« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

キャラメル

昨日、会社帰りにドラッグストアに立ち寄ったら、目立つところにキャラメルが置いてありました。
懐かしいな、昔遠足には必ず持っていったな。
森永ミルクキャラメル、この色のパッケージ変わらないな。
Pdt_s_01

なんて思ってたら、隣に見かけないパッケージが、こんなのが出ていたんですね。
キャラメル、この歳になると歯にくっついて歯の詰め物が取れそうで、買ったことが無かったのですが、買ってしまいました。

Ph20120331a

本当に「さつまいも」の味がしました。久しぶりに食べるキャラメル、美味しかったです。

「あずきキャラメル」もあったので、今度買ってみましょう。キャラメルの粒が、昔に比べて倍の厚みがあるような気がします?

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2012年3月30日 (金)

東北本線

明日31日、地デジへ完全移行。日本からアナログテレビ放送が完全に終了するんですね。
高速無料化措置もとりあえず終了。だいぶ無料で利用させてもらいました。

先日相方が旅行へ。
早朝着の寝台特急「北斗星」で帰ってくるので、駅まで迎えに(来いってcoldsweats02)。
せっかくなので、写真を撮ろうと少し早く福島駅の手前の線路脇に。即席の撮鉄誕生、でもいつも撮ってるカメラは相方が持って行ってるので、10年も前のデジカメで頑張ったのですがdowncrying

Ph20120328f
ダメダ、ぼけぼけだ~。福島交通飯坂線「美術館図書館前駅」

Ph20120328g
手前2本が東北本線で奥が福島交通飯坂線の線路です。始めにやってきたのは、阿武隈急行(梁川駅⇒福島駅の始発電車)の8100系電車でした。

Ph20120328h
腕かカメラのせいか?ひどい写真だな。次にやってきたのはJR東日本(藤田駅⇒黒磯行の始発電車)のE721系電車でした。

Ph20120328i
Ph20120328j
やっと来ました「北斗星」一応書いておきますか(札幌駅⇒上野駅)。北斗星塗装されたJR東日本のEF510形電気機関車にけん引された、24系25形客車11両+電源車。
最後尾には雪が残っていました。

Ph20120328k
駅へ向かって、北斗星を追いかけてパチリ。

Ph20120328l
無事、福島駅に先に到着出来ました。

早朝6時前の10分間に3本も列車が走っていたのですね、驚きでした。

ちなみに、こんな所に行ってきたようです。相方リフレッシュ休暇でした。
Ph20120328m Ph20120328n

休みが取れたら一緒に行きたかったのですが、残念ながら行けませんでした。(;ω;)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年3月29日 (木)

新作花火コレクション2012

3月24日に秋田県大仙市で開催された「新作花火コレクション2012」の競技結果が発表されました。

金賞 群馬県 有限会社菊屋小幡花火店 「新緑のチカラ」
銀賞 山梨県 株式会社山内煙火店 「日本の花~侘寂~」
銅賞 福島県 有限会社菅野煙火店 「ふるさとに願いを込めて」
銅賞 秋田県 株式会社和火屋 「Change The World~変わり続ける彩の世界~」
銅賞 神奈川県 株式会社ファインアート神奈川 「虹のアーチ」
特別賞 福岡県 高田花火工業 「灯心草~冬~」
花火鑑賞士特別賞 東京都 株式会社丸玉屋小勝煙火店 「観光名所 東京編~東京タワーとスカイツリー~」

この大会は、若手花火師さんが、打ち上げる前に自分で花火のコンセプトをプレゼンして、打ち上がった花火といかにマッチするかが重要とのことです。

こちらに結果の映像が紹介されていますので、よかったらご覧ください。

http://www.geocities.jp/omagarihanabiclub/shinsakuhanabi/news20120326.html

今回打上げられた、新作花火は今年の夏、日本各地の花火大会で打上げられることでしょう!

個人的に好きなのは、ファインアート神奈川さんの「虹のアーチ」と
株式会社丸玉屋小勝煙火店 「観光名所 東京編~東京タワーとスカイツリー~」ですかね。

なお、今回プレゼンが簡単すぎて入選しなかった?茨城県株式会社山崎煙火製造所の女性花火師さん、山崎香代さんの作品「夜空に輝け・・・☆」さすが山崎煙火という花火です。

ちなみに、全出品作品(20作品)をご覧になりたい方は、上記の映像を投稿された方がYouTubeに投稿されてますので見れます。(画像右下のTubeにカーソルを合わせると、YouTubeで映像を見るが表示されますので、クリックしてください)

世の中便利になりました、家に居て花火の映像が見れるようになったのですから!でも、花火は現場でみた~~い。coldsweats01

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年3月28日 (水)

遠刈田温泉 旅館三治郎

昨日27日は午前中、お薬をもらうために病院へ、振休たまっているので会社はお休みにしました。相方も昨日までリフレ休暇でお休み。
午後から行くしかありませんspa

宮城県遠刈田温泉にある旅館三治郎の日帰り専用温泉施設へ行ってきました。

日帰り専用の入口と駐車場からの眺めです。お風呂からの眺めも同じ感じです。
Ph20120328a
Ph20120328b

靴をロッカーに入れて、フロントへ料金を支払うと利用可能時間(2時間)を書いた紙を渡され、変わりに靴のロッカーキーを預けます。
Ph20120328c

お風呂への入口です
Ph20120328d

お風呂場はこんな感じで、お湯の色は茶褐色です。好きな温泉の一つです。
Ph20120328e

近くに300円で入れる共同浴場「神の湯」があるので、料金800円は高めに感じますが、無料の湯上り処も利用できるし、食事処を利用すると4時間まで居れるのでノンビリ出来ます。
温泉の温度は少し熱めです。

旅館三治郎 日帰り温泉施設「湯の里」
利用時間 10時~20時
利用料金 800円(2時間まで)
ホームページ こちら

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年3月27日 (火)

亘理へ

今晩も揺れました。でもあまり驚かない自分に、驚いていますcoldsweats01

↓松川浦から原釜方面へ向かいました、外海に面してるだけに被害も大きいようです。
相馬共同火力発電所が発電を再開したニュースを見ました。煙突からの煙は、発電している証拠ですね。
Ph20120327a Ph20120327b

↓左 新地駅があった場所、震災直後は津波によって原型をとどめない程に破壊された電車が映し出されていました。今やナビで駅が表示されるから判るだけで、何も無くなっていました。
↓右 この電柱があるので、ここを線路(常磐線)が横切り、踏み切りがあり高圧の架線が通っていたことが判ります。
Ph20120327c Ph20120327d

↓左 踏切があったであろう場所から相馬駅方面を眺めました。普通の道路かと思ったら線路があった跡です。
↓右 仙台方面です。新地駅があったことなど全く判りません。
Ph20120327e Ph20120327f

↓左 海沿いの県道38号は宮城県まで被害が甚大なので、国道6号に戻り宮城県に入りました。
↓右 山元町の山下駅方面、ここの線路もどこへ。
Ph20120327g Ph20120327h

↓左 県道38号へ戻り北上します、どこに行ってもガレキの山。
↓右 新しい建物を建てているようです。なんとなく、ホットするのと建てて大丈夫なの?
Ph20120327i Ph20120327j

↓左 亘理町へ入りました。
↓右 浜吉田駅方面。線路がありました。相馬の駒ケ峰駅から浜吉田駅まで、路線を山側(内陸)に最大1㎞移すようです?
Ph20120327k Ph20120327l

↓左 県道38号から荒浜地区へ入ります。見慣れた風景でしたが。この先は別世界でした。
↓右 大好きな「あら浜」さんがあった場所に看板だけが。復活したら来ますからね。奥の民家は建物自体は立っているようですが、被害は大きいようです。
Ph20120327m Ph20120327n

↓左 荒浜中学校、1階の天井まで津波が来たようです。震災当日は卒業式のあと、幸いにも生徒は全員無事だったようです。
詳しくは、こちら
↓右 高い建物はわたり温泉鳥の海です。一度だけ訪ねた記憶があります。ガレキの山です。
Ph20120327q Ph20120327o

↓鳥の海ふれあい市場。「ほっきめし」の幟、目立ちます。(ほっきめしは報告済み)
Ph20120327r Ph20120327t

このあと、宮城県道10号を仙台港方面は走り名取まで行きました。昨年 5月に走った時とは比べ物にならない位に片付いていましたが、片付いただけです。復興はいつに。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年3月26日 (月)

相馬へ

今日は、聖光学院高校が1勝しました。happy01baseballhappy01
今日は、雪が舞ってました。梅はいつ咲くのか、桜はいつかなsign02

南相馬市から相馬市を目指して北上します、国道6号を暫く走ってから海側へ。

↓左 正面が東北電力原町火力発電所、津波の被害が甚大で現在復旧作業中のようです。この先の交差点を左折、福島県道74号を相馬市方面へ。
↓右 何も無く、一瞬ここが津波被害を受けた場所とは思えませんでした。
Ph20120325o Ph20120326a

↓鹿島区烏崎付近です、この先海岸付近に集落があったはずです。
Ph20120326b Ph20120326c

↓左 ガレキの山ですね
↓右 真島橋ですかね、痛みがひどいです。その先に見えるのが右田浜海水浴場・キャンプ場ですね。名前だけは聞いたことがある海水浴場です。すぐそこが太平洋です。
Ph20120326r Ph20120326d

↓橋を渡ったら道路廻りも酷いことになってます。ガレキは片付けられているので、見通しがいいのです。それだけにが空しさを感じます。
Ph20120326e Ph20120326f_2

↓左 県道74号はこの先一般車通行不可なので6号線に戻り北上、道の駅「そうま」へ立寄りました。
↓右 道の駅から6号線に別れをつげ、相馬市松川浦方面へ向かいました。
Ph20120326g Ph20120326h

↓岩子(いわのこ)へ近づくと何もありません。
Ph20120326i Ph20120326j

↓県道38へ入り松川浦を目指します。震災前は海苔棚が一杯並んでいましたが。
Ph20120326k Ph20120326l

↓松川浦方面が目に入った時に建物の姿が。海に近い建物の被害は大きいようですが高台は難を逃れることができたのでしょうか?
Ph20120326s Ph20120326t

↓水産物販売センターのあった場所には何も無く、原発事故の影響で出漁出来ない漁船が並んでいました。
Ph20120326m Ph20120326n

↓松川浦大橋。この橋の下を津波が襲う映像を何度見たことか
Ph20120326o Ph20120326p

松川浦は潮干狩りに小さい時から何度も訪ねた場所、心が痛みます。
津波被害を見に来ること、いかがなものかと思いつつ来ました。テレビを通して見るのと実際に自分の目で見るのは違うのでは感じています。
写真は全てクリックすると拡大します。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年3月25日 (日)

南相馬へ

現在福島市から浜通りへ出ることが出来るのは、国道115号(福島⇒相馬市)か国道114号・県道12号(福島⇒川俣⇒南相馬市)を利用するしかありません。昨日は一番南側のルートで南相馬市の道の駅「南相馬」を目指すことに。

↓左 国道4号との合流点が国道114号の起点となります。
↓右 川俣町のここまでが国道114号、このまま直進すれば浪江町へ行けるのですが現在はこの先30㎞程で原発事故のため、全車両通行止め。左折し国道349号を少しだけ走って県道12号で南相馬市へ向かいます。
Ph20120325a Ph20120325b

↓左 ポールに隠れてしまいましたが、ここから飯館村。計画的避難地域に指定されており、基本的に人は住んでいません。村役場は福島市飯野町に移転しています。
↓右 以前レポートした国道399号の分岐点です。 
Ph20120325c Ph20120325e

↓左 飯館村の役場付近でメインの通りですが、もちろん営業しているお店は全くありません。警察車両が目立ちます。
↓右 県立相馬農業高校飯館校の案内看板。今でも空間線量で4近い値のようです。ここで生活するには、あまりにも厳しいですね。
Ph20120325f Ph20120325g

↓左 八木沢峠です。ここを過ぎれば南相馬市原町区となります。南相馬市の線量は福島市内の半分以下0.3。事故直後の風向きなんですよね。
↓右 まもなく開通する常磐自動車道の南相馬ICの入口です。4月8日に南相馬ICと相馬IC間が開通します。本来であれば三郷ICから相馬ICまでつながるはずだったのですがね。
Ph20120325h Ph20120325i

↓左 南相馬市役所付近の様子。震災前と変わらないようにも感じます。
↓右 南相馬市立総合病院。震災直後は大変だったようです。
Ph20120325j Ph20120325m

↓左 国道6号に入り南下すると、こんな表示が現れます。警戒区域に入るため通行止めとなります。
↓右 戻って道の駅「南相馬」へ立寄りました。
Ph20120325n_2 Ph20120325k

↓左 ここから数キロ先が警戒区域のため、国道6号の通行量も少ないため道の駅の利用者も少ないように感じます。
↓右 途中川俣で道の駅「川俣」へも寄ってきましたので、記録しておきます。
Ph20120325l Ph20120325d

南相馬は2010年5月以来かな?

さて北上しますか。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年3月24日 (土)

晩御飯

今朝起きたら、またまた一面真っ白。
Ph20120324a Ph20120324b

今日は仕事お休み。相方も留守なので、天気が良ければ会津方面ヘcarの予定でしたが、↑の天候なので久しぶりに浜通り方面へ行ってきました。詳しくは後日として、宮城県亘理の荒浜へ行ったら仮設店舗で「鳥の海ふれあい市場」が出来ていました。そこで買い物をして晩御飯にしました。
Ph20120324c

亘理、今の時期は「ほっきめし」800円。レンジで少し温めて頂きました、たっぷり入ったホッキが美味しかったです。
Ph20120324d Ph20120324e

↓ちぢみほうれんそう 100円。半分は茹でてスリゴマをかけて。残りは油で炒め、弁当用肉だんごを加え、卵でとじて頂きました。ちぢみほうれんそう、甘いです。
Ph20120324f Ph20120324g
Ph20120324h

↓苺 350円はそのままいただきました。甘くて美味しかったです。
Ph20120324ii Ph20120324i

フルーツケーキも売っていたので買ったのですが、車の中でお腹に入ってしまいました。
Ph20120324j   

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年3月23日 (金)

安全

大飯原発、再稼働への動き「加速」!

安全だ安全だと言ってきた人達が「安全」だと評価したものが本当に「安全?」なのですかね?

この公園の木を見て、どう思うのか?
Ph20120323c
↑高圧洗浄機の餌食になり、表皮を削り取られた樹木です。地面は芝生が剥がされ可哀そうな公園です。

Ph20120323b
↑果樹園でも実施され丸裸の樹木が並んでいます。上左側の木で試験でもしたのかな?半分だけ裸になってます。

Ph20120323d
↑私のお世話になっている会社では関係ないですが、某協会からこんな案内がきました。

「東日本大震災により生じた放射性物質により汚染された土壌等を除染するための業務等に係る電離放射線障害防止規則」

こんな長い名前の規則出来てたんですね。

ウワサですが、除染作業、本来なら手をださない大手ゼネ○○も、格安の値段で仕事を取り半値以下で地元企業へ下請けに出しているとか、大型機械も不要な仕事をなぜ受けているか・・・その後の大きな仕事を狙っているとか、あくまでウワサなので小さな字で書きます。

それでも原発再開するんですかね?大飯は関西だから、東京の永田町からは離れてるしなんて思ってる先生がいるのかな?


写真を整理していたら、1ケ月程前に撮ったのがありました。
Ph20120323a
夏の甲子園大会(全国高等学校野球大会)の大会歌「栄冠は君に輝く」の作曲歌、古関裕而さん(福島市出身)の記念館です。福島市音楽堂の隣にあります。
ちなみに、福島駅新幹線ホームの発車メロディは「栄冠は君に輝く」のはずです。
高校野球関連で思い出しました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年3月22日 (木)

高校野球

昨日から「春の高校野球」が始まりました。
今回は、東北から4校が出場しましたが、初日には岩手県の花巻東が、今日は宮城県の石巻工が残念ながら負けてしまいました。

開会式で選手宣誓した石巻工の阿部主将「日本が一つになりその苦難を乗り越えることができれば、その先に必ず大きな幸せが待っていると信じています。だからこそ日本中に届けます。感動、勇気、そして笑顔を。見せましょう。日本の底力、絆を」といい選手宣誓でしたが残念でした。

我が県からも某私立高校が出場していますが、レギュラー9名のうち県内出身者は3名、補欠を入れても6名程。関西の中学出身者が半分以上を占めています。
なんか、ものすごく微妙な気持ちです。
他の出場高校も同様なのでしょうが、県立高校など募集するエリアが限定された学校と試合をして勝ち残り、甲子園へ出場する。教育的にどうなんでしょうかね?

サッカーも同じで、県内で一番の私立高校も大半が県外中学校の卒業。
なんか規制って出来ないのでしょうか?


またまた花火関連のお話
大林宣彦監督の最新作「この空の花-長岡花火物語」が5月中旬から全国でロードショー公開されます。
昨年の長岡花火大会時に撮影していました。
もしお近くで公開されたらいかがでしょうか?

映画「この空の花-長岡花火物語」の公式サイト----->こちら
予告編も公開されています。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年3月21日 (水)

渡りに船

以前から欲しかったのですが、置く場所も問題があり、言いだせなかったのです。
でも先日某お宅で、これで入れたのを頂いたら美味しいと相方。しかも我が家でも欲しいねsign02
これはチャンス、早速、買ってきました。

Ph20120320a Ph20120320b

意外とスペースをとりますが、インスタントとは思えない美味しいコーヒーが簡単に出来、いつでも美味しいコーヒーが飲めます。
さすがに売れている商品(50万台突破とのこと)だけに、どこでも定価販売のようです。

ネスカフェ バリスタ----->興味のある方はこちら


久しぶりに花火の話です。
新作花火コレクション2012が今週末3月24日(土)秋田県大仙市の大曲ファミリースキー場で開催されます。

新作花火コレクション2012は----->こちら

45歳以下の日本煙火協会青年部の花火作家の方が参加できる大会と出場制限があり、アイデアに優れた花火が発表される大会です。
昨年は震災の影響で4月に日程を遅らせて実施されました。
今年で第21回、残念ながら私はまだ見に行ったことがありません。いつかとは思っていますが、冬の秋田しかもスキー場までcarは、自信がありません。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年3月20日 (火)

ぼた餅

お墓参り我が家の定番、『ぼた餅』です。

Ph20120318b Ph20120318c

あんこと胡麻です。
日曜日にお墓参り(3か所)を済ましましたので、日曜日に作りました(相方作です)が、今日まで残ってました。
昔は、お墓に置いてきたものですが今は食べ物をお墓に置いてこれないので、小さいのを別に作って拝んだらお持ち帰りです。

相方の実家に立ち寄ったら、こんなの作ったからとお土産に頂いてきました。
Ph20120318d Ph20120318e
本格的に米から作ったのではなく、イカの足を入れて作った御飯を詰めたイカをだし醤油で煮た、手抜き作らしいですが大変美味しかったです。

昨日写真をのせた福寿草、地元ニュースで福寿草祭りがはじまったとのこと。
お蕎麦で有名な、喜多方市山都町沼の平地区で毎年開催されているのですが、今年は大分遅れており3月末頃に見頃になるようです。そういえば暫く山都の蕎麦食べてないな。

100万株のふくじゅそう群生地----->こちら

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年3月19日 (月)

春を

今年、やっと福寿草を見かけました。
昨日、お墓参りをしている途中で見つけました。
日影の雪もだいぶ解け始めました。

Ph20120318a

春を見つけた気持ちになり、なんとなく嬉しかったです。今日は残業で遅かったので簡単ですみません。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年3月18日 (日)

日本料理 多可橋

昨日、せっかくなので外ご飯しようと。前日に予約して席がとれたので、こちらで食事を頂きました。
相方は何度も女子会?で利用している料理屋さんですが、私は初めてです。市内新浜公園近くの普通のビルの2階にある日本料理屋さんです。

外観です。階段を上がって2階で、全室(6~7部屋?)個室です。
Ph20120317n Ph20120317l

夜のコースは3675円~10500円まであるようです。私たちは一番手頃なコースをお願いしました。料理名は教えられたのですが忘れてしまいましたので、写真だけを紹介します。
↓メニュー(他にも一品料理が沢山ありました)と先付けのサラダ
Ph20120317m Ph20120317c

↓前菜(生麩と・・・)と椀もり
Ph20120317d Ph20120317e 
↓お造りと茶碗蒸し
Ph20120317g Ph20120317f
↓天ぷらと御飯
Ph20120317h Ph20120317i
↓甘み(白玉ぜんざい?)と抹茶
Ph20120317j Ph20120317k

途中まで料理の内容を覚えようとしたのですが、酔いがまわり忘れてしまいました。happy01
料理の内容は普通ですかね?全室個室なので落ち着いてゆっくり食べて飲めるので満足です。料理内容は季節等によって変わるようです。

生ビール1杯と日本酒の飲み比べ1セットで、ギブアップでした。
他にもこちらのセットも気になったのですが、手を出せませんでした。
Ph20120317o
甘党の私は、↓こちらの方が良かったかなと、また利用すると思うのでその時にでも。
Ph20120317p

日本料理 多可橋(たかはし)
福島市宮下町17-20 定休日(水曜日)

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2012年3月17日 (土)

3月17日

去年は、バタバタとして何もできませんでしたが。

3月17日は、○○記念日。相方と一緒になってもう27年。

色々あったし、大病したときは苦労かけたし。直接は言えないけど『ありがとうね』。

今日は2人で外ご飯、少し酔ってしまいました。料理は明日にでも!

Ph20120317b
Ph20120317a
久しぶりの冷酒。眠くてたまりません。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年3月16日 (金)

テレビを見て

リンク: 父なくした女の子に「お父さんはどこ?」 NHK「家族に乾杯」、鶴瓶の何気ない言葉でハプニング - 速報:@niftyニュース.

好きな番組のひとつで、出来るだけみるようにしています。
このシーンも見ていました。

テレビで被災地の様子やインタビューを見聞きするたびに、少しづつは復興に向かっているような印象をうけます。しかし、その心の奥には悲し思いが詰まっていることを忘れてはいけないことを肝に銘じる出来ごとでした。

今日の写真は、このごろハマっている食べ物です。1週間に3~4回は出てきます。
Ph20120307i

ブログ友の『おじ丸』さんに教えていただきました。超簡単で茹でたホウレン草に『なめ茸』を加えるだけですが、なめ茸の味でホウレン草を美味しく食べれます。
『なめ茸』が「エノキタケ」から出来てることを、この時知りましたhappy01 煮詰めると、勝ってにあのヌメも出てこることを。勉強になるな。
Ph20120304k

我が家で、この時期なると出てくるのが、白菜の古漬けに削り節をのせただけのもの。
Ph20120307j

歳かな、あっさりした物が好みになってきました。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年3月15日 (木)

西村京太郎 「十津川警部 西武新宿線の死角」

Ph20120226h Ph20120226i

西村京太郎著 実業之日本社 ジョイ・ノベル 2012年1月25日発行 860円(税込)
十津川警部 西武新宿線の死角

西武新宿線高田馬場駅のホームで、朝の通勤ラッシュアワーに若い女性が刺殺された。
周囲の状況から犯人と目されたのは、警視庁捜査一課の西本刑事の友人だった。
被害者は公益法人「交通事故調査会」の職員で、昨秋に起きた北陸本線の特急サンダーバード脱線事故を調べていた。
十津川警部の捜査と平行して、西本は友人の無罪を信じて、独自に動き出した。

鉄道事故や飛行機事故が起きるたびに名前が出る、『航空鉄道事故○○』がモデルかな?

明後日17日でJRのダイヤ改正が行われます。寝台特急日本海(大阪~青森)・急行きたぐに(大阪~新潟)が定期運用とりやめに、明日16日が最終運行になるようです。一方 八戸線が全線復旧、常磐線特急が新型に、武蔵野線に新駅が出来たり、東北新幹線ではE5系が増発などの明るいニュースも多いようです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年3月14日 (水)

好きな場所

今日も地震が多いですね。夕方には北海道・東北で津波注意報が出たと思ったら、この記事を書き始めたら緊急地震速報が画面に出て驚きました。M6.1の予想だったので大きいなと思いました。

今月初めに撮影した写真で、まだ投稿していなかったのがあります。その中でも、好きな場所からの風景です。今は雪も解けてますので、あしからず。でも線路は判り易いです。
Ph20120304n
↑福島駅方面です。中央左側あたりが東北新幹線福島駅です。

Ph20120304o
↑こまち+やまびこ?かな。福島駅停まらないので一気に通過してしまいます。

Ph20120304p
↑ 一番手前の線路が『福島交通飯坂線』で曾根田駅を電車が福島駅に向かって出発した所です。その上の線路2本が東北本線。見づらいですが、踏切の車の奥の方にある線路が奥羽本線となります。上には東北新幹線の高架橋そしてその先には山形新幹線へ分岐していく高架橋となり、この先で奥羽本線に合流します。
東北本線は次の東福島駅手前まで阿武隈急行も利用しています。
昔はこの奥に奥羽本線の機関区があったのですが、今は分譲されて宅地になったはず。

この場所なら、楽しくて何時間でも居れるのですが・・・。
商業施設の立体駐車場なので、何時間も外を見ていたら不審者扱いされそうです。happy02

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年3月13日 (火)

どうとらえるか?

この大人一人あたり8万円。どうとらえ、どう考えるかですよね。

Ph20120313a Ph20120313b
Ph20120313c Ph20120313d

署名して、ハンコ押すだけなんですが。
ものすごく、複雑な気持ちなんです。
8万円(妊婦・子供は40万円か60万円)払うからあとは・・・なのか?福島県民全員が対象ではないし!県民約150万人にお金をばら撒くのなら、もっと他に使い道があるのでは、等々複雑です。

とは言っても、頂けるものは頂くことに。
返信用の封筒に提出者の住所氏名を書く欄が無いのに、特定郵便で提出するようになっています。普通郵便では万一にも不達となった場合に困るので、窓口に提出する必要があるのでしょうが。住所記載欄くらい印刷して欲しいものです。
対象世帯が約50万世帯とのことで、今日の地元紙でも郵便局の窓口が大混雑と伝えています。↓

Ph20120313e

さて、11日にお伝えした3県4紙共同発行の特別紙面↓

Ph20120311a

地方新聞社のお取り寄せサイト『47CLUB』で送料120円で取り寄せできます。記憶を風化させないためにも、一年に一度3月11日に読み直すのもいかがでしょうか?

47CLUB 特別紙面の購入サイト----->こちら

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2012年3月12日 (月)

想いでの写真(7) 南三陸町・女川・石巻

宮城県南三陸町志津川、ホテル観洋。何度か訪問しています。津波の影響は直接受けなかったようですが、地震の被害も大きかったようです。現在は営業されているようです。
こちらのホテルの露天風呂から眺める志津川湾の風景は抜群でした。

Ph20120310a Ph20120310b
Ph20120310e
本当にいい眺めです。

ホテル観洋さんのHP----->こちら

Ph20120310c Ph20120310d
↑左 バックは女川町のはずです。 ↑右 石巻の慶長使節船ミュージアム(サン・ファン館)です。現在震災の影響で休館中のようです。HPはこちら

この時は、ホテルから海沿い国道398号を女川へ向かいました。途中狭い国道だった記憶があります、10年以上前です。↑左の写真はその国道398号沿いで撮影したと思います。
この国道398号、途中で北上川を新北上大橋で横断しています。旧河北町(かほくちょう)現石巻市大川小学校の児童が向かっていた橋です。冥福を祈りたいと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日)

想いでの写真(6) 気仙沼・大船渡

本日2回目の更新です。
今日は特別な日、防災グッズの点検をしました。賞味期限を過ぎた食料品の入れ替や不足している物を緊急持出し用のセットに補充しました。
明日はsnowマーク、もうイヤ

宮城県気仙沼市にあった『海の市』、そしてその中にあった『氷の水族館』
Ph20120310f Ph20120310g
なんか、ユニークで楽しい施設でした。なぜか2人ともピースでした。

そして、唐桑半島。ここも今回の震災では大きな被害を受けたようです。唐桑半島ビジターセンターにあった津波体験館、20年程前に体験した記憶があります。
Ph20120310h
Ph20120310i Ph20120310j

そして岩手県大船渡市。観光遊覧船からの風景を楽しみました。
Ph20120310k Ph20120310m

Ph20120310l
↑うしろに写っているのが大船渡市街地のはずです。

世界の椿館碁石へも立寄りました。
Ph20120310p Ph20120310q

ここは高台にあり、今年もつばき祭りが開催されているようで、少しづつでも復旧復興に向かっているようです。

世界の椿館碁石----->HP

撮影 2008年5月

| | コメント (8) | トラックバック (0)

あれから1年

今現在、福島県内の仮設住宅・借上住宅に10万人近く、県外への自主避難が6万人。合わせて16万人の県民が自宅へ戻れない状態が続いていると言われています。

昨年の3月11日。
普段とおりに会社へ、午後からは部内の会議があり、その会議とは関係ない私と女性1名が残って仕事をしていました。そして、携帯電話の緊急地震速報があちこちで鳴りだし後、あの揺れが始まりました。
避難路確保のため、非常口を開けたと同時に激しい揺れが、屋上部分へ避難しました。揺れが少し収まったかと思ったら再度の揺れが。当時頭をよぎったのが『日本沈没』長い揺れでした。
すでに電気は止まっていました。部屋へ戻ったらテーブルや椅子が激しく移動しており、余震に備えとりあえず1階から外へ。私の勤める事業所の建物自体40年以上経過しているので心配でしたが、これと言って大きな被害はありませんでした。当時しっかりした建て方をしたようで先輩の方々に感謝した記憶があります。
会社の電話交換機はバッテリーでとりあえず使えるので、各事業所へ社員の安全確認を皆で手分けして行ったのですが、繋がりにくく、さらに余震が来るたびに外へ一時避難。意外とIP電話が繋がる確率が高い状況でした。
全事業所の全員の無事が確認されたのが夜7時過ぎ。真っ暗な中、なにも出来ないので自宅へ帰ることに。

この時点で携帯は全く繋がらず、相方とも連絡が取れない状態。ラジオでは相方の勤務先について被害のことは何も言っていないので無事なのだろうとの判断で自宅へ帰りました。
夜なのでマンション全体の被害状態は判りませんでしたが、自分の部屋自体は特に大きなダメージはありませんでした。電気も水道も問題なく使用できました。家具転倒防止用突っ張り棒のおかげで倒れた家具電化製品はなく本棚から本が落下していただけでしたので、本棚を整理して夕飯どうしようか?と思っていたら相方が帰宅、ホットした記憶がありました。

あるもので夕飯を食べ、お風呂に入って寝ることができましたが、余震が続きあまり眠れずに翌朝を迎えました。
以上が震災当日の行動ですかね?記憶がだんだん曖昧になっていきますので書き留めておきます。

さて本日の地元紙に別刷りでこんな特集が折り込みされていました。東北の岩手・宮城・福島3県4紙(岩手日報、河北新報・福島民報・福島民友)の共同発行で、震災翌日の新聞トップと今の様子が紹介されていました。忘れないように保存しておきます。この折り込みは東北3県だけでなく各地方紙の協力により200万世帯に配布されたようです。

Ph20120311a
Ph20120311b

この他に地元紙の特集が
Ph20120311c Ph20120311d

これからの再生が大事ですね。

そして、亡くなられた多くの方々に合掌

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年3月10日 (土)

飯坂温泉 摺上亭大鳥

本日2回目の投稿です。
雪が降らなければ宮城の方へドライブの予定でしたが、雪が降っておりノンビリ起床して温泉へ行くことに変更。

今週は飯坂温泉といっても一番奥、穴原温泉に近い場所にある『摺上亭大鳥(すりかみていおおとり)』でマッタリしてきました。

Ph20120310ad
↓エントランスの風景
Ph20120310ae
農○系の施設です。色々な会合が入っていました。
Ph20120310ai
温泉の効能です
Ph20120310af

お客様が多く、お風呂の写真は撮れませんでしたので、施設のHPで----->こちら

露天風呂で、雪景色の山を眺めながら、まったりとしてきました。

立寄り湯700円(私の場合、県内新聞屋さんの会員カード掲示で500円)


帰りには、ドライブに行ったつもりで、ケーキを買って自宅でコーヒータイムでした。
Ph20120310ag Ph20120310ah

| | コメント (12) | トラックバック (0)

またまたですが

三寒四温とは言え、四寒三温?ではないかと思うくらい、こいつsnowがやってきます。

Ph20120310ab

↓いい降りっぷりです。

Ph20120310ac

なぜ週末になると降るかな!今週もドライブ中止です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 9日 (金)

想いでの写真(5) 亘理町

宮城県亘理町の荒浜地区。

亘理町は、『はらこ飯』で有名な場所なのですが、今回の津波で海岸沿いの荒浜地区が津波で甚大な被害を受けたました。↓の写真は、いつも訪ねていたお寿司屋さん「あら浜」さんです。

Ph20110206a

ここは「はらこ飯」も美味しかったのですが、「かきせいろ飯」が好きでした。
Ph20110206c
お店は津波被害で全壊したようで、現在仙台市内で仮営業されているようです。

そして荒浜港の震災前の様子です。
Ph20110206s

Ph20110206t 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月 8日 (木)

想い出の写真(4) 楢葉町・川内村

『東日本大震災 写真保存プロジェクト』なるものが震災直後にありました。私はこのプロジェクトに投稿できるような写真は撮っていないので、ブログ内で今回の震災で大きな被害を受けた場所の写真を整理しておきたいと思い、昨年6月、想い出の写真(3)まで記事にしました。
東日本大震災から1年となる今、その続きを投稿したいと思います。

双葉郡楢葉町にある、天神岬スポーツ公園内にある「しおかぜ荘」。日帰り入浴500円でした。
泉質はナトリウム塩化物・炭酸水素塩温泉。
特徴は褐色でヌルッとした泉質で、きりきず・やけど・慢性皮膚病・婦人病・神経痛・腰痛などに効能があると言われていました。今は東電の避難指示エリアにあり営業はしていません。震災前は浜通りにドライブに行くと、頻繁に立寄っていました。
Ph20120308a
いつ利用しても利用者が多く、お風呂の写真は撮れませんでしたので、HPを参考に。大きくない露天風呂でしたが、松林越に太平洋を望む風景は大好きでした。
ただし、この施設あの企業さんの助成を受けて建てられた旨の表示があった記憶があります。
しおかぜ荘のHP----->こちら

次は、帰村宣言をした双葉郡川内村にある「かわうちの湯」。綺麗な施設で色々なお風呂があった記憶があります。
Ph20120308b

そして隣にあった「あれ・これ市場」新鮮な農産物を売っていました。
Ph20120308c

温泉施設は、復旧工事が出来ないため一部のみ仮営業しているようです。
かわうちの湯----->こちら

ところで今年は雪が多いな~。去年はどうだったの?と自分のブログ、去年の2~3月を読みなおしていたら。
昨日3月7日は2009年にブログを開始した日でした。ついに4年目に入りました。shine
これからも、よろしくお願いします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年3月 7日 (水)

中村彰彦 『完本 保科肥後守お耳帖』

2月20日に読み始めた本、約2週間で読み切りました。

Ph20120226j Ph20120226k

中村彰彦著 実業之日本社文庫 2011年8月15日発行 960円(税込)
完本 保科肥後守お耳帖

会津初代藩主にして、幕府を支えた宰相の名裁き!
保科正之(肥後守)は、初代会津藩主として藩の経営にめざましい手腕を発揮したのみならず、事実上の副将軍として徳川幕府を支えた。
異母兄の三代将軍徳川家光との劇的な邂逅から、明暦の大火の収束と江戸復興計画のユニークな発想、難事件における温情にあふれた名裁き…。
国の危機に最も必要なリーダー像とされる、不世出の名君の人となりを興味深い逸話でたどる傑作小説集。

福島県に生まれた者として恥ずかしいですが、この歳になるまで会津藩の成り立ちから、なぜ幕末に会津藩は新政府軍に抵抗したのか、その根底は知りませんでした。
また、初代藩主は保科家なのに途中から会津松平家となったのか・・・。

また大内宿などで食べられる、『高遠そば』は現在の長野県伊那地方にあった高遠藩に由来する点は知っていましたが、今回、この本を読んで初代藩主保科正之公の人となりを知ったことで、さらに興味が湧いてきました。

この本もページ数は多かったですが、短編小説的に構成されており楽しく読むことが出来ました。

最後に筆者のあとがきを引用させていただきます
3月11日に東日本大震災と大津波、原発事故が同時に発生して以来、私が右の一編で書いた明暦の大火の際の保科正之のリーダーシップと危機管理能力があらためて、新聞、雑誌、テレビで話題にされはじめたのには驚きました。 (省略) ですが、政治家も国家もすっかり2流になってしまった今日、保科正之の決断力と慈愛の精神にあふれた姿を思いだすことは決して無駄ではないでしょう

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

全九州物産店

地元のデパートで「全九州の物産店」が今日まで催されていました。
相方が、うまかもんを買うてきました。

Ph20120304a
福岡、石村萬盛堂の「塩豆大福」。5個入り630円
赤えんどう豆は、何回も密にひたした後、海水から作られた純国産天然海塩を用いて炊き上げられているとのこと。
甘さ控えめのこし餡と塩豆のバランスが絶妙な大福でした。

Ph20120304b Ph20120304c
Ph20120304d

あと、長崎、長崎心泉堂の「カステラの切り落とし」
Ph20120304e Ph20120304f

カステラは、やはり端っこが一番美味しいと思います。(* ̄ー ̄*)

疲れた時は、甘い物が一番です。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年3月 5日 (月)

飽きた!

朝眼がさめたら、いやな感じが!
snow snow snow
嘘でしょう!やばい、急いで起きて準備して出かけました。

Ph20120305a
車の上に10㎝以上の雪が積もってる~!

Ph20120305b
急いで出かけたので、車のバンパーに雪がのったままです。東北自動車道も白河ICから宮城泉ICまで雪のため通行止めにsnow

Ph20120305c
今年は、なんなんだ! 一晩でこんなに! 天気予報は雨だったような? snowは勘弁してほしいです。今年は何回雪の写真をアップしたことやら!

さて
全国に遅れること8ケ月、大震災で地デジ化の遅れていた東北3県も3月末で完全実施されます。

大手家電ショップでは、3県専用のチラシを配布しているようです。

Ph20120304g

しかし、テレビの値段の下落は、言葉にならないです。私が買ったときでも安かったと思ったのに、今やその半値以下。┐( ̄ヘ ̄)┌


ところで
昨年末に買ったシクラメンも遂に見おさめの状態に
Ph20120304m

この花のとれた先っぽに実が付けば、捲いて育てるんだけど!なかなか結実してくれないです。
シクラメンは長く花が見れて好きです。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

信夫温泉のんびり館

昨日はロングドライブで出かけようかと思っていたのですが、諸事情と朝方の積雪の多さにあきらめました。
暫く温泉に入っていないので、近場の温泉にでもと。

飯坂、土湯、岳どこに行こうか?
悩んだすえに今回浸ってきたのは、信夫(しのぶ)温泉。この温泉の前は高湯温泉へいく時に何度も通っているのですが、訪ねたのは初めてです。
自宅から15キロ弱で行けるのですが、どうしても、高湯温泉へ行ってしまいます。

Ph20120303f Ph20120303g
↑県道70号線を磐梯吾妻スカイライン高湯ゲート方面へ向かいます。山登りが始まって数キロで看板が出てきます。

Ph20120303h Ph20120303i
↑駐車場は県道と須川の間にあります。信夫温泉の建物は、須川の向こう側になり、この吊り橋(幸福橋)を渡っていきます。

Ph20120303j Ph20120303k
↑結構長い吊り橋で少し揺れます。渡り切った所が信夫温泉です。

料金700円を払って、いざ浴場へ。貴重品入れはロビーの傍にしかありませんでした。

Ph20120303l Ph20120303m
↑内湯へ 左側が宝泉の湯、右側が開運の湯、少し離れた場所にあります。両方ともカランが2か所しかありません。泉質は同じかな?

硫黄泉とのことですが、高湯温泉ほど臭いは無いように感じました。源泉温度が35℃とのことなので、高湯温泉より微湯温泉に近いのかな??加熱しているようです。

Ph20120303n Ph20120303o
↑露天風呂 宝泉の湯の近くにありますが、一旦着替えて廊下を渡る必要があります。出来れば内湯から行けると最高なんですがね。

内湯、露天ともに希望とおりの雪見風呂でした。

Ph20120303p Ph20120303q
↑左 露天風呂への入口。 右 露天風呂入口からロビー(玄関)方面です。雪が凄いです。

これだけの建物、どうやって建てたのでしょう?他に道は無いようですし?

信夫温泉のhp----->こちら

高湯温泉のように硫黄の臭いが強い温泉を期待して行ったので、ちょっと肩すかしでしたが、元気で親切で笑顔がすてきな仲居さんがおられ、色々教えていただきました。温泉より気持ち良かったです。( ^ω^ )

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年3月 3日 (土)

河北新報のいちばん長い日

昨年末に紹介した本、仙台市に本社のある新聞社「河北新報(かほくしんぽう)のいちばん長い日」----->こちら

早くもテレビドラマ化され放送されるようです。

明日3月4日(日)午後7時54分からテレビ東京系で放送されます。

こちらでは見れないので、3月11日(日)午後9時からはBSジャパンでも放送予定とのことなので、そちらを忘れずに予約して見なくては。

河北新報社さんの番宣----->こちら

テレビ東京の番組紹介----->こちら

すでに地元紙や地元テレビでは、3.11に向かって色々な特集が組まれています。地元新聞社では当日別刷り20頁以上の特集が予定されているようです。テレビも1日震災特集なんでしょうね。

もう1年、早1年、まだ1年。
1年前に戻りたいと願うのが、偽ざる気持ちです。

もし、時間があればご覧になってみてください。


今日の写真は、今朝相方を仕事先まで送って行った時の市内の風景です。昨日の雪が沢山残っていました。
Ph20120303e
Ph20120303a Ph20120303b
↑信夫山も真っ白でした
Ph20120303c Ph20120303d
写真は全てクリックすると拡大します

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年3月 2日 (金)

春近し?遠し?

今朝の新聞で「磐梯吾妻スカイラインの除雪が開始された」。春も近いな~~

http://www.minpo.jp/view.php?pageId=4144&blockId=9941329&newsMode=article

4月8日開通予定で、今年も無料開放するとのこと。行かねば。

なんて言っていたら


昼ごろからsnow

帰りには、車の上にsnow

Ph20120302a

半分脱がせてみました( ̄▽ ̄)

Ph20120302b 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

タオル

我が家では、お風呂で使うタオルの多くは、宿泊した旅館のタオルを利用しています。

今まで気がつきませんでしたが2年以上使ってもフンワリ、旅館名が織られていました(↓左写真)。

タオルは重さ(匁)と国内外の生産で料金が大きく違うことは知っていましたが、旅館名が織られているのには、驚きました。一般的には↓写真右側のように印刷が一般的だと思うのですが?

Ph20120224a Ph20120224b

この時のタオルですね----->こちら

アメニティの善し悪しが、その旅館自体の善し悪しと一致するとは限りませんが、この旅館は個人的に好きな旅館です。

今も、同じタオルかは?です。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »