« ヤマユリ | トップページ | こう福や »

2016年7月20日 (水)

相場英雄 共震

Phcimg9684
相場英雄著 小学館文庫 税別690円 2016年3月13日発行
(2013年7月に単行本として刊行されものの文庫化です)

大和新聞東京本社の遊軍記者である宮沢賢一郎は、東日本大震災後、志願して仙台総局に異動する。
沿岸被災地の現状を全国の読者に届けるため、「ここで生きる」というコラムを立ち上げた。
そんななか、宮沢とも面識のある県職員が、東松島の仮設住宅で殺害された。被害者の早坂順也は、県職員という枠を越えて、復興のために力を尽くしてきた人物だった。早坂は亡くなる直前まで、被災地の避難所の名簿を調べていたという。
舞台は、石巻、釜石、陸前高田・・。著者渾身の鎮魂と慟哭のミステリーだそうです。


私の好きな作家相場英雄さんの本です。
東日本大震災から5年、もしよかったら手にとってみて下さい。

|

« ヤマユリ | トップページ | こう福や »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

hibochanさんへ
ここ数日、太平洋沿岸で多いですよね。
震災復興、色々な問題を抱えているようです。

投稿: しゅうちゃん | 2016年7月21日 (木) 20時34分

現記写心さんへ
その辺はミステリーだから、あまり難しく考えない方がいいかもcoldsweats01
相場さんの本、好きなんです。

投稿: しゅうちゃん | 2016年7月21日 (木) 20時29分

潤三郎さんへ
その疑問を答えると、ネタバレみたになるので・・・。
機会があったらこの本を手にとってみてください。

投稿: しゅうちゃん | 2016年7月21日 (木) 20時21分

本には 関係ありませんが
関東地方連日地震不気味です

投稿: hibochan | 2016年7月21日 (木) 07時47分

こんばんわー
よくわからんタイトルと・・・
遺留品・・・残った品物のはずが、
足音が、のこったままというのは・・・
おもしろさを通り越しているというかw
ここの部分だけなら・・
共震どころか・・共感できん。
無理矢理まとめてみましたw

投稿: 現記写心 | 2016年7月20日 (水) 23時29分

足音が遺留品て言われてもなぁ?
どうやって証拠提出するだ?
そこらへんは興味ありだけんど?think

投稿: 潤三郎 | 2016年7月20日 (水) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/63915747

この記事へのトラックバック一覧です: 相場英雄 共震:

« ヤマユリ | トップページ | こう福や »