« クマガイソウの里 | トップページ | クマガイソウの里(3) »

2013年5月21日 (火)

クマガイソウの里(2)

Ph20130516a
クマガイソウの里へは、こんな道を抜けていきます。

Ph20130516b
500m山登りする間にも沢山の山野草が迎えてくれます。

イカリソウ 東北南部以南の森林に自生している
正面から撮れないのがしゅうちゃんです。
Ph20130516c

ミツバウツギ(三葉空木) ウツギに似たことから名づけられたとのこと
Ph20130516d

ハナイカダ(花筏) 葉の上に花が咲くのが特徴。秋には花の所に黒い実がなる。
Ph20130516e
まだ花が咲く前のようです。
Ph20130516f

ユキザサ この様な説明が書いてあるので、私のような山野草の素人でも楽しめます。
Ph20130516g

ウラシマソウ
Ph20130516h

今日も最後はクマガイソウ
Ph20130516i
アッチ向いてホイ状態coldsweats01  

|

« クマガイソウの里 | トップページ | クマガイソウの里(3) »

」カテゴリの記事

コメント

waniさんへ
紫陽花ですか。
会社の花壇にもあるのですが、まったく花芽も見えません。
何故、地名は「クマガヤ」なんでしょうね?

投稿: しゅうちゃん | 2013年5月22日 (水) 18時24分

ゆめちゃんへ
花筏 葉っぱの上に、チョッコと乗っている緑の物体が花です。
もっと拡大して写すと判り易かったかもしれませんね?
駐車場から入口ゲートは近くなんですが、ゲートから500mの登りがキツカッタです。

投稿: しゅうちゃん | 2013年5月22日 (水) 18時20分

Uchanさんへ
クマガイソウ、「ラン科アツモリソウ属」
アツモリソウも「ラン科アツモリソウ属」
と同一の系統の花のようです。
花に名前が残る位に各々有名な武将のようですね。

投稿: しゅうちゃん | 2013年5月22日 (水) 18時15分

直実の地元
熊谷にも咲いているのかな?

こちらは早くも
紫陽花を見かけるようになりました(゚▽゚*)

投稿: wani | 2013年5月22日 (水) 16時15分

クマガイソウの群生
すご~~い!!
500m登る間にもたくさんの山野草
花筏
葉っぱの上にちょこんと載っていて可愛いですね
どんな花が咲くんでしょうね
ここは車で奥まで行けるんでしょうか??

投稿: ゆめちゃん | 2013年5月21日 (火) 21時45分

<クマガイソウ>
源平合戦の"一の谷合戦”で平敦盛は熊谷直実に首を打ち取られましたが、「アツモリソウ」と云われる名の母衣型の赤い花があるそうです。
 いずれも、お目にかかった事はありませんが歴史上の人物は花になって生きているのでしょうかsign02

投稿: Uchan | 2013年5月21日 (火) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/57426356

この記事へのトラックバック一覧です: クマガイソウの里(2):

« クマガイソウの里 | トップページ | クマガイソウの里(3) »