« 筑波山へ(完) | トップページ | 危険物積載車両通行禁止 »

2012年10月17日 (水)

点線国道

点線国道とは、車両通行不能区間における国道指定された連絡路のことで、県内で今も残る点線国道は、国道289号(新潟県三条市~只見町)と国道401号(群馬県片品村~桧枝岐村)だけのはず?

国道289号の新潟との県境は八十里越と言われ現在トンネルや橋梁で整備が進められています。この八十里越えの名称の由来は「八里の区間でありながら八十里もあるかのように急峻・長大な街道である」とのことだそうです。
場所は下の地図付近ですね。幕末には長岡藩家老河井氏がこの峠を越えた・・・の話があるようです。詳しくはこちらで。
 

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

昨日、某国営放送を見ていたら、『只見町と新潟県三条市を結ぶ工事中の国道を16日、初めて只見町の人たちがバスで特別に通行し、三条市を訪れました』とのニュースが流れました。
あと何年で開通するのだろう?開通したら絶対に走ってみたい場所なんです。詳しくはこちらで
http://www3.nhk.or.jp/fukushima/lnews/6055465391.html  

点線国道については、こちらで 

|

« 筑波山へ(完) | トップページ | 危険物積載車両通行禁止 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おじ丸さんへ
そちらからだと、遠い所ですよね。たぶん、首都圏へ行った方が近いですものね。
私も、おじ丸さんのブログで初めて知る食材や料理に感心しています。

投稿: しゅうちゃん | 2012年10月18日 (木) 22時44分

へ~言われてみれば確かにそのへんは、クネクネしてて進まないですよね
奥只見まで行くのに大変でした
帰りは戻るより新潟経由で帰りました^^
行きが大変だったのとガソリンが不安だったので

点線国道なんてのもあるんですね

面白いですよねブログって
知らない情報や知識が入ってきて^^

投稿: おじ丸 | 2012年10月18日 (木) 21時53分

waniさんへ
司馬遼太郎の「峠」で有名になった長岡藩家老河井継之助ですね。しかし、昔の人は歩いたのですよね。真似できません。
R352開通しましたが11月上旬には降雪により長い冬季閉鎖に入ります。(* ̄ー ̄*)

投稿: しゅうちゃん | 2012年10月18日 (木) 18時09分

hibochanさんへ
R289甲子峠も登山道が国道に指定されていた点線国道でした。
こちらも一気に秋めいてきました。

投稿: しゅうちゃん | 2012年10月18日 (木) 18時03分

私が 途中のそば屋その名もずばり「八十里庵」
まで通った時も 工事が盛んに行われてましたdash
ツーリングマップル2010版では
平成30年代には完成かとあります(゚ー゚)

司馬遼太郎の「峠」ですね(*^-^)

そういえば
R352通行可能になったようですね( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: wani | 2012年10月18日 (木) 10時03分

点線国道初めて知りました
もしかすると以前の白河 田島ラインも
那須平成森と観音沼狙ってるのですが
果たして

投稿: hibochan | 2012年10月18日 (木) 07時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/55910128

この記事へのトラックバック一覧です: 点線国道:

« 筑波山へ(完) | トップページ | 危険物積載車両通行禁止 »