« 松島・牡鹿半島への旅(3) 女川 | トップページ | 節分 »

2016年2月 2日 (火)

松島・牡鹿半島への旅(完) 松島・塩釜・利府

奥松島に宿泊した翌日は、松島でノンビリする予定でしたが、午後から大雪の天気予報に。
急いで帰った方が良いとのことで予定変更、帰路につきました。
前にも紹介した、旧野蒜駅。ファミマ看板の下部まで津波が到達しています。
Php1290562
「のびる」文字の左奥にtrainが見えている所が新しい野蒜駅です。
Php1290561

国道45号を松島から塩釜へ向かう途中の岬にある双観山。
整備されている頂上の展望台からは、塩釜湾と松島湾の両方が望めるため「双観山」という名前がついたそうです。
これらの島々が津波被害を小さくしてくれのですね。
Phimg_0813

さらに国道45号を仙台方面は向かって「塩釜水産物仲卸市場」へ立寄ってお土産を購入。
この市場、昼ごろまでの営業のため、なかなか立寄ることが出来ませんでした。
仲卸市場ですが一般のお客さんも購入できます。
Php1290564 Php1290565
沿道には「かき小屋」があちこちにあります。今回は前日の夕食で牡蠣を沢山食べたのでスルー。
Php1290566

数キロ先の利府町にある、JR東日本の施設へ立寄ってみました。
新幹線総合車両センター、ここでは東北新幹線をはじめ、北陸新幹線などの車両の検査・修繕を担当しています。
入場門で必要事項を記入すれば、だれでも見学できます。
(ただし、見学できる場所はごく限られています)
バスの塗装色、なんとなくE5系に似ています。
Phimg_0843 Phimg_0835
建物内にはPRセンターがあり
Phimg_0834 Phimg_0831
子供達に人気のプラレールや鉄道模型が設置してあります。
Phimg_0833 Phimg_0846
外には、東北新幹線で活躍した200系新幹線が展示されています。
Phimg_0817
また、200系新幹線の隣には高速試験車のSTAR21の姿も。この試験車があったから今のE5系やE6系があるのでしょうね。
Phimg_0819
このSTAR21、1993年上越新幹線の試験走行中に最高速度425㎞/hを記録しています。
Phimg_0821
新幹線車両の奥には、交流電気機関車(EF71、ED77など)と蒸気機関車(D51など)が鎮座してますが、かなり状態は悪く立入禁止です。
もったいないです。
Phimg_0823
200系新幹線内には入れ、運転席にも座ることができます。
大人でもワクワク、親子鉄の方にはお薦めの場所だと思います。
Phimg_0826
200系新幹線&STAR21と記念撮影
Phimg_0838

帰路途中、義兄宅へお土産fishを置いて帰るころにはsnowになっていました。
Php1290568

牡鹿半島の先端まで往復350㎞のドライブでした。
Phmap20160130

|

« 松島・牡鹿半島への旅(3) 女川 | トップページ | 節分 »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

waniさんへ
2月末までなんですよね、冬タイヤ入替ませんか?happy01
運転席の記念写真もあります。coldsweats01

投稿: しゅうちゃん | 2016年2月 3日 (水) 20時59分

ggさんへ
この時期だと牡蠣が一番ですよね。
雪が降らないといいですね。

投稿: しゅうちゃん | 2016年2月 3日 (水) 20時56分

hibochanさんへ
かんぽの施設は津波被害を受けたみたいです。
建物は残っていますが、どうなるんでしょうね?

投稿: しゅうちゃん | 2016年2月 3日 (水) 20時50分

キハ58さんへ
チョッピリだけどPR施設があります。
200系、運転席に座ると運転士さんになった気分になれました。

投稿: しゅうちゃん | 2016年2月 3日 (水) 20時47分

半額は魅力beerでも車じゃねgawk

せっかく顔入れたのにbullettrain
もったいないcamera(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

投稿: wani | 2016年2月 3日 (水) 18時10分

私も塩釜周辺に出掛けるので参考になりました
できる限り沿岸部を見てきたいと思います

日帰りなので雪が降らないことを❗なんて思ってます

投稿: gg | 2016年2月 3日 (水) 12時10分

野蒜大昔子供たちと郵政省の簡易保養センターに泊まった記憶が
松島がきれいでした
最近遠出は しなくなりました

投稿: hibochan | 2016年2月 3日 (水) 07時46分

見学施設があるんですね!
楽しそうです^^/
200系との写真がいいですね。

投稿: キハ58 | 2016年2月 2日 (火) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/63153010

この記事へのトラックバック一覧です: 松島・牡鹿半島への旅(完) 松島・塩釜・利府:

« 松島・牡鹿半島への旅(3) 女川 | トップページ | 節分 »