« 須川温泉訪問記(1) | トップページ | 稲庭うどん 佐藤養助総本店 »

2011年10月12日 (水)

須川温泉訪問記(2)

Ph20111011r Ph20111011q
↑左 愛車の手前に栗駒山荘の足湯があります。でも、ここまで来て足湯では我慢できないと思うのですがね。
↑右 早起きは三文の徳、渋滞に合わなくて済みました。

午前10時45分 秋田県側に向かって出発

お風呂へ入るために待っている時、後ろに並んでいたグループさんは、お風呂に入ったら国道342号を岩手県側の中尊寺に向かうとのこと。世界遺産に登録されたことにより、この付近の観光客も多くなったのかな?


国道342号を横手方面へ向かうのも一考ですが、今回第2の目的地『稲庭』へ向かうことに。
秋田県道282号と国道398号との合流点まで朝の道を逆戻り、栗駒大湯トンネルを抜けて小安峡方面へ向かいます。栗駒大湯トンネルが出来るまで、この付近の国道398号は国道399号に負けないhappy01 楽しい道だったのですがね、今や高速道路並にすばらしい道になってしまいました。
大湯温泉・小安峡温泉をピュ~と通過

午前11時10分 湯沢市皆瀬観光物産館着 この辺が色づくには、まだまだのようです。
Ph20111011s Ph20111011t
↑目の前が小安峡大噴湯への入口 この遊歩道を800m(高低差60m)下ると大噴湯があります。運動嫌いのしゅうちゃん、今だに降りたことがありません。

午前11時40分 佐藤養助本店到着
Ph20111011u Ph20111011v
↑左 稲庭うどんの里の看板
↑右 佐藤養助本店の建物と「いなりワン」? 稲庭うどんの紹介は後日したいと思います。

12時40分 佐藤養助本店出発


秋田県道307号・51号を利用し国道13号へ

ここから国道13号を一路南下しました。

秋田県道51号・県道310号を利用し泥湯温泉方面経由国道108号鬼首(おにこうべ)峠経由で帰ってもよかったのですが、翌日の仕事と3連休最終日で混雑が予想されるので、国道13号を利用しました。

久しぶりの国道13号

将来は有料道路になるであろう自動車専門道路があちこちで無料で供用されており、昔に比べたら以外と早く帰ることが出来ました。

東北中央自動車道が全線開通したら、以外と便利かもしれませんね。

17時 帰宅 走行キロ数450㎞でした。

 佐藤養助商店さんは、大曲花火大会のオープニング花火の協賛会社さんです。

|

« 須川温泉訪問記(1) | トップページ | 稲庭うどん 佐藤養助総本店 »

ドライブ」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

おじ丸さんへ
いわき市鹿島にある、稲庭うどんの店一度利用したことがあります。
本場で食べると、やはり違うような。

投稿: しゅうちゃん | 2011年10月13日 (木) 22時38分

waniさんへ
以前は398も399にそっくりな道でした。342の一関方面は399以上かもしれません。
稲庭地区は、時間的に通過することが多かったのですが、今回は佐藤養助本店を目的に行きました。

投稿: しゅうちゃん | 2011年10月13日 (木) 22時31分

たけぞうさんへ
医者からも運動するように言われているのですが、元々嫌いなことは避けて通るので。
大曲は日本一の花火競技大会です。

投稿: しゅうちゃん | 2011年10月13日 (木) 22時23分

稲庭うどん楽しみですhappy01

以前竜飛岬に行った帰り寄ったのですが残念ながらどこのお店も真っ暗でしたので
妻はいまだに食べなかった事を後悔しておりますsmile

投稿: おじ丸 | 2011年10月13日 (木) 20時41分

398・399はやはり兄弟でしたか・・・
ところどころで同じ匂いがしましたbleah

読んでいて 早くも懐かしくなります(゚ー゚)

お土産でもと思い寄った
稲庭うどんの里は あの日は休館でしたwobbly

投稿: wani | 2011年10月13日 (木) 11時20分

運動嫌いを克服しないと行けませんね。。
その先にさらなる温泉な世界が待ち受け
ていますね。。
大曲花火大会って、日本一な花火大会
ですよね??

投稿: たけぞう | 2011年10月13日 (木) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/52972379

この記事へのトラックバック一覧です: 須川温泉訪問記(2):

« 須川温泉訪問記(1) | トップページ | 稲庭うどん 佐藤養助総本店 »