« 福湊庵 麦きり | トップページ | 福島競馬場の花火2013年 (1) »

2013年8月23日 (金)

出羽三山神社

観光協会の紹介文を引用させていただきます。
『出羽三山は古くから、日本屈指の霊場として知られてきました。
三山のそれぞれの山は、羽黒山が現世(正観世音菩薩=観音浄土=現在)、月山が前世(阿弥陀如来=阿弥陀浄土=来世)、湯殿山が来世(大日如来=寂光浄土=未来)という三世の浄土を表すとされます。近世の出羽三山詣では、羽黒山から入り、月山で死とよみがえりの修行を行い、湯殿山で再生する巡礼が多く行われ、生まれ変わり(死と再生)の意味をもった「三関三渡(さんかんさんど)」の旅とされました。
現在は二日間かけて出羽三山を巡る旅が一般的です。
初日のお昼ごろ羽黒に到着し、午後に羽黒山を登って出羽三山神社・三神合祭殿を参拝します。その後斎館・宿坊・旅館などに宿をとります。翌日月山八合目まで車で向かい、約2時間30分かけて月山神社本宮を参拝。湯殿山まで縦走し、湯殿山神社本宮を参拝するコースです』

そんな、羽黒山へ向かう所にある大鳥居。
Phcimg9514
皆さんの眼が悪いのではありません。この日コンデジの調子が悪く、ボケた画像になっています。

本来は、参拝するには羽黒山の麓から徒歩で山頂を目指すのですが、現代は羽黒山有料道路(往復400円)を払うと、頂上までcarでいけます。coldsweats01
駐車場から数100メートル木立の中を歩きます。
Phcimg9517
山伏姿でお参りする一団も多数おられました。
Phcimg9531

三神合祭殿(さんじんごうさいでん)が現れます。
Phcimg9527
三山の年中行事等は、ここで行われるとのこと。工事中でした。

Phcimg9521
本来は、左下から一の坂、二の坂と登ってこなくていけないのです。

Phcimg9522
階段の先が見えません、修行ですね。

御朱印もいただいてきました。
Phcimg9534

残るは、月山頂上の月山神社本宮の御朱印ですね。月山8合目から登山だよね、いつになったら行けるかな?

明日の大曲、rainマークは無くなったようです。あとはゲリラrainが来なければ風も適当に吹きそうで、花火日和になりそうですね。
明日は、久しぶりの須賀川。どうなりますかcoldsweats01

|

« 福湊庵 麦きり | トップページ | 福島競馬場の花火2013年 (1) »

御朱印」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

へたおばさんへ
月山登ったことあるんですね、さすがです。
スキー場側から登るルートと、羽黒山神社側から車で8合目へ行き登るルートがあるようです。少し運動してからでないと為でしょうね。

投稿: しゅうちゃん | 2013年8月26日 (月) 21時51分

月山は、何年か前のお盆に途中まで、リフトを利用して、山頂まで登ったことがあります。
上のほうには、雪渓もあり
スニーカーで行って、滑ってしまった苦い思い出があります(笑)
なかなか、つらいコースでしたよ^^

投稿: へたおば | 2013年8月25日 (日) 20時13分

hibochanさんへ
出羽三山詣で、こちらでも講で行っていたようですが、この頃はあまり聞かなくなりました。
でも今でも沢山の方々がお参りしているようです。

投稿: しゅうちゃん | 2013年8月24日 (土) 23時36分

ゆめちゃんへ
spaも沢山ありますので、また是非東北へおいで下さい。

投稿: しゅうちゃん | 2013年8月24日 (土) 23時30分

Lisaさんへ
月山でのスキーということは、夏スキーですよね。
スポーツいろいろされていたんですねhappy01

投稿: しゅうちゃん | 2013年8月24日 (土) 23時26分

東北を訪れた時羽黒山に行く予定だったのですが
主人が長い運転に疲れてしまいいけませんでした
しゅうちゃんさんのブログで楽しませてもらいましたhappy01

投稿: ゆめちゃん | 2013年8月24日 (土) 20時59分

出羽三山の謂れ理解できました
行ってみたくなりました
本日から二日つくば祭り目玉は ねぶたパレード

投稿: hibochan | 2013年8月24日 (土) 07時24分

月山、湯殿山ともスキーに行っただけでした。
お参りしたいわぁ〜

投稿: Lisa | 2013年8月24日 (土) 02時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/58028436

この記事へのトラックバック一覧です: 出羽三山神社:

« 福湊庵 麦きり | トップページ | 福島競馬場の花火2013年 (1) »