« 赤福 | トップページ | 雪 »

2016年1月17日 (日)

西村京太郎 房総の列車が停まった日

Phcimg1508
西村京太郎著 房総の列車が停まった日 角川書店 840円(税別)

東京の郊外、高尾山にほど近い過疎の村にある別荘で、突然爆発が起こり、一人の男が吹き飛ばされて死亡した。
身元不明の被害者は、奇妙なことに手錠をはめられていた。別荘の広間には、白線で9×9のマス目が描かれており、その床下に爆弾が仕掛けられていたのだ。
広間のマス目と散乱したコマから将棋盤を連想した十津川警部は、プロ棋士の中村を現場に呼んだ。どうやら人間将棋を模した詰め将棋のようだ。
現場に残された駒も箱には、「第1の復讐に使用すること」と書かれていた。十津川は、この駒を作った京都の宮島三郎に会いに行き、戦争中に作られた駒の話を聞く。その二日後、捜査本部に第二の殺人を予告する脅迫状が届く。
一方、大原の海岸で、喉の奥に銀将の駒を詰まらせた男性の死体が発見されてた。
十津川警部が将棋の駒に隠された犯人の謎に挑む!

西村さんの2015年著書は全て戦争や戦後のことが入っています。新年度はどうなのかな?

それと、房総半島へは一度も行ったことがありません。行ってみたいなsign03

|

« 赤福 | トップページ | 雪 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

hibochanさんへ
行ってみたいですね。
やはり房総は暖かいんですね。

投稿: しゅうちゃん | 2016年1月18日 (月) 12時21分

潤三郎さんへ
お帰りなさいhappy01
旅の報告待ってま~す。
東京では数センチの雪でtrainが停まったみたいですね。

投稿: しゅうちゃん | 2016年1月18日 (月) 12時17分

今の時期内房は そろそろスイセン
二月に入れば館山から太平洋岸は 一面のお花畑いいですよ

投稿: hibochan | 2016年1月18日 (月) 07時39分

さすがにしゅうちゃんさんところは
おらが、ちっと出かけてる間に
色々あるだねぇ。
房総の列車が止まった日?
ほうさねぇ、明日はこっちも
雪になりそうだかんね。
列車も止まらなきゃいんだけど。catface

投稿: 潤三郎 | 2016年1月17日 (日) 17時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/63047111

この記事へのトラックバック一覧です: 西村京太郎 房総の列車が停まった日:

« 赤福 | トップページ | 雪 »