« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

のんびりと

昨日の日曜日、久しぶりにノンビリ。

car
9月18日(日) 磐梯吾妻スカイライン~会津若松へ
9月24日(土)25日(日) 長野小布施~新潟へ
10月1日(土) 茨城県土浦花火大会へ
10月10日(月祭) 秋田県須川高原温泉へ
10月16日(日) 磐梯吾妻スカイライン~観音沼森林公園
10月22日(土)23日(日) 平泉~田沢湖~角館

6週間連続でドライブ、さすがのしゅうちゃんも疲れました。

高速道路無料制度を利用して遠出をしすぎました。

買い物ついでに近場の、あづま総合運動公園内イチョウ並木を見てきました。

Ph20111030a

のんびりし過ぎたか?風邪を引いてしまいました。

お医者さんで、お薬をもらってきましたので今晩は早寝します。 sleepy

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年10月30日 (日)

珈琲の店 きよ乃

ハヤシライスを食べたくなると訪ねるお店です。

Ph20111030a Ph20111030b

お店、良く言うと「かわいい」、実際狭いお店です(o^-^o)。それと、男一人では入りずらいお店です。
何故って、女性のお客様が多くてね。いつも相方と一緒です、というか相方が見つけてきたお店です。

Ph20111030c

いつも、ハヤシライスセット700円を注文します。テーブルにつくと、お冷とおかきが。

Ph20111030d Ph20111030e

そして、大盛りのサラダが出てきます。そしてメインの「ハヤシライス」が、私には(男性には)「ライス多めにしておきました」の一言が。

Ph20111030f Ph20111030g

食後には、デザートと珈琲が。ライス多めでなくても、サラダで満腹になるのですが。

コーヒースプーンは、炭の棒?です。

先月末に訪問して写真を撮ったのを忘れていました。

場所は、こんなとこです。


大きな地図で見る

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年10月29日 (土)

新高梨

新高梨(にいたかなし)をいただきました。

新潟県の天の川梨と高知県の今村秋梨を交配させて品種改良させて誕生した梨だそうです。

名前の由来は、そのまま県名の頭一文字からです。

大きいもでは、1個1.5キロにもなるらしいです。

シャキシャキして美味しいです。

Ph20111028a

県内でも多く生産されています。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年10月28日 (金)

秋の花粉症

先日、某国営テレビ局で放送していましたが、秋の花粉症になる人が増えているようです。

昔、季節はずれに耳鼻咽喉科の主治医に相談した時、『夏から秋に飛散するブタクサ等による花粉症だね!』と言われ、春先だけではないことは知っていましたが、多くなってきているのですね。

花粉症の症状で良く知られているのが
・鼻水、くしゃみ
・鼻ずまり
・目のかゆみ
です。
私は、春先の杉花粉に対しては大丈夫なのですが、秋口にアレルギー症状が出ます。

先日も耳の奥が、かゆくて我慢できず耳鼻咽喉科へ

先生 『花粉症だね!』

しゅうちゃん 『え~、耳の中が?』

先生 『耳にも症状が出ますよ。耳の炎症を抑える、塗り薬を出しておきます』

1週間程度で、かゆみは治まりました。

鼻・耳・目は一体みたいなものですからね。耳の奥がかゆくなったら、花粉症かも?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年10月27日 (木)

道の駅 雫石あねっこ

今回の旅行で訪問した道の駅は3箇所ですが、2箇所(秋田県№13「おがち」、宮城県№8「あ・ら・伊達な道の駅」)は先月訪問したばかりなので、今回は久しぶりに訪ねた、岩手県岩手郡雫石町の国道46号にある岩手県№22の道の駅「雫石あねっこ」をご紹介します。

この道の駅は、盛岡市から国道46号を秋田県へ向かって走ると県境に近いところにあります。
一般的な道の駅に、日帰り温泉施設+オートキャンブ場まである、大型の道の駅です。今回久しぶりの訪問となります。
Ph20111026f Ph20111026g

ちょうど、22・23日と道の駅雫石あねっこ感謝祭が行われており、多くの出店が並んでおり、新米が当たる抽選会も行われていました。
Ph20111026l Ph20111026h

ここで奇跡が、くじ運のない我が家に、女神が舞い降りました。

Ph20111026i

抽選会場で、カランカラン~。アレ、相方だ。5キロの新米(あきたこまち)をかかえて戻ってきました。happy01sign03

Ph20111026j Ph20111026k
Ph20111026z

美味しそうな、椎茸、ネギ、白菜など沢山の野菜、栗、カキなど果物を購入してしまいました。
今や高級品白菜1株300円でゲット、早速なべに、また栗は栗御飯に、いずれも大変美味しかったです。


国土交通省のHP----->こちら

道の駅独自のHP----->こちら

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年10月26日 (水)

盛岡繋(つなぎ)温泉

寒い1日でした。こんなに寒いのに、今だに今年は「スーパークールビズ」。世の中ヘン!

今日帰ってきたら、コタツが出来ていました。



寒いので、暖かだった温泉の話を

今回泊まったのは、盛岡つなぎ温泉にある「南部湯守の宿 大観」さんです。

今回の旅行決まったのが3週間前、それから探して予約可能な大型施設で、口コミもそれなりの施設ということで、こちらを予約しました。

繋温泉は
平安末期、源義家が安倍貞任を攻めた時(前九年の役)、本陣を「湯の館」(現岩手県盛岡市繋温泉南方の山麓)に置きました。この時、義家は温泉が湧いているのを発見し、愛馬の傷をこの温泉で洗うと快癒したので、義家も愛馬を穴のあいた石に繋いで入浴したと言われ、以来繋温泉と呼ばれるようになったということで、ダム湖の御所湖沿いにあります。

近くには、小岩井農場や盛岡手づくり村があり、田沢湖までも30㎞位と観光で移動するにも便利な場所にあります。

大観さん、広々とした眺望自慢の大浴場や露天風呂が源泉100%かけ流しで楽しめるのが人気とのことで予約しましたが、値段と土曜日宿泊&大規模ホテルの悪条件が重なったので、あまり期待しないで出掛けました。

お部屋は本館(どちらかと言えば旧館で、内風呂無し)、でも12畳と4人で宿泊しても十分広いお部屋で、眺めもそれなりでした。

温泉は、お部屋にこんなメッセージ(下写真)が入っているとおり、spaきく~~spa、湯あたりした感じで、お部屋までヘロヘロに成りながら戻りました。お風呂の写真は撮れませんので、ホテルのHPをご覧ください。
  泉質 単純硫黄泉(低張性アルカリ性高温泉)
 泉温 52.4℃
 pH値 9.0
男湯の露天風呂の先に湯畑がありました。

Ph20111026a

夕食は、10階のレストランが食事会場でしたが、内容は「可もなく不可もなく」、岩手牛の陶板焼きは柔らかいお肉で美味しかったです。展望も良いのでしょうが、この時期外は真っ暗ですし、?かな。
Ph20111026b

朝部屋からの眺め、朝霧?の御所湖、時間と共に変化する風景は最高でした。
Ph20111026c Ph20111026d
Ph20111026ee Ph20111026e

朝食はバイキングでしたが、内容品数ともに大満足でした。

岩手県盛岡市湯の舘37-1
南部湯守の宿 大観
お宿のHP----->こちらです

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月25日 (火)

田沢湖・角館へ

朝8時30分過ぎにホテルを出発。
小岩井農場へも行ったことが無いとのことなので、寄ってみましたが9時開園でしたので、そのまま秋田田沢湖へ向かうことに(子供でもいれば小岩井農場も楽しそうですがね)。

Ph20111025a
↑ NHK 朝ドラの「どんと晴れ」に登場して一躍有名になった、小岩井農場の一本桜です(TBSドラマ「冬のサクラ」のロケ地もここですね)。桜が咲いていると、こんな感じです

途中道の駅で大量のお買い物をしたりして、田沢湖畔に着いたのは10時半過ぎになってしまいました。
Ph20111025b Ph20111025c
↑永遠の若さと美貌を願い、湖神となったと伝えられる、伝説の美少女たつこ姫のブロンズ像があります。

11時30分 角館の武家屋敷通りに到着です。2007年5月に訪問して以来、秋に訪れるのは初めてです。紅葉には少し早いですが、雨の中観光客の姿も多かったです。
Ph20111025d Ph20111025e
↑左 白髪の御夫婦が人力車で散策されていました。あんなご夫婦になれたらいいなと。車夫は秋田美人の女性です。角館観光協会さんのブログで紹介されていますので、どうぞ。同じ人か自信はないですが。

Ph20111025f Ph20111025g

Ph20111025i Ph20111025m
↑左 桧木内川沿いの桜並木 右は同じ場所で2006年5月3日に撮影した写真です。

お昼ご飯は、角館でのこちらのお店でいただきました。
月の栞(しおり)さんHPはこちら

Ph20111025j Ph20111025k
↑左 栗御飯膳 右は、比内地鳥の親子丼 両方とも美味しくいただきました。

角館でのお土産は、我が家では決まっています。

なまもろこし

です。とうもろこしでも無く、モロコシでもありません。小豆を使ったお菓子です。小豆の味が、口の中でとろける、なんとも言えないのです。なまもろこし売っている所が少ないのが難点です。もろこし、小さくてどう写せばいいのか?お店のHPが一番かな。駐車場に戻ってくる観光客の半分は、このお店の包装紙を持っていると言っていいくらい人気があります。

Ph20111025l Ph20111025n

Ph20111025o

㈱唐土庵(もろこしあん)さん  HPはこちら
もし、角館訪問される際は、お店で試食させていただけます。数種類ありますので、自分にあったの買われることをお薦めします。

13時30分 帰路につきます。このまま大曲ICから秋田自動車道、東北自動車道経由で帰ったのでは面白くない w(゚o゚)w ので、横手から湯沢横手道路に入り、さらに雄勝から国道108号で宮城県大崎市(古川)へ抜けることに。
国道108号の秋田・宮城県境は、仙秋ラインと呼ばれ紅葉の穴場です。
1本南側を走る国道47号(山形県新庄~鳴子温泉~大崎市)の有名な鳴子峡の紅葉に引けをとらない紅葉が見れます。旧仙秋ラインの鬼首峠(おにこうべ)時代の方がさらに良かったのですがね。

古川ICまでの国道47号あちこちで渋滞にはまりながら、なんとか東北自動車道経由で19時前に帰福することができました。高速道路、車の通行量は多かったですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月24日 (月)

平泉へ

22日朝7時45分 福島飯坂ICから東北自動車へ。雨が降ったり止んだりの状態でしたが、9時30分一関ICを出る頃には、本降りとなってしまいました。

9時50分 中尊寺駐車場に到着。ゆっくりと月見坂を登っていきます。途中、松尾芭蕉が「夏草や兵どもが夢の跡」と読んだであろう風景も、雨霧で全く見れませんでした(下左写真)。
Ph20111024a Ph20111024b
Ph20111024p Ph20111024c 

一部赤く紅葉している箇所がありましたが、あと1週間以上過ぎれば真っ赤になり綺麗だろうな~と思いつつ、20分ほどかけて、金色堂の拝観券発売所へ到着(上右写真)。沢山の人がいました、さすが金色堂です。

Ph20111024d Ph20111024e
上左は定番の写真です。階段の上にあるのが金色堂覆堂で、建物の中に金色堂があります。


Ph20111024g_2 Ph20111024h
上左写真は中尊寺境内の中にある白山神社の能楽殿で、江戸時代に伊達藩が建立したようです。上右写真は中尊寺本道で現在工事中でした。写真に雨が写っています、結構降っていたのですね。

中尊寺に関しては、説明は不要なくらいでしょうから省略します。
詳しくは中尊寺HP----->こちらから

車で5分位で、藤原基衡・秀衡親子により造営された毛越寺へ移動。
(駐車場は中尊寺・毛越寺どちらが先でも、前の駐車券を見せると後の駐車料が100円引きになります、忘れずに出しましょう)
毛越寺(もうつうじ)、「浄土庭園」が有名ですが、生憎の激しい雨のため早々に引き上げるしかありませんでした、残念でした。

Ph20111024i

詳しくは毛越寺HP----->こちらから

次は国道4号線を北上、奥州市江刺区へ約50分で目的地「えさし藤原の郷」へ到着。
ここは平泉文化を築いた奥州藤原氏・初代清衡公生誕の地「江刺」に甦る、華麗な平安建築の 再現されたテーマパーク。多くの時代劇が撮影されています。
来年のNHK大河ドラマ「平清盛」も撮影が行われるようです。
ここは入場料800円が、JAF割引で600円で利用可能なのでお得です。私は2回目の訪問となります。

Ph20111024j Ph20111024k
上左は入口。上右は、映画・ドラマでよく出てる建物です。

Ph20111024m Ph20111024n
Ph20111024o Ph20111024l

色々な場面の建物が配置されています。雨も上がったので1時間程かけて、のんびり見学しました。

えさし藤原の郷HP----->こちらから


今晩の宿泊先、盛岡市の繋(つなぎ)温泉へ(高速を使って約1時間でワープしました)
ホテルへ入る前に、盛岡手づくり村で「南部せんべい」「南部鉄器」の製作風景などを見ていきます。

盛岡手づくり村HP----->こちらから

午後4時30分過ぎ、ホテルへ到着しました。(ホテルについては後日報告します)  

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年10月23日 (日)

無事帰宅しました。

昨日午前8時前に出発し、今日夕方7時に帰宅まで岩手県⇒秋田県⇒宮城県と走り廻ってきました。

今回は日頃大変お世話になっている義兄御夫婦をご招待しての旅行なので、義兄ご夫婦が行ったことがないような観光地を選んで旅しました。

昨日は世界遺産に登録された、中尊寺を中心に。

今日はみちのくの小京都、角館などを訪問してきました。

Ph20111023a
↑雨の角館、武家屋敷跡

春、桜の季節には何度も訪問経験のある私ですが、秋は初めてです。

詳細は、後日ご報告させていただきます。

2日間で660㎞、疲れました。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011年10月22日 (土)

世界遺産

世界遺産
世界遺産に登録後初めて来ました。詳細は後日報告します。残念ながら雨でした。

帰宅後、携帯電話での漢字変換間違いに気づきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スイプルスイーパー

買ってしまいました。スイプルスイーパーG3。

yオクで購入。(〇ったもんと思えば・・・)

スイプルスイーパー、だいぶ前に購入して使っていたのですが、バッテリーが持たなくなったので、バッテリー2個付きを購入。
通販で販売している価格では、チョット考えます。

Ph20110819a

Ph20110819b

ちなみにこの商品、「掃除機の代りにはなりませんというのが個人的感想です。

では、なぜ買うとかというと、掃除機を出すまでではないが、ちょっと掃除したいときにそれなりに便利なのです。フローリングには意外と便利です。




すみません。
今週もまたお出かけします(笑)。
雨雨雨・・少し憂鬱ですが・・・予定なので・・・・
コメント等いただいても、ご返事が出きません。

m(. ̄  ̄.)mス・スイマセーン。



今日の地元紙にも載っていました花火関係の記事
今日22日は、郡山市で全国伝統花火サミットin郡山が開催されます。開成山陸上競技場で手筒花火の実演も行われます。知ってはいたのですが、別予定が先に入っていたので泣く泣くあきらめました。手筒花火、まだ見たことがありません。見てみたい~。
http://www.city.koriyama.fukushima.jp/pcp_portal/PortalServlet;jsessionid=8C2C1A8F178503E61ECD5E4154B8A7C0?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=24796

今日の雨でも大丈夫なのかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月21日 (金)

道の駅 しもごう

南会津郡下郷町、国道289号甲子(かし)トンネルの下郷町側にある、福島県№17の道の駅です。

下の写真のとおり標高の高い場所にあり、天気が良ければ眺めは最高の場所です。

Ph20111020h_2 Ph20111020i_2
↑右 国道289号、下郷側から眺めた道の駅です

Ph20111020j Ph20111020o
↑建物左側手前にトイレ、正面が物産館で左奥にレストランがあります。建物の奥にもテラススペースがあります。右側写真の水車?は何か不明でした。

Ph20111020k Ph20111020l
↑左 テラスからは那須連峰から会津博士山方面まで見れるらしいです。(残念ながらこの日は曇り空のため見れませんでした)

Ph20111020m Ph20111020n
↑あけび、しばらく食べてないな?どんな味だっけな~

この道の駅では、「じゅうねん大福」を買いたくて立寄ったのですが、残念ながら売り切れてました。
昨年、福島空港で開催された「道の駅まつり」で買ったときの記事です。じゅうねん大福の写真は、こちらから

Ph20111020p Ph20111020q
↑道の駅を出発して数分で福島県内最長4345mの「甲子トンネル」です。

トンネルを抜けると、そこは



福島県の中通り地方です。o(*^▽^*)o


今朝新聞を見ていたら、道の駅『季の里天栄』の表示が???
え~そんな駅知らないと思ったら
w(゚o゚)w
第35回(今年の3月3日)で登録され、4月28日に開駅されていました。国道294号沿い天栄村に、福島県№23の道の駅です。気づかなかった!、震災直後でこっそりと開駅していたのかな?今回すぐ近くまで行ってたのにな。
県内で№22道の駅「番屋」もまだ行っていないし、来年まとめてクリアしようかな。
全国で毎年30箇所程度増殖していく道の駅、現在977駅来年には大台突破するのでは?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月20日 (木)

大内宿こぶしライン

先週の会津ドライブの続きです

会津若松市内を走っていると「大内宿こぶしライン」への案内板が多くみられます。
福島県道131号下郷会津本郷線の愛称です。会津若松から国道121号経由で大内宿へ向かう場合、湯野上で右折する際に右折レーンも信号も無いためハイシーズンには大渋滞するので、この「こぶしライン」が便利なのです。
Ph20111020a Ph20111020b

かつては下野街道(しもつけかいどう)と呼ばれた道(関東では会津西街道と呼ばれていたようです)で、会津藩の参勤交代でも利用された街道であったようです。しかし、現在の国道121号にあたる道が出来てからは衰退し、氷玉(ひだま)峠は車が通れない道として残ってしまったようです。
その後、大内宿が脚光を浴びてからは、渋滞解消のため氷玉バイパスを2003年4月に開通させ、大内宿への迂回路に利用されています。大型観光バスも通りますので、意外と走りやすい道です。(一部狭い箇所がありますので、走るさいはご注意を)
Ph20111020c Ph20111020d
↑左 大内ダム 右 大内宿方面を車窓から

Ph20111020e Ph20111020f
↑ 大内宿の駐車場です。今回は大内宿はスルーです。右側写真の奥に小さく写っている青標識の先で県道121号は右へ向かい中山峠を越えるのですが、今回はメイン?の県道329号で湯野上温泉方面向かいました。
 駐車場に、多くの観光バスが停まっていました。感謝です。

Ph20111020g
↑ 会津鉄道湯野上温泉駅にちょうど停車していた、お座トロ展望列車(うまく写せませんでした)
 名前のとおり、お座敷列車、トロッコ列車、展望列車の3両編成で走っている観光列車です。詳しくはこちら


下野街道でネット検索していたら、こんなHPを見つけました。歩いて中山峠・大内峠を紹介されています。こういう道は、歩くからこそ情緒があるのでしょうね。私みたいに車でぴゅ~では、見えないものが沢山あるようです。
こちらです

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年10月19日 (水)

あわまんじゅう

なんとなく、寒いです。

会津の柳津名物
あわまんじゅう と 栗まんじゅう です。
Ph20111016a Ph20111016b

先週市内のデパートで、福島の物産店が開催されており、相方が出来たてを買ってきました。

あわまんじゅう、暖かいうちに食べるより、次の日の方が「もちもち」して美味しいよとお店の人に言われたのこと。

本当に購入日の翌日の方が美味しかったです。

Ph20111016c

でも、本当は須賀川市の『くまだぱん』を買いたかったらしいですが、売り切れだったそうです。

先週投稿しようと、写真も撮って記事も途中まで書いていたのですが、急遽紅葉ドライブに出掛けてしまったので、今日になってしまいました。

今週末も car !?

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火)

会津美里町 窯の美里いわたて

10月16日大根を購入後、レークラインをパスして向かったのが、会津美里町(旧会津本郷)のいわたてさんです。

こちらは、営業時間が午後2時までなので、急ぎました。なんとか1時過ぎには到着できました。

1階が会津本郷焼の直売所、2階が農家レストランとなっています。
年に数回訪問するお気に入りのレストランです。
今年は震災前の2月下旬と5月(営業休止中)に訪問しています。

Ph20111018a Ph20111018h

メニューも一部変わっており(けっとばししぐれ煮等が無くなり、野沢菜チャーハンやチーズカレー等がメニューに加わっていました)、さらに季節のメニューもありました。

今回は、季節のメニューから「栗ごはん釜飯」と「ヒラタケごはん」を注文しました。
釜飯を注文すると、バイキング料理も食べれます。

Ph20111018b Ph20111018c

Ph20111018d Ph20111018e

Ph20111018f Ph20111018g


このお店、営業時間が14時迄なのが難点(ネットではもう少し遅くまで営業しているようになっていますが、今回も14時で終了になっていました)

1時間以上かけて満腹となりました。料金1050円。

窯の美里いわたてHP----->こちら (注意 HPのメニューは以前のままのようです)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年10月17日 (月)

観音沼森林公園の紅葉

今日紹介するのは、紅葉の穴場(個人的な思い)である会津下郷町にある「観音沼森林公園」です。

国道289号甲子峠、下郷町から白河方面へ向かい、甲子トンネル手前にある「道の駅しもごう」のさらに手前を右の山中に分け入った所にあります。

国道289号甲子峠は、長らく自動車通行不能区間で登山道に国道マークが掲示されていることで有名な道路でした。

観音沼森林公園は国道289号分岐から車で5分ほどで着くことができます、但し、途中はこの先に公園があるのかな?という道ですが舗装はされています。舗装された駐車場もあるのですが、こんな山の中で500円も?しゅうちゃんいつも路〇ですね。
神秘的な雰囲気の観音沼は山間にある、周囲2㎞、面積8haの沼で、周回できるように整備されこの時期、地元の方々の直売所も開設されています。

今回は、途中からこの車に先導されてしまいました。(ご安心を、たまたま巡回中の車と一緒になっただけです)
Ph20111017a Ph20111017b

写真愛好家の皆さんには昔から有名だったようですが、甲子トンネルが開通してからは東北自動車道白河ICから40分程で着けるようになり、訪れる人も多くなったようです。

前置きはこの位にして、しゅうちゃんのヘタな写真で雰囲気がわかりますかね。
Ph20111017c Ph20111017d

Ph20111017f

Ph20111017e

Ph20111017g

Kano20

Ph20111017h
↑判りずらいですが、紫陽花と紅葉のコラボです

残念ながら、紅葉には少し遅かったかな?のタイミングです。ここには何度か来ていますが、ドンピシャになったことがありません。

写真を沢山撮ってきたので、右サイドバーの「マイフォト」に「2011年秋 観音沼森林公園紅葉」で登録しましたので、時間のあるときクリックしてご覧ください。

会津下郷町観光協会さんのHP-----> こちら

場所はここです

大きな地図で見る

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2011年10月16日 (日)

磐梯吾妻スカイラインへ

昼ご飯を会津本郷で食べることになり、会津へドライブ。
せっかくなので、無料通行できる磐梯吾妻スカイラインを通っていくことにしました。

Ph20111016h Ph20111016i
↑ 高湯温泉ゲートから利用。高湯温泉近辺も紅葉が始まっています。

Ph20111016j Ph20111016k
↑ 標高1000m付近、紅葉が丁度いいかもしれません。

Ph20111016l Ph20111016n
↑ つばくろ谷付近 色んな意味で、いいですね?

Ph20111016m Ph20111016o
↑ 雲も紅葉も最高ですね

Ph20111016p Ph20111016q
↑ 浄土平付近まできました、風景が一変します。一切経の噴気が大きくなっているようです。心配する必要は無いとのことですが、これ以上福島はいじめないで欲しいです。

Ph20111016s Ph20111016r
↑左 吾妻小富士方面、皆さん風の強い中、登っていきます。右は、車で通ってきた所です。

Ph20111016t Ph20111016u
↑ 浄土平の駐車場。県外ナンバーの観光バスさんも来ていました、乗用車も4割程度は県外ナンバー のようです、感謝です。

Ph20111016v Ph20111016w
↑左 ツーリングの方とも沢山すれちがいました。 右、土湯ゲートを降りた付近です。

Ph20111016x Ph20111016y
↑左 レークラインへ入った付近です。 右、いつもの所で大根を買いました。(1本100円です。奥の畑で抜いた大根を洗って売っています)

Ph20111016z Ph20111016zz
↑左 抜いた大根をおじさんが一生懸命洗っています。この付近は、紅葉は少し早いかな? でもレークラインの中津川渓谷も色づきはじめてるらしいです。

しゅうちゃん、この先を左折してワープした(レークラインへは大根を買うために寄った)ので?です。
もう1ケ所、紅葉を見てきましたが明日報告できればと思います。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011年10月15日 (土)

須川温泉訪問で立寄った道の駅

須川温泉へのドライブで立寄った道の駅をまとめて報告します。

最初は、古川ICを降りて国道47号を山形県方面へ向かうと在る

『あ・ら・伊達な道の駅』(宮城県道の駅№8)
大崎市(旧岩出山町)にある道の駅で、最初に利用したときは、なんてお洒落なネーミングと思った道の駅です。
Ph20111015a Ph20111015b

地元の野菜なども沢山販売しており、須川温泉に行く時は必ず利用する駅です。
こちらのお奨めは、一斗缶入りの「かりんとう」です。岩出山のお菓子屋さんの商品で有名らしいのですが、この駅の売店で見かけた時は驚きました。昔懐かしい一斗缶です。
興味のある方は、こちらで販売しています。
http://www.ala-date.com/store/karinto1.html

道の駅のHP
http://www.thr.mlit.go.jp/road/koutsu/roadstation/miyagi/mi08.html


次は国道398号沿いにある
『路田里(ろたり)はなやま』(宮城県道の駅№4)
栗原市花山(旧花山村)、花山湖の近くにあります。名前、ロータリーから?
Ph20111015c Ph20111015d

特産物販売所「自然薯の館」があり、こちらで食べる自然薯定食が美味しかったですね。こちらも内陸地震の前、何度も立寄った道の駅です。
岩手宮城内陸地震では、この付近で震度6強を計測し大きな被害を受け、国道398号もここより先が暫くの間通行止めになっていました。

道の駅HP
http://www.thr.mlit.go.jp/road/koutsu/roadstation/miyagi/mi04.html


最後は国道13号沿いにある
『おがち(小町の郷)』(秋田県道の駅№13)
秋田県湯沢市の国道108号との合流付近にあります。
Ph20111015e Ph20111015f

以前は広い駐車場をもっていたのですが、今回訪問したら何か建物が出来ていました。
大曲の花火大会後に、ここで仮眠したことがあります。2階がレストランになっており、花火大会の後は早朝から営業しており利用した記憶があります。
Ph20111015g Ph20111015h
↑左 六郷の仁手古(にてこ)サイダー、ここでも売っていたのですね
 仁手古サイダーについては----->こちらから
↑右 食用菊とリンゴが一緒に売っていました。

道の駅HP
http://www.thr.mlit.go.jp/road/koutsu/roadstation/akita/ak13.html

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年10月14日 (金)

検索順位

しゅうちゃんのブログ、日々のことや、花火、ドライブなど何でもありの日記です。

そんなブログへ毎日訪ねていただいている方々に感謝します。happy01


私もそうですが、ドライブや旅行へ出掛けるとき、ネット検索でお店のHPやブログを検索してコースを考えたり、立ち寄るお店を決めたりしています。

企業やお店ではネット検索で、検索順位を上げるためSEO対策やら、お金をかけてトップページに行くように苦労されているようです。(仕組みは今一理解できないしゅうちゃんです)

このごろ、『しゅうちゃんの日記』を検索して訪ねていただく方の検索ワード

『小布施 朱雀』 『小布施堂 朱雀』 『朱雀』

の3つで、75%を占めています。

なぜかな?と思い、yhやgoさんで『小布施 朱雀』『小布施堂 朱雀』で検索したらトップページ、しかも小布施堂さんのHPの次くらいに!しゅうちゃんの日記がヒットしています、驚きですw(゚o゚)w

もちろん、しゅうちゃんの日記ここ1ケ月のページ別アクセス数でダントツの1位
この記事です--------->小布施堂 朱雀

恐るべし『朱雀』


ちなみに、小布施堂さんのHPを見ると、朱雀の販売10月20日頃まで延長したようです。



ココログでは、自分のブログの検索フレーズや人気記事ランキングを表示できるので、サイドバーに表示してみました。--->ここ1ケ月のランキングです。(今日現在、小布施関係がベスト5に4つも入っています)

やはり『朱雀』といったら、このカット(*゚ー゚*)
Ph20110925c

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月13日 (木)

稲庭うどん 佐藤養助総本店

こちらの稲庭うどん、今まで何度か食べていますが総本店を利用するのは初めてです。
(有)佐藤養助商店さんは、東京にまで直営店を出しており、また大曲の花火大会では協賛花火を上げるなど、大曲の花火好きの人にとっては大切なお店です。
Ph20111013e Ph20111013h
↑左 お店に貼ってあった大仙市の花火暦ポスター、ネットでは見たことがありますが生は初めて、感動です。
↑右 稲庭うどんの手作り体験もできるようです。

総本店は、お店を入ると左手にお土産などの物販コーナーがあり、右手に食事コーナー、さらに奥に製造工程見学のコーナーがあります。

名前を書いて待ちます。待っている間、製造工程を見学してみました。

Ph20111013c Ph20111013d
ちょうど、延ばし・乾燥と選別をしている所を見ることが出来ました。植物油を使用せず打ち粉として、でんぷんを使う点や、乾燥前につぶす事による平べったい形状が製造工程の特徴らしく、手延べ製法で作られた麺は気泡が入っており、中空になっているため、食感は滑らかとのことです。

15分ほどで名前が呼ばれ座ることが出来ました。

Ph20111013f Ph20111013g
比内地鶏の炊き込みご飯と稲庭うどんのセット 1050円
二味(ふたあじ)天せいろ 1550円
を注文しました。

Ph20111013j Ph20111013i

二味天せいろは、醤油とゴマみそ味の2種類が味わえるセットで、こしの強いうどんを美味く味わうことができました。

レジの所で、乾燥して切断した際に出る細かいうどんを頂きました。野菜と一緒に煮込んで食べると美味しそうです。
Ph20111013k

また、こちらのお店のマスコット『いなにワン』のぬいぐるみが出てきたので、一緒に写真を撮ってもらいました。どんべいのCMに出てくるイヌに似ているような?
Ph20111013a Ph20111013l
↑右 本物のワンちゃんと一緒に出てきてくれました。

(有)佐藤養助商店のHPです。

http://www.sato-yoske.co.jp/index.htm

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月12日 (水)

須川温泉訪問記(2)

Ph20111011r Ph20111011q
↑左 愛車の手前に栗駒山荘の足湯があります。でも、ここまで来て足湯では我慢できないと思うのですがね。
↑右 早起きは三文の徳、渋滞に合わなくて済みました。

午前10時45分 秋田県側に向かって出発

お風呂へ入るために待っている時、後ろに並んでいたグループさんは、お風呂に入ったら国道342号を岩手県側の中尊寺に向かうとのこと。世界遺産に登録されたことにより、この付近の観光客も多くなったのかな?


国道342号を横手方面へ向かうのも一考ですが、今回第2の目的地『稲庭』へ向かうことに。
秋田県道282号と国道398号との合流点まで朝の道を逆戻り、栗駒大湯トンネルを抜けて小安峡方面へ向かいます。栗駒大湯トンネルが出来るまで、この付近の国道398号は国道399号に負けないhappy01 楽しい道だったのですがね、今や高速道路並にすばらしい道になってしまいました。
大湯温泉・小安峡温泉をピュ~と通過

午前11時10分 湯沢市皆瀬観光物産館着 この辺が色づくには、まだまだのようです。
Ph20111011s Ph20111011t
↑目の前が小安峡大噴湯への入口 この遊歩道を800m(高低差60m)下ると大噴湯があります。運動嫌いのしゅうちゃん、今だに降りたことがありません。

午前11時40分 佐藤養助本店到着
Ph20111011u Ph20111011v
↑左 稲庭うどんの里の看板
↑右 佐藤養助本店の建物と「いなりワン」? 稲庭うどんの紹介は後日したいと思います。

12時40分 佐藤養助本店出発


秋田県道307号・51号を利用し国道13号へ

ここから国道13号を一路南下しました。

秋田県道51号・県道310号を利用し泥湯温泉方面経由国道108号鬼首(おにこうべ)峠経由で帰ってもよかったのですが、翌日の仕事と3連休最終日で混雑が予想されるので、国道13号を利用しました。

久しぶりの国道13号

将来は有料道路になるであろう自動車専門道路があちこちで無料で供用されており、昔に比べたら以外と早く帰ることが出来ました。

東北中央自動車道が全線開通したら、以外と便利かもしれませんね。

17時 帰宅 走行キロ数450㎞でした。

 佐藤養助商店さんは、大曲花火大会のオープニング花火の協賛会社さんです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月11日 (火)

須川温泉訪問記(1)

前日調べたら、須川温泉付近激込とのことで、自宅を6時前に出発。
AM6:00 福島飯坂ICから東北自動車道へ。
AM7:15 古川ICで降りて国道47号を山形方面へ
  高速道路も鉄道もなぜ、いつまでも「古川」なのかな?市町村合併で今は大崎市。大崎ICに何故変更しないのか、ここを通過するたびに思うのです。
Ph20111011aa Ph20111011b
国道47号->国道457号->国道398号とつないで走ります。

Ph20111011c Ph20111011d
↑国道398号湯浜峠および少し紅葉した付近の様子 この国道398号や栗駒山麓で2008年6月の地震で多くの方々が亡くなられています。当時のテレビに写し出された映像は、あまりにショックでした。合掌

Ph20111011f Ph20111011e
国道398号->秋田県道282号->国道342号とつないで、AM9時、須川温泉へ到着です。福島から210㎞、3時間のドライブです。
↑左 秋田県道と国道342号の合流付近 道路案内板の横に写っているのが須川温泉栗駒山荘(左側が宿泊棟、看板のポール付近が温泉施設ですね)
↑右 ホテル付近の紅葉、赤ではなくて茶色が強いですね。

Ph20111011g Ph20111011h
↑左 レストランからも紅葉が眺められます。
↑右 栗駒山荘は秋田県東成瀬村にあります(10時頃の国道342号、大渋滞と路駐の車の多さ)

Ph20111011i Ph20111011j
↑左 同じ国道342号から反対側の写真です。正面に見えるのが岩手県一関市側にある須川高原温泉です。
↑右 建物の右側にある有名な露天風呂です。
  須川高原温泉は、内風呂と露天風呂が別々な場所になり、各々利用料金(600円)が発生しますので、両方利用すると1200円かかります。ちなみに栗駒山荘は600円で利用できます。

Ph20111011l Ph20111011m
↑左 建物と露天風呂の間の奥に源泉があります。この源泉を2つの温泉施設で利用しています。岩手県側で湧いた温泉を秋田県側までひいています。
↑右 源泉の出ている場所です

Ph20111011p Ph20111011k
↑左右 源泉から流れてきている温泉の川?に無料の足湯(源泉そのまま超贅沢な足湯です)があります。足湯の奥が露天風呂です。この岩山の上にあった岩が3年前の地震で左側にあった内湯に崩れて壊したようです。
この建物と露天風呂の間が栗駒山頂へ向かう登山道の入り口になります。

Ph20111011o Ph20111011n
↑左 登山道を少し登った所から下を写したものです。駐車場に車が沢山、駐車場に入れない車で国道342号が大渋滞です。赤い屋根が、須川高原温泉で駐車場奥の黒い建物が栗駒山荘になります。
↑右 登山道の上方面の写真です。写っている建物は、須川高原温泉の『おいらん風呂』(温泉による蒸し風呂)施設です。

午前10時45分 秋田県側に向かって出発。

全ての写真は、クリックすると拡大します。

岩手県 須川高原温泉のHP(露天風呂の写真も載っています。また、自炊部もあります)
http://www.isop.ne.jp/sukawa/front.htm

秋田県 須川温泉栗駒山荘のHP(昨日続いて掲載しておきます)
http://www.akitakurikoma.com/

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)

須川温泉へ

秋田県と岩手県境にある須川温泉に行ってきました。

waniさんの東北ツーリングのブログにコメントしていたら、須川温泉に無性に入りたくなり、今朝早く行ってきました。

須川温泉は2007年秋までは毎年1回以上訪問していた好きな温泉です。しかし2008年6月14日に発生した岩手宮城内陸地震の影響で、宮城県側から昨年まで行けず、今回4年振りの訪問となりました。訪問記録の詳細は後日報告します。

今回訪問したのは、須川温泉栗駒山荘

Ph20111010a Ph20111010b
↑左 栗駒山荘の正面玄関 ↑右 朝9時日帰り温泉オープン前に並んだお客さん

Ph20111010c Ph20111010d
↑写真の左側に写っているのが露天風呂の囲いです。風呂から、この景色が見えました。

お風呂の写真は撮れなかったので、ホテルのホームページでご覧ください。

ホテルのHPの『仙人の湯』をクリックしてください。HPに載っている写真と同じ紅葉が見れました。

国道398号付近はまだ紅葉には早いようで、この須川温泉付近だけが紅葉が最高でした。

Ph20111010e

温泉に入りに行ったら、最高の紅葉に会いました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年10月 9日 (日)

八ツ橋

連休中日、だらだらと過ごしてしまいました。

本も読みたいし、1月から更新していない旅日記のHPも更新したいし・・・・

時間があるとダメですね。


デパートで開催中の全国うまいもの祭りで、相方が買ってきました。

Ph20111009a

生八ツ橋 4種類の味、ニッキ・抹茶・栗・黒胡麻

Ph20111009b

さっそく、抹茶味を美味しく頂きました。

京都か、相方は何度か行っているようですが、しゅうちゃんは学生時代の時が最後かな?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月 8日 (土)

福島稲荷神社例大祭

しゅうちゃんも3連休です。
でも、明日10日午後に所用があり、今日は通院予約日。
したがって、おとなしくお部屋の片づけでもと思っています。

今日から3日間、福島稲荷神社の例大祭が行われます。
病院から神社が近いので、お参りでもしようと立寄ってみたら、境内で祭式が行われていました。

もしかしてお祭りの祭式を見たのは初めてかも?

Ph20111008a

Ph20111008f Ph20111008g 

Ph20111008b Ph20111008d
地元テレビ局も取材にきていました

Ph20111008c Ph20111008e
神輿が並んでいます。
出店も、おばけ屋敷も含め、100店近く出ているようです。
上右写真は稲荷神社前市道で、この期間は通行止めとなり路線バスも迂回となります。奥に写っているのが信夫山です。(露天商の方々は忙しそうに準備していました)

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

愛車のおめめ

このごろ車のライトが

かすんで、暗いような

気になってはいたのですが

GSで聞いたら、6K程でみがいて綺麗になると言われたのです。

でも会社の人に

自分でも出来るらしいと聞いて、買ってきて磨いてみました

Ph20111007a Ph20111007b

両目とも白内障状態です。8年も経つと可哀そうです。

Ph20111007c

カー用品屋さんで千円以下で買ってきて、先日一生懸命shine磨いてみました。

Ph20111007e Ph20111007d

以前よりはクリアになりましたが、磨いているので傷を付けているので??ですが。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

余計な仕事

昨日初めてホットカーペット使いました。暖かかったです。happy01



面倒な仕事が増えました。

20111006174045817_0001 20111006174107206_0001

なんとな~く読んでみましたが、「ふざけるな!」の内容かな?

説明会に出た人の話では、大荒れだったようです。

個人事業主の方、苦労して請求しても、数万円しか補償されないのではないでしょうかね?

原発事故で受けた減収分を、企業努力をして他の部門で利益を出して補填すると補償されないようです?????

民間会社は、なんとか利益を出さないと従業員の給料は払えないし、会社が無くなってしまうから必死です。

怒るのあたりまえ!


個人で避難した方の申請書も信じれない様式らしいですが、東京電力 きったね~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年10月 5日 (水)

こんなのが届きました

寒いです。

先日、こんなのが自宅に届きました。

Ph20111005a Ph20111005b

Ph20111005c Ph20111005d

話には聞いていましたが

3月11日から4ケ月間何してたか?

昨日の晩御飯何食べたか、思い出すのも苦労するの年代なのに。

でも、やはり大事なことだから思い出さなくては、と思うのですがね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

手打蕎麦工房 そば楽人

猪苗代町にある、お蕎麦屋さんです。
訪問日 2011年9月25日

まだ新蕎麦にはなっていないようでした。(調べたら猪苗代の新そば祭りは11月になってからのようです)
原発事故の影響でしょうかね以前は行列が出来ていたお店なのですが、あれ!という感じでした。

お蕎麦は以前と変わらず美味しかったです。

猪苗代町内を観光客らしい車が走っていないものね。

Ph20110930a
お店の外観です。あれ、ガラスにしゅうちゃんが写っている!
 
Ph20110930c
↑天ざるそば 1250円
 
Ph20110930d
↑ 相方が食べた、ぶっかけおろしそば 900円
 
Ph20110930b Ph20110930f
↑お店の中には絵手紙が沢山飾ってあります。

お店のホームページです

http://sobarakujin.iinaa.net/

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

小布施みやげ

寒いと思ったら、吾妻山初冠雪のニュースが流れていました。snow

平年より20日早く去年より24日も早い初冠雪だそうです。観測史上3番目の早さだとか。ブルブル

ニュースを見てから吾妻山を見ましたが、残念ながら冠雪を生で見ることができませんでした。

こちらに今日の、雪の浄土平の写真が載っています----->こちらから



一昨日、土浦花火見物のあと、友部SAでお店を覗いていたら、茨城の栗が沢山売っていました。
そういえば、小布施土産の栗の写真があったことを思い出しました。

Ph20110930gg

小布施で自宅用に買ったお土産。栗とプルーン。

プルーン沢山売っていたので帰って調べたら、プルーンの国内産地は長野県が60%を占めるようです。

栗は先日、栗ごはんになってしゅうちゃんのお腹に入りました。美味しい栗でした。

プルーンも少しづつ、お腹の中に入っています。

あと、小布施堂の栗鹿ノ子は、大事にとってあります。

しゅうちゃん、大好きな美味しいものは、最後に食べる人です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

第80回土浦全国花火競技大会 訪問記

10月1日(土)第80回土浦全国花火競技大会 競技開始18時 終了予定20時30分
全ての写真はクリックすると拡大します

しゅうちゃん、出かける時どうしても予定より30分程遅くなります。
今回も駐車場の開放時間から逆算して10時出発予定でしたが、10時30分になってしまいました。途中GSに寄ったため、二本松IC11時5分となりました。(↓左写真)
Ph20111001c Ph20111001d

11時15分 郡山JCT通過 磐越自動車道へ。何度通っても、このJCTは気をつかいます。↑右写真


sign03この後、差塩PA過ぎで アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!! 焦りましたsign03
前を行く2台の車、追越車線を何気なく抜きながら、運転手さんを見たら制服着てる。(@Д@;
す~~と、特殊車両の前に入りのんびり走っていたら、渡戸トンネル内で追越車線を猛スピードで走り去るワゴン車が1台。アッと思ったら、後ろの特殊車両の天井から赤い物が・・・かわいそうに。トンネル内で高級乗用車を抜く際は、要注意ですね。
↓左写真 前の乗用車が特殊車両さんです。
Ph20111001e Ph20111001f_2

12時00分 いわきJCT通過 常磐道東京方面へ
  ↑右写真  右車線が東京方面、左側が仙台方面ですが、原発事故の影響でこの先どうなることか。

Ph20111001g Ph20111001r

13時00分 友部JCT通過 北関東自動車との分岐点。↑左写真
  水戸ICから常磐道は3車線になり走りやすいです。

13時20分 千代田石岡ICより一般道(国道6号)へ
  土浦北ICで降りれば最短なのですが、気分で1つ手前で降りてみました。↑右写真

13時50分 土浦合同庁舎前駐車場着 
  打上げ会場から2.2㎞、無料駐車場で、帰る際にも出やすそうな場所だったので停めてみました。私が入った時点で6割程度埋まっていました。
  初めての場所で、地元の方々に道を聞きながら会場へ向かいました。この場所付近からでも、花火は見えるらしく、出店も多く出ていました。

14時30分 花火打上げ会場傍の田んぼ到着
  ↓左写真 到着時まだまだガラ~ンとしています。でも前に見える電線の下には、三脚がズラリと並んでいました。(電線を入れないで写真を撮るためには、あの電線の下がベストポジションなのでしょう)
  正面堤防の先が河川敷で有料桟敷席になります。したがって、この場所は花火が上がると特等席になります。
  廻りの方々と話をしたり、出店のお好み焼きを食べたりしていたら、あっという間に打上げ開始時間になりました。
Ph20111001h Ph20111001i

18時00分 少し早目に打上げが開始されました。↑右 この時間頃になると、観客で一杯になりました。でも、大曲と違ってスペースに余裕があり(スペースといっても田んぼですが)、早く来る必要がなかったようです。
 ただし、この場所雨上がりの後はぬかるんで利用できないそうで、昨年はダメだったようです。

花火の写真いろいろ(コンデジを三脚で固定して、花火モードで撮影したので、それなりの写真です)
Ph20111001j Ph20111001o
Ph20111001m Ph20111001n
Ph20111001k Ph20111001l
Ph20111001p Ph20111001q
↑左 仕掛け花火 今や珍しくなった仕掛け花火で文字が浮かびあがります。堤防上にある目隠しの上から少しだけ(交通安全の文字)見えます。

20時15分 終了には15分程早いですが、早めの撤収です。
   今回は、大会終了後も特別プログラム(80発のエンディング花火)が打ち上げっており、駐車場近くまで振り返りながら歩きました。全部の花火が終わったのは45分過ぎ頃になっていました。

20時50分 駐車場着 急ぎ荷物を入れ出発。
   国道6号に入ると激込なので、少し遠回りして土浦北ICへ。

21時00分 土浦北IC 常磐自動車をいわき方面へ。さすがに車は多いですが3車線なので渋滞もなく走れました。
  途中友部SAでお蕎麦をいただき、21時40分再度北上。

22時40分 いわきJCT通過

23時25分 郡山JCT通過

23時45分 福島西ICで降りました

23時58分 自宅着

往復490㎞ エアコンオフで走ったら、リッタ13.5㎞(今日ガソリン満タン給油で計算)の経済走行が出来ました。



ちなみに第80回土浦全国花火競技大会の審査結果は、次のとおりです。

内閣総理大臣賞 茨城県 野村花火工業㈱

《スターマインの部》
 優勝 経済産業大臣賞 茨城県 野村花火工業㈱
《10号玉の部 》
 優勝 中小企業庁長官賞 茨城県 野村花火工業㈱
《創造花火の部》
 優勝 茨城県知事賞 静岡県 田畑煙火㈱

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

第80回土浦全国花火競技大会

無事帰ってきました。

寒かったです。

こんな所(田んぼ)で
Ph20111001a

こんなのを
Ph20111001b

見てきました。

詳細は後日報告させていただきます。

なんとか、昨日ギリギリで帰ることができました。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土)

今週もお出かけ

今から茨城県へ


まだ2度目で駐車場の状況が不安ですし、前回は桟敷席の後ろが自由席だった時代。

今日は一人なので、なんとかなるかな?

いってきま~す。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »