« 国道459号と桜 | トップページ | 夜の合戦場のしだれ桜 »

2012年5月 1日 (火)

いわしろ桜回廊

二本松市(旧岩代町)の桜です。

まず、いわしろ農産物直売所「さくらの郷」の近くにある新殿神社の桜。
Ph20120429102 Ph20120429103

さらに、その先 福田寺の糸桜。この枝垂れ桜は三春の滝桜の子孫と言われおり、合戦場のしだれ桜の親とのことです。
Ph20120429107 Ph20120429111

さてメインの合戦場(がっせんば)のしだれ桜です。満開です。
Ph20120429080

言葉の説明はいらないと思いますので、色々な方向からの写真をどうぞ。
Ph20120429071 Ph20120429072
Ph20120429081 Ph20120429085
Ph20120429090 Ph20120429097
Ph20120429086

写真を撮る人も沢山頑張っています。
Ph20120429082 Ph20120429084

この桜、別名「大林の夫婦桜」↓裏側から見ると2本のしだれ桜であることが判ります。
Ph20120429088

次回は、夜の合戦場のしだれ桜です。

福島県内には多くの1本桜があります。それを番付にして紹介されているアマチュアカメラマンの方がいます。勧進元の許可を得て掲載しているサイトがこちらです(平成24年春場所福島県内1本桜番付表)。開いたサイトの中央の福島県内1本桜番付表.pdfをクリックしてみてください。

今回紹介した、合戦場の桜(西の大関)、福田寺の糸桜(東 前頭13枚目)。先日紹介した慈徳寺の種まき桜(西 前頭21枚目)です。ちなみに東の横綱は滝桜です。

|

« 国道459号と桜 | トップページ | 夜の合戦場のしだれ桜 »

」カテゴリの記事

コメント

Uchanさんへ
同じ二本松市安達が原に鬼婆伝説が残っており、これも八幡太郎義家に関係しており、色々な話が残っているようです。

投稿: しゅうちゃん | 2012年5月 1日 (火) 21時09分

里山通信風の中さんへ
正面から見えると満開の桜で幹が見えないくらいですが、横から見ると枝垂れがきれいに見えます。
東の横綱は樹齢1000年と言われる滝桜cherryblossomが不動の地位です。

投稿: しゅうちゃん | 2012年5月 1日 (火) 20時59分

ゆめちゃんへ
合戦場の桜は、見る方向で全く違った風情を楽しませてくれます。
機会がありましたら是非一度おいでください。

投稿: しゅうちゃん | 2012年5月 1日 (火) 20時56分

mikさんへ
合戦場のしだれ桜は、この菜の花とのコラボは何度訪ねても、魅了されます。

投稿: しゅうちゃん | 2012年5月 1日 (火) 20時41分

hibochanさんへ
桜の木が沢山ある名所は数ありますが、これだけ一本桜が有名な所も珍しいと思います。
昨年は1台も合わなかった観光バスにすれ違いました。感謝感謝です。

投稿: しゅうちゃん | 2012年5月 1日 (火) 20時39分

<合戦場のしだれ桜>
全国に昔の言われの名物桜あるものでねー
carouselpony戦の神様「八幡太郎義家」の奥州征伐の合戦場あとに枝垂れ桜、初めて知りました。
有り難うございました。

投稿: Uchan | 2012年5月 1日 (火) 18時31分

メインの桜は何とスケールの大きい桜でしょう。
表からは一本にバランスよく見えます。
西の大関ですかまだ上があるのですね。

投稿: 里山通信風の中 | 2012年5月 1日 (火) 16時35分

本当に見事な桜ですね
枝垂れ桜も大振りで見ごたえ満点
桜の名所が沢山あるんですねo(*^▽^*)o

投稿: ゆめちゃん | 2012年5月 1日 (火) 16時03分

お見事な 桜です~confident
菜の花もステキheart04
うっとりですね~confident

投稿: mik | 2012年5月 1日 (火) 07時52分

名物桜が多いのにびっくり
ご紹介に感謝
以前花見山へ訪れた際バスのステッカー
滝桜 合戦場 鶴ヶ城 二本松といった名前が書きこまれてました。
本日の朝刊常陸海浜公園 チユーリップ ネモフィラが見ごろ客足回復基調とありました。

投稿: hibochan | 2012年5月 1日 (火) 07時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/54590684

この記事へのトラックバック一覧です: いわしろ桜回廊:

« 国道459号と桜 | トップページ | 夜の合戦場のしだれ桜 »