« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

ブルーインパルス

明日開催の六魂祭に、空から花を添えるブルーインパルス。
25分にわたって、福島の空を飛んでくれるようです。
ただ、市街地上空ではアクロバットな飛行は出来ないので、編隊飛行がメインと言われていました。
今日は、明日の本番に向けてテスト飛行が行われました。
Ph20130528a
お~~~。コンデジの限界。
Ph20130528b
信夫山の上にハートマークを描いたりしてくれました。
Ph20130528c
青空ばかり見ていたら、どこにairplaneが居るのか見失ってしまいました。happy01
Ph20130528d

Ph20130528e
明日はデジイチ持って会社へ行こうかな?

(本日も訪問ありがとうございます、連続投稿990日目です)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年5月30日 (木)

まもなく

今日の仕事帰り、今週末開催のお祭り会場の前を通ってみました。
Ph20130527a
(福大付属小学校の校庭)

Ph20130527b
(メイン会場の福島市役所前)

一気に準備が整ってきたようです。


まもなく、月が変わってしまいます。その前にアップしたい写真がまだまだ残っています。

幕川温泉に入ったあとのcarです。
土湯峠に水芭蕉が咲いていました。
Ph20130527i

レークラインから秋元湖と裏磐梯を見たり
Ph20130527c

桧原湖を一周しながら
Ph20130527d

桧原湖畔にある、山塩ラーメンの有名な所noodleを食べたり
Ph20130527g

道の駅裏磐梯でソフトクリームを食べたかったのですが
Ph20130527h

朝出発が遅く、spaでのんびりし過ぎて、閉店時間を過ぎていました。

仕方ないので、色あせた看板の?コンビニでお腹を満たしましたcoldsweats01
Ph20130527e

ここ裏磐梯では、コンビニ・郵便局・ガソリンスタンドなどの看板が環境に配慮した色使いになっています。(赤・オレンジなどの色の塗装はありません)
那須あたりも街中と違う看板を見かけます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月29日 (水)

会議

今日は日中、会議出席でした。
Ph20130525x

ここは、こんなマークがある施設
Ph20130525y

この辺りでは、色々な会議や総会がspaマーク付きの施設で開催されることが多いのです。
でも、spaに入る余裕は無いんですよね(;ω;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月28日 (火)

プリンパン

市内豊田町にあるパン屋さん。「光月堂」さんの名物『プリンパン』
以前から、そいうパンがあることは知ってしましたが、ついに食べることに!

Ph20130422c
↑お店の外観。

Ph20130422d
↑左 プリンパン  右 コーヒープリンパン

Ph20130422e
プリンと生クリームの相性がいいです。でも注意して食べないと!プリンがdown食べにくいですhappy01

コーヒープリンパンは、コーヒー味のプリンにチョコ生クリームがトッピングされています。

光月堂パン店 福島市豊田町4-1
 定休日:日曜祝日

パンのラベルの消費期限でお判りのように、4月11日に書いておいた記事です。写真を撮っておいてアップする機会を逃しました。happy01

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年5月27日 (月)

ランチで食うポン 喜久寿し

備忘録的に記事になります。

商工会議所が音頭をとって始めたイベントで1000円均一の「ランチで食うポン」も5月末まで。急いで紹介しないとcoldsweats01
前回は「龍鳳園」で中華を食べましたが、今回紹介するのはいつもの「喜久寿し」さんの紹介です。
4月下旬に甥っ子家族と一緒に食べにいきました。
Ph20130523a
今回のランチは、握り鮨6カンとネギトロ丼、若竹煮などがセットになっていました。食後にコーヒーと御菓子も付いてきました。

甥っ子の子供達はお子様ランチ。デッカイ海老フライが付いてきました。happy01
Ph20130523b

福島市渡利字柳小路59-1
024-522-4826

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月26日 (日)

東北六魂祭

今週の土日(6月1日・2日)第3回東北六魂祭が開催されます。
市内のあちこちに、このノボリがあります。
Ph20130522e

パレードのコースにあたる、国道4号線は歩道を除染するとともに、全面的に再舗装して祭りの準備は整ったようです。
Ph20130522a
先日beer会のあと、歩いて帰ってきたら夜間工事で舗装工事をしていました。

自宅に配布された交通規制図。
Ph20130522b Ph20130522c

土曜日は会社なんですweep。帰り家までcarで戻れるのか?です。
天気は微妙な予報です。sunになりますように。

東北六魂祭のHPは----->こちら

我が家の今晩のご飯はお赤飯でした
Ph20130522d

義兄宅で田植えが終わったので、「さなぶり」のお裾分けをいただきました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年5月25日 (土)

幕川温泉 吉倉屋旅館(2)

今日は、幕川温泉吉倉屋旅館の露天風呂を紹介したいと思います。
Ph20130520a
こちらは昨日紹介したように、内湯とは別な場所となりますので、大きな字で「露天風呂」の暖簾がかかっています。

Ph20130520b  Ph20130520c
脱衣所も綺麗に整頓されていました。ロッカーも無料で利用できます。

扉をあけると、眼下にこの風景が広がります。
Ph20130520d
内湯は透明に近いのですが、露天風呂は青い透明な色です。
露天風呂の泉質は、内風呂と違って単純硫黄泉。

Ph20130520e
浴槽から脱衣場入口を眺めると、こんな感じです。
湯船に入ると湯花が底から舞い上がる感じです。

Ph20130520f
紅葉の時期、最高の景色を見ることができそうですね!

さて、お待たせ?しました。今回はサービスでfootfoot( ^ω^ )
Ph20130520g

別アングルでもう1枚happy01
Ph20130520h

湯口には湯花が
Ph20130520i

上を見上げると、こんな感じです。
Ph20130520j

最後に全景をもう一度。
Ph20130520k
内湯とは違って、露天の温度は低めでゆっくり入ることが出来ました。しかもず~~と貸切happy01

土湯峠温泉郷
幕川温泉 吉倉屋旅館さんのHPは----->こちら
日帰り入浴 10:00~15:30 料金500円
冬季間は閉鎖になります

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月24日 (金)

幕川温泉 吉倉屋旅館

クマガイソウの里から県道52号で国道115号に出て、さらに県道30号(旧国道115号)で磐梯吾妻スカイラインの土湯ゲートに向かうと、ゲートの手前にこんな看板があります。
(現在、福島市側から土湯峠へは災害復旧工事のため7月中旬まで全面通行止、一度土湯トンネルを抜けて猪苗代側から土湯峠へ向かうことになります)
Ph20130519a


大きな地図で見る
↑地図、土湯峠手前から細~い糸みたい?な道路を走って行きます。

Ph20130519b Ph20130519c
車1台分の幅しか無かったり、まだ雪が残っていたり
Ph20130519d Ph20130519e_2
↑左 こんな少しヤバイ場所もあります。↑右 地図で表示されている新幕川温泉の建物跡が下方に見えます(ここは大分前から営業していないのに何故名前が載っているのか?です。現在は某団体の研修道場なんだけど?しゅうちゃんも少々お世話になっている所なので変な団体ではありませんから!しゅうちゃんが世話になってるから変だってcoldsweats01

Ph20130519f
土湯峠から3.5km、車で10分程で幕川温泉に着きます。
ここは2軒の旅館があり5月~11月頃まで営業しています。写真の奥が「水戸屋」で右側に「吉倉屋」さんがあります。

Ph20130519g
生前父親の話では、稲刈りが終わったあと山道を歩いてここまで来て、湯治をしたらしいです。

Ph20130519h
玄関です。あの日本秘湯を守る会の提灯が下がっています。ガラスに美男子?happy01

Ph20130519i
外観は新しい感じですが、ロビーはいい雰囲気です。

Ph20130519j
湯の神が祭ってありました。

玄関を入って左側に内湯が、右側に行くと露天風呂があります。
Ph20130519k
単純鉱泉で無色に近いですが、湯花が沢山漂って、温まる温泉でした。
残念ながら、内湯は他にお客様がいたのでfootは撮れませんでした。
明日の露天風呂をお楽しみに!

この日、幕川温泉まで4台位の車が連なって行ったのですが、私以外は全て水戸屋さんへ行きました。coldsweats01
水戸屋さん、混浴の渓流野天風呂や檜を輪切りにした大きな露天風呂(混浴)があったりして、立ち寄りするには魅力があるんですよね。
では、何故しゅうちゃん「吉倉屋」さんに立ち寄り湯したか・・・
それは、混浴が恥ずかしいから?
本当は(吉倉屋さん、とお~~~い親戚だったりしてcoldsweats01
久しぶりの幕川温泉でした。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2013年5月23日 (木)

クマガイソウの里(完)

今日はニリン草・ヤマブキ草だらけです。

クマガイソウの群生地から、さらに150m奥へ登ります。
Ph20130518a
ヤマブキソウ(山吹草)が目立ちます
Ph20130518b
花の色が山吹ですね、自生のヤマブキソウは減少しているとのこと
Ph20130518c

ニリンソウ 可愛い花です
Ph20130518d

Ph20130518e

Ph20130518f

ヤマブキソウとニリンソウのコラボ
Ph20130518g

Ph20130518h

最後は、やはりクマガイソウでしょう!
Ph20130518i

場所は↓地図の真ん中辺りです

大きな地図で見る

山歩きをしたら、この後は汗を流さないとね?近くには沢山spaあるし!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月22日 (水)

クマガイソウの里(3)

まだまだ沢山の山野草が迎えてくれました。

ヤマシャクヤク (シャクヤクという花に似て、山に咲いていたので、この名前が付いたとのこと)
Ph20130517a

白い花って撮影難しいですよね?
Ph20130517b

立てば芍薬、座れば牡丹・・・似てるかな?
Ph20130517c

マムシグサ 特徴をうまく撮れませんでした。
Ph20130517d

クリンソウ 五重塔の一番上にある九輪という飾りに似ているからとのこと
Ph20130517e

ラショウモンカズラ(羅生門蔓) 渡辺綱が羅生門で切り落としたとされる鬼女の腕に見たてたものとだそうです。
でも、花はカワイイです。
Ph20130517f_2

タチガシワ(立柏) まだまだ咲き始めですね
Ph20130517g

モミジイチゴ(紅葉苺) 葉が紅葉に似ているとか
Ph20130517h

駐車場から登り口まではすぐです、しかも杖を無料で貸してくれます。
ここは、水原地区の共有林だそうです。
Ph20130517i
90歳のおばあちゃんが家族と一緒に来ていましたw(゚o゚)w

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月21日 (火)

クマガイソウの里(2)

Ph20130516a
クマガイソウの里へは、こんな道を抜けていきます。

Ph20130516b
500m山登りする間にも沢山の山野草が迎えてくれます。

イカリソウ 東北南部以南の森林に自生している
正面から撮れないのがしゅうちゃんです。
Ph20130516c

ミツバウツギ(三葉空木) ウツギに似たことから名づけられたとのこと
Ph20130516d

ハナイカダ(花筏) 葉の上に花が咲くのが特徴。秋には花の所に黒い実がなる。
Ph20130516e
まだ花が咲く前のようです。
Ph20130516f

ユキザサ この様な説明が書いてあるので、私のような山野草の素人でも楽しめます。
Ph20130516g

ウラシマソウ
Ph20130516h

今日も最後はクマガイソウ
Ph20130516i
アッチ向いてホイ状態coldsweats01  

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年5月20日 (月)

クマガイソウの里

市内水原地区に群生しているクマガイソウの里へ、昨日行ってみました。
去年訪ねて感動したので2年連続での訪問となりました。
↓クマガイソウ(熊谷草)
Ph20130515a_2

「クマガイソウ」はラン科の多年草で、紅紫色の網目静脈がある袋状の花弁が特徴の花です。
源氏方の武将熊谷直実が、流れ矢を防ぐために背負って戦った布の袋(母衣)(ホロ)に形が似ていることから名づけられ、別名ホロカケソウとも呼ばれているとのこと。
Ph20130515b_2
現在では環境省の絶滅危惧種2類に指定されている花とのこと。
去年はコンデジだったので限界がありましたので、今回はデジイチで頑張ってみました。
Ph20130515h
群生地としては、日本で3ヶ所しか確認がとれていないとのこと。
Ph20130515i
↑の写真の数倍の広さに咲いています。
Ph20130515k

こんな場所から観察します。
Ph20130515j

有刺鉄線に守られています。
Ph20130515m

駐車場から群生地まで500m程の遊歩道(山登り)
保護活動費300円が必要です。
Ph20130515l 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年5月19日 (日)

筍ご飯などなど

相方、竹の子食べたいと青森・秋田旅行で道の駅に寄る旅に「筍」を探してしたのですが見つけられず。
先週、道の駅「天栄」で見つけて、相方が早速料理してくれました。
Ph20130515a
筍が一杯の筍ご飯

Ph20130515b
秋田の道の駅で見つけた、干し大根などと一緒に煮物にも。

料理の写真が溜まったので紹介しておきます。
大潟村の“桜と菜の花祭り”で相方が摘んだ菜の花のお浸し。
Ph20130515c

秋田の道の駅で購入した「こごみ」のゴマ和えと油炒め
Ph20130515d Ph20130515e

同じ秋田産?の蕗の薹の天婦羅など。
Ph20130515f
全て相方作です。

こちらの岡部地区では、胡瓜のハウス栽培が盛んです。そんな農家の方から胡瓜を沢山いただきました。
Ph20130404k
花が付いたままです。

胡瓜の酢のもの、一夜着けに白菜の古漬。
Ph20130404l

胡瓜の炒めもの
Ph20130404m
↑は男の料理で大雑把ですね。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2013年5月18日 (土)

道の駅「季の里天栄」

福島県で23番目の道の駅「季の里天栄」
場所は国道294号(岩瀬郡天栄村)で、こんな所にあります。

大きな地図で見る

2011年4月に開所した道の駅なのですが、この場所我が家からだと普段は通らない場所。
羽鳥湖高原へ行く前に、少し遠回りして寄ってみました。
Ph20130514d
小規模な駅ですかね
Ph20130514e
ここで、相方が欲しがっていた竹の子を発見!安かったです、即購入しました。
Ph20130514f
料理は明日にでも紹介できればと思います。

国道118号鳳坂峠(ほうさかとうげ)付近で見かけた山桜(たぶん)
Ph20130514a

この日はもう1ヶ所羽鳥湖にある道の駅「羽鳥湖高原」にも寄ってみました。
Ph20130514b
ここは以前に1度だけ寄ったことがあります。
Ph20130514c

この道の駅は、県道37号(白河羽鳥線)なので白河に抜けれるのですが、今まで走行したことありませんでした。
今回は、あるスタンプを押すために白河へ抜けてみました。
Ph20130514g
白河の関跡近くにある、その名も「白河関の森公園」。閉園間際に行ったので、店仕舞の準備中でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年5月17日 (金)

羽鳥湖高原レジーナの森(2)

食後、レイクレジーナ(人造湖)を散歩
Ph20130513a
日本ではない雰囲気
Ph20130513b
フィッシングも出来るみたいですね。

さて、ここレジーナの森を訪ねたのは、spaを利用するため。
通常料金1200円で、温泉とガーデンスパ(水着着用)が利用できるのですが、5月はJAF会員証提示で600円とのこと。
Ph20130513c
しかも一日何度でも利用可能、いいですね。
Ph20130513d
ロッカーも大きくて良かったです。100円硬貨も戻ります。
Ph20130513e
温泉施設の露天風呂。
おまたせしました??、お客さんが少なかったので撮れました。
Ph20130513f
サービスでもう一枚
Ph20130513g
休憩所も広かったです。
紅葉の時期、水着を持ってきてガーデンスパのエリアにも入ってみたいですね。
Ph20130513h

こんな自販機がありました。
Ph20130513i
ビンコーラ100円だって。誰かが写っていますね!ハハハ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年5月16日 (木)

羽鳥湖高原レジーナの森

福島県岩瀬郡天栄村羽鳥にある、「レジーナの森」
県道37号から少し入った所にあるリゾート施設です。
Ph20130512a

場所はこんな山の中にあります。



大きな地図で見る
 
近くまでは行ったことあるのですが、ここへ行くのは初めて。先週の日曜日初めて訪ねてみました。
↓国道118号の県道37号分岐点。
Ph20130512b  
しばらく狭い道を通り、道の駅『羽鳥湖高原』の手前を入ります。
Ph20130512c
パンフとかで見慣れた風景が広がっていました。写真に写っているのは羽鳥湖ではありません、この施設が造った人造湖です。

出発が遅かったので、到着したのが昼過ぎ、お昼はこちらで食事することにしました。
湖畔のレストランでバイキング(1500円 ドリンク付き)
Ph20130512d
眺めはいいです。
Ph20130512e
   
Ph20130512f Ph20130512g

料理は、普通?ドリンク付ですが若干高め、山料金ですかね?
Ph20130512h

ドーム型のコテージが沢山並んでいます。
Ph20130512i

ワンちゃんと散歩している人が多いと思ったら、レストランもワンちゃん同伴OKの場所もあるし、ドックラン、ワンちゃん用の温泉など、愛犬と一緒に楽しめる場所が売りのようでした。
Ph20130512j

このリゾート施設、入口にゲートはあるのですが、人間は入場無料・駐車料金無料で入場で来ます。
しかし、愛犬は1匹目1000円の入場料がかかるのですねsign03
Ph20130512k

羽鳥湖高原レジーナの森 -----> こちら 

この近くには、「ブリティッシュ ヒルズ」があるんです。神田外語学校が運営しているんですよね。
いろいろなTV番組でロケで使われる施設ですが、利用するには、チョッピリ勇気がいるhappy01んですよね。 (こちら

そうそう、なぜこの場所に来たか・・・・( ^ω^ ) spafoot お楽しみに

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月15日 (水)

青森・秋田の旅(完)

たった2日の青森・秋田の旅、やっと完結できそうです。

でっかい「なまはげ」に見送られ男鹿をあとに。
Ph20130511a

秋田県潟上市の国道101号沿いにある道の駅『てんのう 夢と神話の里』
Ph20130511b
無料で登れる展望台までありました
Ph20130511c

さっそく登ってみました。この日は風が強くゆ~らゆ~ら
でも、眺めは最高でした。
Ph20130511d
海沿いだったのですね。
Ph20130511e

ここで昼食に。他にも美味しそうなお店があったのですが、「野菜料理が沢山のランチバイキング」が目にとまりました。
Ph20130511f

1000円以下で食べきれない程の品数、クオリティの高さ、今まで食べたランチバイキングでもトップクラスでした!
Ph20130511g

お腹も満足になり午後2時30分、ナビに一般道優先で、目的地自宅をセット。
300㎞オーバーの距離ウフフ。

秋田港で「秋田ポートタワーセリオン」を眺めながら国道7号に合流。
Ph20130511h
由利本庄市で国道7号と別れ、国道108号で湯沢市を目指します。

山間に入ると一気に様子が変わります。田んぼのあぜ道にある緑色の点々は「蕗の薹」
この辺の村人?は採って食べないのかな?
Ph20130511i

由利本庄市鳥海町、国道108号沿いにある 道の駅『清水の里・鳥海郷』
Ph20130511j

道の駅も多くなりtoilet休憩するのに助かります。!右側の白い物・・・
Ph20130511k

すごい雪の山です
Ph20130511l

この先、湯沢市院内で国道13号と合流。ここから先は一本道。

(この国道13号は大曲の花火見学などで何度も紹介しているので一気に省略しますhappy01

福島市内に入り、国道13号を横断する福島交通飯坂線の踏切まで来ると帰ってきたなと。
Ph20130511m

20時30分 無事帰宅
1.5泊2日の旅? 総走行キロ約1000㎞、13㎞/ℓの旅でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年5月14日 (火)

男鹿半島へ

5月4日、能代市から八郎潟の菜の花ロードを堪能(すでに報告済み
近くにある道の駅「おおがた」に立寄ってお買い物
Ph20130510a

Ph20130510b

農産物も沢山並んでおり、我が家では豆類を沢山購入。
Ph20130510c

国道101号・県道55号を順調に南下、30分チョットで男鹿半島の先端に。
Ph20130510e

入道崎、ここも北緯40℃。
Ph20130510f
この日は、波が高くて遊覧船も休みでした。
Ph20130510g

お土産屋さんの前で、「なまはげ」もお出迎え
Ph20130510h

さらに、景勝地の八望台へ。
円形の火口が3ケ所、夕日も絶景らしいのですが、残念ながらこの日はcloudでまだ昼前
詳しくはこちら
Ph20130510i   
Ph20130510j

この旅行最後に立寄ったのは、「寒風山(かんぷうざん)」
Ph20130510k
名前の通り?寒い強い風が吹いていました。
Ph20130510l
八郎潟方面、天気が良ければ・・・残念でした
Ph20130510m
駐車場から、頂上まで飛ばされそうになりながら登ってきました。海も雲も境目が判らないです。

午後1時前、本来は角館の夜桜を見て帰るつもりだったのですが、この日(5月4日)はまだ蕾。しかたないので、下道(なぜ?)で真直ぐ帰ることに。
次回で青森・秋田の旅も最終回になりそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月13日 (月)

弘前から秋田へ(2)

今回は道の駅を中心に。
国道101号の鯵ヶ沢~能代間に3ヶ所も道の駅があります。

青森県側の道の駅『ふかうら かそせ いか焼き村』
Ph20130509p
名前のとおり、一夜干ししたイカを焼いて売っています。
この日は風が強く、車のドアを注意して開けないと隣の車にキズを付けてしまいそうでした。

さらに、これぞ冬の?日本海を右手にみながら進みます。
Ph20130509o

秋田県側の道の駅『八森 お殿水』 秋田県八峰町八森にあります。
小さな道の駅です。
ただ、私が思うに『秋田音頭』で歌われる、「秋田名物 八森ハタハタ・・・」の八森ってここのこと?かなって。
Ph20130509x

さらに国道101号を南下し八森と同じ八峰町にある道の駅『みねはま ポンポコ101』
Ph20130509y
ここは結構大き目な道の駅です。近くにポンポコ山があるようなのですが?です。

この日はGW後半初日、割増料金の旅館に泊まるのは諦め、ビジネスホテルを確保。
Ph20130509s

ここは禁煙ルームの設定が無かったような?
そのためか、ファブリーズが部屋に置いてありました。タバコの匂いはそれ程気になりませんでした。
それにしても、今時灰皿にマッチのセット置くのかな?(普段禁煙ルームを利用するので珍しく思えました)
Ph20130509t

朝食付きだったので  相方は洋食セット
Ph20130509u

私は「朝丼セット」
Ph20130509v

ひきわり納豆、とんぶり、おくら、ネギ、オカカ、生玉子
Ph20130509w

美味しい朝食でした。ご飯も「あきたこまち」がうま!でした。
しかも、ご飯は大盛り!自宅でも出来る丼ですね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年5月12日 (日)

弘前から秋田へ

弘前公園近くの駐車場に車を入れたら、その後に趣きある洋館が
Ph20130509a
桜を見たあと近くに行ってみたら、青森銀行記念館(旧第59銀行本店本館)
この日は見学無料で開放していたので、見せていただきました。
Ph20130509b
貨幣の歴史など展示してありました。
Ph20130509c
昔の応接室。すごい調度品ですね!
銀行の応接室なんて通されたことないしな!

弘前でこんなにノンビリしても、まだ11時でした。この日の宿泊は秋田県能代市に予約を入れていたので、日本海沿いに南下することに。

弘前から青森県道31号を鯵ヶ沢へ向かって走りました。
左は十二湖、右は十三湖・・・左折して南へ向かいます
Ph20130509i

この日は、冬の日本海・・・なんて歌が似合う風景でした。
Ph20130509j

そんな、日本海が見える場所にある、こちらでお昼にしました。
Ph20130509l
地元ナンバーの車で一杯なので、美味しいんでしょう。
Ph20130509k

私は、刺身定食1500円
Ph20130509m
相方は、帆立貝みそ焼き定食1200円
Ph20130509n 
もちろん、美味しかったです。

そして『日本の夕日百選』に選ばれている千畳敷海岸に立寄りましたが
Ph20130509d
この日は寒かった~~
Ph20130509e

この千畳敷海岸は国道101号を挟んで五能線が走っているのです。
寒くて車に戻ろうと思ったら、『リゾートしらかみ』がやってきました!ラッキー、必死でシャッターを切りました。この『リゾートしらかみ』3色の車両があるのですが、この車両は『青池ハイブリッド』。
冬の日本海を『リゾートしらかみ』で旅するのもいいですねhappy01
Ph20130509f
Ph20130509g
Ph20130509h

鯵ヶ沢で有名な犬に会いたかったのですが、チョット失敗して通りすぎてしまいましたweep
明日は能代まで着けそうですhappy01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年5月11日 (土)

津軽藩ねぷた村

青森・秋田の旅(5月3日)の報告に戻ります。
弘前公園の桜、今日現在でもまだまだ見頃のようです。

弘前公園の隣にある『津軽藩ねぷた村』を久しぶりに見学しました。
ご存知の方も多いと思いますが、青森市は「nebuta」、弘前市は「neputa」です。
Ph20130504a
↑右側が弘前公園。左がねぷた村

大型ねぷたが2台展示してありました。
Ph20130504b

裏の見送り絵がいいですね。
Ph20130504c

回廊になっており、上からも眺められます。
Ph20130504d

金魚ねぷたも展示してあります。金魚ねぷたについては--->こちら
Ph20130504e

お土産用の金魚ねぷたを作っています。1つお土産に買ってきました。
Ph20130504f

そしてここでは、津軽三味線を聞くことが出来るのです。10分程の演奏ですが、いいですね。津軽三味線の音色note、好きなんですhappy01
Ph20130504g

Ph20130504h

朝一番は、専用のステージで演奏でした、こんな近くで聞けました。2回も聞いてしまいました。
Ph20130504i

津軽藩ねぷた村 入場料500円
詳しくは----->こちら   

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年5月10日 (金)

GWの花見山(3)

5月6日の花見山の風景紹介も今日で最後です。

チューリップもだいぶ散っていました。
Ph20130507a

Ph20130507k

デショウジョウ(出猩々) 春の新芽は真っ赤で「春モミジ」とも呼ばれているとのこと。
Ph20130507b
これ程多くの色、春ですね。
Ph20130507c

園主さんの縁側からの眺めです。
Ph20130507d

花見山公園周辺で見かけた花たち。
Ph20130507e

木蓮だよね?
Ph20130507f

これが、よく判らなかったのです?
Ph20130507g

たんぽぽさん
Ph20130507h

菜の花と信夫山。
Ph20130507i

最後はサザエさんで〆ます。
Ph20130507j

この時期の花見山を散策するのは久しぶり、花の名前が判るともっと楽しめるのにと思うのでした。 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年5月 9日 (木)

GWの花見山(2)

今日の最高気温が28℃オーバーw(゚o゚)w 体が追いつきません。
花見山の花たちのも驚いていることでしょう!

そんな花見山の紹介を続けます。撮影は5月6日です。

『カンザン(関山)』 サトザクラの八重咲き品種
Ph20130505m
ピンクの花びらがカワイイです
Ph20130505n

『アマノガワ(天の川)』 サトザクラの仲間
Ph20130505o

Ph20130505p

アマノガワの手前にあるのは、白藤?
Ph20130505q
コンデジでは、これ以上寄れませんでした。
Ph20130505r

ツバキさん?
Ph20130505s

こんな景色もあります。
Ph20130505t

花見山を下りていきましょう
Ph20130505u

こんな所でお茶を一服したいですね
Ph20130505v

すみません、明日も花見山の花さんを紹介します。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年5月 8日 (水)

GWの花見山(1)

青森・秋田旅行の報告は後日再開します。時節ものを先に報告させていただきます。

GW最後の5月6日買い物帰り、あまりの天気の良さに誘われて花見山へ寄ってみました。
デジイチ持ってませんでしたので、コンデジで撮っています。
交通規制は先月末に解除され、近くの駐車場まで行けました。
Ph20130505a
さすがに葉桜になっていますが、まだまだ色々な花が目を楽しませてくれます。
花の名前にうとい私、間違っていたら御免なさい。

『リキュウバイ(利休梅)』 バラ科の落葉低木
Ph20130505b

Ph20130505c

ツツジ 
Ph20130505d

そして、オオデマリ(大手鞠) スイカズラ科
Ph20130505e
この時期は緑色ですが、だんだん白くなるらしい?
Ph20130505f
アップにすると紫陽花みたいです。

キクモモ(菊桃) バラ科サクラ属
Ph20130505g
ほんとうに菊の花びらみたいです
Ph20130505h

これって、もしかして『ウコンザクラ』かな?オオシマザクラ系の園芸種
Ph20130505i

これは???
Ph20130505j

上ばかり見ていたら足元に『オオバベニカシワ(大葉紅柏)』新芽は赤いらしい。
Ph20130505k

緑の季節もいいもんですね!
Ph20130505l

まだまだ、沢山の花が咲いていますので、明日へ続きます。 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年5月 7日 (火)

菜の花ロード

弘前公園の桜を見たあと、国道101号を日本海に沿って南下、秋田県能代市内のビジネスホテルに宿泊(詳しくは後日報告したいと思います)。

翌日、予定では秋田角館の桜を見る予定でした。でも地元テレビ局を見ていたら、桧木内川沿いのソメイヨシノは、まだ蕾とのこと。
同じテレビ局で紹介していた、こちらを訪ねてみることにしました。

こんな橋を渡り
Ph20130506a

こんな北海道みたいな風景を眺めながらしばらく走ったところにある
Ph20130506b

菜の花ロード。菜の花は咲いているけどソメイヨシノはまだ?
Ph20130506c
でも少し先へ走ると、桜も満開の状態。

ここは、秋田県大潟村。
琵琶湖に次いで2番目の広さであった八郎潟を埋め立てて造った土地、日本で一番大きな干拓地ですね。
小学校の授業で習った場所。入植から50年も経つんですね。
Ph20130506f
そして、この先のカーブ↑を曲った所で、さらに驚きました。

Ph20130506g

どこまでも続くよこの道は・・・
Ph20130506h

車がこない時に道の真ん中でcamera。反対側の空は今にも雨が降りそう!
Ph20130506i

この菜の花ロード、なんと延長11㎞にわたって植えられているとのこと。
日本とは思えない風景。

さらにここは、北緯40℃が通っているんですね。
Ph20130506d

この日、桜と菜の花の祭りが開催されているメイン会場に立寄ってみました。
すごい!広~い菜の花畑。
Ph20130506j

ん~、ミニSL!

Ph20130506k

菜の花畑の中をSLが
Ph20130506l

1周100円で乗せてくれてました。この線路、仮設ではないので常に走っているのかも?
Ph20130506m

さらに菜の花摘み放題!?カマも貸してくれます。
帰宅後、我が家の食卓にのりました。
Ph20130506n

角館の桜は見れませんでしたが、すばらしい桜と菜の花ロードを見ることが出来ました。       
温泉施設もあったのですが、この先の予定もあり、今回は立ち寄り湯を断念。
大潟村、皆さん親切でいいとこでした。----->詳しくはこちら

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年5月 6日 (月)

弘前公園(2)

昨日に続いて弘前公園内の様子です。
Ph20130503a

この辺りは、5分咲きですかね?
Ph20130503b

たぶん1週間後には、このお堀一面桜の花びらで埋まるのでは?。
Ph20130503c

日本一太いソメイヨシノとのこと、残念ながらまだまだでした。
Ph20130503d

日影には雪がsign03 開花が遅れているのも当然かも?
Ph20130503e

桜が開花している場所には、多くの観光客が立ち止まっています。
Ph20130503f

10時頃になると車の数も多くなりましたが、桜の開花が遅れているためか、大渋滞とまではなってませんでした。
Ph20130503g

園内では、水芭蕉も開花していました。
Ph20130503h

お祭りと言ったら出店。早朝のためお客さんは少ないですが開店準備に忙しそうでした。
Ph20130503i

皆さん冬支度で桜見物です。
Ph20130503j

お化け屋敷にオートバイサーカスなど、大きな小屋もありました。
Ph20130503k Ph20130503l

寒い日は、暖かいおでんが一番。
Ph20130503m

以前来た時も黒いコンニャクおでん、食べました。
さすがにソフトクリームは食べれませんでした。
Ph20130503n

最後に青森地方裁判所前の桜。裁判所には桜が似合いますね。sign02
Ph20130503o

弘前公園のcherryblossomの報告はこれで最後です。
まとめが下手なしゅうちゃん、旅行の報告はまだまだ続きます。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年5月 5日 (日)

弘前公園(1)

福島から約400㎞、弘前ICを5月3日朝6時過ぎに通過。天気予報はrainマークでしたが、晴れ男のしゅうちゃん、cloudでなんとか乗り切れました。happy01
Ph20130503a

車にご飯を食べさせ、コンビニで自分の朝食を買って7時前には弘前公園そばのparkingに渋滞もなく停めることが出来ました。1日停めて1000円と昔から変わっていません。
歩いていくと、こんな大きな写真ボードが・・
Ph20130502b

現実は、まだこの程度でした。異常気象には勝てません。
この日も手袋が欲しいくらいに寒く、冷たい風が吹いていました。
Ph20130502c

それでも、太陽の当たる南向き側は満開に近い状態でした。気温が低いため太陽の日が当たらない部分は蕾の状態。
Ph20130502c2

弘前公園一番の撮影スポット、天守をバックにした桜も、花びらより枝振りが目立ちますweep
Ph20130502d

たか丸くん(誰?)と一緒に記念撮影。
Ph20130502e

本丸下の枝垂れ桜は、なんとか咲いてくれていました。
Ph20130502f

天守からの眺め。残念ながら岩木山の頂上は雲の中。連休明けには満開になりそうですね。
Ph20130502g

例年であれば、壮大な岩木山と西濠沿いの桜並木を撮影出来るのですがね
Ph20130502h

ここも撮影スポットで、満開なら左側のような写真(写真撮影用のボード前で撮影)を撮れるのですが、この日は右側の状態。
Ph20130502i Ph20130502j

ここも撮影スポットの一つ西濠。太陽の日を浴びている場所(右側)は開花しているのですが、左側はまだ蕾。
今年は全体が満開になることは無いのでは?
Ph20130502k Ph20130502l

北の廓にあった枝垂れ桜はなんとか見頃でした。
Ph20130502m
Ph20130502o
Ph20130502n

2007年5月3日に訪ねて以来、6年振り4度目の訪問でしたが、これ程cherryblossomが咲いていない弘前は初めてです。

明日も弘前です。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年5月 4日 (土)

弘前へ(速報)

GWの渋滞を避けるため、仕事が終わった2日夜10時前に自宅を出発
途中SAで仮眠をとり、朝7時青森県弘前公園に
Ph20130502a

本当はGW前半の28・29日行く予定だったのですが、開花が遅れているので後半にずらしました。
でもまだ3分咲き程度。今年の北東北は異常な寒さ、手袋が欲しい位に寒かったです。
とりあえず、無事帰りました、詳細は後日報告させていただきます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年5月 3日 (金)

北へ

夢の中で
こんな風景を見たかったのですが、今年は開花が大分遅れているようなので
しかもrainなマークも出ていたので?
Photo

本日はすみません、「コメントのお返し」「いいね!」「ポチッ」などは、お休みさせていただきます。
「コメント」欄も閉じておきますhappy01

| | トラックバック (0)

2013年5月 2日 (木)

西村京太郎『わが屍に旗を立てよ』

Phbook001 Phbook002

西村京太郎著 わが屍に旗を立てよ
ジョイノベルズ 2013年1月19日発行 860円(税込)

テレビの骨董鑑定番組に女が武田信玄の掛軸を持ち込み、3人の鑑定家のなかで一人だけ500万円の値を付けた。
その戦国史研究家が後日、女が経営する喫茶店「風林火山」を訪ねると、店内で見知らぬ女が絞殺されていた。
そして壁には「風が殺した」の文字が……。
被害者は誰なのか?
手がかりを追って、十津川警部は滋賀県大津市へ飛んだ!!

武田信玄と織田信長に魅了された者たちによる、連続殺人。
西村京太郎さん、このごろ歴史の武将さんにちなんだミステリー小説を書かれています。
個人的に『武田信玄』詳しくないので、少し勉強してみようかな?

春とともに、cherryblossom見物とかcardashが忙しくて、本を読む時間がなかなか取れませんcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月 1日 (水)

亘理へ

お昼時になったので、『田園 山元店』で食べることに。このお店JAFメンバーカード掲示で割引になります。

今回はミニ丼?のセット。値段はそれなりで1600円程度だったはず?忘れてしまいました。happy01

海鮮丼、ホッキめし、天丼です。
Ph20130428q
相方が頼んだかつ丼とシェアしたのですが・・・・ご飯が多すぎて、お腹が破裂しちゃいましたcoldsweats01

亘理荒浜にあった「あら浜」さん、ここの“かきせいろ飯”美味しかったんですよね。再開したら来ますからね!

Ph20130428j

こうして見ると、『わたり温泉鳥の海』震災前と同じに見えますが、この建物の屋上で助かった人が40名程おられるようです。
Ph20130428k

そして『わたり温泉鳥の海』の1階で営業していた産直市場が、ここに仮設店舗を建てて営業されているとのこと。
復興応援バスも立寄っていました。
Ph20130428l

あら浜のこの地、何も無くなってしまいました。
Ph20130428m

亘理に来たら、豆腐屋『豆達人』(詳しくはこちら)で豆乳を買って
Ph20130428n

ソフトクリームを食べて満足happy01
Ph20130428o

帰り道、個人のお宅の庭に3色?の(ハナモモ?)見つけパチリ!
Ph20130428p

この先は、先日一目千本桜を見に来たときと同じルートになってしまいました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »