« 西村京太郎 『十津川警部 箱根バイパスの罠』 | トップページ | ふうき豆 »

2012年1月14日 (土)

岩魚味噌

今日の地元紙にのっていた記事

福島民報より
檜枝岐村が販売する特産品「岩魚味噌(いよみそ)」が第52回全国推奨観光土産品審査会(日本商工会議所など主催)の食品部門で最高賞の農林水産大臣賞に選ばれた。主催者が13日までに発表した。 ここまで

写真および詳しくは----->こちら

最高賞を受賞したことは、すばらしいことですが、私が?と思ったのは「いわなみそ」ではなく「いよみそ」との読み方。

調べたら、なぜか桧枝岐では「いよみそ」と言うようです。製造元の会津天宝醸造のネット通販では「いわなみそ」として販売しているようなので、『桧枝岐』独自の呼び方かもしれません。

今年の夏は、『桧枝岐』へ行ってみようかな?

魚つながりで、同じ福島民報の記事
アユ釣りで知られる矢祭町の久慈川で13日朝、川の流氷「シガ」が流れた。奥久慈の冬の風物詩で、シャーベット状や板状の氷が朝日を反射しながら川面で揺らいだ。ここまで。

写真および詳しくは----->こちら

いつでも『シガ』が見れるなら行ってみたいですがね。

追加
桧枝岐温泉観光案内所のHPに載っていました。桧枝岐では、イワナのことを「いよ」と呼ぶと書いてありました。

|

« 西村京太郎 『十津川警部 箱根バイパスの罠』 | トップページ | ふうき豆 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

hibochanさんへ
矢祭、しゅうちゃんの所からは同じ県内でも一番時間がかかる場所。
冬の袋田の滝も見てみたいのですがなかなか。猫と同じ私、コタツから出れません。

投稿: しゅうちゃん | 2012年1月15日 (日) 18時41分

味噌と言えば我が家では 手作り味噌
本日より仕込み開始仲間が風邪のようで私急遽助っ人ご紹介できれば いいのですが
シガについて先日放映されました
-7℃が続くとメカニズムは 解明できないそうですが久慈川 矢祭川にだけ起こる現象だそうで幻想的
ブログ仲間より袋田の滝の氷瀑が紹介されました。昨年は 一月末にに訪れました。

投稿: hibochan | 2012年1月15日 (日) 07時05分

ggさんへ
桧枝岐ではイワナのことを「いよ」と呼ぶようです。今度買ってみましょう、ちょっと高いかな?
シガ、朝ですものね。ハハハ。こちらから一番遠い県内です。

投稿: しゅうちゃん | 2012年1月14日 (土) 22時31分

いよみそ 私もわかりませんでした。
今度行ったら買ってみたいと思います。

シガ 近くにいた事があったので何度か見に行きました。
防寒対策をして一度は!今年は寒いので見られるチャンスは多いかもしれませんね。

投稿: gg | 2012年1月14日 (土) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/53736187

この記事へのトラックバック一覧です: 岩魚味噌:

« 西村京太郎 『十津川警部 箱根バイパスの罠』 | トップページ | ふうき豆 »