« ブルーインパルス in 六魂祭 (2) | トップページ | 換気扇 »

2013年6月21日 (金)

内田 康夫 『神苦楽島』

Phbook003

Phbook004

内田康夫著 神苦楽島(かぐらじま)
文春文庫 2012年12月19日発売 543円(税別)×2

(上巻)ついにケータイを購入すべく、秋葉原を訪れた浅見光彦。
その帰路、若い女性が彼の腕の中に倒れ込み、そのまま絶命してしまう。淡路島出身の彼女は、故郷の禁忌を破ったことを気にしていたという。
古事記に「国生み」神話を残す淡路へ、引き寄せられるように赴いた光彦は、事件の背後に巨大な闇が存在することに気づく・・・。

(下巻)事件解決の鍵が一本の「道」にあると察した浅見光彦は、テレビ記者の松雪真弓とともに伊勢へと向かう。
真相に近づき、淡路に戻った二人を出迎えたのは、新たな死体だった。民間信仰、政治家と大企業の癒着、新興宗教。すべてがひとつにつながったとき、戦慄の事実が浮かびあがる。

2010年3月単行本で発売された小説が、文庫化されました。
いつもどおり、浅見光彦の活躍を、安心して読み進むことが出来ました。

|

« ブルーインパルス in 六魂祭 (2) | トップページ | 換気扇 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

hibochanさんへ
本の面白さに、はまり始めましたか?
剣客商売、数多くドラマ化されていますよね?

投稿: しゅうちゃん | 2013年6月22日 (土) 21時33分

雨の時は 読書するようになりました
二男の部屋を整理しましたら本がどっさり
池波正太郎 剣客商売これ結構面白い
三冊ありますのでそのうち梅雨明けかも

投稿: hibochan | 2013年6月22日 (土) 07時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/57605054

この記事へのトラックバック一覧です: 内田 康夫 『神苦楽島』:

« ブルーインパルス in 六魂祭 (2) | トップページ | 換気扇 »