« 木谷恭介 大井川SL鉄道殺人事件 | トップページ | 龍門の滝とニラ蕎麦 »

2015年10月 4日 (日)

初秋の茨城へ(速報版)

8月は毎週のように花火見学へ出かけていましたが、9月は全く遠出無しでしたが、10月は少し忙しくなりそうですcoldsweats01
10月3日、4日と1泊(車中泊)2日で茨城県へ行ってきました。

▼栃木県那須烏山の龍門の滝でマイナスイオンを浴び
Phimg_8715

▼夜は、茨城県土浦市で開催された「土浦全国花火競技大会」を観覧
Phimg_8832
花火観覧後は、土浦市内のこちらでお風呂に入り、常磐自動車道友部SAで車中泊。
今日は朝一で

▼茨城県ひたちなか市の国営ひたち海浜公園を散歩
Phimg_8977

▼茨城県ひたちなか市の那珂湊おさかな市場でfishやお土産をお買い物。
Phcimg1231
2日間で530㎞のドライブでした。
詳しくは、なるべく早く報告したいと思います。

|

« 木谷恭介 大井川SL鉄道殺人事件 | トップページ | 龍門の滝とニラ蕎麦 »

旅行・地域」カテゴリの記事

花火」カテゴリの記事

コメント

waniさんへ
コキアもう少し赤くなって欲しかったのですが、花火大会がメインだったので仕方ないですね。

投稿: しゅうちゃん | 2015年10月 5日 (月) 18時34分

ggさんへ
開園15分程前に到着しましたが、車が並んでいました。
この日入園料無料の日だったので心配しましたが、5月のネモフィア渋滞程ではありませんでした。
ホシイモは我慢して?買いませんでした。coldsweats01

投稿: しゅうちゃん | 2015年10月 5日 (月) 18時33分

ゆめちゃんさんへ
コキアが赤くなるのには、もう少し先になりそうです。
この日はキバナコスモスが大分咲いていました。
花火がメインで、この日は入場料が無料の日だったので寄ってみましたcoldsweats01
2時間弱で8000歩程の散歩でした。

投稿: しゅうちゃん | 2015年10月 5日 (月) 18時29分

hibochanさんへ
花火を見るには、やはり桟敷席が一番ですよね。
来年楽しみにしています。
コキア、もう少し赤くなって欲しかったのですが、真っ赤になるにはあと1週間程かかりますかね?

投稿: しゅうちゃん | 2015年10月 5日 (月) 18時26分

潤三郎さんへ
花火は年中上がっていますよ。
ひたちなか海浜公園、素敵な公園ですので是非訪ねてみてください。
北関東自動車道一本で来れるのでは?

投稿: しゅうちゃん | 2015年10月 5日 (月) 18時23分

キハ58さんへ
さすがキハ58さんです。
気動車では無く電車が付きますcoldsweats01

投稿: しゅうちゃん | 2015年10月 5日 (月) 18時21分

箒草の色も
秋の色になってきましたねwink

投稿: wani | 2015年10月 5日 (月) 17時57分

一昨日開園前に海浜公園前を通ったらすでに待ちの車でいっぱいでしたね

那珂湊ではほとんどホシイモ目当てですね

投稿: gg | 2015年10月 5日 (月) 15時19分

ひたちなか海浜公園は広くて歩きがいが
ありますよね
今はどんなお花が咲いているのでしょう
那珂湊の市場では取れたてのお魚を
堪能されたのでしょうか
車中泊の旅もこの季節ならではですよね
我が家も車中泊旅行のために車を買い替えたのに
まだ一度も実現していませんgawk
来年はぜひ頑張りたいと思いますhappy01

投稿: ゆめちゃん | 2015年10月 5日 (月) 10時39分

遠路ご苦労様です
迫力ある土浦花火づくしです
来年は 是非花火談議でも
今年は 特別席ゲットスターマイン打ち上げ左方向でした
このお湯施設何度も利用してます
我が家のコキア色づき始めました

投稿: hibochan | 2015年10月 5日 (月) 07時53分

この季節もまだバリバリ花火やってんだぁ?
ひたちなかの海浜公園、
花の綺麗な時に一度行って見たいずら。
いいrvcar旅、してるだね。

投稿: 潤三郎 | 2015年10月 4日 (日) 23時00分

素敵ですね!
龍門の滝、ひょっとしてこの後列車つきですか^^/?

投稿: キハ58 | 2015年10月 4日 (日) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/62410873

この記事へのトラックバック一覧です: 初秋の茨城へ(速報版):

« 木谷恭介 大井川SL鉄道殺人事件 | トップページ | 龍門の滝とニラ蕎麦 »