« 桧原湖畔 | トップページ | 西村京太郎 『京都から愛をこめて』 »

2011年9月22日 (木)

大江戸温泉物語 あいづ

昨日の台風、県内に大きな被害を与えていきました。須賀川市の仮設住宅は床上浸水するし、郡山でもあちこちで床上浸水。福島では東北自動車道上り線側に土砂が流れ込んだようで今日一日通行止めでした。(今は解除されたようです)
弟が郡山へ単身赴任しているのですが、アパートが床上浸水、車もダメになったとのことで、明日、お墓参りに来れないとのこと。
郡山は毎年洪水で床上浸水するニュースが流れます。かつての安積原野(現在の郡山)は水源が少なく、開墾するため明治時代に猪苗代湖の水を引くために安積疏水を完成させているエリアなのに、何故なんでしょうかね?



先週日曜日のドライブも最終回です。
磐梯山ゴル-ドラインから会津若松市へ。
国道49号から会津若松駅方面へ左折してすぐの所にあるJAさんの直売所「まんま~じゃ」へ立寄りお買い物。
Ph20110921f

その後、会津若松市内にある『大江戸温泉物語 あいづ』へ行ってきました。
Ph20110921a

郡山方面から国道49号を新潟方面へ向かうと、会津若松市内を過ぎた、田園地帯の中にあります。

かつては『ウェルサンピア会津』という名で作られた建物です。旧社会保険庁が厚生年金保険加入者の福祉増進を目的に???作った建物です。

売却処分された時に大江戸温泉物語さんが購入し、温泉施設として再開した施設です。国道49号から大きな『日本一』の看板が目につきます。

温泉の写真は、こちらから

当初は、日帰り温泉の利用料1000円以上でオープンしたようですが、現在では500円で利用できます。さらに、ランチバイキング(980円)が温泉利用者は780円で利用できるので、1280円で温泉に入り、ランチバイキングを食べることができます。

さらに土日祝日は、ランチバイキングが11:30~14:00と17:30~20:00で営業されており、夕食にランチ?バイキングを食べてから温泉に入って帰っても格安ですみます。

宿泊者用の夕食バイキング会場と区別するために、日帰り温泉利用者用のバイキングにはランチという名前を付けて夕食で利用可能としているのではと思いました。

Ph20110921b
入館時に自動券売機でランチバイキング込みのチケットを購入すると、係員から上のようなチケットを渡されます。お風呂が先でも後でも大丈夫です。

Ph20110921c
格安バイキングですので揚げ物が多いのは仕方ありませんが、驚く程にメニューも幅広く、色々なものがありました。ソフトドリンクも無料です。アルコール飲料だけが別です。一般的なバイキングから(天ぷら、お刺身、お寿司等)を除いた感じですかね。主食も、カレーや味付けご飯、お稲荷さん、蕎麦、パン、スパゲティ、ヤキソバなどもありましたし、デザートも果物、ソフトクリームなどもありました。サラダも5~6種類以上。
大・大 大満でした。

Ph20110921e

『ウェルサンピア会津』時代には、アイススケート場だった場所は、無料で利用できる体育館になっていました。


満腹で判断が鈍りました。
普段は一般道を帰るのですが、高速無料の誘惑に負け高速に乗ったのですが、郡山JCT手前、災害復旧工事のための1車線規制区間での渋滞や出口渋滞で、会津若松から自宅まで2時間かかってしまいました。

|

« 桧原湖畔 | トップページ | 西村京太郎 『京都から愛をこめて』 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

おじ丸さんへ
以外でした、結構会津へ行かれているかと思いました。
私も温泉に入った後に、食べました。
温泉もセンター系で500円という値段なら満足でした。

投稿: しゅうちゃん | 2011年9月23日 (金) 21時29分

waniさんへ
県内も磐梯エリアは星野リゾートに。
旅館の倒産情報を見ると、設備投資額に対しての年間売上額を考えると当然のように思えます。銀行も担保があるとは言え、よくお金を貸すなと思います。

投稿: しゅうちゃん | 2011年9月23日 (金) 21時23分

ippuさんへ
大震災、7月の新潟・福島豪雨、今回の台風15号。
これ以上何も起きないようにと思っています。

投稿: しゅうちゃん | 2011年9月23日 (金) 21時14分

Uchanさんへ
関西だと湯快リゾートですかね、倒産した旅館を格安宿泊可能な旅館として再生している会社が多くなりました。

投稿: しゅうちゃん | 2011年9月23日 (金) 21時12分

会津はゆっくり探索したいのですが、いつも通過点になってます

あの人力車みたいなの乗ってみたいんですよねhappy01
ビール片手に古い町並みをゆったりと

温泉入ってしかもバイキングでその値段は安いですね

間違いなく湯に浸かった後ですなdelicious

投稿: おじ丸 | 2011年9月23日 (金) 14時40分


廃業・倒産物件を買い取って営業するチェーンが増えてますね。

たまに行く老神温泉なんかも
ここ1~2年で数件の旅館の経営者がかわったようです。

投稿: wani | 2011年9月23日 (金) 10時51分

≪昨日の台風、県内に大きな被害を与えていきました。須賀川市の仮設住宅は床上浸水するし・・・≫
今テレビで見たところです。
本当に2重3重の災難でお気の毒です。

投稿: ippu | 2011年9月23日 (金) 08時33分

≪大江戸温泉物語≫
来月10月に加賀片山津温泉の「大江戸温泉」
http://www.ooedoonsen.jp/shukuhaku/nagayama/
に誘いが来ましたが不参加にしました。
 片山津「大江戸物語」は元「ながや」の名の高級温泉旅館でしたがだいぶ前に倒産閉館したそうです。

投稿: Uchan | 2011年9月23日 (金) 07時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/52776840

この記事へのトラックバック一覧です: 大江戸温泉物語 あいづ:

« 桧原湖畔 | トップページ | 西村京太郎 『京都から愛をこめて』 »