« 夜花火 創造花火(2) | トップページ | 大曲花火の翌日(2) »

2012年9月 4日 (火)

大曲花火の翌日(1)

今年、大曲の花火は煙待ちもあってか、終了したのは21時30分を過ぎていました。
恒例となっている花火師さんと光の交換をします。
↓写真の赤いのは、打上場所にいる花火師さん達のトーチです。南こうせつの満天の星の曲が流れる中、光のエール交換をします。
Ph20120902a

桟敷席の皆さんも立って、花火師さんに光を送っています。
Ph20120902b

余韻に浸りたい気持ちを振り切り後片付けをして花火会場を脱出できたのが22時。さらに約20分以上歩いて駐車場へ。
駐車場を脱出できたのが22時30分過ぎ、裏道経由で道の駅せんなんに到着したのが23時を過ぎていました。
Ph20120831a
(国道13号沿いにある、道の駅せんなん目印の野菜さん達)

仮眠の準備をして眠りについたのが24時前、興奮が冷めずなかなか寝付けませんでしたが・・・いつのまにか朝になっていました。(≧∇≦)
私の場合、仮眠の準備として、フロントガラスには市販のフロント用日除けを、リアウインドウへも銀色の日除け?を置き、左右のサイドガラスへは、ガラスに合わせてカットした厚紙を設置して車内を暗くするようにしています。さらに枕とタオルケットで仮眠します。セダンタイプの車での仮眠はキツイですが、だいぶ慣れました。
朝6時過ぎに眼が覚めました、道の駅の駐車場は満車に近い状況でした。犬の散歩をさせている人がいますが、花火会場へは連れていけないので、どうしたのかな?
Ph20120831b
(ここの道の駅は駐車場が広くて、仮眠で利用するには便利な場所です。大曲花火の日は、お土産屋さんもテントで朝まで営業しています)

洗顔をして、朝食をとるために横手方面へ向かいました。予定では牛丼屋さんの朝定食(生卵&納豆)でもと思っていましたが、パンが食べたい気分のため、ガストのモーニングをいただきました。ガストは至る所にあって助かります。

さて朝風呂のため国道107号を西へ向かいました。国道107号は太平洋側の大船渡から日本海側の由利本荘を結んでいます。岩手県遠野~秋田県横手間は走ったことがありますが、横手~由利本荘間の利用は初めてです。
Ph20120831c
(由利本荘の名前は、大曲付近ではよく見かけますが、訪ねるのは初めてです)

この辺は温泉が併設されている道の駅が多いです。
Ph20120831d
(国道107号沿いにある、道の駅東由利 温泉マーク付きです)
由利本荘の海岸沿いで国道107号から国道7号へ、南下します。
Ph20120831e
(国道7号線沿いにある、道の駅にしめ 温泉マークはありませんが同一敷地内に「にしめ湯っ娘ランド」という温泉施設があります)
Ph20120831f
(この道の駅で秋田土産を購入、後ろの建物が温泉&ボーリング場施設のようでした)

さらに国道7号を南下して目的の道の駅に到着です。横手から73km予定より1時間遅れて10時に目的地到着です。
Ph20120831g
↑道の駅象潟(きさかた)に到着しました。愛称は「ねむの丘」だそうです。
Ph20120831h
期待させる外観です。
Ph20120831i
絶景!展望温泉・・・ 残念ながら?この日は26日(ふろの日)で入浴料金が350円⇒300円と安くなっており、大曲帰りの人?で激込みのため写真撮影は諦めました。
お風呂からの眺めの様子は、道の駅のHPからお借りしました。

Image1
泉質は、ナトリウム塩化物強塩泉とのことで、若干ヌルヌル感のある、いい温泉でした。

道の駅象潟のHPはこちら

|

« 夜花火 創造花火(2) | トップページ | 大曲花火の翌日(2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

道の駅」カテゴリの記事

コメント

薄紅こまちさんへ
私の場合は、大曲が初体験でした。夜間、警備員さんが交通整理で使う電光の棒を持ってきて、振る人達も多いです。
感動の花火の後、心から「ありがとう」という気持ちになります。

投稿: しゅうちゃん | 2012年9月 6日 (木) 21時36分

光のエール交換は感動的ですよねshine
長岡で初めて体験した時は「ありがとう~happy01」って叫びながら携帯を振っていましたhappy02

そういえば、先日、テレビで大曲の様子をやっていましたね~note
あ~これこれ、しゅうちゃんのブログと同じ内容だ~~~って思いながら、おかげさまでまた別の感動がありましたwink

投稿: 薄紅こまち | 2012年9月 6日 (木) 19時15分

Uchanさんへ
日本海と言ったら、夏の岩牡蠣ですよね。
最初にあの大きな牡蠣を、夏に食べた時は驚きました。
プロ野球オールスター、見てみたいですがすごい競争率だろうな。

投稿: しゅうちゃん | 2012年9月 6日 (木) 18時56分

「日本海の岩牡蠣」大昔の高校時代の夏、義経の逃避行で佐渡から越後と庄内の境に上陸した“念珠ヶ関”で素潜で獲った岩牡蠣をそく食べた美味しさの味を思い出しました。
 来年、いわき市でオールスター開催とか、お楽しみですね。 30年ほど前になりまでしょうか、甲子園でオールスター戦を初めて家族全員で観戦しました。
 中盤戦に入ると、セ・パ双方ともモームラン10数本の打ち上げ花火の接戦でしたが、パが打ち勝ちました。

投稿: Uchan | 2012年9月 6日 (木) 18時07分

waniさんへ
海を見ながらspaに入りたかったので。
本当は山形の海沿いに泊まろうかと思ったのですが、翌日早めに帰宅したかったので、再度山の中に入っていきました。8の字の経路でドライブしました。happy01

投稿: しゅうちゃん | 2012年9月 5日 (水) 18時35分

hibochanさんへ
土浦は打上げ場所が特殊なので、厳しいのかもしれません。
土浦も天気が良いといいですね。

投稿: しゅうちゃん | 2012年9月 5日 (水) 18時32分

leafさんへ
花火終了後の光のエール交換、私が知っている限りでは大曲と長岡でやっています。
数十万人が光を振るので、綺麗ですよ。しかも、南こうせつさんの歌が流れる中・・・・weepになりそうです。

投稿: しゅうちゃん | 2012年9月 5日 (水) 18時30分

余韻の煙が残っている会場ですね(゚ー゚)

帰り道は日本海に出たんですねspa

投稿: wani | 2012年9月 5日 (水) 13時14分

TVでも煙が邪魔してましたが自然現象やむをえません
花火師さんとのエールの交換土浦には ない素敵な演出その土浦もあと一か月となりました。

投稿: hibochan | 2012年9月 5日 (水) 07時21分

光のエール交換とかステキですねshine

こういうの見たこと無いですsweat01
大曲以外でも花火師さんと光の交換とかやっているのでしょうか・・・sign02

良いですね~絶景展望風呂spaしかもお安いsmile
でもあまり混んでいるとのんびりゆったりって感じじゃないですよねcoldsweats01

投稿: leaf | 2012年9月 5日 (水) 02時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/55548704

この記事へのトラックバック一覧です: 大曲花火の翌日(1):

« 夜花火 創造花火(2) | トップページ | 大曲花火の翌日(2) »