« フルーツ王国 | トップページ | 物産展 »

2014年11月15日 (土)

西村京太郎 『新・東京駅殺人事件』

P9110454 P9110455
西村京太郎著 2014年6月18日 光文社発行 800円(税別)

美しく修復され、観光スポットにもなっている新しい東京駅。
駅に併設され、松本清張も宿泊し『点と線』を執筆したといわれる歴史あるホテル、東京ステーションホテルも一新された。
ある新人ミステリー作家がそれにあやかり宿泊するが、偶然、女性の不審死を目撃する。そして、謎の連続事件が立て続けに東京駅を襲う!多くの人々が行き交う「駅」を舞台に、十津川警部は名推理を繰り広げる。

2012年10月にリニューアルした東京ステーションホテル。泊まってみたいけど、ツインをビジネス利用で1泊3万円程度からと、なかなかないいお値段。

|

« フルーツ王国 | トップページ | 物産展 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

潤三郎さんへ
今春、久しぶりに訪ねてビックリしました。
ただ、東北人としては東京駅より上野駅の方が利用回数が多かったので、東京駅はあまり印象が無いんですよね。

投稿: しゅうちゃん | 2014年11月16日 (日) 17時24分

Peeさんへ
私も「すべてはNのために」湊かなえさんの原作本、本屋さんで見ているんですが、悩みながら買っていません。というかテレビは見ていないんです。coldsweats01

投稿: しゅうちゃん | 2014年11月16日 (日) 17時22分

キハ58さんへ
長距離列車が少なくなった現代、トラベルミステリーもアイデア大変でしょうね。
東京駅、泊ってみたいですよね。

投稿: しゅうちゃん | 2014年11月16日 (日) 17時19分

あさひさんへ
さすが、あさひ姉ちゃんだね。
川越は、姉ちゃんの地元みたいなもんだものね。

投稿: しゅうちゃん | 2014年11月16日 (日) 17時16分

東京駅、ふんと綺麗になったけんど
おらたちは、hotelお呼びでないやね。
あんたの入り口はこっちだよって
在来線の改札指さされそうだに。catface

投稿: 潤三郎 | 2014年11月16日 (日) 13時04分

(*^m^)おはよう!
推理小説ってドラマ化されてるのがあるでしょ?
本を先に読むか?ドラマで次はどうなるのか楽しむheart01ドキドキのと
どっちが面白いかなぁ?!
今、ドラマ「すべてはNのために」にハマってるんだけど・・・・・。
書店に行って手にして買うのやめたbleah

投稿: Pee | 2014年11月16日 (日) 07時22分

次から次へと、アイデアが凄いですね。
ほんと、一度泊まってみたいです。

投稿: キハ58 | 2014年11月15日 (土) 23時24分

たべたよーん
次の記事にしたわ
しゅうちゃんの名前貸してねpaper

投稿: あさひ | 2014年11月15日 (土) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/60353768

この記事へのトラックバック一覧です: 西村京太郎 『新・東京駅殺人事件』:

« フルーツ王国 | トップページ | 物産展 »