« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

福島競馬場の花火 2014

Php8210313
突然ですが、↑コレ何だか判りますか?
我が家で、花火見物時の必要品。ペットボトルの「冷凍用ボトル」を凍らせて、数本クーラーボックスに入れて持っていきます。保冷剤の変わりになるとともに、花火を見ている間に徐々に融けて、冷たいお茶を飲むことができます。

大曲の花火を見た翌日、8月24日(日)。
JRA福島競馬場で開催された「復興記念 福島競馬場花火大会」を見に行きました。(行くと言っても徒歩5分程の場所coldsweats01
打上開始19時の1時間程前まで、土砂降りのrain。でも、天気予報では打上開始頃にはcloudになるはず。
Phimg_1824
とうことで、みごと雨も上がり。
Phimg_1827
照明に照らされる芝コースは綺麗です。

ただ、失敗は場所を選び間違い(打上場所に近づきすぎた)のと風向きが今一だったこと。
Phimg_1831 Phimg_1834
最初から、トラトラトラ。写真を撮るには丁度いい感じ
Phimg_1857 Phimg_1859
↑もっと右から撮ると、トラトラトラのセンターにうら打ちが入るはず?来年への課題です。
Phimg_1879 Phimg_1882
やはり、煙が邪魔をしました。weep
Phimg_1884 Phimg_1891
ウヒヒヒ・・・・・
Phimg_1895 Phimg_1896
スタンドのひさし大丈夫かなと?と思って場所取りしたのですが、少しだけ入ってしまいましたweep

19時30分には終了。実質打ち上げ時間は20分程ですが、さすが丸玉屋さん見せるのはお上手、皆さん満足してお帰りです。
花火終了後には、一緒に見た親戚の方に夕飯とbeerをご馳走になりhappy01
Phimg_1897
お腹も大満足でした。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年8月30日 (土)

夏の想い出?

ここ数日寒い日が続きましたが、今日は少し夏に戻ったような陽気でした。
大曲の紹介をしていたら、まもなく9月。先週投稿しようとしていた記事をアップしておかないと、投稿できなくなりそうなので。

お盆以降、色々な物を頂戴しましたので紹介しておきます、感謝です。

なぜか今年初物のスイカ。
Php8150266
相方は、瓜系は食べないので、一人占めしました。

この頃は珍しくなったプリンスメロン×2
Php8150270

Php8200312
写真でも判る位に、みずみずしく甘い~メロンでした。もちろん瓜系は一人占め。

茗荷も沢山いただきました。茗荷の旬を調べたら、夏から秋なんですね。
Php8190304

他にも、胡瓜、茄子etc 野菜が高騰している中、助かっています。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年8月29日 (金)

大曲の花火 夜花火(4)

大会提供花火
今年は、バレエ音楽「ボレロ」に合わせて、最大900mに近い幅で打上られたワイドスターマイン、見ごたえありました。

最初は和火から入りました
Phimg_1733
競技会やスポンサー花火は縦位置で撮影可能ですが、大会提供だけは横位置で撮影です。
Phimg_1737
打ち上げ場所に近いため、上部が欠けるのは仕方がない?。
Phimg_1739
ワイド感は、下部でのトラ打ちで見事に出ています。
Phimg_1746
口を空けたまま、見ている自分が・・・
Phimg_1747
これだけの花火が上がると、どんなに風があっても煙が滞留してしまいます。
Phimg_1752
最後は・・・・ハハハハハ
Phimg_1754
6分30秒、まばたきもせず?に見とれていました。

大会提供花火の映像です。(動画投稿サイトより)
打上前にバーチャル花火で、こんな風に上がるよと判っていたら、どのタイミングで撮影するか撮りやすいのに・・・・・なんて思ってしまいます。
あとから、映像を見ながら「ここだよな~!」と反省しています。



大会提供花火のあとは、しばらく煙が掃けるのを待って、競技再開です。
№24 秋田県 大久保煙火製造所
 左 10号芯入割物  昇曲導付三重芯変化菊
 右 自由玉       初秋のマーガレット
Phimg_1758 Phimg_1759
自由玉、だいぶ下の方で開花しました?

創造花火 虹色ファンタジア
Phimg_1761 Phimg_1763

№25 長野県 (有)篠原煙火店
 左 10号芯入割物  昇曲導付四重芯菊花の誉
 右 自由玉       雄物川のしだれ桜
Phimg_1769 Phimg_1770
創造花火 花火今昔物語
Phimg_1773 Phimg_1776

№26 宮城県 (有)若松煙火製造所
 左 10号芯入割物  昇曲導付三重芯変化菊
 右 自由玉       昇曲導付八重桜
Phimg_1779 Phimg_1780
創造花火 氷上のプリンス
Phimg_1782 Phimg_1784

アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!! ここで衝撃のことが!!!

カメラのバッテリーの印が赤に

バッテリー交換するためには、カメラを一度三脚から外さなくては・・・
大会提供花火のあと、煙待ちの間に予備バッテリーと交換しておけばよかったweep
急いで交換しましたが、慌てたのでこの後2花火師さんの撮影がグダグダになってしまいました。ごめんなさい。

№27 秋田県 大曲花火化学工業(有)
 左 10号芯入割物  昇曲付四重芯変化菊
 右 自由玉       昇分火付八重マジカル芯雪錦菊 (入賞)
Phimg_1785 Phimg_1786
創造花火 ~平和の詩~ この地球に願いを・・・ (優秀賞)
Phimg_1787 Phimg_1794

№28 山梨県 (株)山内煙火店
 左 10号芯入割物  昇曲導付三重芯変化菊 (優秀賞)
 右 自由玉       輝錦
Phimg_1796 Phimg_1797
創造花火 桃源郷へ (入賞)
Phimg_1799 Phimg_1805

大曲の花火最後はコレ
仕掛け花火(フィナーレ 特大スターマイン・10号割物30連発)
 提供 (株)県南エンタープライズ(アミューズメントスタジアム ボンボンスタジアム)

津雲 優さんの「いざないの街」の曲とともに花火が打ちあがります。
Phimg_1817 Phimg_1818
最初はゆっくりと、最後は一気に・・・
3ヶ所同時打上なんですが、2ヶ所しか入りませんでした。
Phimg_1821 Phimg_1823
今年の大曲も終わったとcryingが出そうになる瞬間です。

この歌がいいんです。↓↓↓


その後、南こうせつさんの「満点の星」の曲が流れる中、対岸の花火師さんと光の交換も楽しみな時間です。

また、来年も来たくなる瞬間でもあります。
ありがとう大曲! 来年も来るよ!

多くの写真をご覧いただき、ありがとうございました。
今年は10月にも特別な花火が大曲で上がるんです、悩ましいです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年8月28日 (木)

大曲の花火 夜花火(3)

一気に寒くなりましたね。長袖シャツでも寒いくらいに!しかもrainが続いています。
今週末、茨城県常総市で気になる花火大会があるんですが、先月末の柏崎から始まって大曲まで4回、片道200kmオーバーの花火大会を日帰りで観覧したせいか、少々お疲れぎみなのと天候が今一なので、パスしますweep

さて、大曲の競技会も後半に入ります。

尺玉は写真でも、玉名とマッチしているかある程度判りますが、創造花火は音楽とマッチしているかの判断もあるので、写真だけでは判りずらいです。

№15 東京都 (株)ホソヤエンタープライズ
 左 10号芯入割物  昇り小花付 三重芯変色ダリア
 右 自由玉       煌めく五色楕円の扁球
Phimg_1619 Phimg_1620
HANABI ルネッサンス「火劇・ロミオとジュリエット」
Phimg_1622 Phimg_1623

№16 秋田県 (株)北日本花火興業
 左 10号芯入割物  昇り銀竜四重芯変化菊
 右 自由玉       揺れる花びら ~紅妖花~
Phimg_1627 Phimg_1628
創造花火 みだれ髪 (入賞)
美空ひばりさんの「みだれ髪」に合わせた花火、良かったです。
Phimg_1629 Phimg_1632

№17 福島県 (株)菅野煙火店
 左 10号芯入割物  昇り曲導付四重芯変化菊
 右 自由玉       春爛漫夢さくら
Phimg_1636 Phimg_1637
創造花火 彩 - irodori
Phimg_1643 Phimg_1645

№18 山梨県 (株)齊木煙火本店
 左 10号芯入割物  昇曲導付四重芯引先紅光輝
 右 自由玉       虹・幻想
Phimg_1648 Phimg_1649
創造花火 colors of Herts ~想いのままに~
Phimg_1653 Phimg_1660

ここで、前年度内閣総理大臣賞受賞者による特別プログラム
 提供 秋田銀行・北都銀行

「躍」 -sky Magic-
  秋田県 (株)小松煙火工業
Phimg_1665 Phimg_1666

Phimg_1668 Phimg_1676

特別プログラムの映像(動画投稿サイトより)↓ しゅうちゃんの写真は、どの部分を撮ったか判りますか?

 

№19 長野県 信州煙火工業(株)
 左 10号芯入割物  昇曲導付四重芯引先青光露
 右 自由玉       水晶の煌めき
Phimg_1678 Phimg_1679
創造花火 千代に八千代に -永久の想いを永遠の未来へ-
Phimg_1684 Phimg_1685_2

№20 長野県 (株)太陽堂田村煙火店
 左 10号芯入割物  昇り雄花 四重芯変化菊 (入賞)
 右 自由玉       さくらんぼ
Phimg_1687 Phimg_1688
創造花火 段咲花時雨とタンポポの花
Phimg_1690 Phimg_1693

№21 茨城県 山崎煙火製造所
 左 10号芯入割物  昇曲付五重芯銀点滅 (優秀賞)
 右 自由玉       光の交響曲
Phimg_1697 Phimg_1698
創造花火 動物いっぱいの森へ ~幸せを運ぶてんとう虫を探しに~ (入賞)
Phimg_1701 Phimg_1707

№22 東京都 (株)丸玉屋小勝煙火店
 左 10号芯入割物  昇曲導付四重芯変化菊
 右 自由玉       紅の花
Phimg_1709 Phimg_1710
創造花火 哀愁浪漫
Phimg_1714 Phimg_1717

№23 長野県 (株)紅屋青木煙火店
 左 10号芯入割物  昇り曲付四重芯変化菊 (入賞)
 右 自由玉       夏の終わりの夕陽 (優秀賞)
Phimg_1720_2 Phimg_1721_2
創造花火 Atlantis -海に眠る幻想の世界- (優勝)
Phimg_1723 Phimg_1724

今年は、創造花火の競技が開始されて50周年。その記念の年に創造花火の部で優勝されたのが青木さんです。
映像でも、多用いられた和火は写らないんですね。
今年は、全体的に「和火」「時差式花火」が多かったように感じました。


明日は、大会提供花火からラストまで行きたいと思っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年8月27日 (水)

大曲の花火 夜花火(2)

昨日に続きます。

№9 宮城県 (株)芳賀火工
 左 10号芯入割物  昇曲導三重芯変化菊
 右 自由玉       霧雨に輝く虹の架け橋
Phimg_1526 Phimg_1527
創造花火 Snow magic
Phimg_1532 Phimg_1535

仕掛け花火(スポンサー花火 スペシャルスターマイン)
提供 東日本電信電話(株) (株)NTTドコモ東北支社・(株)秋田魁新報社
Phimg_1538 Phimg_1542

№10 福岡県 高田花火工業
 左 10号芯入割物  昇曲導付四重芯変化菊
 右 自由玉       輝 (入賞)
Phimg_1548 Phimg_1549
創造花火 彩煌の花(入賞)
Phimg_1550 Phimg_1553

№11 秋田県 (株)小松煙火工業
 左 10号芯入割物  昇天銀竜五重芯変化菊 (優勝)
 右 自由玉       氷花(ICE CRYSTAL) (準優勝)
Phimg_1556 Phimg_1557
創造花火 風鈴 ~2014夏の想い出~ (入賞)
Phimg_1559 Phimg_1563

№12 愛知県 (株)磯谷煙火店
 左 10号芯入割物  昇曲付三重芯変化菊
 右 自由玉       ブリリアンカットダイヤモンド (入賞)
Phimg_1565 Phimg_1566
創造花火 ブリリアンカットダイヤモンド (入賞)
Phimg_1570 Phimg_1572

№13 新潟県 新潟煙火工業(株)
 左 10号芯入割物  昇曲導付四重芯変化菊 (入賞)
 右 自由玉       椿の花
Phimg_1575 Phimg_1576
(↑右下がかすれていますが、前席のvirgoが立ったためですweep
創造花火 未来への架け橋 煌めく世界へ
Phimg_1577 Phimg_1582_2

仕掛け花火(大玉連発付きスペシャルスターマイン)
提供 みちのくコカ・コーラボトリング(株)・JA全農あきた
Phimg_1591 Phimg_1594

仕掛け花火(スペシャルスターマイン)
提供 JR東日本 東日本旅客鉄道(株)秋田支社・東北電力(株)
Phimg_1599 Phimg_1603

№14 静岡県 三遠煙火(株)
 左 10号芯入割物  昇曲導付三重芯変化菊
 右 自由玉       雪の華
Phimg_1609 Phimg_1610
創造花火 雪の華
Phimg_1613 Phimg_1617

やっと半分の花火師さんが終了しました。 (続く)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年8月26日 (火)

大曲の花火 夜花火(1)

今回、花火を鑑賞した所はA桟敷席の一番後ろのブロック。高さ2m位の桟敷席を工事現場で良く見かけるパイプ組にコンパネを張った席になります。
花火の尺玉を近くで見たことがある方は感じたことがあると思いますが、風圧をお腹に感じることを。
大曲では、尺玉が開花すると、コンパネも振動するので、お尻からも花火を感じることが出来るんです。
当然、cameraは三脚を使っているのですが、三脚自体が振動するので、写真に微妙な揺れがある場合を承知のうえでご覧ください。

夜花火の写真を出来るだけ打上順に少しずつアップして行きたいと思います。
写真を整理するのと、会社名、玉名を入力するのに時間がかかります、ご了承ください。

競技は、尺玉2発(芯入割物と自由玉)と、2分30秒で音楽にシンクロする花火を打ち上げる(一般的なスターマイン)で競います。
創造花火を写真数枚で表すのは無理ですが、一応アップしておきます。
4~5花火師さんの競技花火が上がると、仕掛け花火(スポンサー花火)がワイドスターマインで上がります。

№1 茨城県 筑北火工 堀米煙火店
     都合により不参加(たぶん、先日いわき花火大会での筒内での破裂事故の影響かな?)

№2 静岡県 田端煙火(株)
 左 10号芯入割物  昇曲導付三重芯変化菊
 右 自由玉       千成独楽
Phimg_1439 Phimg_1440
 創造花火  光の構造結晶 ~未知なる輝き~
Phimg_1444 Phimg_1448

№3 静岡県 (株)イケブン
 左 10号芯入割物 昇曲付四重芯変化菊
 右 自由玉      グラデーションボール
Phimg_1450 Phimg_1451
 創造花火 WAVE!光のグラデーション
Phimg_1453 Phimg_1456

№4 群馬県 (株)菊屋小幡花火店
 左 10号芯入割物 昇曲導付四重芯変化菊
 右 自由玉      虹の羽衣
Phimg_1459 Phimg_1460
創造花火 バタフライガーデン (優秀賞)
Phimg_1463 Phimg_1464

№5 山梨県 (株)マルゴー
 左 10号芯入割物 昇り曲付三重芯往復変化牡丹
 右 自由玉      木漏れ陽
Phimg_1468 Phimg_1469
 創造花火 ~やさしい光に包まれて~ (優秀賞)
Phimg_1470 Phimg_1477

仕掛け花火(スペシャルスターマイン)
提供 株式会社ヤマダフーズ・株式会社タカヤナギ
Phimg_1484 Phimg_1492


№6 秋田県 (株)和火屋
 左 10号芯入割物 昇曲付三重芯変化菊
 右 自由玉      昇天銀龍二度咲万華鏡写輪丸
Phimg_1493 Phimg_1494
創造花火 信長の鉄砲隊 ~京の都を夢みる~
Phimg_1497 Phimg_1500

№7 長野県 (有伊那火工堀内煙火店
 左 10号芯入割物 昇り分砲付四重芯菊先紅緑銀乱
 右 自由玉      土星探偵衛星 (優秀賞)
Phimg_1503 Phimg_1504
創造花火 The Legend Falls ~伝統の滝を求めて~
Phimg_1508 Phimg_1510

最優秀賞 内閣総理大臣賞
№8 茨城県 (株)野村花火工業
 左 10号芯入割物 昇曲導付五重芯変化菊 (準優勝)
 右 自由玉      幻想イルミネーション (優勝)
Phimg_1514 Phimg_1515
創造花火 夜空を彩る光の遊園地 (準優勝)
Phimg_1517 Phimg_1518
野村さん、時差式花火を上手に使い、夜空に楽しい遊園地を描いてくれました。

野村さんの創造花火は映像でご覧ください。(YouTubeの投稿映像より)

来年は前年度最優秀賞者の特別プログラムは野村花火さん、それも楽しみですね。(来年の話かよcoldsweats01

折角全ての花火師さんを撮影したので、取り合えず全部アップしたいと思います。まだまだ続きます。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2014年8月25日 (月)

大曲の花火 昼花火

大曲の花火が終了したのは予定通りの21時30分。
比較的桟敷席から脱出しやすい席とはいえ、例年激混み必死の5番・6番出口が一番近い所。
15分待ちで堤防外へ出られただけ良いとしなくては。街中人だらけの大曲、勝手知ったる他人の家では無いけど、大曲の街中は地図無しでも歩ける?ので、出来るだけ人の少ない所を歩き10時30分にはcarへ。
すでに大渋滞が始まっているメイン道路を横目に、田んぼ道を抜け横手市内に到着したのは23時。
さて、ここでどうするか?
例年帰りの横手ICは激混みなので国道107号利用で一つ先の湯田ICまで行って秋田自動車道に乗って行くか?
宮城県の方が多く利用する、国道13号から国道107号(仙秋ライン)経由で大崎市へ抜け、東北自動車道古川ICから高速に乗るか?
国道13号をそのまま南下、山形市内で山形自動車道山形北ICから高速に乗るか?
・・・・・結局、国道13号を山形まで来たら・・・・・高速の深夜割引も3割にしかならなし・・・・そのまま、米沢経由で国道13号線を福島まで走ってしまいました。
自宅へは翌朝2時半過ぎに到着。240kmを約4時間か(途中、無料で最高速度70kmの自動車専用道があるので、こんなもんですかね?)

さて今では、大曲の花火大会だけで実施されている昼花火の競技。
NHK放送でもあまり紹介されないので、桟敷席を購入しても夜花火しか見ない人も多いのですが、是非一度見て欲しい競技会です。

今回優勝した (有)若松煙火製造所(宮城県) 「紫煙竜の舞」
Phimg_1338

昼花火準優勝の 信州煙火工業所(株)(長野県) 「変色 煙蜂」
Phimg_1356

その他、カメラ写りが良かったのをアップしておきます
Phimg_1333
(山梨県 山内煙火店 「オレンジ煙竜」)

Phimg_1360
(山梨県 青木煙火本店 「希望の虹」

数年前から始まった、「昼花火スターマイン」(提供イオン株式会社)
Phimg_1414

色々な昼花火が左右2ヶ所で打ち上がります。
昼花火の撮影は夜花火より難しいかも?
Php8230347

18時15分 昼花火の部が全て終了。夜花火が開始されるのは18時50分、この僅かな時間を利用して夕食をとり、トイレを済まして待ちます。
Phimg_1421
ナイアガラ付スターマインで夜花火が始まります。
(提供 有限会社佐藤養助商店・秋田清酒株式会社)
津雲優さんの「夢の空」に合わせてスターマインが打ちあがります。大曲の花火が始まります。
Phimg_1423

夢の空 津雲優 作詞作曲・津雲優

舞い上がれ~ 美しく~ すべての憧憬(あこがれ)~ 打ち上げろ~
果てしない~ ロマンと愛を~ 空のキャンバス~ 描き続けて~

ようこそ北の街 夢の華咲く大曲
忘れかけた幼い日々 想いを再び
あなたと出逢った 雄物川は今年も
過ぎ行く夏惜しみながら 静かに流れる
ああ言葉もなく 涙あふれる
大地を揺るがし 僕らの心へ

舞い上げれ~ 美しく~ すべての祈りを抱きしめて~
二度とない~ パノラマを~ あなたの瞳に~ 映し留めて~

ラララ 大曲 ラララ ラララ ラララ
ラララ 大曲 ラララ ラララ ラララ

オープング動画です↓

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年8月24日 (日)

大曲の花火(2014年)へ

8月23日(土)開催された、第88回全国花火競技大会(大曲の花火)へ行ってきました。
一緒に行く予定だった親戚が急遽行けなくなったので、夫婦2人での観覧となったため、国道13号線をノンビリ行くことにしました。大曲まで約240㎞、高速道路に比べて約2時間程違いますが、運転手としては風景が楽しめるので一般道の方が好きです。

Php8230317
山形県上山にある超高層リゾートマンション?蔵王連峰が綺麗に見えるんだろうね?

Php8230321_2
山形県最上郡金山町 金山杉で有名な場所、手入れのされた杉山が続きます。

Php8230322
秋田県湯沢市にある 道の駅おがち 「小町の郷」でお買い物

13時過ぎに、大仙市大曲のいつものスーパーに到着。昼食&夕食を購入。近くの路駐可能な場所に車を停めて、昼食&休憩。
午後3時半過ぎ、会場までのんびり歩いていきます。
Php8230324
会場へ向かう道では、駅から一番遠い所なので、こんな感じですが会場に近付くにつれて混雑が!

Php8230326
堤防上の道路は、緊急車両用のため横移動はできません。携帯各社の臨時基地です。

Php8230328
堤防の階段を降りると、そこには巨大な滑走路?が待っています。
初めてツアーで来られた方でしょう「ひろ~~い」とうい声が聞こえてきます。
↑写真 右側の階段状の桟敷席がC席 川沿いの滑走路?がA席です。

Php8230333
A桟敷席 コンパネ敷きで、1枡(1.8m×1.8m)で最大6名まで利用できます。

Php8230335
所詮、河川敷なので雨が降ると、大変なことになります。今は黒いビニールシートみたいのを貼ってくれていますが、数日続いたrainで随所で影響が出ていました。

Php8230331
ここは、トイレ前の水が乾ききれず、トイレの使用が出来ない状態に。

Php8230338
巨大スピーカーがクレーンで釣り上げられています。打上げ場所に3ヶ所?くらいありました。

Phimg_1324
打上げ場所に見える無数の筒。右側の大きいのが尺玉用のはず。

昼花火(後日紹介)が終了し、夜花火の開始時間が近づいてくると席は満席。
Php8230355

Php8230358

主催者発表で昨年より4万人少ない72万人の観客だそうです。
Php8230361
綺麗な夕焼けも現れ、雨の心配もなく、涼しい風が吹き、最適な観覧環境になりました。

花火の写真が一枚も無いのも寂しいので、大会提供花火「ボレロ」から1枚
Phimg_1748
ホホホ・ホホホ~~~
私のカメラじゃ、全部写らんわいcoldsweats01

競技結果が発表されました。(申し訳ないけど、また野村さんか~、でも仕方ないかsign02

最優秀賞 内閣総理大臣賞 茨城県 野村花火工業(株)

創造花火(スターマイン)の部
優勝 長野県 (株)紅屋青木煙火店
準優勝 茨城県 野村花火工業(株)
優秀賞 山梨県 (株)マルゴー
      秋田県 大曲花火化学工業(有)
      群馬県 (有)菊屋小幡花火店

10号玉 芯入割物の部
優勝 秋田県 (株)小松煙火工業
準優勝 茨城県 野村花火工業(株)
優秀賞 茨城県 (株)山崎煙火製造所
     山梨県 (株)山内煙火店

10号玉 自由玉
優勝 茨城県 野村花火工業(株)
準優勝 秋田県 (株)小松煙火工業
優秀賞 長野県 (株)紅屋青木煙火店
      長野県 (有)伊那火工堀内煙火店

昼花火の部
優勝 宮城県 (有)若松煙火製造所
準優勝 長野県 信州煙火工業所
優秀賞 山梨県 (株)マルゴー
      秋田県 大曲花火化学工業所(有)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

無事帰りました

Phimg_1427
先ほど、無事大曲から帰宅しました。
コメ・ポチのお返しは、爆睡後に出来ればと思っています。
とりあえず、夜花火オープニングの1枚アップしておきます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年8月23日 (土)

ベーカリーレストランBAQET

本日は、在庫整理の記事です。在庫整理のためコメント欄は閉じておきます。

先月の話です。
イオンモール名取内にあるお店。以前にも紹介したことがあるベーカリーレストランBAQETから
Php7210131

こんなハガキが来たので、行ってきました(お店にハメ?られている感じもしますがcoldsweats01
Php7210129

プレミアムセットですね。
Php7210121

前菜
ベーコンチップとカリカリクルトンのシーザーサラダ(左)とスモークサーモンのカルパッチョ仕立て(右)
Php7210122 Php7210123

メイン
チーズフォンデュハンバーグ(左)と豚ロース肉のチーズインミルフィーユカツレツ バルサミコソース(右)
Php7210124 Php7210125

デザート
バニラアイス カラメルソース(左) アイスティラミス(右)
Php7210126 Php7210127

他にドリンクバーが付きます。そしてハガキに書いてある土産が1人分いただいてきました。
お腹も大満足しました。

| | トラックバック (0)

暑くなりました。

足元は今一ですが天気もよく適度な風もあります。 1408780210272.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年8月22日 (金)

四方山話のつづき

ここ数日、天気予報とにらめっこしながら、一喜一憂
Oomagari20142
打上開始頃はsunかな?風向きが今一だけど贅沢は言っていられない。
ただ、足元がぬかるんでそうなので、長靴は必要かも?

今日はこっちも午後から rainthunderthunderrainthunderthunder
仕事中に停電になるし! 前線が動いているらしいです。
そのおかげで、明日の午後からはsunになるらしいです。
Php8220316
帰宅しようと思ったら、cloudshinecloudshinecloudなのでcamera

山形県白鷹町にある和菓子屋『ぬまざわ』で作っている最中
赤川の花火を見に行く途中で購入。
Php8180292
商品名は『頭殿あけび』
頭殿って?と思い調べたら、白鷹町にある『頭殿山(とうどのさん)』の名産あけびを模しているからのよです。
Php8190300
あけびの形をした皮の中には、白餡とあけびの種を表した小豆が入っていました。
最初手に持った感覚は、ずっしりと重い!
美味しくいただきました。

ところで↓コレ、何だか判ります?
Php8180293
以前にも紹介したことがあるかも知れませんが、久しぶりに頂戴したのでアップしておきます。
玉羊羹です。
日中戦争の頃(1937頃)、二本松市の和菓子店『玉嶋屋』が開発した和菓子で、戦地へ送るために日持ちさせるように、ゴム風船の中に羊羹を詰めたとのこと。
食べ方としては、爪楊枝を刺すとツルっと風船が割れて、球体の羊羹が現れます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年8月21日 (木)

西川町 出羽屋

広島という大きな街での災害に驚いています。被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。
大曲の花火大会が開催される大仙市でも大雨警報が出ており、河川敷の駐車場が閉鎖されたようです。今年の異常気象はどうなっているんでしょう?
土曜日の降雨確率が90%になり、どうなることか?

さて先週の話を片付けましょう。赤川花火大会へ行く途中に、美味しそうな蕎麦屋さんを探したら、ここを見っけsign03

山形鉄道三山線があった頃(1974年廃止)、終着門沢駅前にあった旅館出羽屋。
Php8160271
趣ある佇まいで、写真では判りずらいですが、大きな建物でした。
この左側に無駄に広い場所があったので、そこが駅跡なのかなと想像しながら訪ねました。
今でも旅館を営業されており、蕎麦屋も傍らで営業されているようです。

Php8160273
山菜が有名なお店のようで、大半の人が『月山山菜そば 1100円(税込)』を注文されていました。今回は『山菜そば付き籠膳 2300円(税別)』とを各々注文してみました。

7種類の山菜料理が並んだ籠膳。美味しかったですが値段的には?かな
Php8160278

山菜の出汁、2人分です。
Php8160281

最初は器に山菜出汁をとって浸けて食べ、最後は出汁に入れて暖かい蕎麦にしていただくようです。
Php8160283

宿泊は1万円からのようです、場所はお店のHPで
出羽屋 山形県西沢町門沢58

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年8月20日 (水)

花火 四方山話

≪赤川花火≫

いつも参考にさせてもらっている方が撮られた赤川花火。たぶん、有料カメラマン席から撮影かと思いますが、さすが綺麗ですsign03
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://photo.ap.teacup.com/jumi/685.html#readmore

赤川花火大会 エンディングを裏側(観客席の反対側)から撮影された映像。この日の風向きでは風上にあたるので、煙の影響を受けずに撮影されています。

10分近い打上だったのですね。

≪大曲の花火≫

正式名称は、全国花火競技大会「大曲の花火」。今週土曜日開催されるます、天候は何とか大丈夫そうかな?でも小さなrainマークも出てきたようで、何とかcloudで収まって欲しいです。
Php8190308
↑桟敷席券と一緒に送られてくるパンフレット
↓桟敷席の案内図
Php8190306

大曲の花火人気がdownなのか?わざわざ高いお金を出して落札してまで見ようする人が少なくなったのか?、桟敷席のレイアウトを変えたから?
某オークションでは原価割れが続出しているようです。
A席が約18,000枡、C席が約3、400枡 桟敷席が巨大化しすぎて、打上正面でない桟敷席が多くなりすぎてるから??。
(しゅうちゃんは、緑色の後ろの方、写真を撮るにはいい場所だと思っています。あとは腕と天気かな?桟敷席券を譲っていただいたSさん、感謝しています)
NHK-BSでテレビ中継あります。

≪玉名(ぎょくめい)≫

先日コメントで問い合わせがあったので、花火の名前について少し説明しておきます。
赤川花火で山形県の(有)安藤煙火店が上げた 昇曲導付八重芯変化菊(のぼりきょくどうつきやえしんへんかぎく)
Phyaeshin
↑芯入割物花火といわれるもので、中心部の橙色、その外側の青色、大外の赤色と別れています。
一番外側を親星、内側を芯星といい、この花火の場合本来は「二重芯」と表示されるべきなのです。しかし昔、花火職人が苦労して多重芯の花火を開発したことから「八重芯」と名付けたそうです。
辞書においては「八重」は幾重にも重なっていること、数多く重なっている事を「八重」と表記されており、八重桜も同じ意味合いのようです。
その後、芯が三重の花火が開発されそれを「三重芯花火」(親星をいれると四重の輪になります)と呼ぶようになったそうです。現在は四重芯・五重芯まであります。

大曲でも芯入割物の尺玉が上げられます。その名前も事前にプログラムに記載されています。
Php8190309

現在の最高五重芯の花火をご覧ください。去年大曲で内閣総理大臣賞を受賞された小松煙火工業さんの花火です。

プログラムでもお判りになると思いますが、大曲は1花火業者さんが、10号割物花火・10号自由玉、創造花火(スターマイン)で競いあいます。小松さんの2発目自由玉は、この頃多くなった時差式花火です。すごい技だと思います。(写真では表現できません)

昇曲付・昇曲導については、こちらの方が詳しく解説されていますので、ご覧ください。
花火は知れば知るほど、奥深いです。↓↓↓
http://www.japan-fireworks.com/basics/gyokumei.html

個人的に好きな花火大会も開催されます。↓↓↓
Keibajyouhanabi2014

今週末はupshine 大忙しです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年8月19日 (火)

赤川花火大会(3)

言い訳では無いのですが、赤川の花火大会は無風に近く、僅かに吹く風も観客席側に向かって吹いたため?デザイン花火の部門で自信を持って紹介できる写真がありませんでした。
また観覧した所が打上げ場所の右側となるため、スターマインがどうしても綺麗に写りませんでした。(判っていながら場所を確保したんだけどね)
それでも、デザイン花火の部で優勝した、(株)北日本花火興業(左)さんと準優勝の(株)マルゴー(右)さんの花火をアップしておきます。
Phimg_1225 Phimg_1273

競技花火の合間に特別プログラムとういのが上がります。それらを少し紹介したいと思います。

オープニング花火 担当:(有)片貝煙火工業(新潟県)
Phimg_1131
(太陽が完全に沈んでいないと、これだけ空が明るく写るんですよね)

ドラマチックハナビ 担当:(株)磯谷煙火店(愛知県)
Phimg_1175

Phimg_1178
煙が流れている方向に有料観覧席があります。煙で見えなかったのでは?と思います。

市民花火 担当:(株)紅屋青木煙火店(長野県)
Phimg_1241 Phimg_1252
さすが青木! 見せましたhappy01

エンディング花火 担当:(有)伊那火工堀内煙火店(長野県)
Phimg_1295 Phimg_1302

Phimg_1305 Phimg_1309

Phimg_1312 Phimg_1318
正面から見たら綺麗に左右対象なんでしょうね!
2尺玉も数発上がっていたのですが、撮りきれませんでしたcoldsweats01

来年は8月15日(土)開催 お盆期間中になるんですね。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2014年8月18日 (月)

赤川花火大会(2)

昨日に続き、割物(尺玉2発)部の続きです。
開花した所だけトリミングすればいいのですが、時間が無いのでそのままアップします。

(株)山崎煙火製造所(茨城県)
昇曲付四重芯青点滅 夏の風物詩 かき氷
Phimg_1228 Phimg_1229

(株)青木煙火本店(山梨県)
昇り小花付パステル八重芯パステル先点滅 昇り小花付虹色のブーケ
Phimg_1230 Phimg_1231

(株)山内煙火店(山梨県)
昇曲導付三重芯変化菊 桃源郷
Phimg_1232 Phimg_1233

(有)篠原煙火店(長野県)
昇曲導付四重芯菊花の誉 赤川のしだれ桜
Phimg_1278_2 Phimg_1279

アルプス煙火工業(株) (長野県)
昇曲導付四重芯変化菊 昇曲導付三重芯変化菊 時計草
Phimg_1280 Phimg_1281

(株)紅屋青木煙火店 (長野県)
昇曲付四重芯変化菊 水焔の夕陽
Phimg_1282_2 Phimg_1283

新田煙火店(秋田県)
昇り曲導付四重芯変化菊 昇り曲導付三重芯錦冠菊
Phimg_1284 Phimg_1285

野村花火工業(株) (茨城県)
昇曲導付四重芯変化菊 光の波紋
Phimg_1286 Phimg_1287

競技会の結果がHPで発表されていました。
割物部
   優勝  野村花火工業(株) 【茨城県】
   準優勝 新田煙火店 【秋田県】
   3位   (有)篠原煙火店 【長野県】
デザイン花火の部
   優勝  (株)北日本花火興業 【秋田県】
   準優勝 (株)マルゴー 【山梨県】
   3位   (有)篠原煙火店 【長野県】

デザイン花火は明日、少しだけアップできればと思っています。
(続く)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2014年8月17日 (日)

赤川花火大会(1)

夕方までは小雨が降っていた打上げ会場、足元はイマイチ。長くつを履いている方もいました。
午後5時半、傘を持って会場入りしましたが、そんな心配はいらないような空に。
雨の心配があったので、自由席後ろ側で折りたたみイスで観覧できる場所を確保しました。
赤川は有名な位に風が無い花火大会。煙が邪魔をするケースが多くありました。でも、去年よりは少しましかな?

赤川花火大会は、全国デザイン花火競技大会の別名もあり、デザイン花火(スターマイン)の部と割物(10号)の部門に別れて競われています。
ある程度、紹介できそうな写真が撮れた、割物花火を2回にわけてアップさせていただきます。
写真はクリックすると全て拡大します。ただし、全てリサイズしていますのでご了承ください。

(株)和火屋(秋田県)
昇曲付三重芯変化菊  昇天眼龍万華鏡写輪丸
Phimg_1151 Phimg_1152

(株)イケブン(静岡県)
昇曲付四重芯変化菊 グラデーションボール
Phimg_1153 Phimg_1154

(有)菊屋小幡花火店(群馬県)
昇曲導付三重芯変化菊 モノクロームの華
Phimg_1155 Phimg_1156

(有)伊那火工堀内煙火店(長野県)
昇り分胞付四重芯菊先紅緑銀乱 昇り分胞付三重芯煌めきの華
Phimg_1157 Phimg_1158

(株)北日本花火興業(秋田県)
昇り曲導付四重芯変化菊 光のまほろば
Phimg_1159 Phimg_1160

(有)安藤煙火店(山形県)
昇曲導付八重芯変化菊 エルドラドに咲く花
Phimg_1199 Phimg_1200

(株)丸玉屋小勝煙火店(東京都)
昇曲導四重芯変化菊 夏の花
Phimg_1201 Phimg_1202

(株)磯谷煙火店(愛知県)
昇曲付三重芯変化菊 昇曲付万華鏡冠菊
Phimg_1203 Phimg_1204_2

(有)太陽堂 田村煙火店(長野県)
昇り雄花三重芯変化菊 昇り曲付さくらんぼ
Phimg_1205 Phimg_1206

(続く)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

赤川花火大会(速報)

山形県鶴岡市で開催された、第24回赤川花火大会へ行ってきました。
前日までの天気予報では、100%近くrainマーク。
しかし、開始時間にはcloudは多いですが、雨の心配は全く無い空模様になりました。
さすが、しゅうちゃんは晴れ男(なのか?)
Phimg_1126

塀?のあっち側も良さそう
Php8160286

ここの場所確保は、ロープのみ可。これが常識の範囲でしょうね。
Php8160287

19時開始のオープニング花火は、まだ明るい空の下で始まりました。
Phimg_1134

今年は裏道を知ったので、帰りの混雑前に庄内を抜けれたので12時30分には自宅へ帰ることができました。
詳しくは後日報告します。(コメ・ポチ・イイネの返事等は起きてからしますので、とりあえずsleepyします)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年8月16日 (土)

お盆

お盆もアッという間に過ぎ去っていきました。
いつもの 自家製 コレに
Php8150263

今回は、コレ(ずんだ)
Php8150267
を少しだけ頂いてきました。美味しかったです。
昔は何度か手伝ったことありますが、ずんだを作るのは大変でね。
お盆期間中、毎日どこかでがあがっており、音だけが聞こえていました。

先日、酒田へ行った時は国道47号を最上川に沿って走りましたが↓
Php8020232

Php8020233

今日は、月山の南側を走る国道112号を走っていると思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年8月15日 (金)

新庄駅(4)

『とれいゆ』が出発した1番ホームに、山形県鳥のおしどりをモチーフにした新塗装のE3系つばさが入線してきました。

Phimg_0903

Phimg_0908

陸羽東線『みのり』と
Phimg_0917

奥羽本線 クハ701系(クハ700-37+クモハ701-37) 秋田駅から3時間以上の時間をかけて新庄まで走ってきました。
Phimg_0896

Phimg_0901

陸羽西線 キハ100系気動車(キハ111-151+キハ112-151) 快速最上川が酒田から50分程でやってきました。
Phimg_0905

Phimg_0910

Phimg_0912

残念ながら、一人旅だと記念撮影ができません。いいな、ぼくたちは。
Phimg_0916

明治36年から使用されている『赤レンガの機関庫』
その奥に伸びている線路の先には、転車台があるらしいです。
山形県のHP↓↓↓
http://www.pref.yamagata.jp/ou/shokokanko/110001/him/him_11.html


知らなかった!転車台、道路から見えるらしいです。
Phimg_0899

山形県内で現役の転車台は、ここ新庄駅だけと思っていたら、酒田駅にも現役の転車台があるようです。
そのためか?、9月13日・14日と陸羽西線で『SL陸羽西線100周年号』が走るようです。それに合わせるように13日夜は、沿線の戸沢村で10000発を打ち上げる『最上川ミュージック花火2014』が開催されます。

8月2日、酒田の花火を見に行く途中の寄り道報告、長い間お付き合いいただきありがとうございました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年8月14日 (木)

新庄駅(3) とれいゆ

Weather20140815
今週末行きたい所の天気予報。全国的にあまり良くないみたいですね。rainマークが取れると最高なんだけど。土曜日の降雨確立が70%⇒40%⇒50%ときて今日の午後にはついに100% トホホな天気予報。出かけるのを止めるかsign02

新庄駅の続き。今日は、『とれいゆ』特集です。(* ̄ー ̄*)
こいつを間近で見たくて、出発時間に間に合うように頑張って新庄駅まで走って来ました。

この塗装、やっぱいいな!
Phimg_0859

『とれいゆ』のマーク 紅花・サクランボ・ラフランス・ブドウ・将棋の駒・温泉etc
Phimg_0856

ちと判りずらいけど、畳座席。
Phimg_0860

これまた判りずらいけど、足湯spa
Phimg_0865

新庄は、かなり ソバ であるhappy01 
Phimg_0875

とれいゆ & みのり
Phimg_0867

山形からの普通列車(クハ700 5500番台 標準軌仕様)が到着
Phimg_0878

山伏さん?に見送られ
Phimg_0862

とれいゆつばさが出発していきました。
Phimg_0882
場所取りに負けましたweep

(続く)   

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年8月13日 (水)

新庄駅(2)

新庄って何処?と思われる方が多いので、地図をアップしておきます。
山形県の北側に位置し、国道47号で宮城県大崎市(旧古川市)から日本海側の酒田市を結ぶ中間地点に位置します。
また、新庄駅を中間点に宮城県側へ伸びる、羽越東線は沿線に鳴子温泉郷など多くのspaがあるため、別名『奥の細道湯けむりライン』とも呼ばれています。
さらに、日本海へ伸びる、羽越西線は芭蕉の俳句でも有名な最上川に沿って走るため『奥の細道最上川ライン』とも呼ばれています。


大きな地図で見る

今回、酒田の花火見物の途中で、新庄駅に立寄ろうと思ったのは、観光新幹線『ゆとりあ』の始発だから・・・だけでなく、この駅のホームが日本では珍しい『H型』のホームだということを最近知ったからです。
Ekishinjyou
↑JR東日本のHPから流用させていただきました。ホームの上の通路は東西を結ぶ自由通路です。
もっと判り易くするため?線路も入れた絵を描いてみました。だいぶ線路は省略していますが、イメージをつかんでもらえれば嬉しいです。
Sinjyousenro
(久しぶりに、線路のレイアウト図を書きました)
山形新幹線は、福島からここ新庄駅まで。そして、そのレール幅は新幹線が走るので標準軌(1435mm)。↑の絵で赤色部分。
奥羽本線はここからさらに秋田方面へ続きます。そのレール幅は狭軌(1067mm)。
(ただし、大曲~秋田間は秋田新幹線が走るので特別な形態になっています)
ここ新庄駅に東西から集まってくる、陸羽東線・西線も狭軌(しかも非電化)。
なので、駅舎から階段を一切利用しなくても、各ホームへ行けるH型ホームになったのかも?
Phimg_0869
↑H字の横棒の位置から、山形新幹線(奥羽本線山形方面)のホーム

↓同じ場所から 3番線(陸羽西線)と4番線(奥羽本線 秋田方面)のホーム
Phimg_0868

H字の横棒になります。終点のような風景ですが、終点じゃないんです。
Phimg_0845

福島方面のレール(右側から山形新幹線1番ホーム、2番ホーム、陸羽東線5番ホーム、車両基地)
Phimg_0886
そう、山形新幹線の山形~新庄間は基本単線なんですsign03

駅舎と反対側にある5番線(陸羽東線)のホーム
Phimg_0848

ちょうど、『リゾートみのり』が出発を待っていました。(さすがキハ58さんは、乗られたことがあるようです)
この列車、仙台から東北本線を走り、小牛田から陸羽東線に入り新庄まで運転されている列車。
Phimg_0851

キハ48を改造しています。
Phimg_0893

秋田・酒田方面の線路風景happy01
Phimg_0913
わずか1時間ほどの滞在で、色んな風景を見ることが出来ました。
続きます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年8月12日 (火)

新庄駅(1)

奥羽本線、陸羽東線、陸羽西線が交わる新庄駅を目指して車を走らせます。
Php8020218
途中で? そいえば今走っている国道113号は、前の週柏崎に行くために走ったと同じ国道だと気づきました。

そして赤湯の国道13号線、両側のビニールハウスはぶどう畑。もう、ぶどうの季節なんですね。
Php8020223

国道13号をひたすら北上すること3時間弱。14時過ぎに新庄駅東口の無料駐車場に車を入れ、急ぎ駅に向かいました。
この新庄駅の近くは、秋田や大曲などへ行く際に何度も通過しているんですが、立寄ったことありませんでした。
東口から駅舎がある西口への連絡橋(自由通路)を渡ろうとしたらsign02 アレはsign03
Phimg_0839

↓狙っていたのは、コレ。上りの『とれいゆ』 すでにホームに入っています。
Phimg_0841 

陸橋の上から見える線路や建物にもワクワクしながら、西口の駅舎へ。
Phimg_0843

駅舎は、ガラス張りの近代的な建物なんですね。
Phimg_0925

新庄祭りの山車が飾ってありました。
Php8020229

入場券を買って
Shinjyokipu

とりあえず1枚 『とれいゆ 2 14時43分発 福島行』
Phimg_0844

詳しくは次回

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2014年8月11日 (月)

板谷峠の映像集

本日2回目の投稿です。

山形新幹線が出来るまでの板谷峠の風景映像をさがしていたら、懐かしい映像を見つけました。
自分のために、記録しておきます。
したがって、コメント欄は閉じておきます。


全編で45分位の作品です。
なぜ、4連続スイッチバックの駅が出来たのか?スイッチバックについて興味がある方は、是非全編ご覧ください。

板谷峠・出発への道 3-1


板谷峠・出発への道 3-2


板谷峠・出発への道 3-3

| | トラックバック (0)

奥羽本線 峠駅(2)

上りつばさを見送って5分程で下りがやってきました。
Phimg_0817

すぐ横を新幹線車両が通過していきます。
Phimg_0820

もちろん、黄色い線から内側で撮影していますが、風圧を感じます。
Phimg_0821

Phimg_0825

右下にネコちゃんが居たのですが、リサイズしたら飛んじゃいました?
こんな作りでよく豪雪に耐えられますね。
Phimg_0828

峠駅と言ったら『峠の力餅』
Phimg_0832

以前米沢市内で購入した『峠の力餅』紹介しましたが、こちらが元祖(米沢市内や新幹線車内で購入できるのは分店の品物、現在はこことは直接関係が無いようです)。
Phimg_0833 Phimg_0835

すでに11時30分、車を運転しながら力餅を頬張りながら次の場所へ移動しました。
(次の場所は、H型のホーム?がある駅で~す)

スイッチバック駅当時の映像を投稿サイトで見つけました。
50秒頃に峠の力餅の建物の横に写る道をcarで降りてきます。
峠の力餅のお店は、同じ場所にあります。
また1分過ぎから写る、スノーシェッドが、昨日4枚目に写っているスノーシェッドです。
また、峠の力餅の駅売りが写っていますが、現在も普通列車に対して行っているようです。
途中から『キンコンカンコン』音がします。ご覧になる方はボリュームは注意してください。

前半は峠駅、後半は板谷駅のスイッチバック駅のようです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年8月10日 (日)

奥羽本線 峠駅(1)

板谷駅をあとにして、山形県道232号を米沢方面へ向かいます。↓↓↓地図参照

少し話がそれますが、この山形県道232号。15世紀頃伊達氏によって開かれた道で米沢街道(喜多方からの街道と区別するため板谷街道とも言われています)とも呼ばれ、米沢藩が参勤交代で利用した道。今はつな繋がっていませんが、奥羽本線の南側(↓地図を参照)を福島県側の庭坂・笹木野と結ばれていました。
今と言いましたが、今から30年程前、五色温泉(↓地図参照)に泊まっていた時、突然けもの道からrvcar、それが知人で庭坂で野草採りをして奥へ奥へと入ったら五色温泉に着いたといって、お互いに驚いたことがあります。
同じ道だと思うのですが、吾妻高原牧場から庭坂へ抜けたときに、旧宿場跡のような場所を通った記憶があります。
現在は、県境付近が崖崩れで通行不能らしいです。
なお、現在の国道13号は、明治時代に万世大路として新たに開拓された道路で、何度かにわたって改良され現在の国道13号になっています。旧万世道路・板谷街道を探索される方々が沢山おられます。(ネット検索で万世大路とすると沢山ヒットします)
Phitayaeki

話が大分それましたが、それほど険しい板谷峠。峠駅への道のりも大変です。
県道232号から峠駅への分岐点
Php8020216
ここを左折 峠駅まで2.8km 秘湯spa中の秘湯 滑川温泉まで6km 姥湯温泉まで10km
ここからは、ほぼ1車線の道路、対向車が来ないことを祈りながら車を進めます。

途中でさらに分岐点 峠駅は右へ 左のspaも入りたいですが、この日は花火がメイン?なので諦めました。
Php8020214

峠駅のスノーシェッドが現れてきました。
Phimg_0831
スイッチバック時代には、私が居る場所から後ろが峠駅のホームがあった所になります。

スノーシェッドに入って振り返ってパチリ。以前の線路がそのまま残っています。今は駐車場に使われているようです。
Phimg_0794

さらに先へ進むと、現在の峠駅が現れます。本線上に島式のホームが1つ。
Phimg_0827
↑右側に写っている『峠駅』の看板は旧駅の看板らしいです。

↓福島方面(上り方面)はトンネルと直結しています。右から 下り線用トンネル、上り専用トンネル そして一番左側はスイッチバック時代の引き上げ線用トンネル。現在は線路が撤去されています。
Phimg_0799

通過推定?時間通りに上りつばさがやってきました。(↓米沢方面)
Phimg_0801

新塗装のE3系です!この頃会えるな。
Phimg_0809 Phimg_0811

cameraお仲間2名に+工事関係者数名でした。
Phimg_0813

(続く)   

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年8月 9日 (土)

第36回ふくしま花火大会

本日2回目の投稿です。

天気予報のとおり、夕方からrain
しかも、だんだん強くcoldsweats01
打上げ場所まで行っても、cameraを構えるのも厳しい状況。
自宅マンションの非常階段から見ることに。
Phimg_1105
上空は厚い雲。

Phimg_1117
時々、綺麗に見えるだけど
Phimg_1123
煙も漂っているようで
残念でした。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

奥羽本線 板谷駅(2)

下りE3系つばさ↓を見送ったあと、10分程先客?とお話をしながら待ちます。
Phimg_0773

上下ホーム間の踏み切りが鳴り出すと列車がやってきます。
Phimg_0778

福島駅への回送を大笹生の大カーブで見送った『とれいゆ』がお客さんを乗せてやってきました。
Phimg_0781

お顔の照り?天気が良すぎて反射しているのかな?どうも鉄道写真難しいです。
Phimg_0784

スノーシェッドに消えていく『とれいゆ』を見送り
Phimg_0786

また静けさを取り戻した板谷駅
Phimg_0776

次は、米沢方面の駅『峠駅』へ向かいます。
Phimg_0774

鉄分ばかり続いたので、甘いの?を
Php8030243
先日、お使い用の桃を買いに選果場へ行ったとき、自家消費用の桃1箱なんと500円で売っていたので、買ってしまいました。
味は同じなのに、ちょっとだけ姿形が悪いだけなのにね。(贈答用は同じ個数で4k以上!)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年8月 8日 (金)

奥羽本線 板谷駅(1)

Tenki0808
明日、地元の花火大会なのにrain予報 去年もrainthunderで中止になったので何とか開催して欲しいのですが雨中でも困るし・・・

さて本題です。
福島市から国道13号を米沢へcarで向かうと栗子峠をトンネルで抜けるのですが、trainの場合栗子峠より南側にある板谷峠を越えています。
この駅の開業が1989年(明治32年)、重機なんて無い時代どうのようにして線路を引いて行ったのか、想像できません。
Phimg_0755
旧駅舎から、線路に沿って歩いて行きます。

スノーシェッドから今歩いてきた方向を振り返ります。今でも旧型客車がやってきそうです。
Phimg_0757
以前の板谷峠の風景、こちらの方がアップされています(こちら)懐かしい風景です。

スノーシェッドに囲われた駅(というかスノーシェッドの中に駅を作ったとい方が正しいか)が見えてきました。
Phimg_0761

福島方面をcamera。左側に別れている線路の横を歩いてきました。保線用車両のために現在も利用されているようです。
Phimg_0763
昔は、このキツイ勾配を一気に登ることが出来なかったのが、今では難なく通過していきます。

現在の板谷駅ホームは、本線上に設置されています。
Phimg_0765

ただ、この駅に電車が停まるのは上下各6回だけcoldsweats01 しかも朝晩中心。
Phimg_0777

そんな写真を撮っていたら、踏切が鳴りだしました。山形新幹線下りE3系車両がやってきました。
Phimg_0767

スノーシェッドの中を駆け抜けていきます。(雪囲いが無いと駅の機能がしないんでしょうね)
Phimg_0770

もう少し板谷駅で、bullettrainを待ちます。(続く)

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2014年8月 7日 (木)

美術館図書館前駅

突然ですが、福島交通飯坂線の話を挟みます。

6月にSLを追っかけていた時の写真に写っている、福島交通飯坂線の駅です。
Phimg_0300

その後、飯坂線を記事にしようと撮影していた写真がこちら
私が通っていた高校も近くにあります。以前は『森合駅』だったのが、平成になって近くに県立美術館、図書館が出来て名前が変わりました。
Phimg_0374
それがどうしたってsign02

そんな中、私が愛読している鉄道写真家中井精也さんのブログ『1日1鉄』。
昨日の記事で福島交通飯坂線美術館図書館前駅の写真がアップされていましたsign03
記事写真は----->こちら

どうしたら、こんな写真が撮れるの?
さすが、ゆる鉄中井さん!
現場に立っても、こんな構図考えつきませんでした。coldsweats01
(右側に写っている緑の山は、信夫山です。)
私と何が違うの。カメラ?レンズ?腕?感性?・・・・全部かsign02coldsweats01
青空の日、現場に立ってみようっと。

花火月間?が終わったら、飯坂線の特集をしたいと思っています。

市内中心部で今日から、月遅れの七夕祭りが始まりました。
Php8070261

明日は、奥羽本線板谷駅に戻ります。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年8月 6日 (水)

鉄分補給の旅へ

本題に入る前に、今週末に開催される『第36回ふくしま花火大会』のプログラムが届いたので紹介しておきます。
Php8050258
東京の丸玉屋と地元煙火店が担当は例年と変わりないみたい。
気になるのは、プログラム№7 有名どころの花火師さんの玉が上がるみたいです。
Php8040250
1時間チョットのかわいい花火大会ですが、楽しみにしています。
が、心配はtyphoon天気だけ・・・降水確率40%か。

さて8月2日(土)鉄分補給の旅へ、本題に入りたいと思います。
朝9時に自宅を出発して向かったのは、いつもの庭坂大カーブ。
Phimg_0746
山形から福島駅まで回送されてくる山形新幹線『とれいゆ』(足湯付き?の観光新幹線)満開のハスと一緒に撮って見たかったのです。

Phimg_0749
夏雲の下の『とれいゆ』を見送ったら、急いで国道13号線へ

来年度には開通するらしい、東北中央道を眺めながら
Php8020208
東栗子トンネル2376mを抜けた
Php8020210
山形県に入った所を左折
Php8020211

急な坂を下りるとそこには、板谷の集落があります。そして、ここが板谷駅前。
Phimg_0792

今は珍しくなった公衆電話の向こうに見える建物は、山形新幹線が走る前まで使っていた旧板谷駅。
Phimg_0793

草で見えませんが、新駅舎と現在地の案内板なのです。
Phimg_0751

草だらけですが、この左側に線路があったのです。
Phimg_0753

反対側には、保線用車両が停まっています。
ここが(私が立っている場所が)スイッチバック駅時代のホームになります。
スイッチバックについて知りたい方は、こちらで

Phimg_0754

さて現在の駅へ向かいますか、スノーシェルターの先に駅があるようです。
Phimg_0791
次回は現在の板谷駅などを紹介したいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年8月 5日 (火)

酒田花火ショー(完)

たぶん、スポンサー花火 『サントリー金麦』 あのCMソングに併せてあがる花火よかった!
Phimg_1020

『いにしえの花火』 通常「和火」と言われる花火のスターマイン。
『和火』超簡単に説明すると現在のようにいろんな色の花火が出来る前の花火です。
Phimg_1041
私は、これを綺麗に写す技術と知識が無いんです。どうしたら写るんだろう?
Phimg_1045

『水上スターマイン』 最上川の川面で尺玉を開花させています。いや~今まで私が経験したことが無いものすごい音と振動でした。
車の防犯装置が誤作動するかもしれませんとのアナウンスがありましたが、嘘じゃないみたいな振動でした。
Phimg_1052

そしてグランドフィナーレ 煙が流れず霞がかかったような絵になりました、残念。
Phimg_1059

展開幅2㎞とのことで、この左側でも開花していたのですが、全部を写すことはあきらめました。
Phimg_1065

大曲の大会提供にも劣らないワイドスターマインで
Phimg_1066

最後は、どうにでもなれ~~
Phimg_1070

ウワー!
Phimg_1076
口を開けたまま~~~happy01

大満足の花火大会でした。

ただ、終了後に堤防から一般道へ下りる箇所が少なくて、大混雑なのにはヘキヘキしました。
駐車場から脱出するのに少々手間取りましたが22時には往路の逆を通って山形市方面へ向かうことが出来ました。
最後は山形北ICから高速を利用し、自宅へ着いたのは翌日の1時。お疲れさんでした。
明日からは、鉄分補給のお話が出来ればと思っています。

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2014年8月 4日 (月)

酒田花火ショー(2)

まったりと始まった花火打上げ。ここでの最大打上げ号数は2尺玉。
プログラムで打ち上がるのは判っていても、柏崎と同じく今回も高さを間違えました。coldsweats01
左下に光っているのはmoon3さんです。
Phimg_0971
大好きな千輪
Phimg_0980

メッセージ花火+moon3 2万円程度打上げられるようです?プロポーズもありましたが、どうなったでしょう?
Phimg_0985

キャラクター花火 難しい!たぶんニコチャン・・・が・・・怖い顔にcoldsweats01
Phimg_0989

屋台の灯りはアクセントになります
Phimg_1002

Phimg_1003

銀冠、絵になります
Phimg_1009

Phimg_1010
少し白とびしてますが、今日はここまで。
続きは明日に。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2014年8月 3日 (日)

酒田花火ショーへ(1)

山形県酒田市で開催された「酒田花火ショー」へ行ってきました。
carの走行ルートは概ね、昨日アップした地図に近いです。朝9時前に自宅を出発、帰宅は日付が変わった今日午前1時過ぎ。
今日午前中は用事があり、なんとか消化したあと午後は爆睡タイムcoldsweats01

鉄分補給については、後日詳しくアップしますが、こんな所へ行ってみました。
Phimg_0768
(キハ58さんなら、この場所がどこか判るかな?)

さて、酒田市内スーパーIの駐車場へ着いたのは午後4時半過ぎ。夕飯などを購入して花火打上げ会場へ向かいました。酒田もこの日は暑く、ゆっくりと歩くこと15分程で会場に着きました。
暑さのせい?観客の出だしも遅いようです
Php8020236
打上げまで2時間を切っているのに、こんな状態

本部席(打上げの中心部)前には、三脚が乱立していました。
Php8020238
たぶん、多くのcameraはこの日新潟長岡で開催されている花火大会へ行っているんでしょうね。

パンフレットを100円で購入(うちわ付き)
Phimg_0927

5部構成で打ち上がるようで、今回の花火師さんは、山形県内唯一の花火師さんと、秋田県でも大曲常連の2花火師さんが担当のようです。
Phimg_0928

私が確保した観覧場所は、打上げ場所に向かって左端。
ワイドを正面で撮影できるようなレンズを持っていないので、斜めから狙うことにしました。
Phimg_0933
堤防上の道路の縁石を確保できました。座っているおじさんの左隣がしゅうちゃんの確保した場所です。打上げ30分前結構観客も増えてきました。

19時30分開始ですが、ゆる~い前説?があり花火が打ち上がったのは19時45分
Phimg_0935

この時間でも、空が明るかったです
Phimg_0939
出店が写ると、花火大会の雰囲気が伝わってきますね。

Phimg_0948

花火の写真は、もう少し整理をしてから明日以降アップしますね。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2014年8月 2日 (土)

予定では?

8月上旬はお祭りが目白押し、青森ねぶた祭り、弘前ねぷた祭り、盛岡さんさ踊り、地元では福島わらじ祭り、郡山うねめ祭りなどか催されています。
さらに今日2日は各地で花火大会も多く、超有名な長岡の花火大会を始め、いわき花火大会、郡山ふくやま夢花火など近場でも見たい花火大会が重なっています。
九州方面はtyphoonの影響があるのかな?
Mapsakata20141
そんな今日は、以前から一度は見たかった場所(港まつり)へ。

今日のしゅうちゃんは単独行動なので、予定では途中鉄分を補給しながら、↑のルートでドライブした後、を楽しんでいるはず。coldsweats01
片道約220km、ちと遠いな。帰りは12時を廻っているだろうな。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

今日も暑い日

今日も暑い日でした。 1406971637557.jpg こいつを間近にみれたし、鉄分を十分に補充し 1406971639808.jpg 開始1時間前だというのに出足の遅い大会を楽しみにしてます。どんな写真になるか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 1日 (金)

福島わらじまつり

1日・2日と福島わらじまつりが開催されています。
Php8010194
長さ12m、重さ2tのわらじが主役です。

Php8010200
わらじ踊りなども

Php8010203
どんなに上手に踊っても、子供には負けちゃいます。
みちのくの祭り、本格的に始まりますね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »