« 土浦全国花火競技大会へ(完) | トップページ | 筑波山へ(2) »

2012年10月13日 (土)

筑波山へ(1)

話が前後しますが、土浦花火競技大会当日の日中のお話です。
ブログ友のhさんが度々紹介される「筑波山」の写真。
東北道と常磐道の間にあり、一度も行ったことが無いので、6日土浦花火大会へ行く前に立寄ることにしました。ただ心配なのは天気予報があまり良くないことでした。
午前8時30分二本松ICから東北自動車道に。
この日、10月6日(土)は土曜日休みの人にとっては、3連休初日。東北自動車道下り線は激込でした。(本宮IC手前付近)
Ph20121008a_2

白河IC付近で前を行く会津バスの高速路線バスに遭遇。来年の大河ドラマ「八重の桜」のラッピングバスでした。
Ph20121008b_2

北関東自動車道 桜川筑西ICで降りるのが一番なのですが、栃木都賀JCTまで行き戻る感じになるので、午前9時30分矢板ICで降りて国道4号を南下。
さくら市の百均ショップ付近で10時に。駐車場で中島みゆきコンサートの予約センターに電話(10時から予約開始だったのです)、残念ながら繋がりません、結局あきらめました。
でも、この国道4号線沿いの駐車場から見た風景に驚きました。
こんな所で蕎麦の花に会いました。
Ph20121009c
百均で買い物をして再度出発。

宇都宮市内に入る手前で国道4号に別れをつげ、国道408号を真岡方面へ向かいます。400番台の国道で心配しましたが、走り易い道路でした。
Ph20121009d
本当は、真岡鉄道を走るSLの写真を撮れればと思ったのですが、時間的に間に合いませんでした。

途中で国道408号は国道294号との重複区間となり筑西方面に向かいます。その途中に道の駅『にのみや』がありました。
Ph20121009e
ここは旧二宮町で、二宮尊徳さんとゆかりがあるようで、銅像がありました。昔学校にはこの銅像があったような?今もあるんですかね?
Ph20121009f

やっと「つくば」の文字が出てきました。しかし、空に雲も多くなってきました。
Ph20121009g

ナビに従って国道に別れをつげ、暫く走ると目の前に「筑波山」が現れました。しかし、雲とともに雨粒がフロントガラスに。
Ph20121009h   

筑波山の駐車場に車を入れた頃には、雨脚も強くなりましたが、すぐに止んでくれました。
Ph20121009i

この先、筑波山神社参拝と筑波山頂の報告は次回に。

|

« 土浦全国花火競技大会へ(完) | トップページ | 筑波山へ(2) »

ドライブ」カテゴリの記事

コメント

ゆめちゃんへ
会津若松でも盛り上がっています。
筑波山にいる間は全く雨に会いませんでした。晴れ男です(゚ー゚)
東北自動車道下り線、激込でしたから夜出発して正解だったようですね。

投稿: しゅうちゃん | 2012年10月14日 (日) 20時53分

hibochanさんへ
一桁国道、4号線のすぐ傍に蕎麦畑があったので驚きました。この辺でもめったに見かけません。
矢板ICが国道4号と一番近くて便利なインターですよね。

投稿: しゅうちゃん | 2012年10月14日 (日) 20時47分

ggさんへ
つくば市の・・・屋さんですかね?
頂上は天気が良くて遠くまで見渡せれば最高でしょうね。是非一度お試しください。

投稿: しゅうちゃん | 2012年10月14日 (日) 20時42分

八重の桜
新島学園がある安中市ではかなり盛り上がって
いるようです

つくば山 孫たちが頑張って登ったようですが
しゅうちゃんさんは雨に合わずに登れたのでしょうか?

投稿: ゆめちゃん | 2012年10月14日 (日) 19時34分

八重の桜 待ち遠しい
私も東北道利用の場合は 矢板まで走ります
つくば出発して二宮もしくは 矢板SAで休憩
八番目の写真もっと筑西より明野の蕎麦畑が撮影ポイント二宮尊徳 真岡鉄道といい観光大使の私より詳しく恐れ入りました。

投稿: hibochan | 2012年10月14日 (日) 07時20分

筑波と付く違う所には結構行きますが、自分には筑波山は近くて遠い場所かもしれません。
何度かオヤヂ達と予定はたてたことがありますが、なぜか行けなくなる場所の一つです。
次の山頂の記事が楽しみです!

投稿: gg | 2012年10月14日 (日) 02時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/55847603

この記事へのトラックバック一覧です: 筑波山へ(1):

« 土浦全国花火競技大会へ(完) | トップページ | 筑波山へ(2) »