« C61ばんえつ物語(3) 荻野駅 | トップページ | 山都町 蕎麦処萬長 »

2015年5月21日 (木)

C61ばんえつ物語(4) 一ノ戸川橋梁

磐越西線の撮影ポイントとして外せないのが、喜多方市山都町の一ノ戸川橋梁。
荻野駅からrvcarでC61を追いかけるのですが、前を行く車がメイン道路以外へ進むので、たぶん同じ所へ向かうはず?と後ろを付いていきました。
遠回りにはなりますが、追っかけの車も他になく、山都駅出発の5分前に現着できました。

さて、明治43年開通から100年以上経過した一ノ戸川橋梁。優雅な橋です。
↓右下に真っ白な飯豊山が写っています。
Phimg_5570
cameraの数は・・・多すぎて不明coldsweats01
Phimg_5550
↑写真の左上が↓
あそこからだと、雪の飯豊山をバックに撮影出来るらしいけど、競争率が高いようです。
なぜか、ここに電線が多いので、あの場所でないと電線が入ってしまいます。
Phimg_5551
山都駅でC61が補給(水)している間に抜いて、この場所に到着。
汽笛が聞こえてやってきました。
Phimg_5557
煙も最高sign03
Phimg_5562
鉄橋の下に、雪の飯豊山が写っているんですが、判るかな?
カメラマンをわざと入れてみました。
Phimg_5566
C61ばんえつ物語号 上り列車の追っかけ?はここまで。
すでに13時前、山都の蕎麦をいただくことにしました。
(続く)

|

« C61ばんえつ物語(3) 荻野駅 | トップページ | 山都町 蕎麦処萬長 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

Uchanさんへ
そうですね、残念ながら乗っていると見れませんね。
トンネル、それ程多くはないですが、SLは煙がどうしても入ってきます。
阿賀野川は、新潟県側で近くを走りますよね。阿賀野川を入れた写真を撮りたかったのですが、今回は諦めました。

投稿: しゅうちゃん | 2015年5月22日 (金) 23時46分

SILVIAおじさんへ
私も、近くだったら毎日でもcamera構えているかも?
ここまで150㎞弱、遠いです。coldsweats01

投稿: しゅうちゃん | 2015年5月22日 (金) 23時41分

hibochanさんへ
残雪がもっと綺麗に表現できたらいいのですがねcoldsweats01
golf楽しまれましたか?良かったですね。

投稿: しゅうちゃん | 2015年5月22日 (金) 23時39分

京阪快急3000さんへ
この橋梁にSL、絵になります。
夜はライトアップもしています。
これだけのcamera、珍しいです。やはりC61だからでしょうかね?

投稿: しゅうちゃん | 2015年5月22日 (金) 23時36分

キハ58さんへ
ありがとうございます。
山都駅から歩くと少し距離がありますが、この橋梁はgoodです。
山都町、ソバもgoodです。

投稿: しゅうちゃん | 2015年5月22日 (金) 23時34分

磐越西線少年の頃、2度乗ったことがありますが記憶にあるのはトンネルに入ると石炭の燃える臭いと阿賀野川の景色だけです。
「一ノ戸川橋梁」西部劇映画に出てくる風景で素晴らしい。sign01
列車に乗っていると、この風景はeye観られないか。

投稿: Uchan | 2015年5月22日 (金) 21時51分

皆さんと同じで、本当に素晴らしい!
橋を支える橋脚も又、素敵です。
近くに住んでいましたら、間違いなくカメラマンの中にいると思います。happy01

投稿: SILVIAおじさん | 2015年5月22日 (金) 19時49分

素晴らしい写真
中井さん連想します 雪の山わかります
昨日新緑の中ゴルフ最高の季節

投稿: hibochan | 2015年5月22日 (金) 08時05分

おはようございます。

素晴らしいですね。

それにしても、カメラマンの多いこと・・・。

それだけ、撮影する値打ちがあるのでしょうね。

投稿: 京阪快急3000 | 2015年5月22日 (金) 07時42分

ほんと、素晴らしいですね。
運転席後ろから見ていても、この雰囲気はまったくわかりません。一度降りてみようっと。
残雪の飯豊山、バッチリわかりましたよ!

投稿: キハ58 | 2015年5月21日 (木) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/61614731

この記事へのトラックバック一覧です: C61ばんえつ物語(4) 一ノ戸川橋梁:

« C61ばんえつ物語(3) 荻野駅 | トップページ | 山都町 蕎麦処萬長 »