« それでも再開しますか? | トップページ | 落選 »

2014年7月17日 (木)

中尊寺 蓮(ハス)

今日は2ヶ月に1度のhospital通い。
予約時間が11時なので、朝一番で宮城県境まで行ってきました。
Phimg_0466

宮城県境にある伊達郡国見町は、岩手県平泉のゆかりの町として平成21年4月に中尊寺からハスの株を譲り受けたそうで、奥州藤原氏が築いた歴史遺産である阿津賀志山防塁を望む下二重堀地内のハス池で国見町中尊寺蓮育成会の皆さんが栽培されているそうです。

Phimg_0471
雨なので躊躇しましたが、なかなか行けないので、思い切って訪ねてみました。
Phimg_0472

中尊寺ハス(国見町のHPで紹介されている内容を引用させていただきます)
昭和25年に岩手県平泉町の中尊寺において、金色堂に安置されている奥州藤原氏父子四代の『ご遺体学術調査』が実施され、四代泰衡公の首級が納められていた首桶から、100粒あまりのハスの種子が発見されました。この中の5粒を大賀ハスで有名な大賀一郎博士が、研究資料として持ち帰り、その後、大賀博士の門弟長島時子先生(恵泉女学園)の丹精により、その種子は平成10年7月に800年の眠りから目を覚まし、一輪の花を開花させました。平安の香りを伝えるこのハスは、淡紅色の清楚な花影です。

Phimg_0484

Phimg_0495
カエルさんも雨宿り?
Phimg_0488

近くの桃畑では、収穫間近の桃が真っ赤に!
Phimg_0505

花より団子のしゅうちゃんでした。coldsweats01


|

« それでも再開しますか? | トップページ | 落選 »

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

hibochanさんへ
すみません表現の仕方が悪かったようで、岩手の中尊寺から贈られたタネから育てた蓮なので『中尊寺蓮』と表現しています。
1189年、福島盆地を見渡せるこの場所に奥州藤原氏が、源頼朝が奥州へ攻めることを想定して防塁を作ったそうです。

投稿: しゅうちゃん | 2014年7月18日 (金) 18時04分

キハ58さんへ
地元紙では以前から紹介されていたので、一度見てみたいと思って出かけました。
蛙、丁度葉っぱの陰で雨宿りしているように動きませんでした。

投稿: しゅうちゃん | 2014年7月18日 (金) 17時56分

潤三郎さんへ
ありがとうございます。
自宅を出るときは、小雨だったのですが現地に着く頃には、土砂降りrain
悩みましたが、頑張って撮ってきました。
遠くの山なみをどう表現できるか?色々撮ってみました。

投稿: しゅうちゃん | 2014年7月18日 (金) 17時50分

あさひさんへ
この頃rainが続いているので、sunが少し続いたら、桃も甘くなるだろうと思って我慢しています。

投稿: しゅうちゃん | 2014年7月18日 (金) 17時45分

中尊寺岩手ばかりと思ってました
レンコン日本一霞ヶ浦沿岸地区
見てみたくなりました

投稿: hibochan | 2014年7月18日 (金) 07時14分

見事な蓮ですね!
こんなに咲いていると、ありがたみが無くなりませんか。
それにしても蛙、「撮って~」って言っているようです。

投稿: キハ58 | 2014年7月18日 (金) 00時53分

以前、中尊寺行きましたが、蓮なんてあったんですね?気が付きませんでした。
2枚目のカット、特に良い雰囲気ですね。
その下の蓮も綺麗だけど、カエルもいい感じですね。
雨の日はやっぱ普段と違った景色に合えるようです。

投稿: 潤三郎 | 2014年7月17日 (木) 21時30分

おら 花より桃でも いいずら(*^ω^*)ノ彡

投稿: あさひ | 2014年7月17日 (木) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/60000148

この記事へのトラックバック一覧です: 中尊寺 蓮(ハス):

« それでも再開しますか? | トップページ | 落選 »