« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月31日 (土)

覚えていますか?

皆さん覚えていますか?スイカ騒動。

去年12月の東京駅開業100周年記念Suica騒動を
Phpa200321
某オークションで高額で落札されたことなどで、申込者全員(500万人とか?)が購入できることになったことを。
Phpa200326
先日やっと振込案内が来たので入金したところ、届きました。
Phpa200328 Phpa200329
このSuicaが使われることは無いだろうな。coldsweats01
(@2000×500万枚=100億円か凄いな)

去年購入し紹介したシクラメン君、覚えていますか?
越年して、とりあえず花一輪つけてくれました。
花芽も沢山、楽しみです。
Phcimg1318
でも、去年に比べて花が小さいな。(去年の写真はこちら

tv
話は変わりますが TVer ご存知ですか?
在京民放5社の放送で見逃した番組をネットで見れるサービスです。
現在のところ、見れる番組も限られていますが、全ての番組が見れるようになったら、生活スタイルも変わるでしょうね。
そんなTVerに10月27日BSジャパンで放送された「空から日本を見てみよう+」がアップされています。地元福島市が紹介されていますので、よかったら見てみて下さい。
http://tver.jp/episode/09034079/

  (注意) 視聴できるのは11月3日まで。最初のCMだけはご覧下さい。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2015年10月30日 (金)

秋の公園 観音沼森林公園

いわせ悠久まつり花火大会とセットで毎年訪ねる「観音沼森林公園」
会津下郷町から白河へ抜ける国道289号甲子トンネル付近にあります。
今年の訪問日は10月24日。
Phimg_9600
毎年のように訪ねていますが、今年の紅葉はすでに終盤
Phimg_9599
mapleが残っている木々は僅か。
Phimg_9604
見頃は1週間前だったかも?
Phimg_9605
でも、風が無かったので水面は鏡のようでした。
Phimg_9606
毎年紅葉が早くなっていくような感じです。
2012年10月28日、観音沼公園の報告は----->こちら

公園をあとに国道289号甲子トンネル手前にある「道の駅 しもごう」で休憩したら
Phimg_9614
丁度「11000」(たいした事では無いですがhappy01でした。ALL1撮りそこねましたcoldsweats01
Phimg_9616
甲子トンネルを抜けた所の撮影ポイント。
でも、やはり紅葉は終わっていました。
みちのくの秋は、終りにちかいです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年10月29日 (木)

秋のグルメ 新そば(猿楽そば)

spaで温まった体をクールダウンさせるため、窓を開けながら走りました。
向かった先は南会津郡下郷町(大内宿があり有名な町)の南西部にある猿楽台地(さるがくだいち)。
40haにも及ぶ蕎麦畑が広がる台地で、蕎麦の花が咲く頃は白い花が一面に広がり多くの写真愛好家が訪れる場所です。
「猿楽そば」そんな猿楽台地にある蕎麦屋さんです。会津鉄道養鱒公園駅から徒歩数分の場所にあります。
今回訪ねたら新しい建物になっていました。
Phpa240354
サービスのリンゴを食べながら待ちます。(セルフで皮を剥きます)
Phpa240355
掘りごたつ風になっており、足が楽です。
Phcimg1354
メニューは以前と同じです。
Phcimg1355
ざるそばを頼むと、漬物2種と果物(この日はリンゴ2切れ)
Phcimg1356
天ぷら3種(今回は、春菊、ピーマン、カボチャ)がサービスで付きます。
Phcimg1358
(↑写真は4人前です)

16日から新そばになっていました。
ちなみに、大盛りは2人前です。中盛りが1.5人前です。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2015年10月28日 (水)

秋の温泉 二岐温泉

今年も秋の二岐温泉(ふたまたおんせん)へ。毎年、いわせ悠久まつりとセットになってしまいました。happy01
須賀川市内から国道118号で鳳坂峠を越え、さらに国道から山間に入った所にあります。
峠から羽鳥湖を眺めることが出来ます。
Phimg_9596
駐車場に車を停め、入口まで歩いているとmaple
Phpa240333

Phpa240334
30年前に訪ねた時は、木造の建物だったのですが、現在は全て新しい建物になっています。
Phpa240340
▼男性用渓流露天風呂
Phpa240341
▼女性用露天風呂
Phpa240343
▼秘境とは思えない新しい建物
Phpa240344
▼自噴泉甌穴風呂の建物
Phpa240346
▼湯船の底から温泉が自噴していますが、とても熱いです。しかも、立寄り入浴時間帯は混浴です。
Phpa240348
▼内風呂は・・・coldsweats01
Phpa240352
mapleが綺麗でした。
Phpa240353
残念ながら、お客さんが多くfootは無しで~す。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年10月27日 (火)

秋の花火 いわせ悠久まつり花火大会

福島県須賀川市岩瀬地区(旧岩瀬郡岩瀬村)のお祭り、10月24日開催されました。
合併前の人口で6千人程度の地区、そんな村祭りで打上げられる花火が凄いsign03
昨年に続いての観覧です。
▼右上に写っているのは、moon2さんです。
Phimg_9622
打上げ前に協賛社(者)の名前が読み上げられるので、打上げが始まればノンストップで1時間程上げられます。
ナイアガラもあり
Phimg_9637
しかも、日中のイベント(盆踊りなど)用も含め大きめなスピーカーから案内、音楽が流れるので観覧にはgood
Phimg_9646
最大7号玉も上がります
Phimg_9653
ただ、上空は風が吹いているようですが、地上に近い部分は無風に近い。
Phimg_9677
トラが上がると
Phimg_9688
下部が見えなくなり
Phimg_9691
エンディング花火「春夏秋冬」は、半端ない物量。(ここのエンディングはいつも春夏秋冬なのかな?)
下部は煙で全く見えない状態、廻りからも、もったいないの声。
Phimg_9699
これだけの花火が上がるのは、地元の花火会社(有)糸井火工さんの協賛が大。
最後は、撮影失敗coldsweats01
Phimg_9702
明るすぎたよ~。
この時期、これだけの花火が上がる大会も少ないためか、駐車場には品川や横浜ナンバーが、遠路見にこられた方も多かったようです。
また、動画投稿サイトにも多くの花火愛好家の動画が投稿されています。なんか嬉しいですね。
動画投稿サイトの映像を貼っておきます。


これからも花火大会はあるのですが、寒さが苦手なしゅうちゃんは、この花火大会で今年の花火観覧、最後の予定です。
今年も、花火写真にお付き合いいただきありがとうございました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2015年10月26日 (月)

ようこそ みちのくへ(完) 鶴ヶ城・満田屋

長い間お付き合いいただき、ありがとうございます。
今回の友人達との旅行記も最後になりました。
この時に走った磐梯吾妻スカイラインの浄土平、今朝の新聞では雪が降ったとのこと、一気に晩秋へ季節が進んでいるようです。

19日日、会津では外せない鶴ヶ城へ。
私も、春桜の季節以外で訪ねるのは久しぶりですが、紅葉時の鶴ヶ城も良かったです。
このお城、昭和40年に鉄筋コンクリート造りで再建されたものです。
Phimg_9537
中は博物館になっています。
Phimg_9540
5層目の展望台からの眺めです。
Phimg_9546
会津若松市内を見渡せます。
Phimg_9550
▼コンデジのパノラマモードで
Phpa190319_2

Phimg_9555
みんなで記念撮影
Phimg_9562
茶室「麟閣」より天守を
Phimg_9568

今回の旅行最後の食事は、満田屋さんで「みそ田楽」を
Phdsc07567_2
(外観は撮影忘れたので友人が撮影したものです)

Phimg_9578
こんにゃく以外は囲炉裏で焼いて出されます。
Phimg_9579
▼ 左(こんにゃく)  右(とうふ生揚)
Phimg_9580 Phimg_9581
▼ 左(身欠にしん)  右(里いも)
Phimg_9582 Phimg_9583
▼ 左(もち)   右(しんごろう)
Phimg_9585 Phimg_9586

最後は、猪苗代湖を見ていただきました。
Phimg_9587

欲張ったので、忙しい旅となってしまいました。coldsweats01
郡山駅で、2年後の再会を約束してお別れしました。また会いましょう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年10月25日 (日)

ようこそ みちのくへ(6) 裏磐梯

今日は、木枯らしのような風が吹き、寒い一日でした。
昨日、紅葉狩り兼花火観覧?に行ってきましたが、今年の紅葉は例年より1週間程進んでいるようです。昨日の様子はなるべく早めに報告します。

さてこのシリーズ?もあと2回。
この日(19日)は紅葉を楽しんでもらうために、磐梯吾妻レークラインへ。
国道115号と裏磐梯を結ぶ元有料道路、秋元湖・小野川湖・桧原湖を眺めることができます。
レークラインの途中にある中津川渓谷は紅葉で有名な場所。
Phimg_9488
駐車場から中津川橋まで降りていきます。
maplemaplemaple
Phimg_9475
反対側もmaplemaplemaple
Phimg_9479
▼さらに秋元湖を見下ろせる場所へ移動 霧がかかっている点が残念でした
Phimg_9493
▼三湖パラダイスから 手前に見えるのが小野川湖、奥に桧原湖があるのですが、霧で見えなくなっています。
Phimg_9496

▼裏磐梯、五色沼自然探勝路で一番大きな毘沙門沼
Phimg_9502

Phimg_9510
▼自然探勝路の反対側入口にある柳沼 風が無く鏡のようにmapleが写っていました。
Phimg_9517

Phimg_9523
そうそう、五色沼自然探勝路は歩いていません。rvcardashで移動しました。いつかは歩いてみたいですね。

▼裏磐梯の湖沼で一番大きな桧原湖 こんな大きな遊覧船も運航しています。
Phimg_9514

▼裏磐梯から猪苗代湖側の表磐梯へ抜ける元ゴールドライン
黄金平 磐梯山の爆烈火口壁が間近に見られる場所です。
Phimg_9528
▼表磐梯側へ降りてきました。
Phimg_9534
(つづく)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2015年10月24日 (土)

ようこそ みちのくへ(5) 野地温泉ホテル

この日の宿は、土湯峠から1分程福島側へ下った所にある、野地温泉ホテル。
ホテルの前の道路、土湯トンネルが出来るまでは国道115号だった道。冬期間は積雪のため通行止めでした。現在は冬期間も営業しています。
Phimg_9465
(写真は翌朝撮影)

早速ですが夕食
Phimg_9439
里芋で出来た松茸がユニークでした
Phimg_9442
部屋から見える福島市内の夜景
Phimg_9451

さて、ここを選んだのはspaが素晴らしいから(私のブログでは立寄り湯で何度も出てくる温泉です)。
友人達にも気に入ってもらえたようです。
ここは、男子内風呂、女子内風呂(露天風呂付)の他に
▼鬼面の湯(露天風呂)
Phpa180306
▼千寿の湯(奥の湯船が一番熱い)
Phpa180308
▼天狗の湯(露天風呂付)
Phpa180309
▼その露天風呂
Phpa180315
鬼面の湯、千寿の湯、天狗の湯は3時間毎の男女交代生となる。
夕食後、天狗の湯に行ったら、貸切でしたのでfoot
Phpa180313
▼千寿の湯の横にある源泉
Phpa190317

朝風呂のあとの朝食、ご飯2杯も食べてしまいました。
Phimg_9454
立寄り湯で何度も訪れているspaですが、宿泊したのは初めて、でも大満足でした。
野地温泉ホテルさんのHPは----->こちら

硫黄の匂いプンプンの男4人は土湯峠を越えて猪苗代側へ
Phimg_9469
横向温泉付近のみごとな紅葉で車を止めました。
(つづく)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年10月23日 (金)

ようこそ みちのくへ(4) 磐梯吾妻スカイライン

石巻から三陸道・仙台東部道路・常磐道を140㎞南下。
今年3月に全線開通した常磐道を友人の了解のもと走行しました。
今回走行した区間のうち、浪江IC~常磐富岡IC間は避難指示区域内を走ります。しかも近い所では福一から5㎞程の所を走っています。
Phcimg1331
常磐富岡ICで降りて、富岡町内を抜け
Phcimg1335
二輪車通行禁止の国道6号に出て北上、原発事故で人が居ない街並みを見てもらいました。
Phcimg1339
南相馬から県道12号(原町川俣線)へ。
全村避難の飯館村を通過、さらに川俣町から国道114号を走り福島市内へと走りました。

予定より早く福島市内へ着いたので、磐梯吾妻スカイラインの紅葉を楽しむことに。
先日の豪雨によるがけ崩れの影響で、現在は高湯ゲート側から土湯ゲート側へしか抜けれません。
▼不動沢橋付近、紅葉が見事
Phimg_9402
▼奥に見えるのは福島市内。橋の下(つばくろ谷の先は高湯温泉)
Phimg_9407
▼天狗の庭付近もgood
Phimg_9412
▼浄土平付近の紅葉は終わっていました。
吾妻小富士へ登るのは時間的に出来ませんでした。
片側通行のため、午後5時以降夜間通行止めになるので、急いで土湯峠方面へ向かいます。
Phimg_9418
▼私の腕では、上手に撮れませんでした。
Phimg_9421
▼夕陽を浴びて、木々が燃えているようです。
Phimg_9425
▼潮見峠付近で夕陽をcamera
Phimg_9426
▼午後5時直前、土湯峠まで降りてきました。
丁度、夕陽が山並みに隠れる所でした。
Phimg_9431

この日の宿、土湯峠から車で1分程の所にある、野地温泉ホテルさん。
(つづく)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年10月22日 (木)

ようこそ みちのくへ(3) 石巻

この日は、震災被害と復興の状況を見てもらいました。

石巻市、旧北上川河口近くにある日和山(ひよりやま)へ。
標高60m程の山ですが、東日本大震災時は多数の方が津波から避難され、ここからの映像も衝撃的だった場所。
▼河口側、津波による被害が甚大だったエリア
Phimg_9375
▼旧北上川中州側、この川を津波が逆流したのです。
Phimg_9381
▼上の写真に写っている橋の付近にやってきました。
Phcimg1322
▼石ノ森漫画館 今回は残念ながら時間の関係で外観だけでした。よく復旧しました。
Phcimg1323
▼信号機の右下看板の位置まで浸水したそうです。
Phcimg1326

▼がんばろう石巻の看板 看板奥が海になります。
Phimg_9385
震災前にはこれだけの住宅があった場所
Phimg_9384
見上げる先、6.9mの津波浸水
Phimg_9387
廻りに、現在は何もありません
Phimg_9390
▼県道のかさ上げ工事中でした。中央奥に見えるのが日和山です。
Phimg_9392
「がんばろう 石巻」看板を設置している、がんばろう!石巻の会のHPは------>こちら

看板の右、数百m先の海沿いに大きな工場があり稼働していてsign03
調べたら、日本製紙石巻工場。震災後の復旧の様子は------>こちら(PDFファイルです)

福島県へ戻ります(つづく)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年10月21日 (水)

ようこそ みちのくへ(2) 奥松島

▼左下の「松島町役場」と表示されている付近が、昨日紹介した五大堂などがある松島海岸
仙石線陸前大塚駅と鹿妻駅の中間付近にあるのが「野蒜(のびる)駅」でその海岸沿いが「野蒜海水浴場」があった場所
さらに中央下側、「大高森102m」と表示されている島付近一帯を奥松島と呼んでいます。
Phmatusimamap

大高森頂上の展望台からの眺めは、松島四大観のひとつ。
約20分の登山?です。
Phimg_9344
息切れして、最後は断念しようかと思いました。coldsweats01
でも、夕陽は雲に隠れてしまいましたが、登って良かったです。
Phimg_9354
本当に、いい眺めです。
Phimg_9348
▼松島湾の反対側(外海側)で霞んでいますが、石巻から牡鹿半島方面になると思います。
Phimg_9350
▼旧野蒜駅、野蒜海水浴場方面更地になっており、堤防を造っていました。
Phimg_9353
そんな大高森への登り口にある、民宿「大高森観光ホテル」が今日の宿(写真は翌朝撮影)
Phimg_9369
ここ松島は、多くの島に守られ津波の被害は、他の海沿いよりは少なかったようですが、ここでも私の車の天井付近までは海水が来たそうです。

大高森登山?の汗をお風呂で流しさっそく夕食
Phimg_9356
暖かいものが次々に運ばれて来るし
Phimg_9357
想い出話に話がはずみ写真を撮り忘れていますが
Phimg_9363
他にも、焼き魚、煮魚など多くて、全部食べきれませんでした。

そして、“朝”
部屋から見える大高森、あんな上に登ったことに気づきました。
Phimg_9365
宿の前の海、遊覧用の小舟が繋留されています。
Phimg_9364
朝食も美味しかったです。
Phimg_9368
給仕のvirgoも面白いおばさんで、満足のお宿でした。

この日は、ブルーインパレスの基地でも有名な航空自衛隊松島基地の横を抜け石巻へ向かいました。
(つづく)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年10月20日 (火)

ようこそ みちのくへ(1) 松島

学生時代の友人(石川県在住T君、滋賀県在住Y君、東京在住H君)がやってきました。
3人ともに、現役で頑張っています。リタイア組は私だけcoldsweats01
Phimg_9235
新幹線でやってくる友人達を迎えに福島駅へ。
Phimg_9238
▼13番ホーム(東北新幹線下り)、14番ホーム(山形新幹線上下線)
Phimg_9242
▼14番線から、やまびこ・つばさ号東京駅行が出発
Phimg_9245
▼4分後下りやまびこ・つばさ177号で友人がやってきました。
(同じだろうって、尾灯の赤と前照灯の白が違いますよねcoldsweats01
Phimg_9248

東北自動車道、三陸自動車道経由で一気に名勝松島海岸へ
Phimg_9253
松林の前、牛たん専門店で昼食
Phimg_9255

松島遊覧船で
Phimg_9264
松島海岸をあとに、50分の松島湾遊覧へ
Phimg_9266
遊覧船といったらカモメの餌やり・・・
ウミネコのフン害により松島の松が枯れるので、餌付けを止めているそうです。
でも、追いかけてくるんですね。
Phimg_9271
松島湾内外に260余りの島があるそうです
Phimg_9281
一番有名な仁王島
Phimg_9290
湾外で出ると揺れが大きくなります。
Phimg_9300
震災後、復活したカキの筏
Phimg_9304
▼アッと言う間の遊覧、海から五大堂を眺めるのは数10年振りでした。
Phimg_9311
▼五大堂です。現在の堂は伊達正宗が再建したと言われています。
Phimg_9315
▼五大堂からの眺め
Phimg_9317
▼瑞巌寺の参道、震災の津波による浸水と地盤沈下の影響で枯れた松の木を伐採したそうです。
淋しいですが仕方ないですね。
Phimg_9321

松島海岸から車で10数分の所にある駅だった所
Phimg_9327
仙石線野蒜駅(旧)
Phimg_9329
ホームは震災遺構として残されるようです。
Phimg_9331
現在の野蒜駅は、山手へ移転されています。
Phimg_9337
駅舎だった所は、現在観光交流センターとコンビニになっています。
Phimg_9340
▲コンビニの看板下まで津波が来たそうです。

(つづく)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2015年10月19日 (月)

40年前に

40年前、北陸の片田舎で4年間、学生時代に共に勉学に励んだ??coldsweats01仲間が来てくれました。
2泊3日で宮城・福島を旅しました。
Phimg_9352

Phimg_9410

Phimg_9557
天候にも恵まれ、楽しい旅をすることができました。
Yさん、Tさん、Hさん お疲れさんでした。

旅の詳細は後日皆さんにも紹介させていただきます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年10月17日 (土)

笑ってください

先日、某生保会社主催のお笑いショーへ行ってきました。
Phcimg1319
あったかくなりましたhappy01

昨日GSで給油するタイミングで “9999”
Phpa150294

キリ番ゲット出来るsign03と思って走りだしたら・・・・・忘れたsign03
気づいたら “10002”
Phpa150296
happy01 happy01 happy01 coldsweats01 coldsweats01 weep weep crying

笑って下さい。
7ヶ月で1万㎞、少し走りすぎましたかね。

今日から数日間40年前に戻ってきますので、コメント欄は閉じておきます。

コメント欄を閉じないでアップしたようで・・・・(*´ェ`*)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年10月16日 (金)

抱返り渓谷と花火のあと

花火前に戻ります。
花火開始まで少し時間があったので、角館が有名な仙北市にある、抱返り渓谷(だきがえりけいこく)へ行ってみました。
この横は何度も走っており名前は知っていましたが、なぜか初訪問です。
Phimg_9092
▼水の色、青色が強かったです。
Phimg_9073

Phimg_9088
▼駐車場から遊歩道を1.1㎞歩くと現れるのが渓谷一の名勝『回顧の滝(みかえりのたき)』
Phimg_9081
往復50分程かかりました。いい運動になりました。
Phimg_9085

午後5時、大仙市大曲のいつもの駐車場へ車を停め、花火打上げ会場へ。
午後6時、花火打上げ開始。(詳細は報告済み)
Phimg_9129
午後7時15分 打留

冷えた体を温めるためspa
大曲中心から5㎞の場所にある、史跡の里交流プラザ柵の湯
Phcimg1272
夜間だし、宿泊客も多くfootは撮れませんでした。
かっぱ寿司で少し遅い夕食をとり、夏の大曲にも車中泊した「道の駅雁の里せんなん」へ
午後11時sleepy
Phcimg1270

11日(日)午前7時 起床
ここからは、グルメレポートが続きますcoldsweats01
▼午前8時 横手市のココスで朝食バイキング
Phcimg1275
食後国道13号を南下、道の駅十文字で買い物さらに南下し山形県へ。
▼今年何回目だろう 大石田町「千本だんご」
Phcimg1278
駐車場には他県ナンバーもズラリ。
Phcimg1280
豆腐屋がつくる大石田団子
Phpa110280
やはり「ずんだ団子」が一番
Phpa110283
餡子が重いsign03
Phpa110284
▼さらに南下、道の駅天童ではお決まりのずんだジェラート・・・・ずんだだらけhappy01
Phcimg1285
▼さらに国道13号を南下、山形市表蔵王の山形観光物産センターで玉こんにゃくを食べました。
Phcimg1287
▼帰宅が夕食時になりそうだったので、南陽市のスーパーでお弁当を購入。
すでに新米が使われていることにsign03
Phpa110292
最後、rainの栗子峠を抜けたら福島盆地はcloud空でした。
Phcimg1288
秋田への旅、報告終了です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年10月15日 (木)

大曲の花火~秋の章~ (2)

足場が悪かったので、自由席の最後方で三脚を立て、立ったまま撮影しました。
お隣になった方に、ラジオがあれば生中継しているので進行が判りますよと教えられflair
大仙市のコミュニティFM「FMはなび」が開局していたことを思い出し、急遽ラジオをリュックから出し、FMはなびを聞きながら撮影しました。
やはり進行内容が判ると撮影しやすいですね。
それでは、昨日に続いて第3幕から紹介します。

第3幕 尺玉 日本花火作家選抜 伝統割物と斬新自由玉競演花火
 新潟県 (有)片貝煙火工業  愛知県 加藤煙火(株)
 福岡県 (株)ワキノアートファクトリー  長野県 (株)紅屋青木煙火店
 山梨県 (株)山内煙火店  茨城県 (株)山崎煙火製造所
 秋田県 (株)北日本花火興業
日本屈指の花火師さんによる尺玉の競演。各社、芯入り割物と自由玉の2発打ち上げられました。
とりあえず2枚だけブログにアップしておきます。
▼左 芯入り割物 茨城県 山崎煙火製造所 昇曲導付四重芯変化菊
▼右 自由玉 新潟県 片貝煙火工業 昇曲導付分砲小割三段咲き
Phimg_9183 Phimg_9187
選抜花火作家7名の花火14発全部の写真は、写真投稿サイトアルバムで↓
合言葉は『花火』です。
https://withphoto.jp/album/SINOBUSATO/318650/
(トリミング、リサイズはしていません)
秋空の元、風向きもgoodで綺麗に撮れました。

第4幕 花火ミュージカル2015 「オペラ座の怪人」
4部構成15分の大スターマイン
Phimg_9195 Phimg_9204

      Phimg_9216

Phimg_9219 Phimg_9220

       Phimg_9224

Phimg_9225 Phimg_9228
満足のスターマインでした。

午後7時15分 打留
夏の大曲では最高で尺玉、それが打留として2尺玉が上がりました。
撮影ポイント、併せるのに失敗しましたが一応アップしておきますcoldsweats01
Phimg_9233
     (小割模様錦冠菊?)
花火を楽しむには、ちょうど良い花火大会でした。

(紅葉狩の報告につづく)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年10月14日 (水)

大曲の花火~秋の章~ (1)

紅葉狩り、もう少しありますが先に花火の報告をします。

大曲の花火が開催される秋田県大仙市は、毎月どこかで花火大会が開催される街。
8月には皆さんがご存知の 全国花火競技大会。3月には、新作花火コレクションなどが開催されています。
そして、10月に開催されていた飯田五社競演花火大会。去年から、大曲の花火~秋の章~として、有料席を設けるなどして大きな花火大会に衣替えしました。

駐車場から15分程歩いて、打上げ開始30分前に会場に到着。
夏の大曲に比べたら、ゆったりと観覧できます。でも、この日は前日のrainで水たまりが出来ており、自由席では立ったまま観覧する人が多かったです。

午後6時 大曲の花火~秋の章~ 飯田物語「紅×黒」 打上げ開始です。
第1幕 オープニング花火 「紅×黒」
Phimg_9105
▼花火鑑賞士による花火の説明付きで花火が上がる、レクチャー花火。
Phimg_9125 Phimg_9132_2

第2幕 「紅×黒」 “90秒創造花火劇場”大曲頂上決戦
地元若手花火作家による創造花火の競演です。
▼ 1.小松煙火工業 浮かんでは消える赤い記憶
Phimg_9147
欲張って、少し重ね過ぎました。
Phimg_9149

▼ 2.和火屋 花燃ゆ
Phimg_9152
紅の千輪が綺麗でした
Phimg_9155

▼ 3.北日本花火興業 紅と黒ゴージャススペース
Phimg_9161
トラの使い方が上手でした。一番拍手が多かったのでは?
Phimg_9162

▼ 4.大曲花火化学工業 紅(くれない)
Phimg_9164

Phimg_9168

この後、「妖怪ウォッチ花火」が上がったのですが、型物花火で上手に撮れなかったのでパスです。
次回は第3幕から紹介したいと思います。
(つづく)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2015年10月13日 (火)

須川高原を楽しむ

栗駒山への登山道を少しだけ登って紅葉を楽しみます。
Phimg_9048
本格的な登山装備の方がすでに降りて来られますsign03
Phimg_9050

Phimg_9043
spaに入りましょう。
今回も奥に見える秋田県側の「須川温泉 栗駒山荘」を利用します。
Phimg_9055
入湯料700円を払って温泉へ
Phpa100264
激混みでしたが、お客さんが少ない時があったので失礼してcamera
最高の露天風呂です。
Phpa100262
▼左の囲いは男用露天風呂です。
露天風呂・内湯からも同じような風景を見ることができます。

Phpa100267
▼玄関を出た所での秋田県側の眺め。
雲が無ければ遠くに鳥海山が見えるんですがね。ここから鳥海山を見れたのは、1度だけしかありません。
Phpa100269
一度は泊ってみたいと思いつつ、なかなか泊れない施設です。
この後、国道342号で横手市へ降りました。
国道13号線沿いにある「道の駅 十文字」で昼食に。
Phpa100279
横手やきそば(550円)と
Phpa100277
カツカレー(800円)をシェア
Phpa100274
横手は何度も通過していますが、第4回B1グランプリでゴールドグランプリを獲得した「横手やきそば」を食べたことがありませんでした。
好みなんでしょうが、私には少し味が濃すぎる感じでした。
カレーに温泉たまごも初経験かな。
(つづく)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年10月12日 (月)

須川高原へ

10日(土)大曲の花火(秋)を見に行った帰り、翌日に須川高原へ立寄るつもりでした。
でも11日の天気予報が余りに悪い予報へ変わったので予定を変更。
花火観覧の前に高速道路利用で須川高原へ行くことにしました。
10時過ぎ、国道398号湯浜峠へ到着。Phimg_9026
秋田県に入り県道282号合流点の手前1㎞程の所にある渓谷。
紅葉も進んでいます。
Phimg_9033
秋田県道282号を岩手県方面に向かうと現れるのが須川湖
Phimg_9061
毎年来ているが、水面が鏡になってくれることは皆無に近い。
Phimg_9064
数日前の強風で落葉が多かったのでは?とも思えました。
Phimg_9069
須川高原へ向かいます。
Phimg_9070
11時前、丁度空いた所に駐車することが出来ました、ラッキー!(停められた所は、岩手県側に数メートル入った所でした)
Phpa100261
spaに入る前に須川高原の紅葉を楽しみましょう。
岩手県側にあるのが『須川高原温泉
Phimg_9058
▼柵の先が、須川高原温泉の露天風呂
Phimg_9059
手前は足湯になっており、無料で楽しむことが出来ます。
Phimg_9038
源泉が流れる横が栗駒山への登山道になります。
Phimg_9039
(続く)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年10月11日 (日)

秋の秋田へ(速報版)

秋田大曲で開催された花火大会へ行ってきました。
10日(土)花火を見た後、車中泊して翌日(11日)にspaに入ってこようと計画していましたが、今日11日はrainの天気予報。
山の頂上付近にあるspa施設なので天気が良かった10日に立寄っていくことにしました。
宮城県大崎市の東北自動車道古川ICを降りて国道47号、国道457号、国道398号を経由して秋田県へ向かいます。
Phcimg1227
自宅から約3時間、やってきたのは栗駒山荘。
毎年この時期訪ねるspaなので、以前から私のブログをご覧の方は見慣れた風景では?
Phcimg1265
標高1100mを越える場所なのに大渋滞。なのでfootはありませんからcoldsweats01
Phimg_9040

その後向かったのは、仙北市にある抱返り渓谷。
まだ紅葉には早かったですが、気持ち良かったです。
Phimg_9076

夜は旅のメイン、大仙市大曲で開催された「大曲の花火~秋の章~」へ
Phimg_9223

詳しくは、明日以降できるだけ早くアップします。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年10月10日 (土)

車中泊準備品 インテリアバー

車中泊用準備品で紹介していなかったものがありましたので。
車用、伸縮自由のつっぱり棒?
Php9090207
車内のアシストグリップに取り付けるだけで、長距離ドライブ時に物を掛けたり、車中泊時に必要な物をぶら下げておくことが出来、大変便利です。

そんな車の中でsleepyかもしれないので、コメント欄は閉じておきます。

| | トラックバック (0)

2015年10月 9日 (金)

ひたちからの帰路

国営ひたち海浜公園から車で10数分の場所、那珂湊おさかな市場でお土産を。
お土産用にサンマ1箱(30匹入り)1500円などを購入。
Phcimg1233
まだ11時過ぎ、お昼ご飯を食べるには少し早いので帰路につくことに。
途中でcarに給油。@118ってオラん所に比べたら@20円程安いことにsign03

高速に乗る前に食事をすることにして、日立南太田IC近くにある、ひたち南ドライブンへ
ここは以前にも紹介したことがありますが、魚を安く食べることが出来ます。
海鮮ちらし780円と
Phcimg1235
アジフライ定食600円 ふっくらしたアジフライでした
Phcimg1237
その後、常磐自動車道を北上。
全線開通後、初めて富岡IC以北へ。
Phcimg1242
ここから「帰宅困難区域」を通過
Phcimg1243
4.6μか、高いな
Phcimg1244_2
相馬ICで降りて、国道115号で自宅へ。途中でお土産のfishを配って帰宅しました。
先週末のお話でした。

今週末の3連休、秋のお祭りシーズンですね。
大会もまだあります。
埼玉県鴻巣市 や 秋田県大仙市(大曲) でも上がりますので・・・・
忙しい10月です。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2015年10月 8日 (木)

国営ひたち海浜公園(秋)

今年2回目の訪問になる国営ひたち海浜公園。
5月GWにネモフィラを見に来た時の記事は----->こちら

開園15分前に到着しましたが、さすがにGW時とは違い、すんなり駐車出来ました。
Phimg_8975
向かった先は、みはらしの丘。
5月GW時はネモフィラで青色だったみはらしの丘、この時期はコキアが植えられています。
手前のコスモスも、まだまだでした。
Phimg_8983
▼手前は蕎麦畑のようですが、植えたばかりなのかな?
Phimg_8984
▼コキア(ほうき草)の紅葉も始まったばかり
Phimg_8993
▼みんな頂上を目指してsign03
Phimg_9004
▼紅葉したコキア&waveだと良かったのですが、真っ赤になるには、あと10日程かかりそうですね
Phimg_9005
▼なぜか、これだけmaple紅葉していました。
Phimg_9007
▼私は運動のため歩きましたが、広い園内こんなシーサイドトレイン(1日500円で利用可)での移動も出来ます。
Phimg_9011
▼キバナコスモスと大観覧車
Phimg_9015
▼キバナコスモス&パンパスグラス
Phimg_9020
園内はレンタサイクルや持ち込んだ自転車でサイクリングも可能。BBQ広場もあって1日楽しめる施設です。
fish市場でお土産を買って帰ります。
(つづく)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年10月 7日 (水)

2015年 土浦全国花火競技大会(2)

私の大好きな千輪が、スターマインの部などで数多く打上げられましたので、千輪系花火を中心にセレクトした写真を紹介したいと思います。
Phimg_8791 Phimg_8816
花火師さん、玉名は記憶が怪しいので今回は省略します。
Phimg_8819 Phimg_8823

Phimg_8862 Phimg_8926
カラフルな千輪がやはり、goodですね。
Phimg_8927 Phimg_8934
生で見る花火と切り取った花火の写真は違いますが、それも面白いところです。
Phimg_8932

Phimg_8924

創造花火の部、私の技量では上手に撮影出来ないので全部は撮影していないのですが、少しだけ紹介しておきます。
▼左 宮城県 芳賀火工 鼻血ブー!
▼右 秋田県 北日本花火興業 チョビひげ親父は髪の毛1本
Phimg_8747 Phimg_8917
生では鼻血がブーと見えました。もっと玉名通りに撮影出来たらいいんだけど?

今年の大曲で内閣総理大臣賞を受賞した、静岡県のイケブンさん。
数十年振りの土浦参戦とのことで期待したのですが、地上への落下多数で、どうしちゃったのでしょうsign02
Phimg_8859
花火終了が20時半。撤収して21時半にはお風呂へIN。
皆さん考えることは同じで激混みのスーパー銭湯でした。

23時前友部SAで遅い夕食後そのまま車中泊。
翌日7時までぐっすりでした。
(つづく)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年10月 6日 (火)

2015年 土浦全国花火競技大会(1)

10月3日、茨城県土浦市で開催された第84回土浦全国花火競技大会へ行ってきました。
土浦では、スターマインの部、10号玉の部、創造花火の部で審査が行われます。
3時過ぎ、いつもの場所へ駐車して時間まで・・・・
開始時間を勘違いしノンビリし過ぎて、toiletへ行って撮影場所へ戻ったら打上げが始まっていましたcoldsweats01
失敗sign03最初の頃の花火を見逃してしまいました。

競技大会の結果は、スターマインの部で優勝された茨城県野村花火工業(株)が総理大臣賞を受賞されました。
Phimg_8897 Phimg_8904

大曲と違って、打上げが10号玉×5、創造花火×2、スターマイン×2~3と花火業者さんがランダムに打上げるので、どの写真が誰の花火か?なんです。(きちんと記録を取らないからなんですがネ)
これから紹介する花火の玉名、業者名、間違っていたら御免なさいです。

10号玉の部(自分で気になった花火も含め入賞作品を紹介します)
▼左 長野県 太陽堂田村煙火店 昇り雄花四重芯変化菊
▼右 東京都 ホソヤエンタープライズ 昇曲付三重芯五色変化大ダリア
Phimg_8744 Phimg_8746
▼左 長野県 篠原煙火店 昇曲導付五重芯菊花の極
▼右 石川県 北陸火工 昇り曲導付蓮芯椰子菊先変化
Phimg_8806 Phimg_8846
▼左 茨城県 山崎煙火製造所 昇曲付五重芯銀点滅 【特等】
▼左 秋田県 小松煙火工業 昇天銀竜五重園変化菊 【優勝】
Phimg_8871 Phimg_8908
▼左 長野県 小口煙火 昇り曲付麗輝姫菊
▼右 茨城県 野村花火工業 昇り曲導付五重芯錦冠菊先紅点滅 【1等】
Phimg_8910 Phimg_8942
▼左 群馬県 菊屋小幡花火店 モノクロームの金華 【準優勝】
▼右 新潟県 阿部煙火工業 昇曲導三重芯変化菊
Phimg_8943 Phimg_8907

19時5分 大会提供花火のワイドスターマイン「土浦花火づくし」
打上げ前にレンズを交換しようかと思ったのですが、そのまま撮ってしまったので・・・全体が入りませんでした。coldsweats01
Phimg_8825

Phimg_8830
白トビはご勘弁をcoldsweats01
Phimg_8834

Phimg_8838
前日の雨で、空気が澄んだのか花火が綺麗でした。
(つづく)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2015年10月 5日 (月)

龍門の滝とニラ蕎麦

今朝の市内は10℃以下、寒かったです。
10月3日8時過ぎ、福島から国道4号を南下。
須賀川から白河までの片側1車線区間がネックだネcoldsweats01
白河から国道294号へ乗り換えさらに南下して向かったのは、栃木県那須烏山市にある龍門の滝。
Phimg_8717
那珂川にそそぐ江川にかかる、高さ20m、幅65mの滝です。
近くまで行くとすごいミストです。
Phimg_8719
この滝を知ったのは、あるテレビ番組で紹介されていたからです。
滝のすぐ上を自動車が走っています。水はどこから来るの?と疑問に思ったことと
Phimg_8721
さらに、その上をJR烏山線が走っているんです。sign03
Iphmg_8728
しかも、この烏山線は非電化区間なのに走っているは電車なんですsign02
烏山線の列車の多くは東北本線に乗り入れ宇都宮まで直通で走ります。
Phimg_8732
このJR東日本EV-E301系電車という車両は、電気自動車みたいな列車なんです。
東北本線の宇都宮~宝積寺駅間はパンダグラフを上げ架線から電気をもらいバッテリに充電しながら走ります。
非電化区間の烏山線の宝積寺~烏山駅間は、バッテリでモーターを動かして走ります。
上に写っている1編成しかありません。ラッキーでした。

ところで水はどこから来ているかですが、江川は滝の上を左側から流れてきて、この滝の所で手前に流れを変えているので、その上を車や鉄道が走っているのでした。

さらに南下して向かったのは、「道の駅もてぎ」
Phcimg1226
ここで昼食に
セット(ハーフのわっぱ飯&ハーフ蕎麦)1000円と
Phcimg1224
大根ニラそば770円 佐野の大根ソバ+鹿沼のニラ蕎麦かな?happy01
Phcimg1223
その後、いつもの土浦花火大会会場へ。
Phcimg1228
空には、某生命保険会社の飛行船が浮かんでいました。
(続く)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年10月 4日 (日)

初秋の茨城へ(速報版)

8月は毎週のように花火見学へ出かけていましたが、9月は全く遠出無しでしたが、10月は少し忙しくなりそうですcoldsweats01
10月3日、4日と1泊(車中泊)2日で茨城県へ行ってきました。

▼栃木県那須烏山の龍門の滝でマイナスイオンを浴び
Phimg_8715

▼夜は、茨城県土浦市で開催された「土浦全国花火競技大会」を観覧
Phimg_8832
花火観覧後は、土浦市内のこちらでお風呂に入り、常磐自動車道友部SAで車中泊。
今日は朝一で

▼茨城県ひたちなか市の国営ひたち海浜公園を散歩
Phimg_8977

▼茨城県ひたちなか市の那珂湊おさかな市場でfishやお土産をお買い物。
Phcimg1231
2日間で530㎞のドライブでした。
詳しくは、なるべく早く報告したいと思います。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2015年10月 3日 (土)

木谷恭介 大井川SL鉄道殺人事件

Phimg_8673
木谷恭介著 大井川SL鉄道殺人事件 トクマノベルズ 1994年2月28日発行

静岡県奥大井渓谷の断崖を登る路線、大井川鉄道。
おおきく蛇行する大井川のはるか上空にかかる赤い鉄橋。
通称レイボーブリッジからの眺めは雄大で、観光名所の一つである。
春分の日の午後、観光客が橋の上から目撃したのは、V字型の渓谷からダイビングする白い乗用車だった。
しかしその運転席からは、首に索条痕のついた絞殺死体が発見された。
転落死を装ったこの事件の意味するものは・・・・。
殺気のたちこめる難解な事件の謎に、警察庁遊撃捜査係の宮之原警部が挑む。

木谷恭介(こたに きょうすけ) 1927年11月1日~2012年12月9日
  宮之原警部シリーズだけで100冊以上出版されています。

木谷さんの本、最後の方は大抵読んでいるのですが、読んでいない本をリサイクル店で見つけては楽しんでいます。
大井川鉄道を舞台にした推理小説沢山あります、それだけ魅力的な鉄道なんでしょうね、一度乗ってみたいと思うのでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年10月 2日 (金)

秋?

昨晩からの爆弾低気圧、風がすごかったですね。

プーさんの私、今のところ月2回↓の事務所でプーさんの認定をしてもらうのが唯一の仕事です。
数日前、初秋とは思えない天気でした。
Phcimg1215

秋、この時期になると私のブログでこの記事が、多く検索されます。
Phsuzaku
近かったら毎年でも行ってみたいけど、小布施まで360㎞。少し?遠いcoldsweats01

地元のケーキを食べることにcoldsweats01
福島のお土産で有名なところは、柏屋の「薄皮饅頭」と三万石の「ままどおる」
その三万石で10月から季節限定で販売されるのが、「マロンケーキ」
Phpa010244
スポンジの上に生クリーム・カスタードクリーム、さらにマロンの飾りがついて1080円

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年10月 1日 (木)

初秋の福島市民家園

昨日風は強かったですが、天気も良かったのであづま運動公園へ。
途中でスーパーのお弁当を買って出かけてきました。
▼ディサービスの方も来ていました
久しぶりに外で食べましたが、気持ちいいです。
Phimg_8679
▼この池に鯉がいたんですね
Phimg_8678
▼古民家の前の植物何だか判りますか?
Phimg_8684
桑の木です。
この地域、以前は養蚕が主力産業でした。
その蚕(カイコさん)の食べるのが桑の葉なんです。
▼養蚕農家さんの風景 この地域では、私の年代以上の方は『カイコ様・カイコさん』と「様」を付けて呼びます。
Phimg_8687
▼広瀬座 この日は小学生が社会見学で訪ねていました。
Phimg_8693
▼内部は立派な芝居小屋です。廻り舞台もあります。
Phimg_8691
▼茅葺屋根に天日干しの稲 私が小さい頃の農家の庭先はこんなんでしたね。
Phimg_8697
▼柿も色付いていました
Phimg_8700
▼運動公園内の通路 この道路、普通は車が通りませんので、ノンビリ散歩ができます。
Phimg_8702
▼街路樹も大分色付いてきました。
Phimg_8704

朝晩寒い日が続きます。たい焼きが美味しい季節になりました。coldsweats01
Phimg_8659

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »