« 大曲の花火~秋の章~ (2) | トップページ | 笑ってください »

2015年10月16日 (金)

抱返り渓谷と花火のあと

花火前に戻ります。
花火開始まで少し時間があったので、角館が有名な仙北市にある、抱返り渓谷(だきがえりけいこく)へ行ってみました。
この横は何度も走っており名前は知っていましたが、なぜか初訪問です。
Phimg_9092
▼水の色、青色が強かったです。
Phimg_9073

Phimg_9088
▼駐車場から遊歩道を1.1㎞歩くと現れるのが渓谷一の名勝『回顧の滝(みかえりのたき)』
Phimg_9081
往復50分程かかりました。いい運動になりました。
Phimg_9085

午後5時、大仙市大曲のいつもの駐車場へ車を停め、花火打上げ会場へ。
午後6時、花火打上げ開始。(詳細は報告済み)
Phimg_9129
午後7時15分 打留

冷えた体を温めるためspa
大曲中心から5㎞の場所にある、史跡の里交流プラザ柵の湯
Phcimg1272
夜間だし、宿泊客も多くfootは撮れませんでした。
かっぱ寿司で少し遅い夕食をとり、夏の大曲にも車中泊した「道の駅雁の里せんなん」へ
午後11時sleepy
Phcimg1270

11日(日)午前7時 起床
ここからは、グルメレポートが続きますcoldsweats01
▼午前8時 横手市のココスで朝食バイキング
Phcimg1275
食後国道13号を南下、道の駅十文字で買い物さらに南下し山形県へ。
▼今年何回目だろう 大石田町「千本だんご」
Phcimg1278
駐車場には他県ナンバーもズラリ。
Phcimg1280
豆腐屋がつくる大石田団子
Phpa110280
やはり「ずんだ団子」が一番
Phpa110283
餡子が重いsign03
Phpa110284
▼さらに南下、道の駅天童ではお決まりのずんだジェラート・・・・ずんだだらけhappy01
Phcimg1285
▼さらに国道13号を南下、山形市表蔵王の山形観光物産センターで玉こんにゃくを食べました。
Phcimg1287
▼帰宅が夕食時になりそうだったので、南陽市のスーパーでお弁当を購入。
すでに新米が使われていることにsign03
Phpa110292
最後、rainの栗子峠を抜けたら福島盆地はcloud空でした。
Phcimg1288
秋田への旅、報告終了です。

|

« 大曲の花火~秋の章~ (2) | トップページ | 笑ってください »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

waniさんへ
欲張りなので、花火だけでは勿体ないので
あちこち歩いています。

投稿: しゅうちゃん | 2015年10月17日 (土) 20時04分

花火の前にも
けっこうあちこち歩いてますねshoe

これだけ運動すれば
ずんだたっぷり食っても大丈夫ですね(*^-^)

投稿: wani | 2015年10月17日 (土) 10時42分

hibochanさんへ
回顧の滝、そうですか?。
2日目の写真を整理したら、グルメレポートになってしまいました。coldsweats01

投稿: しゅうちゃん | 2015年10月17日 (土) 08時48分

キハ58さんへ
そうなんです、川が深いんですかね?色がいいですよね。
紅葉時は最高でしょうね。

投稿: しゅうちゃん | 2015年10月17日 (土) 08時47分

SILVIAおじさんへ
そうなんです、ここのずんだ団子は絶品です。
スーパーのお弁当に、新米が出ていることに驚きました。スーパー弁当もクオリティ高いですよね。

投稿: しゅうちゃん | 2015年10月17日 (土) 08時46分

渓谷の美しそれと滝素晴らしい
回顧の滝どこかにもあったような
締めは グルメご苦労様でした

投稿: hibochan | 2015年10月17日 (土) 08時23分

エメラルドグリーンの淵・・・いやー素晴らしいですね!
紅葉を想像すると、たまりません^^/

投稿: キハ58 | 2015年10月16日 (金) 23時07分

グルメレポートありがとうございます。
やっぱり「ずんだ団子」が美味しそうです。
でも「俺ののり弁」が私は食べてみたいです。
富山のマックスバリューで探してみます。coldsweats01

投稿: SILVIAおじさん | 2015年10月16日 (金) 19時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/62463737

この記事へのトラックバック一覧です: 抱返り渓谷と花火のあと:

« 大曲の花火~秋の章~ (2) | トップページ | 笑ってください »