« 秋田へ (2) | トップページ | はらこ飯などなど »

2014年10月17日 (金)

秋田へ (3)

お腹も満足した後は、大曲で観覧場所を確保(わざわざ確保する必要はありませんでした)するために大曲へ。
横手市十文字町から県道117号を抜けて大仙市大曲へ。
話が逸れますが、この『十文字町』の地名、名前のとおり羽州街道と増田街道が十文字に交わる場所なので命名されたようです。

観覧場所を確保後、国道13号を北上30分程で、みちのくの小京都『角館』へ。久しぶりかな?
Phimg_2625
春のcherryblossomの時期、毎年のように通ったことがありました。
Phimg_2633
やはり、この街並みには、丸いポストが合います。
Phimg_2629
↑ムラサキシキブと人力車のお兄さんがお客さんに説明していました。
Phimg_2647
春ならcherryblossomcherryblossomcherryblossomなのですがね。(↓桧木内川沿いの桜並木)
Phimg_2639
来年は春に訪ねようかな?
Phimg_2645

角館の土産と言ったら、桜皮細工か生もろこし?
Phimg_2630
もろこしは、小豆粉を固めたものを焼いた菓子なんですが、焼いていないものが『生もろこし』
いつもは、↑の武家屋敷通り店で買うのですが
Phpa110935
今回は本社・見学工場のお店で購入。

Phimg_3021
色んな種類があります。素朴な味です。
唐土庵(もろこしあん)----->こちら

楽しんだ1日でした。

|

« 秋田へ (2) | トップページ | はらこ飯などなど »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

SILVIAおじさんへ
高速道路もだいぶ延長され、意外と近いかもしれません。
高山とは雰囲気が違うかもしれませんね。

投稿: しゅうちゃん | 2014年10月18日 (土) 21時15分

hibochanさんへ
もしかして、ブログを始めてから桜の時期に行ったことが無いかもしれません。
武家屋敷、保存も大変なようです。

投稿: しゅうちゃん | 2014年10月18日 (土) 21時11分

キハ58さんへ
10年程前頃は、cherryblossomの季節に毎年訪ねていた時がありました。
大曲へは毎年行くのですが、なかなか寄れなくて私も久しぶりでした。

投稿: しゅうちゃん | 2014年10月18日 (土) 21時09分

角館は一度は出掛けて見たいと思いますが、さすがに秋田は北陸からは遠い地ですね。同じ小京都の飛騨高山とは随分と雰囲気が違いそうですね。

投稿: SILVIAおじさん | 2014年10月18日 (土) 18時46分

角館 桜の時期には 必ず放映されます
街並みがまさに小京都

投稿: hibochan | 2014年10月18日 (土) 07時19分

わぁ~、角館だ!
久しぶりに町中をみました。
いつも観ても風情ありますね。

投稿: キハ58 | 2014年10月17日 (金) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/60480271

この記事へのトラックバック一覧です: 秋田へ (3):

« 秋田へ (2) | トップページ | はらこ飯などなど »