« 三陸の旅 4日目 帰宅 | トップページ | ポテトチップ いかにんじん味 »

2016年5月 9日 (月)

葉室 麟 『蜩ノ記』

Pb240590 Pb240591
葉室 麟著 祥伝社文庫 2013年11月8日発刊 686円(税別)

豊後羽根藩の檀野庄三郎は不始末を犯し、家老により、切腹と引き替えに向山村に幽閉中の元郡奉行戸田秋谷の元へ遣わされる。
秋谷は七年前、前藩主の側室との密通の廉で家譜編纂と十年後の切腹を命じられていた。
編纂補助と監視、密通事件の真相探求が課された庄三郎。だが、秋谷の清廉さに触れるうち、無実を信じるように なり・・・・。


第146回直木賞受賞作が文庫された時に購入したのですが、なかなか読み進まず読破するのに2年以上かかってしまいました。coldsweats01 

|

« 三陸の旅 4日目 帰宅 | トップページ | ポテトチップ いかにんじん味 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

潤三郎さんへ
映画化される前だったので購入しました。
でも、映画が上映されても読破できず、やっと今頃になってしまいました。
私にも、難しかったです。coldsweats01

投稿: しゅうちゃん | 2016年5月10日 (火) 15時39分

あぁ~、こーゆーの
難しそうで、ダメずら(ノ∀`) アチャー

投稿: 潤三郎 | 2016年5月 9日 (月) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/58807177

この記事へのトラックバック一覧です: 葉室 麟 『蜩ノ記』:

« 三陸の旅 4日目 帰宅 | トップページ | ポテトチップ いかにんじん味 »