤレ
Phimg_0243
青森県側最後の 「道の駅ふかうら
Php4280178
この日は、天気はいいけど風が強かったです。
Php5020249

こんな風景を楽しみながら、五能線と寄り添いながら国道101号を南下。
Php4280180
秋田県境を通過し、数キロ走った所でsign03
「リゾートしらかみ 青池編成」とすれ違ったのです。
2017042803
突然のことでカメラで撮影する余裕が無く、ドライブカメラの動画からアップしました。
(つづく)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

青森・秋田 花火・桜・鉄の旅(4) 芦野公園・浅虫温泉

4月27日 弘前公園で桜を堪能した後、国道339号北上していたら、今回の旅行で初めての道の駅に遭遇です。
鶴田町にある『道の駅つるた 鶴の里あるじゃ (詳しくはこちら)』
Php4270123
鶴田町って、ツルツルの頭に、紐のついた吸盤をつけて引き合うイベントが開催される町でした。
Php5020246
スタンプにもある、鶴の舞橋に立ち寄ってみました。
廻堰大溜池(津軽富士見湖)から見る岩木山(津軽富士)。
Phimg_0205
そして、平成6年に日本一長い木造の橋として作られた『鶴の舞橋』
朝晩に撮影するのがいいみたいです。
Phimg_0201

さらに北上し、五所川原市内で昼食時間に。
農産物直売所内に併設されている『じょっぱり食堂』で食べました。
ミックスフライ定食880円(5種類のフライから2種類を選べました。エビフライ・カキフライをチョイス)
Php4270125

国道339号をさらに北上し、金木町へ向かいます。
芦野公園の桜も見頃とのことだったのと
Phimg_0213
traincherryblossomのコラボ写真を撮りたかったので。
Phimg_0214
↓オイオイ、そこで写真を撮っちゃダメでしょう!
Phimg_0216
到着後、時刻表を見たら電車は行ったばかりweep
寄り道しすぎてました、時刻表を確認してから出かけましょうcoldsweats01
Phimg_0210
次の列車まで2時間弱、列車が無くても、いいネ!なんちゃって。
Phimg_0211
後ろ髪をひかれながら駅を後にしました。
金木町と言ったら、太宰治記念館『斜陽館』、の前を通過。
Php4270128

この日の宿泊、弘前近辺では予約が取れなかったので、少し離れた竜飛崎を予定して一旦予約を入れたのです。
でも直前になって、国道339号の冬季閉鎖から再開通になるのが訪ねる数日前!
ノーマルタイヤに交換済だし、5月になっても雪が降る年もある場所なことにびびってしまい、ちょっと遠いけど青森市の市街地に近い浅虫温泉に変更しました。

国道101号・7号・4号と走って、16時前に浅虫温泉到着。
今回予約したのは、「ホテル秋田屋」。
▼正面に見える6階建ての建物で、手前に国道4号、奥に旧東北本線(現あおい森鉄道)に挟まれていました。
Phimg_0221
▼右奥に見えるのが、浅虫水族館
Php4270145
部屋から見える、あおい森鉄道の車両を撮ったのですが、設定を間違えたようです。
Phimg_0219
再上階のお風呂からの眺めは最高。
Php4270131
露天風呂?もあります。
Php4270141
夕焼けも綺麗に見えそうですが、夕食前に疲れてひと眠りしちゃいました。
Php4270133
夕飯は、今どき珍しい部屋出しです。
Php4270148
beer1杯飲みながら食べていたら、食べきれずチョッピリ残してしまいました。
Php4270150

朝食は、大広間で頂くのですが、床の間から見える外の景色にビックリ。
Php4280152
ホタテの貝焼き卵とじがgood
Php4280151
翌朝、浅虫温泉の海岸を散歩。
Phimg_0229
陸奥湾越しに見る青森港と岩木山。
岩木山の存在感、すごいですね。
Phimg_0230
そうそう1泊一人9180円、コスパ的には大満足でした。

秋田へ向いましょう。
(つづく)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

青森・秋田 花火・桜・鉄の旅(3) 弘前公園の3

4月27日 弘前城にある弘前公園のつづきです。

車を駐車した弘前市役所側の反対側にある北門から外へ出ます。
Phimg_0156
上の写真の一番奥から撮影したのが下の写真です。
遠くに岩木山が見えています。
Phimg_0165
外堀かと思ったのですが、弘前城跡を囲む中濠に沿って駐車場まで戻ります。
Phimg_0166
お堀と桜、見事な景色が続きます。
Phimg_0183
一部では花筏が出来ていました。
Phimg_0192
市役所の屋上に人が!
屋上を開放しているそうなので、向かってみます。
Phimg_0195
上の写真を撮影した方向をパチリ。
Phimg_0197
岩木山と桜並木を出来るだけ撮影したかったので・・・・斜めになってしまいました。
首を左に傾けて見てください。
Phimg_0199
午前10時半過ぎ、弘前公園を後にしました。
圧倒的な桜のボリューム、何度来ても見事でした。
さて、次の目的地へ向かいます。
(つづく)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

青森・秋田 花火・桜・鉄の旅(2) 弘前公園の2

4月27日 弘前城にある弘前公園のつづきです。

岩木山を眺められる場所に顔出しが。
オラは出さないよcoldsweats01
Phimg_0100
工事前には、撮影ポイントだった場所。右奥に本丸があって、絵になった場所なんです。
テレビ中継車が準備中のようでした。
Phimg_0112
朱塗りの鷹丘橋が綺麗に水面に映っていました。
Phimg_0114

ここで有料エリアの本丸エリアを一旦出ます。入場券を見せれば一日何度でも出入りできます。
パンフレットなどで紹介される西濠の桜トンネルへ。
Phimg_0120
ソメイヨシノ満開です。
Phimg_0116
ここの「ぼんぼり」でflairsign03
調べたら、個人で広告を出せるようでgoodアイデアですね。
Phimg_0123
見事な桜並木です。
残念ながら風が強く、水鏡は現れませんでした。
Phimg_0124
西濠にかかる朱塗りの春陽橋
Phimg_0133
heart01記念撮影のカップル2組に出会いました。
Phimg_0137

Phimg_0143
人気スポットですね
Phimg_0144
西濠を一周しちゃいました。

園内には、日本一大きなソメイヨシノの木もあります。
Phimg_0149
出店で、毎回購入する黒コンニャクを食べて
Phimg_0154
オートバイサーカス。
以前は福島のお祭りにも来ていたんですが、このごろは見かけませんね。
Phimg_0155
まだまだ桜の見所があります。
(つづく)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

青森・秋田 花火・桜・鉄の旅(1) 弘前公園の1

4月27日 弘前城にある弘前公園。
車を停めた弘前市役所から一番近い、追手門から中に入ります。
Phimg_0068
撮影時間は朝7時40分 写真には写っていませんが通学のため高校生bicycleが集団で通過していきました。
城内を通過すると近道になるんでしょうね!
Phimg_0069
弘前城跡には、朱塗りの橋が数か所あり、撮影ポイントになっています。
杉の大橋と桜。
Phimg_0070
未申槍と桜と岩木山
Phimg_0075
本丸へ続く下乗橋と桜
Phimg_0079
テレビなどで報道されて皆さんご存知かと思われますが、弘前城石垣修理工事の関係で天守が曳屋されました。
本来、朱塗りの下乗橋の先に天守があったのでが、現在はその奥に少しだけ見えています。
Phimg_0084
内濠も埋め立てられていました。
Phimg_0086
ここから先、本丸エリアは有料(310円)エリアとなります。
枝垂れ桜の正面に、曳屋された天守が、この時期しか見ることが出来ないです
Phimg_0089
天守が載っていた台座も見ることが出来ます。
Phimg_0091
そして、仮設で作られた展望デッキから、天守・岩木山・桜を眺めることができます。
この風景も今だけ。
仮置き場で、天守に登ることも出来ます。
Phimg_0096
江戸時代からの現存天守12ヶ所のうち、東日本唯一の弘前城。
国重要文化財に指定されています。
城を曳屋して石垣を修理するなって珍しい工事を見ることが出来て良かったです。
(つづく)

2017年 大曲の花火~春の章~4月28日分 の写真を別館にアップしました。
   よろしかったら 『信夫の郷にて(花火別館)』 へお立ち寄りください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ