« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

勘太そば

昨日のお昼は久しぶりに、日立南太田ICのすぐ側にある、「勘太そば」へ
この「勘太そば」は、「ひたち南ドライブイン」にあるお店。
Ph20120929g
外観は普通のドライブインです。地元の飛勘水産直営のお店で、水産物が安いです。
レストランや回転寿司などのお店も入っていますが、私が利用するのは、セルフ式の定食屋?さん「勘太そば」。
Ph20120929h
入口でメニューを見ながら食券を購入します。
刺身を沢山食べれる「本日のおまかせ刺身定食」840円を選びました。
Ph20120929i
漬物の下には、小鉢がついています。刺身も重なっています、刺身を食べた~~というくらいに食べました。ご飯が無くなっても、刺身が残っていました。
しかも
水曜日は、刺身系定食(5点盛780円)などが400円で食べれるらしいです。私は水曜日に寄ったことが無いのですが、会社の人は何度か利用したことがあるらしく、凄いお得だと言っていました。

場所は、ひたち南ドライブインのHPで

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年9月29日 (土)

十五夜前日

今日は、仕事でこちら方面へ行ってきました。
Ph20120929d
ここを左折して、ひたち海浜公園に寄りたい気持ちが・・・でも、とんぼ返りで夕方には地元に。
来週、直進方面の左側に書いてある場所で。( ̄ー ̄)ニヤリ

そして、明日十五夜だと教えられて。兎さんを撮ってみたくなりました。でも明日はtyphoon
今日cameraチャレンジしたのですが、手持ち撮影では無理なようでした。
Ph20120929b
SS1/200 F5.6 ISO800

Ph20120929c
SS1/100 F5.6 ISO800 真っ白です

花火より難しいかも?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年9月28日 (金)

復興支援

私が住む付近でコンサートが出来る場所で一番大きな施設、大震災の被害が大きく復旧に時間がかかり、やっと利用出来るようになりました。
県内の多くの施設がやっと復旧工事が終わり利用出来るように。
震災前は、県内ではまずコンサートを行わない歌手の方が多数来県されています。
復興支援の一つなんでしょう、ありがたいことです。
先日、この方のコンサート告知を見て、ネットで申し込みをしたら予約できました。もちろん27日までに振り込みました、今から楽しみです。happy01
Ph20120927c

そして、11月4日(日)中島みゆきさんのコンサートが郡山で開催されるのです。生で聞いてみたのですが、来週予約出開始、予約出来るか?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年9月27日 (木)

1年振

先週日曜日、雨のためドライブ中止に。
お昼、何食べよう?
久しぶりに、ピザ食べてみたいと。
Ph20120926a

ウフ!
Ph20120926b

歳ですね、Mサイズ2人がかりで夜までかかって食べ切りました。
ピザ、昨年の震災前に食べて以来でした。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2012年9月26日 (水)

西村京太郎 「十津川警部 殺しはトロッコ列車で」

涼しくなって、少しは読書の時間が取れるようになりました。

Ph20120908x Ph20120908y

西村京太郎著 『十津川警部 殺しはトロッコ列車で』  
2012年5月9日 双葉社(フタバノベルズ)発行 860円(税込)

嵯峨野トロッコ列車観光を楽しんでいた女優の衣川愛理は列車内で奇妙な脅迫行為に遭い、嵯峨野警察署に届け出た。数日後、非常勤講師の野中和江が江戸川の土手で殺害される事件が発生。捜査が難航する中、西伊豆で同様の手口の殺人事件が起きてしまった。警視庁・京都府警・静岡県警の合同捜査が始まった。

以前紹介した『十津川直子の事件簿』が5月中旬の発行、それ以降ノベル版の新作が暫く発行されずに心配していたら、8月下旬に新作が発行され、ホットしています。
西村さんもすでに82歳、驚きです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年9月25日 (火)


我が家では、昨日「栗御飯」(写真撮るのを忘れてしまいました)でした。
相方、一生懸命に皮をむいたようです。
残りの栗は、茹でていただきました。
Ph20120925a

我が家では、包丁で半分に切り、スプーンですくって食べます。

今晩は、茄子焼きが美味しかったです。
Ph20120925b

相方の実家から頂いた漬物(茄子、胡瓜)&相方作(キャベツ・胡瓜の浅漬け)
Ph20120925c
若い時は漬物あまり食べなかったのに、このごろは漬物が欲しくなります。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2012年9月24日 (月)

あなたへ

福島市内には、ありがたいことに映画館が2館(13スクリーン)あります。
もしかすると、スクリーン数だけで比べると、映画全盛期の昭和30年代に比べても多いかもしれません。
色々な映画の中から、見たい映画を選ぶことが出来ることに感謝します。

Ph20120923a

高倉健さん主演の「あなたへ」を見てきました。
色々考えさせられました。もし、私を残して相方が先に逝かれたらどうなるか?
いい映画でした。

ただ、
さすがに高倉健さんも歳を感じさせられました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年9月23日 (日)

広くなったけど

先週と違って、ここ数日一気に涼しくなってしまいました。
今日は長袖でないと寒いくらいでした。
しかも、今日は朝からず~と雨。いつ以来だろう、こんなに雨を見たのは。
今日、本当はcarfujitulipを見てspaに入ろうかと思っていたのですが、rainであきらめました。

それで、ニフティの仮想庭(インターポット)が条件によっては、面積を倍に出来るようになったので、広くしてみた。
しかし、写真の横幅は以前のままなので、全部を紹介することが出来ない。なんとかして欲しいものです。

インターポット
しゅうちゃんさんの庭を見に行く

松島円通院のリアルお庭で見つけた、こいつを紹介しておきます。
Ph20120922a
花を撮ろうと思ったら、じっとして動かないのが居ました。(真ん中あたり居ます)

Ph20120922b
花の名前が判ると、花の写真を撮っていても楽しいのでしょうが、しゅうちゃん花の名前は超苦手です。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年9月22日 (土)

松島西行戻しの松公園

松島きたら必ず立寄るのが、仙台土産の定番「萩の月」で有名な菓匠三全松島寺町小路店へ

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

このお店、半分は阿部蒲鉾店で笹かまを、その場で焼いて食べることが出来ます。
そして私の目当ては三全の中にある「ずんだ茶寮」
Ph20120921b

ずんだシェイク220円です
Ph20120921a
最初は、ずんだなので、粘りがあるというか、ストローで吸えない私です。でも、相方は簡単に・・・。
ずんだ餅も売っています。

さてもう1カ所寄って帰りましょう。
震災以来通行止め状態のパノラマライン沿いにある「西行戻しの松公園」
鎌倉初期の歌人、西行法師が諸国行脚の際、この松の下で出会った子どもと禅問答をして敗れ、松島行きを諦めたとの古事が残る場所らしいです。
パノラマラインも松島側から、この公園までは通行できるようで行ってみましたが、公園内も被害が大きいようで、奥までは行けないようでした。
Ph20120921c

↓の写真は、2009年3月に訪ねたときのものです。
Ph20120921d

帰る前にspaに立寄りましょう。行く前に調べておいた大郷町にある日帰り温泉施設「夢実の国」
Ph20120921f
9月は日祭日でも500円で入れるので、超々激込でした。
でも、こちらの露天風呂は階段状になっており、日帰り温泉施設としてはめずらしく、楽しんで入ることができました。

Ph20120921g
お風呂の写真は、施設のHPからお借りしました。

夢実の国HPは----->こちら

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年9月21日 (金)

松島 円通院

松島といえば、瑞巌寺、五大堂は有名ですが、隠れた名所が円通院です。
瑞巌寺のお隣に位置し、伊達政宗の嫡孫(ちゃくそん)光宗公の菩提寺。
瑞巌寺の拝観料700円に比べて300円の拝観料は安すぎる感がします。

入口を入ってすぐ左側にある石庭
Ph20120920a
紅葉が一部始っています

Ph20120920b
綺麗な紅が見れるのは来月下旬頃でしょうか?

奥に見えるのが本堂
Ph20120920c

そして、紅葉の時期にもう一度来たくなった風景がこれ。

Ph20120920d
本堂より奥にある三慧殿(さんけいでん)への階段を登ったらこの景色。
この三慧殿の中にある厨子には、支倉常長が西洋から持ち帰ったと伝わるバラの絵が描かれており、さらにダイヤやスペード、ハート模様も描かれているようです。

Ph20120920e

そして三慧殿のバラをモチーフにした「白華峰西洋の庭」がありバラ寺とも呼ばれていたようです。
Ph20120920f
Ph20120920g

そして本堂では数珠作り体験が出来るようで、大勢の女性が数珠作りをされていました。
Ph20120920h


円通院 拝観料300円 紅葉時の円通院再訪したいです。
紅葉の円通院はHPでご覧ください

もちろん御朱印もいただきました。
Ph20120920i

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年9月20日 (木)

松島 瑞巌寺

遅いランチを食べて、お腹も満足、少し散歩を。
松島の遊覧船乗り場からのぞむ、五大堂と福浦橋
Ph20120919a

この日は観光客も多く、遊覧船の多くは出ていました
Ph20120919b

今回は遊覧船には乗りませんでした。松島ですね。
Ph20120919c

瑞巌寺へ向かいます
Ph20120919d

瑞巌寺は現在平成の大修復工事中。平成20年から平成30年まで10年をかけて修理するようです。
Ph20120919e

木?根?のトンネル?
Ph20120919f

本堂が修復中のため特別公開の御霊屋。写真撮影禁止のため、紹介の写真を撮ってきました?。屋外の建物、御霊屋なのは判りますが、なぜ撮影禁止なのか私には理解できません。
Ph20120919g

御朱印です。
Ph20120919h

中尊寺で買い求めた御朱印帳も一杯になったので、御朱印帳も購入しました。
Ph20120919i 

瑞巌寺 拝観料700円でした。

今回の大震災では、津波の被害が少なかった松島。伊達政宗は、この場所が以前から津波などの大きな天災の被害が少なかった場所と知って、瑞巌寺を造営させ、また菩提寺としたのかも知れませんね?????

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2012年9月19日 (水)

ランチin松島

塩釜神社を出たのが13時をすでに過ぎており、塩釜でランチすれば良かったのに目的地松島に向かってcarを走らせてしまった私
Ph20120918a
渋滞にハマってしまいました。こんな写真をのんびり撮ることができました。

Ph20120918b
それでも14時少し前に駐車場を探して停めることが出来ました。瑞巌寺付近の一般民家のお庭に1回500円で、付近のコインparkingより安かったです。

お腹がペコペコで取り合えず目についた看板に引かれて
Ph20120918d
観光地のお店っぽい感じでしたが

Ph20120918c
松島玉手箱館、この建物4階には牡蠣専門店「かき松島こうは」が入っていますが、今回は2回の「松島 表禅房 おりこ乃」へ。

カウンターの中では親方と2人の職人さんが、奮闘して作ってくれています。値段は観光地料金で若干高めかな?でも美味しいお寿司屋さんでした。
Ph20120918e
蒸し牡蠣付き禅房丼 2500円 数えきれない程のネタがのっていました。

Ph20120918f
この店一番人気らしい 花ちらし 1680円 こちらも、ぼたん海老を含む数多いネタがのっていました。

満足のランチでした。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年9月18日 (火)

塩釜神社

正式には「鹽竈神社」と表記するようです。
宮城県塩釜市にある神社で、陸奥国の一宮で、全国に100社以上ある塩釜神社の総本社だそうです。
七ケ浜の多聞山から10数分で着きました。塩釜は夏前に花火を見に来て以来ですが、まだまだ震災の影響は残っているようです。ただし、塩釜神社自体には外見上からは地震の影響は見受けられませんでした。
Ph20120916j
駐車場から向かうと正面では無く横から入る感じになります。

Ph20120916k
この日、結婚式が行われていました。

Ph20120916l
右宮本殿、左宮本殿。

Ph20120916m
本殿の右側にある別宮。

Ph20120916n
さらに同じ敷地内にある「志波彦神社」、さすが総本社です。

Ph20120916o
駐車場へ向かう参道から塩釜湾が見えます。

Ph20120916p
鹽竈神社と志波彦神社合体の御朱印です。鹽竈神社の社務所で受けられます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年9月17日 (月)

松島へ

松島には、松島四大観という景勝地があることは知っていましたが、今まで立寄った所がありませんでした。
松島四大観
 ・壮観 東松島市の宮戸島にある大高森からの景色
 ・麗観 松島町の富山からの景色
 ・幽観 松島町と利府町の境にある扇谷からの景色
 ・偉観 七ヶ浜町の多聞山からの景色
今回訪ねたのは、多聞山。ここを選んだのは、松島へ向かう途中にあるのと、駐車場から歩く距離が一番短かいようだったので。


大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

Ph20120916a
駐車場から塩釜方面の眺めです

Ph20120916b
駐車場の反対側、松島湾方面の眺めです。右下に写っているのは、地図で見ると今年2月な再発電した東北電力仙台火力発電所のようです。太陽光パネルも沢山並んでいました。

Ph20120916d
駐車場から5分程遊歩道を歩いていくと毘沙門堂につきます。

Ph20120916e
このお堂の右側からの景色が四大観の一だそうです。

Ph20120916f
手前小さい島で灯台があるのが、地蔵島。その奥の大きな島が馬放島。ともに塩釜湾の入口にあります。

Ph20120916g
奥松島方面が綺麗に見えます

Ph20120916h
松島湾の入口部の桂島と遊覧船が行来しています。

今回も国道4号、宮城県道10号経由で向かいましたが、仙台港で少しお店に寄ったので、この多聞山についたのは、12時を過ぎてしまいました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年9月16日 (日)

海です

朝出発が遅くなってしまったので、帰宅も先ほど。
取り合えず、写真を1枚だけ
Ph20120916

松尾芭蕉が詠んだ あ~coldsweats01 あそこです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年9月15日 (土)

ネタが

日中は猛暑で、朝晩は涼しい日が続きますね。
そんな中、ネタが切れてきました(≧∇≦)
それで、失敗作を
Ph20120915b
何をしたかったのか?シャッタースピードを1/10で撮ったようで?
たぶん波しぶきを写したかったのだろうと思うのですが?SSを早くしなくてはいけないはずなのに!?まだまだです。

先週布引高原で撮ったお花の写真を、もう少しご覧ください。
Ph20120915c

Ph20120915d

Ph20120915e

Ph20120915g
 
Ph20120915f

明日から2連休、明日はwaveを見に行こうかな?ネタ探しに。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年9月14日 (金)

互換

8月中旬の話。

大曲の花火大会、昼花火から夜花火まで含めて4時間以上。さらに写真だけでなく動画も撮る予定。
デジイチ用にSDカードは、予備も含め数枚準備したので大丈夫ですが、バッテリーが不安に。
最後に、電池が無くて撮影できなかったらcrying

純正の電池パック、メーカー直販サイトでは1個6300円もしますが、Ama○で取り扱っている互換製品、2個で1690円。
Ama○からの直送品だし、カメラ本体に悪影響を与えることも無いだろうと購入。
Ph20120914a

結果、撮影には電池パック1個で間に合いました。ただし撮影後、再生している途中で電池が無くなってしまいました。
しかし、なぜこれ程値段の差があるのか不思議です。

プリンターのインクは純正のみ使用していますが、互換インクを使用したくなる誘惑に負けそうです。

ついでにデジイチ用水準器も準備していきましたが、結果的にはあまり使いませんでした。
Ph20120914b

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年9月13日 (木)

頑張らない

震災直後、『頑張って』に、これ以上何を頑張ればいいの!『頑張って』と言わないで、ということを聞きました。
会社で、某協会の会報を見ていたら、『頑張らない介護』という言葉が気になりました。

Imagekaigo

そこで紹介されていたのが、「がんばらない介護生活を考える会」
がんばらない介護生活とは「介護する側にも、受ける側にもやさしい、ケアの考え方」
1人ひとりの状況や環境にあわせて、社会的なサービスや製品を上手に利用しながら、介護する方も介護を受ける方も過度の負担なく、介護とつきあっていくための「新しい価値観」です。
当会では、この価値観を広め、実現していくための情報提供を行っています。
がんばらない介護生活を考える会
http://www.gambaranaikaigo.com/

我が家は、二人の両親ともに病気でなくなり介護という状態は経験したことがありません。しかし子供がいません(子供がいても同じかもしれませんが)ので、それ程遠い先ではなく老老介護になる時が来るはず。
その時、がんばらない介護でお互いが人生の・・・・。

そんな世の中になっていて欲しいです。
敬老の日を前に、少し考えさせられました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年9月12日 (水)

達沢不動滝

昨日の記事で書いた猪苗代湖。私の記憶では小さい時に海で泳いだ覚えがありません、猪苗代湖の志田浜で湖水浴し、野口英世の生家を訪ねたことだけが鮮明に残っています。

そんな猪苗代へ向かう国道115号、土湯峠を越えたところにある中ノ沢温泉。そこから車で約10分さらに徒歩で5分程でつく名瀑『達沢不動滝』、安達太良山系船明神山に源をもつ不動川にかかる滝です。
この滝は、2007年NHK大河ドラマ「風林火山」のオープニングに登場し有名となりました。紅葉の時期には、車が多くて駐車も大変なのですが、この時期は数台の車があるだけでした。
なぜここに立ち寄ったかというと、デジイチで滝を撮ってみたかったからです。

▼駐車場にある地元紙制定の「ふくしま緑の百景」の看板。緑を感じながら進みます。
Ph20120910a Ph20120910b

▼太陽の光がそそいでいます
Ph20120910c

▼建物が見えてきました
Ph20120910d

▼ここには雄大な男滝とかわいらしい女滝とがあります。これは男滝です。
Ph20120910e
↑CANON EOSkissX5  全自動で撮影(SS 1/60 F 5.1 ISO100)

▼そしてモードダイヤルTv(シャッタースピード優先)
Ph20120910f
↑ SS 1/10  F14  ISO100で撮影しました、水の流れが白いスジになって写っています。

▼ISO感度を変えることを忘れてしまい失敗作です。
Ph20120910g
↑ SS 1/800  F 5.6  ISO100で撮影しました、水滴を写そうと思ったのですが、ISO感度を上げるのを忘れてしまいました。

三脚を使用せず手持ち撮影なので、どうかと思いましたが、楽しめました。happy01

▼女滝ですが、水が・・・少しだけ流れていました。
Ph20120910h

デジイチ、沢山の機能があって使いこなせてませんね。   

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年9月11日 (火)

猪苗代湖

そう言えば、猪苗代湖を遠くから撮ることに苦労していましたが、近くから撮ったことがないことに気づきました。
Ph20120911a
遊覧船の白鳥丸が出ていくところでした。

Ph20120911b
ここは湖です。と~~くに、遊覧船かめ丸さんも見えます。

Ph20120911c
遊覧船は30分程の遊覧で大人1000円だそうです。

しかし、明治初期この猪苗代湖の水を安積(あさか)原野(現郡山市内)まで水を引き、灌漑した事業(安積疏水)を行った人々を尊敬します。

Ph20120911d
この日は磐梯高原猪苗代湖マラソンが行われていたようで、湖畔を走るランナーに注意しながら車を走らせました。
帰って調べたら、猪苗代湖1周半100㎞コースもあったようです。(* ̄ー ̄*)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年9月10日 (月)

蕎麦の花

布引高原までのドライブで見た、蕎麦の花のある風景色々をご覧ください。
この時期、会津方面の道沿いは白が多かったです。
Ph20120909a


▼猪苗代町木地小屋、国道115号沿いからの風景
Ph20120909b

▼猪苗代町磐梯山麓 猪苗代町営牧場から猪苗代湖を望む
Ph20120909c

▼猪苗代町長田地区 黄金色に実った稲と真っ白な蕎麦の花のコラボです。猪苗代町内あちこちで見かけました。
Ph20120909d

▼会津若松市湊町地区(猪苗代湖の南側)の国道294号沿い 道の両側が蕎麦畑、白い花が咲く中を走ってきました。
Ph20120909h

▼郡山市湖南町布引高原にて
Ph20120909e

Ph20120909f

ちなみに、今年の猪苗代町新そば祭りは11月10日・11日に開催予定のようです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日)

湖南町 わらい家

布引高原を訪ねることを決めてから、お昼は猪苗代か湖南町になりそうに。
猪苗代町の蕎麦屋さんは何度も訪ねているので、今回は湖南町で食べようかとネットで検索しました。
美味しそうな蕎麦を食べさせてくれるお店が沢山ある中で今回選んだのは、わらい家さん。

▼お店の外観は、こんな感じで幟旗が無ければ判らないし、暖簾も出ていません。普通の家です。でも、期待は膨らみました。
Ph20120909i Ph20120909j

▼店内も普通に民家の座敷です。そして裏に広がる畑には色々な野菜が栽培されていました。(食後に撮った写真なので、食器がテーブルに載っています)
テーブルも1枚板の大きなテーブルがありました。
Ph20120909k Ph20120909w

▼メニューです
Ph20120909l

そして一言、美味しいものを食べるのに待つのは苦になりません。そしてどぶろくも作っているようです。
Ph20120909n Ph20120909o

この時すでに13時30分近くになっており、相方も天ぷら食べれるというので「天ざるそば」×2を注文しました。
しかし、店内には「ご自由にお使いください」と書かれたパックが置いてありましたので、大丈夫かな?と不安感を持ちました。

▼味噌ピーを食べ、お茶を飲みながら待ちます。
Ph20120909p

▼揚げ茄子の味噌がけ、茗荷のマヨネーズあえ?枝豆など
Ph20120909q

Ph20120909r Ph20120909s

▼ 自家製野菜や山菜の天ぷらが沢山やってきました。
Ph20120909t

▼おまちかねの「十割そば」がやってきました。こしがあって美味しい蕎麦でした。
Ph20120909x
Ph20120909u

▼蕎麦つゆと蕎麦湯
Ph20120909v

奥さんとお婆ちゃんの2人できりもりしているお店とのこと。天ぷらはおばあちゃんが担当。蕎麦と器が奥さん担当とのこと。自宅に窯があってお店で使っている器は全て自作とのことです。

天ぷらは・・・・結局残ってしまいましたので、パッケージに入れてお持ち帰りになりました。happy01

わらい家
郡山市湖南町福良字山崎8870
電話024-983-2944
営業時間 11時~14時30分
休日 不定休
お休みが決まっていないようなので、電話予約して訪ねるのが一番のようです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年9月 8日 (土)

布引高原

布引高原(ぬのびきこうげん)、猪苗代湖の南側に広がる会津布引山の頂上付近の高原です。
行政区としては、郡山市湖南町(こなんまち)となりますが、郡山市街地とは三森峠越えで結ばれていましたが、トンネルが開通し行来が楽になりました。
国道294号から布引高原までは20分程のグニャグニャ道を登っていくと、開けた高原が現れます。
ここは、電源開発㈱が風力発電33基を設置しています。
 

大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI )

例年この時期、ここを訪ねるのが常になり、今日行ってきました。

Ph20120908a
ヒマワリと風車のコラボが好きなんです。

Ph20120908b
今年は蕎麦の花が満開でした。

Ph20120908c
コスモスが満開になるには、もう少し時間が必要です。磐梯山が見えないですね。

Ph20120908d
やはり、まだ向日葵の黄色が目立ちます。

Ph20120908f
やはり成長した向日葵は、太陽を追わず常に東を向いていました。仲間はずれもいません。

Ph20120908e1
愛車とススキとヒマワリと風車・・・だから何?(^-^;

Ph20120908i
ここ布引高原は、布引大根で有名な場所。しかし、高齢化により耕作放棄地も多くなっているとか。

Ph20120908g
高原には多くの人がいました。

Ph20120908h
土付き高原大根、1本買ってきました。 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年9月 7日 (金)

いつのまにか

大曲の花火に夢中になっていたら
Ph20120907a

アクセス数が10万を越えていました。(↑今日のお昼頃のカウント値です)

いつも訪ねていただいている方、「大曲」「小布施 朱雀」の検索でヒットして訪ねていただいる方に感謝いたします。

今年の朱雀(すざく)の販売は9月13日(木)から販売開始予定とのことです。ちなみに1日400食の予定、近所なら毎年でも行って食べたいです。

小布施堂さん朱雀の販売については----->こちら

ちなみに、私のブログで一番閲覧されているページがこれです----->小布施堂 朱雀

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月 6日 (木)

大曲花火の翌日(3)

道の駅「鳥海」で岩牡蠣を食べることが出来て大満足。しかしすでに時計は13時30分を過ぎていました。
今日の宿泊先をナビの目的地にセットし国道7号線を南下。すぐに左折の合図が?国道7号酒田まで南下すると思っていたら、国道345号を利用して短絡するルートを案内されました。
田園地帯の中を走る道路で、走りやすかったです。
Ph20120904a
風雪よけのフェンスの間から見える風景は、一面が田んぼです。そしてしばらく走って国道47号との合流付近では
Ph20120904b
なぜ、こんな平地に風力発電があるのかと思っていましたが、帰宅後気づきました。ここは、2005年羽越本線砂越~北余目間の鉄橋付近において特急「いなほ14号」が突風により脱線し乗客が亡くなった場所に近いことを。風が強いようです。

国道47号に入り、新庄方面へ向かいます。道路は、最上川に沿って走ります。
Ph20120904s
最上川舟下りまだ経験ありません。秋か冬の時期に乗ってみたいです。
Ph20120904t
五月雨を集めて・・・

Ph20120904c
これで今回の旅で何番目の道の駅でしょう。「道の駅とざわ」、施設が山肌に沿って存在する感じの配置で微妙に利用しずらい駅です、ボケボケの写真ですね。

新庄も順調に通過して、国道47号を宮城県境へと向かいます。
瀬見温泉・赤倉温泉・琵琶ノ沢温泉と山形県内の温泉ラインも通過します。以前泊まった赤倉温泉良かったな。
今回も写真を撮るのを忘れてしまいましたが、県境にある陸羽東線堺田駅前にある分水嶺。こんな幹線道路のそばに分水嶺があるのです、西に向かえば最上川を経て日本海へ、東に向かう水は江合川経由で太平洋へ向かう場所。またの機会に見たいと思います。

宮城県に入り、中山平温泉を通過し、鳴子温泉街に入りました。地元福島の飯坂温泉に似た雰囲気の街並みでした。そして今回利用したお宿は「鳴子ホテル」です。大曲からの帰路で、翌日早めに帰宅できる場所で、まだ利用したことが無い温泉地ということで鳴子温泉を選びました。鳴子温泉前の国道47号は何度も×2通ったことがあるのですが、なぜかここの温泉に入ったことがありませんでした。

このホテル、ブログ友のU.Kさんが先日泊まられたホテルで、U.Kさんも言われていましたし、予約サイトの口コミでも施設の古さは否めないが、料理(バイキング)の評判が良かったので利用してみました。まさしくその通りでしたハハハ。

建物の写真を撮る場所もないので、玄関前のここが定番の記念撮影場所のようです。
Ph20120904u

料理もバイキングとしては、10段階評価の8かな?料金的には朝・晩ともバイキングにしては少し高く感じます?
Ph20120904v
これは1回目のお皿で、とりあえず喉を潤したかったので・・・この後、何往復したでしょう?2・3・4・5・・・
写真撮るのを忘れました。ハハハ
最後の〆は・・・・甘党×1・2・・・、3日後血液検査でしたw(゚o゚)w
Ph20120904w

鳴子ホテル----->こちら

大曲花火からの疲れから?満腹だから?、spaに入ってそのまま朝を迎えました。happy01
翌朝もspaに入りました。源泉かけ流し、泉質はいいのですがspa施設的には無理があるかな?ホテルは満館に近いようで、常に他のお客さんがおり、お風呂の写真も撮れませんでした。

翌朝帰りに、道の駅『あ・ら・伊達な道の駅』で野菜を購入して古川ICから高速利用で帰宅しました。
Ph20120904x
Ph20120904y

2泊(1泊は車中)3日670㎞の大曲花火観覧ツアーでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水)

大曲花火の翌日(2)

日中、日差しの強い間は暑くて仕方ないですが、朝晩は秋の涼しさでタオルケット1枚で寝ていると風邪を引きそうです。
そして来年のプロ野球オールスターは、いわき市で開催されるとか、東北復興の励みになればいいです。
今週末の9・10日と片貝の花火大会が開催されます、一度は行ってみたい花火大会ですがいつになったら行けるか。

大曲花火終了後のお話もあと2回で終われそうです。happy01
朝風呂に入りさっぱりした所で、鳥海ブルーラインを走ることに。
この鳥海ブルーラインは秋田県にかほ市象潟と鳥海山の5合目鉾立を経由して、山形県遊佐町の海岸を結ぶ元有料の山岳道路です。
10数年前に一度走った記憶があるのですが、当時有料だったか記憶が曖昧になっています。
Ph20120903a
見通しが良ければ飛島も見えるようなのですが、この日は天気が良すぎて見えませんでした。
Ph20120903b
↑ブルーライン途中からの眺め、ススキを見ると秋を感じます。天気が良すぎて海との境目がわかりずらいです。2枚目は象潟方面だと思うのですが?

そして5合目鉾立からの眺めです。↓鳥海山山頂方面?だと思います
Ph20120903c
Ph20120903d
(正面は稲倉岳なのかな?)

ブルーラインを山形県側に下り、国道7号バイパスの上を通りすぎて日本海に出会った所にあるのが「十六羅漢像」。
吹浦海禅寺21代寛海和尚が、日本海の荒波で命を失った漁師諸霊の供養と海上安全を願って1864年造佛を発願し、地元の石工たちを指揮、5年の年月をかけて明治元年22体の磨崖仏を完工したといわれています。
Ph20120903e
駐車場に車を入れ、少し歩いていくと、こんな岩場が現れました。
そして
Ph20120903f
Ph20120903g
海の近くでこんなに沢山の羅漢像を見たのは初めてです。
盆地に住むしゅうちゃん、海を見るとテンション上がります。

今日のお昼ご飯に予定していた「道の駅鳥海」までは車で数分で到着。すでに13時になっていました。
Ph20120903h

ここでの目的は、こいつを(赤いキャップはお金を払った印です)食べたかったからです。
Ph20120903j

直売所で買った岩牡蠣をこんな風にしてもらって
Ph20120903k

こいつと、一緒に食べるためでした。
Ph20120903l

ちなみに道の駅鳥海ふらっとは、国道7号線沿いにあります。
ここの鮮魚直売所で買った魚に、食堂restaurantでご飯セットを頼んで食べることも出来るようです。海を見ながら温泉に入ることと、夏しか食べれない岩牡蠣を食べることが出来て大満足でした。happy01happy01 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年9月 4日 (火)

大曲花火の翌日(1)

今年、大曲の花火は煙待ちもあってか、終了したのは21時30分を過ぎていました。
恒例となっている花火師さんと光の交換をします。
↓写真の赤いのは、打上場所にいる花火師さん達のトーチです。南こうせつの満天の星の曲が流れる中、光のエール交換をします。
Ph20120902a

桟敷席の皆さんも立って、花火師さんに光を送っています。
Ph20120902b

余韻に浸りたい気持ちを振り切り後片付けをして花火会場を脱出できたのが22時。さらに約20分以上歩いて駐車場へ。
駐車場を脱出できたのが22時30分過ぎ、裏道経由で道の駅せんなんに到着したのが23時を過ぎていました。
Ph20120831a
(国道13号沿いにある、道の駅せんなん目印の野菜さん達)

仮眠の準備をして眠りについたのが24時前、興奮が冷めずなかなか寝付けませんでしたが・・・いつのまにか朝になっていました。(≧∇≦)
私の場合、仮眠の準備として、フロントガラスには市販のフロント用日除けを、リアウインドウへも銀色の日除け?を置き、左右のサイドガラスへは、ガラスに合わせてカットした厚紙を設置して車内を暗くするようにしています。さらに枕とタオルケットで仮眠します。セダンタイプの車での仮眠はキツイですが、だいぶ慣れました。
朝6時過ぎに眼が覚めました、道の駅の駐車場は満車に近い状況でした。犬の散歩をさせている人がいますが、花火会場へは連れていけないので、どうしたのかな?
Ph20120831b
(ここの道の駅は駐車場が広くて、仮眠で利用するには便利な場所です。大曲花火の日は、お土産屋さんもテントで朝まで営業しています)

洗顔をして、朝食をとるために横手方面へ向かいました。予定では牛丼屋さんの朝定食(生卵&納豆)でもと思っていましたが、パンが食べたい気分のため、ガストのモーニングをいただきました。ガストは至る所にあって助かります。

さて朝風呂のため国道107号を西へ向かいました。国道107号は太平洋側の大船渡から日本海側の由利本荘を結んでいます。岩手県遠野~秋田県横手間は走ったことがありますが、横手~由利本荘間の利用は初めてです。
Ph20120831c
(由利本荘の名前は、大曲付近ではよく見かけますが、訪ねるのは初めてです)

この辺は温泉が併設されている道の駅が多いです。
Ph20120831d
(国道107号沿いにある、道の駅東由利 温泉マーク付きです)
由利本荘の海岸沿いで国道107号から国道7号へ、南下します。
Ph20120831e
(国道7号線沿いにある、道の駅にしめ 温泉マークはありませんが同一敷地内に「にしめ湯っ娘ランド」という温泉施設があります)
Ph20120831f
(この道の駅で秋田土産を購入、後ろの建物が温泉&ボーリング場施設のようでした)

さらに国道7号を南下して目的の道の駅に到着です。横手から73km予定より1時間遅れて10時に目的地到着です。
Ph20120831g
↑道の駅象潟(きさかた)に到着しました。愛称は「ねむの丘」だそうです。
Ph20120831h
期待させる外観です。
Ph20120831i
絶景!展望温泉・・・ 残念ながら?この日は26日(ふろの日)で入浴料金が350円⇒300円と安くなっており、大曲帰りの人?で激込みのため写真撮影は諦めました。
お風呂からの眺めの様子は、道の駅のHPからお借りしました。

Image1
泉質は、ナトリウム塩化物強塩泉とのことで、若干ヌルヌル感のある、いい温泉でした。

道の駅象潟のHPはこちら

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年9月 3日 (月)

夜花火 創造花火(2)

今回は昨日に続き、入賞7作品の写真を紹介したいと思います。

入賞-1 (11)長野県 (株) 紅屋青木煙火店 夕映の椰子
Oo2012s11a
Oo2012s11b Oo2012s11c

入賞-2 (15) 山梨県 (株)マルゴー 運命
Oo2012s15a
Oo2012s15b Oo2012s15c

入賞-3 (20) 秋田県 (株)北日本花火興業 海より深き母の愛~カーネーションに想いを込めて~
Oo2012s20b
Oo2012s20a Oo2012s20c

入賞-4 (25) 群馬県 (有)菊屋小幡花火店 水面の旅路
Oo2012s25a
Oo2012s25b Oo2012s25c

入賞-5 (18) 長野県 (有)太陽堂田村煙火店 山紫陽花
Oo2012s18a
Oo2012s18b Oo2012s18c

入賞-6 (16) 新潟県 新潟煙火工業(株) 彼方の光
Oo2012s16a
Oo2012s16b Oo2012s16c

入賞-7 (21) 静岡県 三遠煙火(株) 彼方の光
Oo2012s21a
Oo2012s21b Oo2012s21c

全ての競技花火が終わった最後に、フィナーレとして10号割物30連発のスターマインが打ち上がります。津雲優さんの「いざないの街 大曲の花火バージョン」に載せて尺玉があがります。そして、来年もこの場に来るぞとの気持ちにさせられる花火です。
映像として撮ったのですが、最後にカメラを操作してしまい映像が乱れてしまいました。

提供 アミューズメントスペース (株)県南エンタープライズ


これで、今年の大曲の花火、写真・映像はおしまいです。長い間?お付き合いいただき、ありがとうございました。明日からは、花火大会終了後の様子を紹介したいと思います。

私は、花火鑑賞士でもなく、デジイチでの花火撮影も今年からの新米なので、花火の優劣について、私見は極力記入しないようにしてきました。
そして、審査結果については花火愛好家の間では諸説あるようですが、花火写真家の小野里公彦さんが、その観覧日記で述べておられるのが妥当だと思いますので、時間がありましたら、小野里さんの観覧日記をご覧ください。----->こちらから

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

夜花火 創造花火(1)

今日は久しぶりのrain。秋らしい空気になりました。
花火の写真もあと2回で終われそうですヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

今回紹介するのは創造花火の部の写真です。
創造花火とは、従来の丸型の概念を破った花火で、 昭和39年の大曲全国花火競技大会から全国で初めてとり入れられた花火で、秋田県大仙市が創造花火の発祥地といわれています。一般的にいうスターマインで、打ち上げ花火にテーマをもうけて形態・色彩・リズム感・立体感など、花火師の創造性を追求したもの。
大会では時間も2分30秒以内と決められており、打上場所も1ケ所、昔は玉数も制限があったと言われており、その中で花火師さんの個性をいかに表現するか競います。

創造花火は、入賞された花火を紹介したいと思います。()内は打上げ順番です。

優勝 (3)山梨県 (株)山内煙火店 日本の花 ~侘寂~
Oo2012s03a
Oo2012s03b Oo2012s03c
(本当に、侘寂を写すのは難しいです)

準優勝 (14) 山梨県 (株)齊木煙火本店 聖礼花~パステルカラーの軌跡~
Oo2012s14c
Oo2012s14a Oo2012s14b
(色が鮮やかで、さすがです)

優秀賞-1 (13) 茨城県 野村花火工業(株) 宮沢賢治・星めぐりの旅
Oo2012s13c
Oo2012s13a Oo2012s13b

優秀賞-2 (28) 長野県 信州煙火工業(株) 涼風の詩
Oo2012s28a
Oo2012s28b Oo2012s28c

優秀賞-3 (22) 静岡県 田畑煙火(株) 日本伝統の遊び~けん玉、双六、コマまわし~
Oo2012s22b
Oo2012s22a Oo2012s22c

スポンサー花火の残りも紹介しておきます。

スポンサー花火(3) 大玉7号100連発付スペシャルスターマイン
みちのくコカ・コーラボトリング(株) & JA全農あきた 提供
Oo2012p031
Oo2012p032 Oo2012p033

スポンサー花火(4) スペシャルスターマイン
東日本旅客鉄道(株)秋田支社 & 東北電力(株) 提供
Oo2012p041
Oo2012p042 Oo2012p043_2

そして前年の内閣総理大臣賞受賞者による特別プログラム「さあ、夢の世界へ!」
前年の受賞者 長野県 (株)紅屋青木煙火店
Oo2012p051
Oo2012p052 Oo2012p053
さすが青木煙火店と思わせる花火でした。トラと打上げ花火のコラボが素敵でした。
11月の長野えびす講煙火大会、ますます見たくなりました。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年9月 1日 (土)

夜花火 大会提供花火&10号割物の部(3)

9月に入ってしまい、大曲の花火から1週間が経過してしまいました。紹介したい花火が多く話しが進みません、申し訳ありません。happy01

大曲の花火大会、お楽しみは、『大会提供花火』です。最初に大曲の花火を見た時は、今まで経験したことが無い、見える範囲全てが花火という状況に、声も出ない感動を受けたことを今でも思いだします。
その後、何度か大曲の花火を見たり、長岡、柏崎、土浦の花火を見るにつれて、純粋に「大会提供花火」を楽しむことができるようになりました。
そして、大会提供花火が始まると、廻りの席で初めて見る観客からの、驚愕の声を聞くたびに、これが大曲「苦労してもまた来たくなるでしょう」と心の中でつぶやく、しゅうちゃんです。

大会提供花火は・・・・写真で表現する自信が無かった(明るすぎて、大半の写真が白くなってしまう不安)ので、動画撮影しましたので、動画でお楽しみください。
↓動画からスナップショットで写真に落としてみました。
Ph20120831z3 Ph20120831z4

写真もいいけど、映像もいいです。ビデオカメラも欲しくなってしまいます。



さて、10号割物の部も最後になりました。
(21)静岡県 三遠煙火(株) 昇曲導付三重芯変化菊 ・ マジックthe“輪ールド”
Oo2012w211 Oo2012w212
↑左は途中でcameraを動かしてしまったようで、昇曲導付の部分がおかしくなってしまいました。

(22)静岡県 田畑煙火(株) 昇曲導付三重芯変化菊 ・ 昇曲導付銀芯ステンド千輪咲(10号割物の部 入賞3)
Oo2012w221 Oo2012w222

(23)秋田県 大久保煙火製造所 昇曲導付三重芯変化菊 ・ 昇曲導付芯入彩色千輪の花
Oo2012w231 Oo2012w232
↑この直前に行われた「大会提供花火」の煙が少し残っている状態でしたね

(24)東京都 (株)ホソヤエンタープライズ 昇小花付三重芯染分け大ダリア ・ 昇曲付 江戸の華「粋」と「雅」の百花園
Oo2012w241 Oo2012w242

(25)群馬県 (有)菊屋小幡花火店 昇曲導付四重芯菊先青光露 ・ モノクロームの華(10号割物の部 優秀賞3)
Oo2012w251 Oo2012w252

(26)宮城県 (有)若松煙火製造所 昇曲導付三重芯変化菊 ・ 昇曲導付夢桜
Oo2012w261 Oo2012w262

(27)静岡県 (株)イケブン 昇小花四重芯変化菊 ・ パステルカラーの花(10号割物の部 入賞4)
Oo2012w271 Oo2012w272

(28)長野県 信州煙火工業(株) 昇曲導付四重芯引先黄閃光 ・ 時差式点滅花(10号割物の部 優勝)
Oo2012w281 Oo2012w282

10号割物花火の撮影、難しかったです。個人的な好みの花火を紹介しておきます。
(1)長野県 (有)伊那火工堀内煙火店の課題玉
(7)茨城県 (株)山崎煙火製造所の課題玉
(11)長野県 (株)紅屋青木煙火店の自由玉
(18)長野県 (有)太陽堂田村煙火店の自由玉
(27)静岡県 (株)イケブンの自由玉

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »