« 松島・牡鹿半島への旅(1) 大高森観光ホテル | トップページ | 松島・牡鹿半島への旅(3) 女川 »

2016年1月31日 (日)

松島・牡鹿半島への旅(2) 石巻

自宅を8時過ぎに出発、国道4号を北上、途中仙台空港ICから高速で石巻へ。
私は昨年訪ねましたが、相方は震災後初の石巻、旧北上川河口に位置する丘陵地「日和山公園」へ。
Php1280546

旧北上川の中州、昨年は時間の都合で寄ることが出来なかった建物、石ノ森萬画館です。
Phimg_0737 Phimg_0743
宮城県出身の漫画家石ノ森章太郎さんの世界を体験できるマンガ ミュージアム。
東日本大震災で大きな被害を受けましたが再開しています。仮面ライダーやサイボーグ009のキャラクターなどが展示されています。
エントランスからワクワクしてきます。
Phimg_0745 Phimg_0757
1階の交流エリアは撮影可だったのでパチリ
Php1280551 Php1280552
エレベータも工夫されていました
Php1280547
近藤喜文さんの企画展示が開催中、▼ここでの記念撮影だけは撮影可だったのでcamera
JAF割で入場料800円⇒640円でした。
Phimg_0751 Phimg_0851
石ノ森萬画館、詳しくは-----> こちら

国道398号から宮城県道2号に入り、宮城県慶長使節船ミュージアム(通称サンファン館)へ。
支倉常長ら慶長使節を乗せて太平洋を往復した木造帆船「サン·ファン·バウティスタ」の復元船が展示されています。
Phimg_0760

以前に牡鹿半島を走ったのは20数年前、震災の爪後があちこちに残る県道2号線を鮎川港方面へ向かいます。
Php1280556 Php1280557
鮎川から宮城県道220号(牡鹿コバルトライン)で牡鹿半島の先端に。
対岸に見えるのは島全体が黄金山神社の神域となっている金華山です。
Phimg_0762 Phimg_0763
県道220号で女川町へ向かいます。
(つづく)

|

« 松島・牡鹿半島への旅(1) 大高森観光ホテル | トップページ | 松島・牡鹿半島への旅(3) 女川 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

hibochanさんへ
震災前にも寄りたかったのですが、チャンスがありませんでした。
サンファン号、近くで見ると結構大きいですが現代の船に比べたら小さいですよね。

投稿: しゅうちゃん | 2016年2月 1日 (月) 17時40分

石ノ森記念館は 聞いたことあります
こんな小さな船で渡航したとは 信じられません

投稿: hibochan | 2016年2月 1日 (月) 07時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/63145839

この記事へのトラックバック一覧です: 松島・牡鹿半島への旅(2) 石巻:

« 松島・牡鹿半島への旅(1) 大高森観光ホテル | トップページ | 松島・牡鹿半島への旅(3) 女川 »