« 節分 | トップページ | 中野不動尊(2012年) »

2012年2月 4日 (土)

ひ~さしぶりに

もしかして、10年振り位にこれをしてきました。

Ph20120204c

元々ヘタなので、成績は後ろか数えた方が早かったです。↑の写真は待ってる間の風景で子供達が多くゲームをしていました。

明日は、体中が痛かったりして。

Ph20120204d

ゲーム終了後は、あづま運動公園近く四季の里に移動、アサヒビール園四季の里店

Ph20120204e

大分、食べ散らかした後の写真なので、廻りが・・・

久しぶりに、雪を見ながらの生ビール、美味しかったです。

|

« 節分 | トップページ | 中野不動尊(2012年) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

潤三郎さんへ
久しぶりにやって点数は最低でしたが、結構楽しめました。
ボーリング場も混んでました。

投稿: しゅうちゃん | 2012年2月 5日 (日) 20時06分

waniさんへ
今や集計も順位もコンピュータからプリントされてきます。
倒したピンの位置までも印刷。
若い人は、計算の仕方判るのかな?

投稿: しゅうちゃん | 2012年2月 5日 (日) 20時04分

かちがわまなこさんへ
久しぶりにゲームしましたが、またやりたくなりました。
体を動かすのはいいですね。

投稿: しゅうちゃん | 2012年2月 5日 (日) 19時58分

hibochanさんへ
さすが、日頃から体を動かしているからですかね?
しゅうちゃんは、ブービーメーカーに近かったです。

投稿: しゅうちゃん | 2012年2月 5日 (日) 19時55分

ゆめちゃんへ
やはり運動は少しでも、しなくてはいけませんね。
beer美味しかったです。なんたってアサヒビール工場直営ですから。

投稿: しゅうちゃん | 2012年2月 5日 (日) 18時23分

Uchanさんへ
そうかも知れませんね。
でも、今年の冬は雪が多く、この辺でも雪見障子のある和室なら、雪見酒が楽しめそうです。

投稿: しゅうちゃん | 2012年2月 5日 (日) 18時21分

おじ丸さんへ
先日いわきの湯本で××したボーリング場と同じボーリング場です。
また、ボーリングしたくなりました。
今日、まだ体痛くないので明日以降痛くなるかもしれませんね(歳なので、ハハハ)。

投稿: しゅうちゃん | 2012年2月 5日 (日) 18時18分

なんだか懐かしい気がしますhappy01
でも身体にはとってもいいですよねscissors
運動の後の食事restaurantdeliciousnoodle美味しいですよね
たまには企画してみようかな?happy01

投稿: 潤三郎 | 2012年2月 5日 (日) 16時53分

これは
鉛筆で書いて自分で計算してた頃
よくやりましたbleah

私も10年以上やってないなぁ・・・
その時は
自動計算にビックリした程ですからcoldsweats01

投稿: wani | 2012年2月 5日 (日) 15時53分

私も来週あたり久々にこれを計画中。
山歩きと違って、全身痛くなりそうですが。。。
運動の後のお楽しみは、やっぱり美味しいものと
美味しいビールですよね。

投稿: かちがわまなこ | 2012年2月 5日 (日) 07時55分

自身入社したてのころ 二三時間待ち
須田 中山と女子ポーラー活躍
自身昨年久しぶり投球 190とびっくり

投稿: hibochan | 2012年2月 5日 (日) 07時28分

ちょっと運動 ちょっとビール
明日筋肉痛なら若い証拠です
でも忘れた頃にやって来ると……sweat01
運動の後のビールは美味しいですよねgood

投稿: ゆめちゃん | 2012年2月 4日 (土) 22時23分

<雪見酒>
冬は「家の炬燵で雪見酒」もう昔の話で、今は住宅構造の変化で家で雪見酒ができる家は少ないでしょう。
 もう温泉場か雪国の外食時だけでしょうか?

投稿: Uchan | 2012年2月 4日 (土) 22時03分

明日が日曜でよかった
p(´⌒`q)

仕事行っても役立たずですからねsmile

でも明日だけじゃとれませんよ~ほほほ

運動は週一ぐらいでやってほしいですね

しゅうちゃんの健康の為にhappy01

投稿: おじ丸 | 2012年2月 4日 (土) 20時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/53901063

この記事へのトラックバック一覧です: ひ~さしぶりに:

« 節分 | トップページ | 中野不動尊(2012年) »