« バスで | トップページ | 四季の里 バレンタインキャンドルナイト »

2013年2月10日 (日)

暁参り

毎年2月10日・11日は、信夫三山暁参りが行われる日。
信夫山にある羽黒神社の祭礼で、「大わらじ」が奉納されます。
夏に行われる「わらじ祭り」は、この暁参りを参考に商工会議所が昭和40年代に始めた夏祭りです。
Ph20130210a
信夫山の北側にある御山地区の大わらじ作業所を朝9時に出発した「大わらじ」は市内をねり歩き、午後2時前には、信夫山の麓にある黒沼神社で休憩。山登りに向かいます。
Ph20130210bb
太鼓に合わせて登っていきます。
Ph20130210c
結構若い人達が担いでいました。
Ph20130210d
しゅうちゃん、ついて行くだけで息が上がってしまいました。
Ph20130210e
Ph20130210f_2 
この「大わらじ」長さ12m、幅1.4m、重さは約2トンだそうです。
ここから、しゅうちゃんは旧参道(歩行者専用)で先回りします。
これが、すごい山道です、息も絶え絶えに登りました。
Ph20130210g
天狗さんが先導です。
黄色の実は、「ゆず」です。あれの影響で採らなかったのかな?
Ph20130210h
前の人達は綱を引っ張っています。
Ph20130210i
上から見るとこんな感じです。
Ph20130210j
この後、最後の難所を引っ張りあげて、羽黒神社に奉納するのです。
久しぶりに羽黒神社まで行こうと思ったのですが、ここでmobilephoneで呼び出しを受け、泣く泣く下山しました。

この先の様子などは「信夫三山暁参りのホームページ」でご覧ください。
暁参りですから、明日までお祭りは続きます。

|

« バスで | トップページ | 四季の里 バレンタインキャンドルナイト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Uchanさんへ
そうですか、現在の山形羽黒山(羽黒神社)は社務所まで車で行けるように便利になっていますが、ここ信夫山の羽黒山は、最後急坂を足で上る必要があり、そんなので大わらじが奉納されているのかも?

投稿: しゅうちゃん | 2013年2月11日 (月) 23時16分

<羽黒神社の仁王>
昭和の横綱「双葉山」に次ぐ越後出身の横綱、羽黒山の名前は羽黒山の仁王の履く大草鞋のように筋肉隆々で足腰が強いからきていたと想像しています。

投稿: Uchan | 2013年2月11日 (月) 22時31分

waniさんへ
このコメント書いている今でも、足腰が痛くてたまりません。
軟弱なしゅうちゃんの体です。
本当に普段から少し体を動かさないとダメですね。

投稿: しゅうちゃん | 2013年2月11日 (月) 20時43分

mikさんへ
カメラだけかついて登っただけで、今日も足腰が痛いので、foot担いで登ったら、数日間寝込みそうです。happy01
でも、ほんと担いだらご利益ありそうですね。

投稿: しゅうちゃん | 2013年2月11日 (月) 20時39分

hibochanさんへ
一時期、担ぎ手を集めるのが大変な時期もあったようです。
実施日固定なので、休日と重ならないと見れません。foot

投稿: しゅうちゃん | 2013年2月11日 (月) 20時33分

いい運動になりましたね(*^-^)

さっそく健脚壮健のご利益がshoe

投稿: wani | 2013年2月11日 (月) 17時44分

こんにちは~(◎´∀`)ノ
大わらじ、重たそ~うhappy02迫力ですね
これは、ぜひ、来年はしゅうちゃんも白いハッピを着て
一緒に担いでみては、いかがですか?
ホームページ、見せていただいたら、なかなかの長い距離を担いで歩かれるんですね~
メッチャ、ご利益ありそうですよね~( ̄ー ̄)ニヤリ
きゃぁ~~heart04しゅうちゃん頑張れ~happy02ヽ(*≧ε≦*)φ
・・・ってオイオイpapersweat01bleah

投稿: mik | 2013年2月11日 (月) 08時43分

伝統行事守り続けて欲しいもの
大わらじ浅草寺でもみかけました。
当地区の八坂神社夏の祇園祭りまで
一休み

投稿: hibochan | 2013年2月11日 (月) 08時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/56736271

この記事へのトラックバック一覧です: 暁参り:

« バスで | トップページ | 四季の里 バレンタインキャンドルナイト »