« 神戸のあかり異人館 | トップページ | しょうが湯 »

2013年12月17日 (火)

西村京太郎 『十津川警部 哀しみの吾妻線』

Pb240586 Pb240587
西村京太郎著 十津川警部 哀しみの吾妻線
ノンノベル 2013年8月31日発売 860円(税込)

東京台東区の公園で弁護士が射殺された。担当する詐欺事件の関係者が失踪し、関与が疑われた。だが1週間前、静岡県清水で毒殺されたコンビニ経営の夫婦が弁護士の名刺を所持していたことが判明。
さらに十津川警部は、2週間前に長野で起こった飲食店女性従業員の刺殺事件に注目した。三つの犯行はすべて水曜日に行われていたのだ。
しかし、警視庁幹部はそれぞれの事件は無関係と判断。上司と対立した十津川は窮地に陥る。迷走する捜査。やがて、闇社会の大物の名が浮上し、連続殺人の線が見えてきたが…sign02

今年の9月に訪ねた吾妻線と八ッ場ダム建設地
Phimg_6706
この吾妻線と八ッ場ダムが事件に深くかかわって・・・・・・ 

|

« 神戸のあかり異人館 | トップページ | しょうが湯 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

hibochanさんへ
昨日本屋さんに寄ったら、読みたい本が沢山。
3冊だけ買ってきました。
買って読んでいない本が沢山溜まりました。coldsweats01

投稿: しゅうちゃん | 2013年12月18日 (水) 21時42分

キハ58さんへ
長野へのドライブの帰りに通りました。
吾妻線の終点までの本数は極端に少ないんですね。奥羽本線福島~米沢間の普通列車の本数みたいですね。happy01

投稿: しゅうちゃん | 2013年12月18日 (水) 21時40分

若い時分は ミステリー
夏ごろから倅の本読み出し読んだことありますが真田太平記全十二巻十一巻目
妻の白内障手術に立ち会いましたので一気に
大阪夏の陣

投稿: hibochan | 2013年12月18日 (水) 07時39分

いらっしゃったんですね!
大前までは、本数少なく計画しないといけないですよね。ダムでこれから一変する景色、しっかり見ましたよ!

投稿: キハ58 | 2013年12月17日 (火) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/58680233

この記事へのトラックバック一覧です: 西村京太郎 『十津川警部 哀しみの吾妻線』:

« 神戸のあかり異人館 | トップページ | しょうが湯 »