« シュトーレン | トップページ | SENDAI 光のページェント(2) »

2014年12月27日 (土)

SENDAI 光のページェント

仙台市の南隣、名取市にある仙台空港で撮影していた時は、青空も見えていたのに。
Phimg_4124
(↑右側のビル群付近が仙台駅付近になります)

イルミネーションが点灯される17時30分頃になったらsnowが降ってきました。
Phimg_4127

降る雪を表現するには、フラッシュを点けるしかないのかな?
Phimg_4130

歩道は真っ白です。
Phimg_4131

shineのトンネルがズ~と続いています。
ここは、道路の中央部が遊歩道になっています。
Phimg_4136

去年も、ここで撮影したな!
Phimg_4143

来年は、オラも三脚持ってこようかな?
Phimg_4154

クロスフィルターを付けてみました。
Phimg_4159

続きます

|

« シュトーレン | トップページ | SENDAI 光のページェント(2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

潤三郎さんへ
仙台はさすがデッカイです。
イルミネーションは点灯される時が、素敵ですよね。
ブログにアップするので仕方ないんでしょうが、圧縮すると可哀そうです。
次回は、クロス特集?になります。

投稿: しゅうちゃん | 2014年12月28日 (日) 16時48分

hibochanさんへ
ISOは高くして撮影してきました。
カメラは難しいです。
なぜか、仙台のイルミを撮影に行くとsnowの日が多いです。ホッカイロを抱いて撮影しました。

投稿: しゅうちゃん | 2014年12月28日 (日) 16時39分

mikさんへ
なんか年末の忙しさから?、virgoさん達、具合の悪い方が多いから大事にして下さい。
どうやったら、綺麗撮れるか悩みながら楽しんできました。

投稿: しゅうちゃん | 2014年12月28日 (日) 16時37分

キハ58さんへ
仙台へは、bullettraintrainsubwaybusが集まってきます。
規模が違いますよね。sign03

投稿: しゅうちゃん | 2014年12月28日 (日) 16時35分

SILVIAおじさんへ
仙台は東北で唯一100万人越えの政令指定都市。デカさが違います。
保管していた倉庫が津波被害に遭い、震災後全部新しくしたようです。

投稿: しゅうちゃん | 2014年12月28日 (日) 16時33分

ウォ~すごいイルミネーションですねぇ。
人も沢山いて、さすがに大都会です。
イルミネーション、綺麗ですねぇ、特に
雪がマルボケして浮かんでいる奴、ふんとに良い雰囲気で好きです。
でもやっぱ、みんなそうなんだけど
細かいイルミネーションの写真、圧縮すると画像が劣化するのが勿体ないですね。
最後のクロスフィルタもいいですね、今度買っちゃおっかな?
って、何ミリ買えばいいべね?coldsweats01

投稿: 潤三郎 | 2014年12月28日 (日) 14時54分

各地のイルミネーション紹介されてますが
仙台すごいよく撮れてます
先日夜景の撮影方TVで紹介されてました
ISO3200 絞り開放 マイナス露出
三脚必要なし 霞ヶ浦のイルミネーションこれで
余計なことすみません

投稿: hibochn | 2014年12月28日 (日) 07時53分

二枚目の写真‼︎雪がメルヘンで、すっごくいい〜〜
他のイルミも、見事だね〜〜

↑またまたスマホ調子悪くてごめんちゃい(>人<;)
mikだよ〜〜
いつもスマホじゃ無いだけど忙しい時は、何かの合間に
スマホから覗いてるだよ。今は、ちょっと具合悪いから
お布団の中からコメしてる〜〜p(^_^)q←ってちゃんと寝てなさいだよね(^_-)おやすみ〜(( _ _ ))..zzzZZ

投稿: | 2014年12月27日 (土) 22時44分

三脚なくても、十分きれいに撮れているじゃないですか。仙台は凄いな!

投稿: キハ58 | 2014年12月27日 (土) 21時40分

流石は仙台ですねhappy01
都市の規模の違いをイルミネーションで感じます。
北陸では最大都市の金沢でも、ここまではできませんcoldsweats01

投稿: SILVIAおじさん | 2014年12月27日 (土) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/60874756

この記事へのトラックバック一覧です: SENDAI 光のページェント:

« シュトーレン | トップページ | SENDAI 光のページェント(2) »