« 大寒 | トップページ | 内田康夫 『汚れちっまた道』 »

2015年1月21日 (水)

内田康夫 『萩殺人事件』

Php6150826 Php6150827
内田康夫著 『萩 殺人事件』浅見光彦シリーズ
  カッパ・ブックス(光文社発行) 2014年5月16日発行 920円(税別)

浅見光彦の親友・松田将明は山口・宇部に住む女性と見合いをすることになった。
萩へ向かう列車の中から見かけた赤い傘をさす女性に心惹かれ、その場所を訪れる。
そこで萩焼のアクセサリーを拾ったことから、事件の渦中へ! 購入者の元美祢市会議員が遺体となって発見されたのだ。
赤い傘の女性とは何者なのか? 被害者を取り巻く複雑な人間関係や公共事業の問題
。松田は浅見とともに、萩、美祢、防府、長門を駆け巡り、真相を探る。

もう1冊同時に発売された『汚れっちまった道』。山口を舞台に2つの事件が交錯する面白い試みです。こちらは光彦の友人、松田の視点で、あちらは光彦の視点で描いています。

|

« 大寒 | トップページ | 内田康夫 『汚れちっまた道』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

潤三郎さんへ
行かれたことあるんですか、いいな!
相方も行きたい行きたいと以前から言っています。

投稿: しゅうちゃん | 2015年1月22日 (木) 20時53分

Uchanさんへ
浅見光彦シリーズ、安心して?見れるドラマだと思っています。
たぶん全部見ていると思います。

投稿: しゅうちゃん | 2015年1月22日 (木) 20時50分

山口、萩、津和野、みんな懐かしい響きずら。
宇部に住む女性なぁ、それが一番懐か...以下省略の、
面白そうな小説ばい。浅見光彦は、キャラがいいやいね。

投稿: 潤三郎 | 2015年1月22日 (木) 18時24分

人気推理小説作家内田康夫は好きな作家一人です。
今は小説は読みませんがTVドラマの旅情推理小説「光彦シリーズ」は家内は好きで再放送であれ必ず観ているようです。(我輩も時々観るがeye

投稿: Uchan | 2015年1月22日 (木) 12時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/60589134

この記事へのトラックバック一覧です: 内田康夫 『萩殺人事件』:

« 大寒 | トップページ | 内田康夫 『汚れちっまた道』 »