« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

南会津へ(完) 少しだけ鉄

5月末だというのに、福島市の最高気温33℃だってsign03暑い1日でした。

南会津への報告も最後になります。
桧枝岐の帰りは、R352、R401、R289、R121経由で会津若松市へ向かいました。
そんな冬は雪深い道路は
Php5250707
スノーシェッドが続きます
Php5250705

下郷町の『塔のへつり』に久しぶりに立寄ってみました。
Php5250708
会津鉄道『塔のへつり駅』傍の踏切を渡った場所にあります。
Phimg_9747
「へつり」とは、会津方言で川に迫った険しい崖のことを言うそうです。
Phimg_9748
昔は、もっと奥まで行けたのに、浸食と風化で吊橋の少し先までしか行けなくなっていました。
Phimg_9749Phimg_9750

Phimg_9755

さらに北上し『湯野上温泉駅』へ向かうと踏切で『お座トロ展望列車』が来るじゃないですか
急いでカメラを向けました
Phcimg9946

Phcimg9948
一度乗ってみたいですね
Phcimg9949
日本で唯一、茅葺屋根の駅舎
Php5250710
冬に活躍するtrainなどを撮ったりしました。
Php5250711

さらに会津若松市から国道49号を郡山方面へ走るとある、宗教法人会津村にあるtrain
元名鉄キハ8500系、高山本線へ直通していた特急北アルプスで使用されていた気動車です。
その後、会津鉄道へ譲渡され活躍しましたが廃車となり1両がここに。
でも、あまりに保存状態が悪すぎます。
Php5250713
以上で、今回の報告は最後になります。happy01

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年5月30日 (金)

南会津へ(6) HOWマッチ!

桧枝岐温泉 民宿『山びこ山荘』さんの食事を紹介します。
Php5240659
これでもかという位の山菜・山菜・山菜
Php5240668
初めて食べる山菜もあり、名前を教えてもらったのですが、忘れちゃいました。
玉子と一緒の山菜は、少し苦みがあって美味しかったです。
Php5240664
岩魚の塩焼は頭から全部たべれました。
Php5240667
そして岩魚の刺身も、こりこりして美味。
Php5240672
焼き物は鳥肉と山菜を塩麹?+ニンニク?の付けたれで
Php5240673
山菜の天婦羅も、揚げたてを熱々で頂きました。
Php5240675
そして裁ち蕎麦は、もちろん抜群!
Php5240677
お腹が一杯だったのでご飯は食べれそうにありませんでしたが、舞茸ご飯と聞いて少しだけいただきました。味噌汁の具も山菜(うるい?)

そして最後は、『蕎麦はっとう』
Php5240680
これが大好きなしゅうちゃん!
ほんのり甘くて、もちもちした口触りの『はっとう』の呼び名は、ご想像の通り「ご法度」からきています。
昔、あまりのおいしさに村人が食べることを禁止されたことで、この呼び名がついたとのことで、檜枝岐の代表料理です。
『はっとう』は、そば粉と米粉を1:1の割合で混ぜ、こね鉢で湯ごねして生地にまとめたものを麺棒で3~5mmに伸して菱形に切ったものを茹であげ、すった荏胡麻(じゅうねん)2:砂糖1の割合に塩を隠し味に混ぜたものをまぶして作るそうです。

夕食・朝食ともに蕎麦処でいただきました。
Php5250701
朝食は、一般的な朝食ですね
Php5250702
でも、日本の朝ご飯って感じです。
Php5250703
民宿『山びこ山荘』の御主人、女将さんも気さくで、大満足でした。

さて、ここで問題です。

桧枝岐でsparestaurantcherryblossom満喫したしゅうちゃん、1泊2日いくらで泊ったでしょうか?
 HOWマッチ?


考えている間 ↓桧枝岐歌舞伎の映像をご覧ください。


答えは  1泊2日 8300円(消費税、入湯税込み)
なのですが、
今は、尾瀬桧枝岐温泉観光協会の『元気ふくしま応援事業』で福島県内に住んでる人、避難者を対象に宿泊費が3000円引きになっています。
さらに商品券500円がプレゼントされました。
Php5250697
さらに公衆浴場(1回500円)も、無料で2回利用したので
8300円ー3000円ー500円ーspa500円×2回=3800円
で宿泊した感じです。
ちなみに商品券でお土産を買って帰りました。coldsweats01

『元気ふくしま応援事業』は来年3月まで実施しています。福島県民の方、桧枝岐へ泊りに行きましょう。そして桧枝岐の良さをPRしましょう!

詳しくは-----> 尾瀬桧枝岐温泉観光協会のHPで

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2014年5月29日 (木)

南会津へ(5) 桧枝岐温泉

桧枝岐の民宿は、お風呂がspaなのですが
Php5240643
これを借りて行くと、村内の公衆浴場(3ヶ所)が無料で利用出来るそうです。
早速、徒歩5分程の『燧の湯(ひうちのゆ)』へ行くことに。
看板の右側に写っている建物が「山びこ山荘」さん、川を挟んで反対側にspaがあります。
Php5250696
そんな桧枝岐川沿いには
Php5240638
cherryblossomがまだ花をつけていました。
Php5240640
現役には到底思えないポストに驚きながら歩いていると。
Php5250695
見えてきました燧の湯。
Php5240644
内部は木を沢山使っています。
Php5250692
脱衣場も綺麗でした。
Php5240648
午後4時過ぎの公衆浴場だけあって、お客さんが途切れません。この写真が限界coldsweats01
Php5240646

なので、翌朝6時の営業開始直後に行ったのですが、露天風呂には先客がcoldsweats01
Php5250688
こんな風景を見ながら推定温度41℃の硫黄spaに浸かりました。
Php5250690

でも、しゅうちゃんと言ったらfoot
この日は、たまたま貸切だった(翌日は満室とのこと)民宿のお風呂
Php5240681
かわいい桧風呂ですが、もちろんspaなので寝る前に
Php5240684
coldsweats01

明日はrestaurantを紹介したいと思います(続く)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2014年5月28日 (水)

南会津へ(4) 桧枝岐歌舞伎など

Phimg_9732
桧枝岐を貫く国道352号の道端にたたずむ六体の石像。
パンフレットによれば『山深い里のため、昔から冷害になやまされ、とくに凶作の年には餓死者もでるほどでした。ゆえに、働けぬ赤ん坊が「まびき」されるという悲惨な行為もありました。この稚児像は、その霊を弔い母の嘆きを慰めるために建立されたものです』とのこと。
Phimg_9734

Phimg_9736
そして桧枝岐と言ったら歌舞伎。
これもパンフレットを引用すれば
『奉納歌舞伎として行なわれてきた檜枝岐歌舞伎 。
その昔、先祖が伊勢神宮へ参拝したおり、江戸で檜舞台の歌舞伎を観劇し、見よう見まねで村に伝えたのがはじまりです。 以来260年以上に渡り、親から子、子から孫へと継承されてきました。檜枝岐歌舞伎には、江戸の華であった歌舞伎そのものの姿、浄瑠璃が息づいています。(県指定重要無形民俗文化財)自然の地形を利用してつくられた観客席はみごとです。』
Phimg_9743
判りずらいですが幟旗、左側は地元新聞社の物、右側は群馬県上毛新聞社の物です。尾瀬を挟んで反対側の群馬県との繋がりがあるんですね。
この先へ進むと
Phimg_9738
階段状になった観客席。その一番上にあるのが社殿。神様に奉納するために歌舞伎は演じられることが判ります。
Phimg_9741
ぐるっと廻ると
Phimg_9740
茅葺屋根の舞台があります。
そんな歌舞伎について紹介している施設が隣に出来ていました。
歌舞伎伝承家(千葉之家)----->詳しくはこちら

Phimg_9744
ここ桧枝岐は、旅館や民宿だけでなく全戸にspaが配られているspa天国の村です。
今回宿泊に選んだのは、spa民宿『山びこ山荘』さん。
Php5240636
ここは、日中そば処を営んでいるので、たぶん美味しい蕎麦を食べれるのではと思って予約してみました。
Php5240635
お部屋は民宿としては普通かな?
Php5240657
でも畳のへり?に感心したり
Php5240685
洗面台からspaが出ることに驚きました。
sparestaurantは明日以降に
(続く)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年5月27日 (火)

南会津へ(3) はるかな尾瀬・・・

「夏の思い出」
夏がくれば思い出す はるかな尾瀬 遠い空
霧のなかに うかびくる やさしい影 野の小径
水芭蕉の花が 咲いている 夢見て咲いている水のほとり
石楠花色に たそがれる はるかな尾瀬 遠い空

誰でも知っている歌ですよね。そんな尾瀬の入口は、群馬県側と福島県側両方にあります。福島県側は桧枝岐村になります。
Php5240632

桧枝岐川の彼方に、真っ白な会津駒ケ岳(?)が見えてきたら桧枝岐です。
桧枝岐まで来たら尾瀬へ・・・・なんて気力体力のないしゅうちゃん。
Phimg_9730

ミニ尾瀬公園の散策でお茶を濁しますcoldsweats01
Phimg_9691
定番の?『夏の思い出』歌碑の前に立つと音楽が流れます。
Phimg_9697
しゅうちゃんの奥の雪山は尾瀬の燧ケ岳です。

やはり尾瀬と言ったらミズバショウ
Phimg_9700
奥の白い所は雪です
Phimg_9701

そして、ここでは満開の『シロネアオイ』が迎えてくれました。
Phimg_9702

Phimg_9723
ニリンソウも満開happy01happy01
Phimg_9704
今年は見れないと思った『カタクリ』の花にも会うことが出来ました。
Phimg_9706

Phimg_9708
『福寿草』も咲いており、1ヶ月程時が戻った感じです。
Phimg_9711
『ショウジョウバカマ(猩猩袴)』や
Phimg_9716
『サンカヨウ(山荷葉)』
Phimg_9718
さらに『オサバグサ(筬葉草)』
Phimg_9726
『キヌガサソウ(衣笠草)』など
Phimg_9729
今まで見たことが無い花を沢山見ることが出来ました。

まだ宿に入るには早いので、桧枝岐村内を少し散策しました。
(続く)   

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年5月26日 (月)

南会津へ(2) 祇園会館&田出宇賀神社

次に向かったのは会津田島祇園会館。
Phimg_9681
現在の南会津町の中心地は、市町村合併前は田島町。そこで毎年7月22日~24日に開催されている「会津田島祇園祭り」を伝える建物
Phimg_9682

有料ですが、展示物撮影可と書いてありましたので、紹介させていただきます。
Phimg_9673
↑七行器行列の様子を再現
Phimg_9674
子供歌舞伎が演じられる屋台
Phimg_9680
ここへ寄ったのは、併設の郷土料理レストランでランチをとるためです。(レストランだけ利用ならば入館料不要)
郷土料理など20品が食べ放題で918円
Php5240618
五穀ご飯?だったかな
Php5240619
写真撮り忘れている料理もありました。これはと言った料理はありませんが、素朴な料理が多く
Php5240625
お腹も満足、美味しくいただきました。

会津田島祇園会館については----->こちら
会津田島祇園祭りについては----->こちら

残念ながら、まだ祭りは見たことはありませんが、大きなお祭りなことが判りました。

この会館の近くにあり、田出宇賀神社の祭礼として祇園祭りが開催されるらしい(解説を読むと微妙に違うような気もしますが)神社をお参り。
Php5240626
立派な鳥居です
Phimg_9683
本殿に向かって左側に田出宇賀(たでうが)神社の社務所。右側に熊野神社の社務所がありました。
Phimg_9684

Phimg_9685
田出宇賀神社の御朱印です。福神御守像も2人分いただきました。
Phimg_9689
さて、桧枝岐村へ向かいますか
今回は国道121号を宇都宮方面へ向かい、南会津町糸沢の交差点で右折、国道352号経由で桧枝岐へ向かいます。
この交差点、会津鉄道の陸橋が印象的な場所です。
Php5240627
ここから桧枝岐まで50㎞。魚沼まで145㎞か(ただし魚沼まで冬季閉鎖が解除されるのは6月末頃coldsweats01
Php5240628
(続く) 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月25日 (日)

南会津へ(1) シラネアオイ園へ

24日(土)・25日(日)と1泊2日で南会津へドライブしてきました。
Phfukushimaken2_2
今回は最初にドライブコースをアップしておきます。
往復で420㎞、燃費はガソリンの給油数量から計算すると14㎞/ℓと、信号が少ない分経済走行できました。

国道4号を南下、本宮ICから白河ICまで東北自動車道を利用して時間を短縮。
国道289号で甲子(かし)トンネルへ。4.5㎞のトンネルを抜ければ一気に会津地方。
Php5240608
トンネルの先にある道の駅『しもごう』で休憩
Php5240611
那須連峰を眺めながら、美味しいソフトをvirgo達と食べることが出来ました?
Php5240612
駐車場には、こんな車が沢山停められていました。
Php5240609
途中までは、皆さんと一緒?にドライブ
Php5240615
南会津田島町内から県道369号を南下、家並みが無くなった先に『シラネアオイ園』の看板をやっと発見。
ここまで、一切看板らしいものは無く、不安になりながら辿りつきました。
Php5240616
入園料300円を払って園内へ。
Phimg_9626
メインのシラネアオイの群生地はすでに花が終わっていました(ネット情報でも10日程前に満開を迎えていたので仕方ありません)
Phimg_9627
でも、日影の部分では、綺麗な花を咲かせていました。
Phimg_9632
名前の由来は、日光白根山に多く、花がタチアオイに似ているからとのこと。ただし、そんな栃木県などではレッドリストの指定を受けている花。
山の持ち主の方が、1株の花を植えたことに始まるそうです。
Phimg_9635
他にも色々な花が咲いていました。
『オオイワカガミ』
Phimg_9628
県花『シャクナゲ』でいいと思う?coldsweats01
Phimg_9636
先日クマガサイソウの里では開花していなかった『ヤマシャクヤク』
Phimg_9641
『クリンソウ』が満開で沢山咲いていました
Phimg_9644

Phimg_9646
判りずらいですが『クマガイソウ』も咲いていました
Phimg_9647
アップで
Phimg_9652
下を向いたままのお花達。名前を探しきれませんcoldsweats01
Phimg_9650
綺麗な瑠璃色の花を咲かせた『ホタルカズラ』
Phimg_9659
白色のシラネアオイもあるようです。鉢植えのシラネアオイ売っていましたが、我が家では鉢植えは直ぐにダメにしますので買いませんでした。(お値段もよかったのでcoldsweats01
Phimg_9667 
丁度12時過ぎ。南会津町(旧田島町)内でお昼にしましょう!
(続く)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年5月24日 (土)

胡瓜

相方残業で遅いので私が夕食当番の時期、相方がキュウリを沢山(10本以上)もらってきました。
サラダだけでは食べきれないので
Php4130354
キュウリをスライスし
Php4130356
中華くらげとマヨネーズで和えて1品
Php4130355
市販のもずく酢にキュウリ&カニカマを加えてさらに1品
Php4130358
シーチンキを準備し
Php4130360
スライスしたキュウリを炒め、水分が足りない時は水を少し加え
Php4130362
シーチキンを加え、醤油を少々
Php4130364
溶き片栗粉でトロミをつけて出来上がり。
採りたてなので、もちろん生でも美味しかったです。

この記事はタイマーで投稿しています。
申し訳ありませんが昨日の記事も含めて、コメントは明日まとめてさせていただきます。coldsweats01  

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年5月23日 (金)

神様のカルテ2 & 五穀

先日イオンシネマの鑑賞券を2枚いただきました。
地元では、見たい映画が無く『イオンモール名取』内のイオンシネマでは神様のカルテ2をまだ上映していました(5月16日が最終日)
朝9時20分上映開始だったので、早起きして行きました。
Photo
以前入院していた時に思いましたが、Dr.の生活って、一番不健康な生活しているように思います。

お昼は、モール内のレストラン街にある『一汁五穀』でいただきました。
Php5110558 Php5110559
私は「五穀 山里定食」1,160円税別
Php5110560
釜炊き五穀ごはん、肉豆腐、味噌汁、漬物の基本セットに、チキン南蛮、焼き野菜 他にデザートが1品つきました。
Php5110561

相方は、『五穀 田舎定食』1,020円税別
基本セット+焼きさば、鶏と野菜の黒酢あんかけ
Php5110562

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月22日 (木)

相場英雄 『血の轍』

Pc010594 Pc010595

相場英雄著 2013年11月30日発売 幻冬舎文庫 762円(税別)

『命を賭した、刑事部と公安部の壮絶な覇権争い。
刑事たちを突き動かすのは、正義か、威信か、それとも本能か。

東京都内の公園で絞殺体が見つかった。被害者は元刑事。
警視庁捜査一課の兎沢が調べると、被害者は殺される直前、パソコンのメモリーカードを知人に送っていた。兎沢はカードを追うが、入手寸前に邪魔が入る。
立ちはだかるのは、かつて所轄時代に数々の事件を解決しながら兎沢に捜査のイロハを叩き込んだ公安部の志水だった。殺された元刑事は警視庁全体を揺るがす、ある事件の真相を掴んでいたのだ。
事件を詳らかにしたい刑事部と、闇に葬り去りたい公安部の熾烈な争いが勃発し、兎沢と志水の絆が引き裂かれていく。』

昨年12月上旬に購入したのですが、途中でページが進まず、GW直後に何とか読破。

相場英雄さんの本、結構読んでいるのですが、今回は内容が重かったですcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月21日 (水)

わさびな

本日2本目です。
先月は見そこなった 鉄道写真家 中井精也さんのテレビ番組『中井精也のてつたび』明日は銚子電鉄 忘れないように予約しておきました。

4月中に下書きしていた記事をやっとアップします。coldsweats01
4月下旬に手作り『わさびな』の醤油漬けをいただきました。
わさびな+こんぶのようです。
Php4240408

ネットで『ワサビナ』で検索するとカラシナに似た菜っ葉がヒットしますが
Php4260417
こっちでは、↑が『ワサビ』として売られています。ワサビの葉なのでワサビナと呼んでいるのかも?
水場で栽培されるワサビではなく、畑で作られる『オカワサビ』の葉っぱを醤油漬けにして食べます。これが抜群に美味しいんです。
ご飯のお供に最高です。
畑の広い方、お試しを!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ランチで食うポン(3) 喜久寿し

ランチで食うポン すでに7軒ほど利用しているのですが、なかなか紹介することができません。
今回紹介するのは、この食うポンでは今まで何度も利用したことがある『喜久寿し』さん。
Phimg_8798
綺麗な建物です。
Phimg_8791
↑通常のランチメニューです。

今回のクーポンメニューはバラちらしがメインです。
Phimg_8792
湯葉の煮物、酢の物
Phimg_8793
そして、食後のコーヒー&プチデザートがつきます。
Phimg_8796
毎回、いろいろメニューを考えられておられます。

喜久寿し
福島市渡利字柳小路59-1

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月20日 (火)

無想庵(再訪)

5月6日(火) 先日紹介した岳温泉光雲閣のspaでまったりした後、お昼時なので何を食べるかな?
火曜日が定休日なのですが、だめもとで『無想庵』へ行ってみたら、祭日なので営業していました。昨年11月きて以来です。
Php5060525
なぜか、消費税アップになったのに、去年よりセットメニューが100円安くなっていました!
店内は、普通の家を改造した感じです。
Php5060527
なつかし癒し膳 1300円
焼きおにぎり、五平もち、けんちん汁、小鉢3品、コーヒー付き
Php5060535
前回も思いましたが、あっち(中部地方)の五平餅とは異なるんですよね?
Php5060536

おすすめ膳 1300円
まぜご飯、天婦羅、小鉢2品、ミニすいとん
Php5060537

Php5060538
おすすめ膳には、コーヒーが付きませんがサービスでコーヒーを付けていただきました。

岳温泉の国道459号沿い、この時はcherryblossomがまだ残っていました。
Php5060542
無想庵の場所は↓この辺です

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2014年5月19日 (月)

クマガイソウの里(完)

昨日に続いて、「クマガイソウの里」で撮影した花々を紹介します。
フタリシズカ まだ花が咲いていませんでした。
Phimg_9577

ミヤマイラクサ(深山刺草) 説明書きによると
刺毛の基部にはヒスタミンを含んだ液体がり、触ると刺毛が折れて皮膚に液が付き、少し時間を置いて痛くなる。この炎症を、ジンマシンと言ったのが、蕁麻疹の名前の始まりだそうです。
茎葉を乾燥させた生薬を蕁麻という。秋田県などではアイコと呼ばれ、ゆでて食べる。
(アイコという名前は聞いたことがあります)
Phimg_9579

クリンソウ(九輪草)
Phimg_9593

ラショウモンカズラ(羅生門蔓) 葉は、シソ科なのでシソ葉にそっくりです。
Phimg_9595
でも背丈が低いので、撮影が難しいです。
Phimg_9604

ハナイカダ(花筏) 別名ヨメノナミダで葉の上に花が咲くのが特徴
Phimg_9615

イカリソウ(碇草) 今年も正面から撮ることができませんでした。
Phimg_9617

そして藤八そばの近くでの1枚
Phimg_9623

最後にもう一度 『クマガイソウ(熊谷草)』
Phimg_9523

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年5月18日 (日)

クマガイソウの里(2)

昨日訪ねた『クマガイソウの里』で見た草花いろいろを紹介しておきます。

クマガイソウの横に咲いていました。エビネの花でいいのかな?自信ありません。
Phimg_9536

ヤマシャクヤク クマガイソウの群生地の上部の花は、まだ咲き始めでした。
Phimg_9544
別な場所に咲く一輪も、もう少しで咲いてくれそうです。
Phimg_9585

三葉空木(ミツバウツギ) 葉っぱが3枚ですね
Phimg_9510
蕾が多かったですが、sunの当たる場所で花が咲いているところがありました。
Phimg_9581

エンレイソウ(延齢草) 
Phimg_9513
山野草の素人の私でも名前が判るのは、こんな案内があるからです。coldsweats01
Phimg_9514

ユキザサ(雪笹) 白い花を雪にみたて、葉がササの葉に似るための名前(ユリ科)
Phimg_9573

ヤマブキソウの群生地
Phimg_9562

Phimg_9566

ニリンソウ ヤマブキソウの群生地にも咲いていました。
Phimg_9570 

今日の最後は、やはり「クマガイソウ」で。
Phimg_9528

小さい花を撮影するのは、難しいです。それなりのレンズが欲しくなりますcoldsweats01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年5月17日 (土)

クマガイソウの里(1)&藤八そば

今日、本当はGWに行こうと思って行けなかった蔵王のお釜へ行く予定でいましたが、山形はraincloudの予報。
また別な日に行くことにして、今日は昨日アップした記事『クマガイソウ』を見に行くことにしました。
場所は、福島市と二本松市の境付近の山の中で、自宅から車で30分ほどの場所です。


Phcimg9941
水原地区は丁度田植えが終わったとこでした。
車を駐車場に停めて、
Phimg_9621
こんな山道を500m登っていくと
Phimg_9508
山の斜面全てが『クマガイソウ』
Phimg_9520
『熊谷草』
Phimg_9539
アップで
Phimg_9529
 
Phimg_9613

Phimg_9522
この見事さ、どうしたら伝えられるかな?
Phimg_9551

ここクマガイソウの里への入口、福島県道沿いにある『藤八そば』
Php5170595
中はこんな感じsign02
実は、この建物は地区の公民館
Php5170586
毎年『クマガイソウの里』祭りが開催している時期、9日間だけ営業しているお店
地元の蕎麦愛好家が提供しているそうです。   
Php5170587
お品書きは、天婦羅蕎麦1000円のみ。
Php5170588
5種類程の山菜の天婦羅
Php5170592
地粉の蕎麦
Php5170591
美味しくいただきました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年5月16日 (金)

赤福&クマガイソウ

今日は、風が強いし寒いし、1ヶ月戻った感じです。

昨日は2ヶ月に一度のhospital通い。
駅前のデパートで開催中の『全国うまいもの祭り』で赤福をゲット
Php5150569 Php5150570
蓋を開けると コレコレ
Php5150575
これだけは、午後2時30分からの発売なので、たぶんairplaneで飛んできたのかな?。
Php5150576
ところで、蓋に添付されていた コレ
Php5150578
よ~く見たら『クマガイソウ』
Php5150572
お伊勢さんの神宮林に、いま『クマガイソウ』が咲き乱れているとのこと。

そういえば、我が福島市水原の『クマガイソウの里』
Phimg_4427
(2013年5月19日撮影 福島市水原 クマガイソウの里)

調べたら、今年は開花が早いようで、すでに満開とのこと
http://ameblo.jp/kumagaisou-mizuhara/

↓去年のクマガイソウの里 観覧記です↓
http://fuku-ozisan.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-3c93.html

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2014年5月15日 (木)

岳温泉 光雲閣

GW最後の6日、相方も休みだったので、近場のspaに行くことに。
今回訪ねたのは、二本松市の岳温泉街でも一番上にある『光雲閣』
Php5060504
この日は、まだcherryblossomが咲いていました。
Php5060524
この先にあるspa
Php5060520
岳温泉の源泉は、安達太良山のくろがね小屋付近から8㎞も引き湯しているので全て同じ
Php5060510
(右側の湯船は体感温度43℃のあつい湯、左側は体感温度40℃のぬる湯)
露天風呂は小さいけど
Php5060507
眺めは良かったです。
Php5060516
footをどうぞ   
Php5060513

あさひvirgoさんへ
おわびにもう1枚 潤ちゃんショット?をアップしておきます(おわびになるのか?)
Php5060515

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2014年5月14日 (水)

5月4日・5日

GW中の写真の在庫整理をしています。
Phimg_9478
5月4日(みどりの日) 特別なE3系を見るために粘っていた駐車場は、スーパー・映画館・公共施設などが入った複合施設で、2時間までは駐車料金無料。
Phimg_9493
何も買わずcameraだけ撮って帰るのも気が引けるので、お昼のお弁当を購入。
Phimg_9494
いつもの信夫山も緑が濃く
Phimg_9487
みどりの日に相応しい山の色
Phimg_9491
ゆったりすごした1日でした。

5日(子供の日)は、相方を会社まで送ってそのまま、花見山公園の奥へ
Phimg_9497
花見山へは寄らず・・・何をしていたのかな?
たぶん写真整理と読書かなcoldsweats01
備忘録のため記録でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年5月13日 (火)

米沢 上杉まつり(完) 川中島合戦の2

Phimg_9503
今日帰宅時に月が綺麗に見えていました。
満月のようです。
川中島の戦いの日もこんなfullmoonさんだったのかな?

妻女山に攻め込んだ高坂昌信率いる別動隊が川を渡って八幡原に駆けつけるところです。
橋を渡ってこちら側に来ていた別動隊は
Phimg_9418
千曲川にみたてた松川を渡り
Phimg_9420

Phimg_9421
(先頭は高坂昌信のようです)
Phimg_9422
(外人さんも参加してましたsign03
Phimg_9425
合戦の場に、この援軍で上杉軍は挟み撃ちにあい形成は逆転し始めた
Phimg_9429

Phimg_9439
最後は全員での戦闘シーン
Phimg_9445
結構楽しめました、次回は正面から、もう少し近くで見てみたいと思いました。
以上、上杉まつりの報告でした。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年5月12日 (月)

米沢 上杉まつり(4) 川中島合戦の1

米沢市内を流れる松川河川敷で、川中島合戦が再現されます。
パンフレットによると
『戦国史上最大の死闘といわれた上杉・武田の激闘 その中でも永禄4年(1561年)秋の川中島合戦一騎打ちが再現されます。(第4次川中島の戦い)
上杉行列のあと松川河畔に集結した大軍勢。残雪の吾妻連峰を背に南側が上杉軍、北側に武田軍がそれぞれ陣を構えます。上杉本陣は頭巾姿の謙信を中心に28将が居並び、対する武田軍は、諏訪法性の兜を付けた信玄を赤備えの部隊が守ります。戦勝を祈願して上杉軍では武帝式、武田軍では三献の儀が行われたあと、上杉の雷筒-30匁筒の一斉射撃で決選の火ぶたが切られます』
Phimg_9365
↑武田軍の三献の儀
Phimg_9368
↑上杉軍の武帝式
午後2時から開始されましたが、最初の30分は↑のような儀式が行われていました。
Phimg_9374
そして武田軍、高坂昌信引きいる別働隊は
Phimg_9375
上杉政虎に出し抜かれ、もぬけの殻の妻女山に攻め込んだ(設定)
Phimg_9376
現代の橋を渡ってこちら側にきました。(別動隊は、次回に御期待)
Phimg_9377
さて川中島では戦闘が開始されました。
Phimg_9380
上杉軍 鉄砲隊の射撃
Phimg_9383
武田軍の鉄砲隊も応戦
Phimg_9389
この頃になると観覧席(有料・無料)も沢山の人であふれていました。
Phimg_9394
両軍入り乱れての戦い
Phimg_9403
馬上の上杉謙信と武田信玄の一騎打ちも再現
Phimg_9415
え~続きます。     

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月11日 (日)

米沢 上杉まつり(3) 峠の力餅

上杉軍団行列が米沢駅前を通りすぎたのが、12時過ぎ。
米沢牛は、チョットお昼に食べよう!という値段ではないし、他に食べたいのがあったので今回はスルー。
Phimg_9336
本店は、奥羽本線峠駅(福島市と米沢市の境の峠にあります)?で営業している最上屋、以前は峠駅での立売りのみだった力餅。
のれん分けされた分家がここ米沢駅前で、米沢支店の名前で営業しているお店。
Phimg_9337
買ったのは、力餅とじんだん餅(ずんだ餅)
Phimg_9340
川中島合戦が再現される場所の反対側に腰をおろし
Phimg_9338
上杉軍の陣地や 
Phimg_9358
武田軍の陣地を眺めながら
Phimg_9349
じんだん餅を
Phimg_9344
判りずらいですが、ダンゴではありません!餅です!
Phimg_9346
と力餅を
Phimg_9339
餅の中に、こし餡が入っています。餅なので断面は撮れませんでした。
Phimg_9446
(そうそう、全部は食べきれないので、持ち帰りましたので)
次回は、 川中島合戦の様子を紹介したいと思います。
それと、出来るだけ早く峠駅を取材?して皆さんに紹介したいと思います。   

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年5月10日 (土)

米沢 上杉まつり(2)

昨日に続いて上杉軍団行列の紹介です。
お気づきの方もいらしゃるかもしれませんが、見物客意外と少ないんです。
行列が来たらcameraを持って移動は出来ないかと思ったのですが、自由に道路は横断できるし拍子抜けでした。
米沢駅前のロータリーを廻って、川中島合戦会場へ向かいます。
Phimg_9266
大きな太鼓も行列に加わっています
Phimg_9271
今年の謙信公は、米沢在住の方のようでした。
Phimg_9279
侍組の子息達からなる『青龍隊』?だから『青』なのかな?
Phimg_9283
少年28将隊だそうです。
Phimg_9289

Phimg_9290
女子薙刀隊 上杉小町さんも一緒のようです
Phimg_9293

上杉軍団行列も終わりなのかと思ったら・・・
Phimg_9301
ここからは「上杉、松岬両神社のみこし渡御」となるようです。 インパクトある山車です。
virgoさんの踊りや
Phimg_9307
直江兼続公の山車
Phimg_9309
続いて、前田慶次山車が
Phimg_9312
大ふへん者!
Phimg_9317
最後に稚児行列に
Phimg_9318
お神輿で行列は終わりでした
Phimg_9329
獅子頭に頭を噛まれるのが怖いようでhappy01
Phimg_9332
次回・・・川中島合戦の再現の様子かな?

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2014年5月 9日 (金)

米沢 上杉まつり(1)

5月3日に開催された上杉祭りの様子を紹介したいと思います。
この日、山形から蔵王エコーラインを通ってドライブしようと思っていたのですが、一人でロングドライブも疲れを感じる歳になりcoldsweats01
途中米沢で上杉祭りが開催されていることを思い出し、米沢市松川沿いにある無料駐車場に車を停めてしまいました。
上杉行列を見るのに米沢駅前へ移動、先日も紹介したbullettraintrainを見たりPhimg_9238
駅前の現役ポストが丸いことにsign03
Phimg_9234
米沢駅といったら
Phimg_9249
有名なのが、駅弁「牛肉ど真ん中」そんな駅弁を作っている「新杵屋」さんPhimg_9248
その店頭で販売していた
Phimg_9252
山形といったらコレの「玉こんにゃく」を食べながら行列を待ちました。
Phimg_9250
米沢のABCだそうです。
Phimg_9253
そしてやってきた行列の先頭は↓
Phimg_9255
その後ろに、騎馬武者
Phimg_9256
鉄砲隊
Phimg_9261
せっかく米沢駅前で見学したので、駅舎を入れてcameraと思って移動。
すみません、続きます。 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年5月 8日 (木)

福島競馬場2014年春(完)

5週連続のG1レース、今週はマイルチャンピオンですか、このごろ全く当たりませんね。

競馬場シリーズ?最終回は、競馬場で働く車や人を紹介したいと思います。
初めに『馬場整備員』の方々
Phimg_8489
horseが走ったあと、馬場を目視して歩きます。

内馬場では、こんな車も働いて?います。どこから入ってくるんだ?
Phimg_8495
左下の車は、スタート台。スターターが赤旗を振る車
Phimg_8503
救急車もレース中、待機しています。
なぜか中京競馬場の救急車でした(中京と兼用なのかな?)
Phimg_8523
発馬機を動かすトラクター
Phimg_8522
その発馬機
Phimg_8525
ハロー車(レース後にダートの砂をならす車)
Phimg_8611
そして、ウイナーズサークル。勝った馬がここで記念撮影をします。
Phimg_8603
そんなウイナーズサークルにも多くのvirgoがいらっしゃいます。
Phimg_8600
望遠鏡みたいなカメラを持った女性まで。
Phimg_8602
馬?ジョッキー? どっちの追っかけなのかな?

だいぶアップが遅くなりましたが、以上で福島競馬場(春)の紹介、おしまいです。
次回夏は、7月5日から4周8日間の開催となります。
      

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月 7日 (水)

GWの1日

今さらですがGW中の4月29日(昭和の日)、相方さんが仕事だったので一人で何しようか?
ネタ探しcoldsweats01に市内をウロウロしていたら、丁度踏切で止められのでcamera
Phimg_9201
信号で止まった先のリンゴ畑で、白いリンゴの花をcamera
Php4290455
そして、ビニールハウスの枠組みの中で育てられている、サクランボの花をcamera
Phimg_9203
↓梨の花とbullettraincameraっていたら、UFOに・・・たぶん蜂かな?梨は人工授粉がメインらしいですが蜂さんも手伝っているらしいので?
ちゃんとした写真や梨花のアップは----->先日紹介したこちらで
Phimg_9221 
市内では桃の花は終わりに近く、山麓のこの辺ではピンクの花を咲かせていたのでcamera
Php4290458

その後向かったのは国道115号を会津方面へ
Php4290462
今年は、4月にこの道を何度通ったことか
さらに進み、土湯トンネルの手前で旧道へ
Php4290464
まだ雪の残るところで、蕗の薹を採っているらしいのだが、
Php4290466
私には、花が咲いたこいつらしか見つけられなかったのでスルー。
Php4290469 
まだまだ雪が残る風景を眺めながら進むと
Phimg_9224
土湯峠温泉街にある野地温泉ホテル(先日、磐梯吾妻スカイラインを利用した時に通過した場所です)
Phimg_9225
ここは男女別の内風呂以外のspa3ヶ所は男女入替制。私が入りたい2ヶ所は午前中しか入れません。
その一つが露天風呂『鬼面の湯』
Php4290471
脱衣所内から撮影
貸切に出来なかったのでこれが限界
Php4290473
そして、私が入りたいもう一つのspa
Php4290477
『千寿の湯』
Php4290479
奥から、熱い、少し熱い、普通の浴槽になっており、右側に越しかけてノンビリできます。
ちなみに熱いは、推定45℃くらい。私の場合10数えるのが限界。
Php4290480
湯量豊富な温泉です。
footは今回無しです、GW中人気の温泉旅館のため貸切に出来ませんでした、すみません。(次回に御期待ください?)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年5月 6日 (火)

紅枝垂地蔵桜・忠七桜(郡山市)

GWも終わりですね。今年は相方の仕事の都合で遠出も出来ず、近場だけのドライブで終わっちゃいました。

そしてブログはGW初日26日の桜めぐりの最終章へ。
鬼ヶ城の帰路、同じ道を通るのも面白くないので小野町を横切り、県道65号を郡山へ向かい郡山市中田町にある紅枝垂地蔵桜に寄ってみました。
三春の滝桜の娘(?)と言われている桜
Phimg_9173
花も終わりに近く、紅色も薄く見える状態でした。
Phimg_9178
名前の通り、桜の木の下には延命地蔵が祀ってあります。
福島県内の一本桜の番付では、東の横綱が滝桜、西の横綱がこの桜となっています。
Phimg_9179
地蔵桜の廻りは花桃が見頃となっており、滝桜→紅枝垂地蔵桜を巡るツアーバスが沢山きていました。

その後に寄ったのは、地蔵桜から車で数分、同じ中田町にある忠七桜。
Phimg_9188
パンフレットによると『戊辰戦争時に官軍の荷運びに懲役された宗像忠七翁が、会津の惨状を目の当たりにし、会津の人々の霊を慰めるため、自宅前に植えてあった桜などを移植。この山を寿命山と名づけ、整備したといわれています。
忠七翁は、遺言として桜と公園を守り、末代まで手入れを怠らぬよう言い遺しました。桜の樹齢は約160年で、現在の当主は5代目に当たる』とのことです。
Phimg_9190
すでに16時半、sunも西に沈みかけており、それはまたそれで、いい味を出しているかなと勝手に思っていました。
Phimg_9197
ここ郡山市中田町ですが、三春の滝桜から車で10分程のところ。
帰り道に滝桜の横を走ってみました。
Php4260432
完全に逆光ですが、すでに葉桜状態のように見受けられました。(↑中央の木が滝桜です)

以上で、今年の桜報告も最後(たぶん)となります、また来年です。 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年5月 5日 (月)

夏井千本桜(小野町)・鬼ヶ城(いわき市)

GWも明日1日だけになっちゃいました。今日は相方の送り迎え以外は、のんびり。

早くアップしないといけない記事が沢山あるんだけどねcoldsweats01
磐越自動車道からもチョット見える、夏井の千本桜。夏井川の両岸5㎞に沿って千本のソメイヨシノが植えられています。
先日、磐越東線夏井駅&桜で少し紹介しましたが、今回は桜をメインで紹介したいと思います。(撮影は全て4月26日です)
Php4260429
小野町と言ったら、『リカちゃんキャッスル』の横を抜けて、夏井駅近くの駐車場へ。
Phimg_9113
ここの桜は県内でも開花が遅い方で、この時が満開でした。
Phimg_9122
↑写真、鯉のぼりの下の赤い橋からの眺め
小野町内方面↓
Phimg_9114
反対側、いわき方面です↓
Phimg_9117
こんな風景を眺めながら
Phimg_9141 
小野町内のスーパーで買ったお弁当を広げて、遅い昼食をとりました。
Phimg_9124
一度あの展望台から写真を撮ってみたいのですが、あそこまで登る気力はありませんでした。
Phimg_9133
最後に、磐越東線の車両の窓から見えるcherryblossomを撮ってるvirgoを撮って夏井をあとに。
Phimg_9158

そのまま帰路につく予定だったのですが、途中、弁当を買ったスーパーに『いわきの里鬼ヶ城』のポスターが貼ってあったので、行ってみることに。
夏井駅からクネクネ道を進むこと10㎞以上。
Phimg_9163
初めて訪ねました。自然を感じながら、テニスコート、グラウンドで汗を流せるようです。
Phimg_9164
鬼ヶ城山の麓にあるとのことですが、廻りは山山山です。
Phimg_9167
ソメイヨシノも咲いていましたが、八重桜?のピンクが綺麗でした。
Phimg_9166
ヤギさんも花見をしながら食事中でしたcoldsweats01
Phimg_9168
あと1回で26日のcherryblossom観光ツアー?報告も最後にできそうです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年5月 4日 (日)

3度目の ( ^ω^ )

今日は鉄bullettrainの日です?

★1度目 4月29日(火)いつもの山形新幹線庭坂の大カーブ
Phimg_9216_2
梨の花が青空に映える日でした
Phimg_9211
そんな白い花咲く梨畑の上に、下り『つばさ127号(福島駅発9:49)山形行』E3系がやってきました。
Phimg_9215
この奥、線路際にcameraを持った方が結構いました。
その数分後上り『つばさ152号(米沢駅発9:37)東京行』E3系がやってきました。
Phimg_9219
私の後ろのcarは、農作業されている方のです。
Phimg_9223
山桜のピンクと山の雪、緑濃くなった山々、素敵な風景です。

★2度目 5月3日(土) 上杉祭りの開催されている米沢駅
Phimg_9249
上杉行列が来る前に、こっちを撮ることに
↓米坂線(よねさかせん)用車両 右 キハ120系  左 キハ110系の停まるホームを眺めながら、あいつがやってくるのを待ちました。 
Phimg_9229
下り『つばさ127号(米沢着10:25)』E3系 29日庭坂の大カーブで撮影した列車と同じ号数がやってきました。
Phimg_9236
E3系とキハ120系が一緒に
Phimg_9237
米坂線 米沢10時29分発坂町行きが、キハの間から出ていきました。
Phimg_9239
↓この先、複線のように見えますが、右側は米坂線専用、左側は山形新幹線(奥羽本線)専用・・・
この区間は新幹線なのに単線なんですhappy01
Phimg_9242
『つばさ136号(米沢発10時37分)』E3系が福島へ向かって出発していきました。
Phimg_9244

☆3度目 5月4日(日)買い物の途中(撮影の途中に買い物?)に、いつもの場所からcamera
『つばさ131号(福島駅発10時48分』普通のE3系
Phimg_9450
米沢に向かって東北新幹線に別れを告げていきました。
Phimg_9451
その間に『E5系はやぶさ+E6系こまち』が超高速で通過していきました。
Phimg_9452
そして
やっと
会えた
『つばさ133号(福島駅11時35分発)』 特別なE3系
あなたの今日の運用はこの列車だったのね!
Phimg_9470
たぶん15編成のうち、この1編成だけが新塗装に変更されているようです。
先頭部を取り巻くラインと深い紫色は、紫色の飾り羽根をもつ山形の県鳥「おしどり」をモチーフとしているとのこと。
Phimg_9471
3回目の挑戦で、やっと会えましたcoldsweats01
Phimg_9473
アップに!
Phimg_9475
紫色が鮮やかですね
Phimg_9477
5月24日・25日 山形県で開催される東北六魂祭にも、なんとか間に合ったようです。
Phimg_9479
今日はラッキー!
Phimg_9480
と喜んで帰宅。
絶対当たると思い、テレビでhorseさんを見ていましたが、『絆』が来なくてcryingでした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年5月 3日 (土)

福島競馬場2014年春(3)

明日4日(日)は、horse天皇賞(春) 当たるかな?
本日2回目の投稿です。

今回は、滅多にテレビ中継しないレースを紹介します。
Phimg_99991
上は福島競馬場のコース平面図。今回のレースはタスキ掛けになっている部分を使うレース、障害レースになります。
スタンド前の左側をスタート、右側へ向かって走り(福島競馬場は普通時計廻りなので、最初逆走することになります)右上から左下にタスキ掛けを走り、左下から芝(緑色部分)を時計廻りに走りスタンド前左でゴールになります。
Phimg_8493
↑奥に見えるのが、タスキ掛け部分にあるバンケットと呼ばれる小高い山です。
Phimg_8535
↑レース前にタスキ掛け部分のグリーンウォール(人工の障害物)手前までhorseを誘導し、『ここをジャンプするだよ!』と見せているところです。(ホントか?)
レース前は、横にあるワープゾーン?を抜けてスタート地点に戻ります。
Phimg_8530
こんなに近くでhorseを見ることが出来ます。

レースが始りました。4コーナにある最初のハードル(竹柵生涯)を飛んでいる所です。
Phimg_8545
↓タスキ掛け部分のグリーンウォール(人工竹柵障害)の手前までやってきました。
Phimg_8547
↓先頭を走ってきた、1番人気の馬、このあと騎手が落馬して失格になってしまいました。
Phimg_8548
他の馬はちゃんと飛越していきました。
Phimg_8549
↓そしてバンケットに一団となって向かっていきます。
Phimg_8553
↑奥の信夫山、桜が咲いていました。
Phimg_8555
↓ゴール前は、こんな感じです。(↑のレースの写真とは違いますので)
Phimg_8597
レース後、仮設のハードル(竹柵障害)を片付けるのは人力
Phimg_8607
重そうです。そして竹ぼうきを逆さに挿したような障害物であることを初めて知りました。
Phimg_8608
そんな障害レース、無くなるかもしれないとかsign02

次回(いつになるか?)は、競馬場で見るcarなどを紹介したいと思います。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

GW?

世の中、一般的にGW後半らしいけど、我が家は相方の仕事が忙しく休めず一人旅?
近場で行ける所を探したら、お隣り米沢市でお祭りが開催されることを知り行ってきました。米沢も暑かったけど、本日福島市の最高気温29.8℃で全国一暑かったらしいです。
Php5030494
2017年度開通予定の東北中央自動車道を横目に見ながら
Php5030495
天井板が撤去されてから初めて通る栗子トンネルを抜けて、米沢まで約40㎞
渋滞とは無縁の路線、でもさすがGW交通量は普段の倍はありました。
Phimg_9268
米沢上杉まつりの最終日
Phimg_9325
上杉軍団行列と川中島の合戦の再現
Php5030497
詳しくは後日報告します。

本日1回目の投稿です。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月 2日 (金)

小沢の桜・永泉寺の桜&かりんとう饅頭

本日2回目の投稿は、小沢の桜。
我が家で一番好きな桜です。


田村市船引町国道349号沿いにあり、映画「はつ恋」の舞台にもなった場所で我が家で一番人気の桜です。
Phimg_9075
希望を言えば、手前の菜の花もっと咲いてくれると、桜が映えると思うのですが?
そして、この桜を狙うcameraも多いのですが、絵になるのは遠くから!
Phimg_9074
たまに近くまでvirgoさん達がいると・・・・ジャマなんです。
Phimg_9085
今年は、手前の田んぼに水が入っていました。
↓右上(桜の横にいるおじさん、あの辺をウロウロしながらcamera(そんな近くで何を撮るのか?と言いたかったけどじっと我慢)。手前のおじさんがいる場所で撮ったのが上の写真です。
Phimg_9094
農家の人は、この時期忙しいんです。こんな風景の中、撮影しています。
Phimg_9095
ソメイヨシノにしては珍しく長寿、樹齢100年だそうです。
Phimg_9096

最後にもう一度happy01
Phimg_9093

この船引駅前にあるお菓子屋 あくつ屋さん
Php4260424
看板でも判るように、かりんとう饅頭の元祖
Php4260427
大好きな、小沢の桜を見ながらいただきました。
外はカリカリ、あんこの甘さも丁度いい感じ。
Php4260426
ここの『かりんとう饅頭』だれかのブログで知ったのですが、誰のとこだったろう?

お腹も満足したところで、さらに国道349号を南下。
その国道沿いにある永泉寺の桜(えいせんじのさくら)。田村市(旧大越町)にあるエドヒガンベニシダレで樹齢400年以上と言われています。
Phimg_9098
だいぶ散って葉桜寸前って感じでした。
Phimg_9101
次回cherryblossomは、夏井千本桜の予定です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

芽吹き

このごろの市内で目立つのは目に優しい緑と
Phimg_9199
色鮮やかなハナミズキ。
Php5020491

そして果樹園では、桃の花・サクランボの花が終わりに、リンゴ・梨の花が最盛期を迎えているようです。
Phimg_9207
梨花、きれいですね (花を撮りに行ったわけではないのですがハハハ)
Phimg_9208
本日1本めの記事は、後日の予告編ということでcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

合戦場のしだれ桜

本日2本目のアップです。

中島の地蔵桜を見たあと国道349号を南下、国道459号との合流点を右折して数100m、国道459号沿いにあるのが合戦場のしだれ桜です。
二本松市(旧岩代町)にある枝垂れ桜。一本に見えますが樹齢約150年の2本の木です。
Phimg_9062
2年前、満開時の様子です -----> (こちら
Phimg_9068
今回は遠くから(臨時の駐車場)から撮ってみました。
Phimg_9071
手前の桜からも葉が出始めていました。
Phimg_9073
このアングルからの写真もいいなsign03
(撮影は全て4月26日です)

今年のGW、相方さんが2日間休日出勤になりそうなので、一人で近場を巡るしかないかとcoldsweats01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

中島の地蔵桜(二本松市)

26日(土)夏井の千本桜を見に行った日の報告をしたいと思います。
こっちも早く報告したいし、福島競馬の紹介の続きと交互にアップしたいと思っています。
この時期、見れる桜も少なくなってきていました。
阿武隈山系を南下しました。今日紹介するのは、『中島の地蔵桜』初めて訪ねる一本桜で、二本松市(旧東和町)国道349号から少し入った所にありました。
新聞の開花状況では、「散り始め」でしたが、その通りでした。happy01
Phimg_9047
推定樹齢150年の紅枝垂れ桜。
それでも、廻りのソメイヨシノは満開でした。
Phimg_9044
奥の安達太良山、天気が良すぎて霞んでしまいました。
Phimg_9048
横から撮ってみました。手前の田んぼに水を張ってくれています。
それなら、やはり
Phimg_9051

Phimg_9058
水面に写る地蔵桜、素敵でした。
満開の時に来てみたいです。

そして、今日はもう1本cherryblossomをアップします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »