« 南会津へ(3) はるかな尾瀬・・・ | トップページ | 南会津へ(5) 桧枝岐温泉 »

2014年5月28日 (水)

南会津へ(4) 桧枝岐歌舞伎など

Phimg_9732
桧枝岐を貫く国道352号の道端にたたずむ六体の石像。
パンフレットによれば『山深い里のため、昔から冷害になやまされ、とくに凶作の年には餓死者もでるほどでした。ゆえに、働けぬ赤ん坊が「まびき」されるという悲惨な行為もありました。この稚児像は、その霊を弔い母の嘆きを慰めるために建立されたものです』とのこと。
Phimg_9734

Phimg_9736
そして桧枝岐と言ったら歌舞伎。
これもパンフレットを引用すれば
『奉納歌舞伎として行なわれてきた檜枝岐歌舞伎 。
その昔、先祖が伊勢神宮へ参拝したおり、江戸で檜舞台の歌舞伎を観劇し、見よう見まねで村に伝えたのがはじまりです。 以来260年以上に渡り、親から子、子から孫へと継承されてきました。檜枝岐歌舞伎には、江戸の華であった歌舞伎そのものの姿、浄瑠璃が息づいています。(県指定重要無形民俗文化財)自然の地形を利用してつくられた観客席はみごとです。』
Phimg_9743
判りずらいですが幟旗、左側は地元新聞社の物、右側は群馬県上毛新聞社の物です。尾瀬を挟んで反対側の群馬県との繋がりがあるんですね。
この先へ進むと
Phimg_9738
階段状になった観客席。その一番上にあるのが社殿。神様に奉納するために歌舞伎は演じられることが判ります。
Phimg_9741
ぐるっと廻ると
Phimg_9740
茅葺屋根の舞台があります。
そんな歌舞伎について紹介している施設が隣に出来ていました。
歌舞伎伝承家(千葉之家)----->詳しくはこちら

Phimg_9744
ここ桧枝岐は、旅館や民宿だけでなく全戸にspaが配られているspa天国の村です。
今回宿泊に選んだのは、spa民宿『山びこ山荘』さん。
Php5240636
ここは、日中そば処を営んでいるので、たぶん美味しい蕎麦を食べれるのではと思って予約してみました。
Php5240635
お部屋は民宿としては普通かな?
Php5240657
でも畳のへり?に感心したり
Php5240685
洗面台からspaが出ることに驚きました。
sparestaurantは明日以降に
(続く)

|

« 南会津へ(3) はるかな尾瀬・・・ | トップページ | 南会津へ(5) 桧枝岐温泉 »

ドライブ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

hibochanさんへ
桧枝岐歌舞伎、何度もテレビで紹介されていると思います。
このあたりは、裁ち蕎麦が有名ですから、美味しかったですよ。

投稿: しゅうちゃん | 2014年5月29日 (木) 18時54分

キハ58さんへ
階段の最上段が神様の指定席です。
テレビのニュースでは何度も見ていて、一度はこの場所で歌舞伎を見てみたいと思っています。
奉納歌舞伎なので、無料で見れるそうですが夜に演じられるので宿泊先を確保するのが大変なようです。

投稿: しゅうちゃん | 2014年5月29日 (木) 18時46分

淳三郎さんへ
そうなんです、幟旗を見て群馬県とのつながりが深いことを再認識しました。
年に数回開催される歌舞伎の際は、ここが満員になります。

投稿: しゅうちゃん | 2014年5月29日 (木) 18時37分

歌舞伎TVで放映されたような
それと長い蕎麦
ひめさゆりに訪れた際分岐点まで
前沢方面左折曲や見物と蕎麦食べました

投稿: hibochan | 2014年5月29日 (木) 07時13分

私も石段の客席に、びっくりしました。
確かに、階段上観客席なんですよね。
畳の縁、面白いですね~!

投稿: キハ58 | 2014年5月28日 (水) 23時37分

日本にもこんな石段の観客席があるんですね。
茅葺屋根の舞台は重文でしょうか?
上毛新聞、こりゃ、おいらのために?ありがとうでごす。
蕎麦屋の夕食も、ちょっと楽しみですねぇ。happy01

投稿: 潤三郎 | 2014年5月28日 (水) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/59713999

この記事へのトラックバック一覧です: 南会津へ(4) 桧枝岐歌舞伎など:

« 南会津へ(3) はるかな尾瀬・・・ | トップページ | 南会津へ(5) 桧枝岐温泉 »