« 大曲花火の翌日(1) | トップページ | 大曲花火の翌日(3) »

2012年9月 5日 (水)

大曲花火の翌日(2)

日中、日差しの強い間は暑くて仕方ないですが、朝晩は秋の涼しさでタオルケット1枚で寝ていると風邪を引きそうです。
そして来年のプロ野球オールスターは、いわき市で開催されるとか、東北復興の励みになればいいです。
今週末の9・10日と片貝の花火大会が開催されます、一度は行ってみたい花火大会ですがいつになったら行けるか。

大曲花火終了後のお話もあと2回で終われそうです。happy01
朝風呂に入りさっぱりした所で、鳥海ブルーラインを走ることに。
この鳥海ブルーラインは秋田県にかほ市象潟と鳥海山の5合目鉾立を経由して、山形県遊佐町の海岸を結ぶ元有料の山岳道路です。
10数年前に一度走った記憶があるのですが、当時有料だったか記憶が曖昧になっています。
Ph20120903a
見通しが良ければ飛島も見えるようなのですが、この日は天気が良すぎて見えませんでした。
Ph20120903b
↑ブルーライン途中からの眺め、ススキを見ると秋を感じます。天気が良すぎて海との境目がわかりずらいです。2枚目は象潟方面だと思うのですが?

そして5合目鉾立からの眺めです。↓鳥海山山頂方面?だと思います
Ph20120903c
Ph20120903d
(正面は稲倉岳なのかな?)

ブルーラインを山形県側に下り、国道7号バイパスの上を通りすぎて日本海に出会った所にあるのが「十六羅漢像」。
吹浦海禅寺21代寛海和尚が、日本海の荒波で命を失った漁師諸霊の供養と海上安全を願って1864年造佛を発願し、地元の石工たちを指揮、5年の年月をかけて明治元年22体の磨崖仏を完工したといわれています。
Ph20120903e
駐車場に車を入れ、少し歩いていくと、こんな岩場が現れました。
そして
Ph20120903f
Ph20120903g
海の近くでこんなに沢山の羅漢像を見たのは初めてです。
盆地に住むしゅうちゃん、海を見るとテンション上がります。

今日のお昼ご飯に予定していた「道の駅鳥海」までは車で数分で到着。すでに13時になっていました。
Ph20120903h

ここでの目的は、こいつを(赤いキャップはお金を払った印です)食べたかったからです。
Ph20120903j

直売所で買った岩牡蠣をこんな風にしてもらって
Ph20120903k

こいつと、一緒に食べるためでした。
Ph20120903l

ちなみに道の駅鳥海ふらっとは、国道7号線沿いにあります。
ここの鮮魚直売所で買った魚に、食堂restaurantでご飯セットを頼んで食べることも出来るようです。海を見ながら温泉に入ることと、夏しか食べれない岩牡蠣を食べることが出来て大満足でした。happy01happy01 

|

« 大曲花火の翌日(1) | トップページ | 大曲花火の翌日(3) »

旅行・地域」カテゴリの記事

道の駅」カテゴリの記事

コメント

薄紅こまちさんへ
十六羅漢像、想像以上のものでした。
波打ち際なのに、そのまま残っていました。
こまちさんの所でも岩牡蠣は、普通に売っていますよね?
甲殻類アレルギーって、蟹さんも海老さんもダメなんですか?可哀そうですね。
そうそう、このあと同じホテルに泊まりました。

投稿: しゅうちゃん | 2012年9月 6日 (木) 21時43分

十六羅漢象・・・
一瞬、目を奪われました。
見事ですね。
魂が宿っているかのような石像。
神聖な空気に包まれている感じが伝わってきます。
今なお形をしっかりと残しているところが素晴らしい。頑丈なのですね。人の思いや力、祈りとともに。

えっと・・・
そうしてジーンと感動しながらスクロール致しますと、次にはまたまた目を奪われるものがっsign03

あ、でもね。今、甲殻類アレルギー疑い濃厚のわたしはそんなに気になってないない。うんうん。全然お腹なんて鳴ってませんよ~
ジュルジュルジュル~~~lovely
しまった(T_T)/~~ヨダレが・・・sweat01

投稿: 薄紅こまち | 2012年9月 6日 (木) 19時07分

waniさんへ
途中parkingと言えるか、道が少し広くなっている場所でした。
waniさんよりは若い?青年が写真を一生懸命撮っていたので、撮影ポイントだと判りましたが、そうでないと通り過ぎるような場所でした。
秋が近いことを感じさせられました。

投稿: しゅうちゃん | 2012年9月 6日 (木) 18時52分

潤三郎さんへ
今年の大曲翌日の楽しみは、海を見ながらの朝風呂と岩牡蠣。大満足の1日でした。happy01

投稿: しゅうちゃん | 2012年9月 6日 (木) 18時45分

mikさんへ
岩牡蠣は夏がシーズンで、終わりが近かったので、まだ有るか不安でした。
普通の牡蠣は冬、mikさん牡蠣好きなんですね。こんな記事読んだら悔しいでしょうね
http://fuku-ozisan.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-015a.html
っていやらしい私。
大震災前の松島、今年はどうなんだろう!

投稿: しゅうちゃん | 2012年9月 6日 (木) 18時43分

hibochanさんへ
毎年大曲を訪ねているので、秋田方面は結構詳しくなりました。それでもまだ北部方面は行ったことが無い場所が多数あります。
今回はこの岩牡蠣を食べたくて日本海へ出てみました。happy01

投稿: しゅうちゃん | 2012年9月 6日 (木) 18時34分

どちら側から行っても
眺めも素敵な道ですねヽ(´▽`)/
ススキは県境付近のparkingでしょうか?

少なくとも10年前は無料だったようなdash

投稿: wani | 2012年9月 6日 (木) 15時46分

しばらくコメントサボっちゃいましたね、すみませんbearingsweat01
でも花火の写真はでっかいpc画面で見てからじゃないとって←言いわけですcoldsweats01
新鮮そうな岩牡蛎に海鮮丼、旨そうですねぇ〜deliciousジュル
道の駅にもご当地の色んな旨いもんがあると、長距離ドライブcardashも楽しみが増えますねhappy01

投稿: 潤三郎 | 2012年9月 6日 (木) 13時37分

こんにちは~
うわぁ~~~heart04牡蠣 おいしそ~~~うhappy02レモンかけて、ちゅるるん・・・confidentdelicious
私も食べたいです~heart04
私の夢は、いつか、牡蠣だけで、お腹をいっぱいにすることです~happy02

岩場の羅漢像、すごいですね~happy01海と空とのコラボが、迫力です~

投稿: mik | 2012年9月 6日 (木) 08時02分

北海道旅行の際飛行機から猪苗代 円錐形の鳥海山が見えました。
全国制覇しましたが秋田の印象は 薄い
竿燈は 見てみたい

投稿: hibochan | 2012年9月 6日 (木) 07時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/55556206

この記事へのトラックバック一覧です: 大曲花火の翌日(2):

« 大曲花火の翌日(1) | トップページ | 大曲花火の翌日(3) »