« ごまとうふ | トップページ | うまいもの祭り »

2014年1月19日 (日)

西村京太郎 『十津川警部 長野新幹線の奇妙な犯罪』

約1ヶ月振りの書籍カテゴリーsign01
本を読む時間が、なかなか取れません。

Pb240588 Pb240589
西村京太郎著 十津川警部 長野新幹線の奇妙な犯罪
講談社ノベルズ 2013年10月7日発行 定価800円(税別)

経営者狙いの連続誘拐、企業利益に合わせた身代金に隠された闇とはsign02
鍵は群馬県安中市に? 十津川警部の推理が冴える!

東京、横浜、松江で、資産家を狙った高額身代金目的の誘拐事件が発生!
いずれも犯人は身代金を手に入れ、人質は解放された。
警視庁の十津川警部は両県警と連携し、身代金の金額と資産家たちが営む企業利益との奇妙な共通点に注目。
被害者周辺に群馬県安中市に関わる人物が必ずいると知った十津川らは、長野新幹線で安中榛名へ向かう。
犯人は同一人物か? 高額身代金の理由は?

長野新幹線安中榛名駅が事件のキー、それにしても安中榛名駅前って、そんなに閑散としているの?

|

« ごまとうふ | トップページ | うまいもの祭り »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

キハ58
安中榛名、宅地分譲はJRさんとか?
この駅に停めるbullettrain減らしたいけど、よけいに宅地が売れなくなるので減らせないとか??
近くに在来線の駅が無い場所、厳しいんですかね?

投稿: しゅうちゃん | 2014年1月20日 (月) 22時12分

安中榛名、停車中しか見たことありませんが、新幹線の駅の中で、一番閑散としているかもしれません。でも、宅地分譲の売りはそこにあるようですね。

投稿: キハ58 | 2014年1月19日 (日) 17時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/58785076

この記事へのトラックバック一覧です: 西村京太郎 『十津川警部 長野新幹線の奇妙な犯罪』:

« ごまとうふ | トップページ | うまいもの祭り »