« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

上越市柿崎の『旅人の宿わすけ』

今回の旅行は、小布施で栗を食べ、海の近くで美味しい魚を食べたいの2点に絞ってプランを作成しました。

宿を予約したのは出発の2日前。

Ph20110929e Ph20110929f
↑看板と外観です

ハマナスふれあいセンターの入浴券をサービスでいただき、外湯をしました。
楽しみな夕食、クチコミ通り、食べきれないくらいの料理でした。
Ph20110929j Ph20110929k
↑舟盛りは2人前です。 めずらしい「いか酒盗」もありました。

Ph20110929l Ph20110929m
Ph20110929n Ph20110929o
↑左 グラタン、宿の名物『いかすみコロッケ』も美味しかったです。(コロッケは一人2個です)

お腹が一杯でしたが、ご飯は美味しく頑張って?食べました。
Ph20110929p_2

最後にデザートまで。

ごちそうさまでした。

朝が早かったので、早めにお休みしました。

お部屋は民宿としては、普通ですかね?

税別9000円で、このご飯と料理は大満足でした。

朝ごはんも、美味しかったのですが写真撮るのを忘れてました。



新潟県上越市柿崎区上下浜1637
『旅人の宿わすけ』
電話025-536-2110

http://www.wasuke.com/

なぜか11月中旬まで予約画面が表示されません、改築?でもするのでしょうかね?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年9月29日 (木)

小布施・新潟への旅 (3)

今日晩ご飯を食べていたら、緊急地震速報が鳴き出しました。
浜通り地方で震度5強。
今のところ、何も影響はないようですが、本当に大丈夫かな?
余震がおさまらないのには、困りましたね。


さて、早く進まないとと思うのですが。
ちょっと、遠回りしました。下の地図をクリックすると迷走が判ります。

大きな地図で見る

フローラルガーデンおぶせに立寄ってから、愛車にご飯を食べさせ、上越市に向かうことに。
その前に、近場の道の駅を探したら『道の駅ふるさと豊田』がヒット。
この道の駅に寄ったことによって、しゅうちゃんの地図感覚がグチャグチャになってしまい、野尻湖の南岸の細い道を通るとになってしまいました。
飯山まで行き、国道292号を利用した方が趣きがあったかも知れませんね。


pm2:00 道の駅ふるさと豊田着
   野沢菜の漬物を購入して出発

pm3:15 道の駅あらい着
  この道の駅は、国道18号と上信越自動車道の双方から利用が可能 な新しいタイプの駅で、色々なお店が沢山ありました。大好きな『きときと寿司』さんがあったのには驚きました。

↓左 道の駅ふるさと豊田の看板。道の駅の建物、写真撮るのを忘れました。
    道の駅ふるさと豊田(長野県中野市)のHP----->こちら
↓右 道の駅あらいの看板
Ph20110929a Ph20110929b
Ph20110929c Ph20110929d
↑道の駅あらいの建物群  白いカレーの紙が貼ってありました。機会がありましたら食べてみたいです。
   道の駅あらい(新潟県妙高市)のHP----->こちら

pm4:30 上越市柿崎の『旅人の宿わすけ』さん到着
  こちらは、後日別カテゴリで紹介します。
  妙高(山)に泊まるか、上越(海)に泊まるか悩み、海の幸を存分に食べることにして、出発2日前にこちらの宿を予約しました。

pm5:00 日帰り温泉施設ハマナスふれあいセンターへ。宿にお風呂はあるのですが、センターの利用券をいただき、温泉に入りに行きました。(徒歩数分)
第3セクターのホテルに併設のようです。海が目の前の施設ですので、下右の写真のように海に沈む夕日を見ながら露天風呂につかることができます。(写真はロビーからです)
盆地に住むものとしては、この景色が最高です。

ハマナスふれあいセンター----->こちら
Ph20110929g Ph20110929h
Ph20110929i
太陽が沈んでしまいましたので、お宿に戻り夕食をいただきました。

上越市は1971年に直江津市と高田市が合併してできた市で、さらに2005年に近隣の13町村が合併した市とのこと。私が小さい時は、高田市は日本一の積雪記録を持ち、雁木と呼ばれるアーケードが教科書に載っていた記憶があります。
NHK天地人で有名になった春日山城もこの地で、見どころも沢山あるのですが、申し訳ありませんが今回は宿泊のみでした。

9月25日
am7:00 ノンビリ起床。8時に朝食をいただき、9時にお宿を出ました。
   米山方面へ海沿いの道を走らせました。盆地に住む者はこういう風景に癒されます。
Ph20110929za Ph20110929zb

am9:15 道の駅風の丘米山着
   ここが?道の駅?車が数台停まっているだけ。写真だけ撮って中には入りませんでした。朝早いからかな?
Ph20110929zc Ph20110929zd

am9:20 北陸自動車道米山IC
   久しぶりに、このICを利用しました。

am10:00 長岡JCT(北陸自動車道と関越自動車道の分岐点)
   ↓左写真 左直進が北陸自動車道新潟方面です。柏崎、長岡花火と今年3回目の利用かな?)
am11:00 新潟中央JCT(北陸自動車道と磐越自動車道の分岐点)
   ↓右写真 左方面は進み、その先をさらに右方面へと分岐が続きます。
Ph20110929ze Ph20110929zf

am12:00 猪苗代ICで一般道(国道115号へ)。
   磐梯熱海ICの先、混雑が予想されるので、一般道経由で帰ることに。ここからだと、高速利用も国道115号利用も余り時間的には変わりありませんでした。
Ph20110929zg

   猪苗代の手打蕎麦工房そば楽人でお蕎麦を頂きました。(後日別カテゴリで紹介予定)

pm1:40 翌日は仕事なので早めの帰宅
   2日間で800キロ。お疲れさまでした。 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年9月28日 (水)

小布施・新潟への旅 (2)

am930 小布施堂テラス付近をぶらぶら
Ph20110928j Ph20110928a
↑左 小布施堂テラス、いい雰囲気の場所です。↑右 小布施堂枡一客殿の正面、ここに泊まれたら最高でしょうね。宿泊料金見たらΣ(゚д゚;)目が点でした。

Ph20110928b Ph20110928c
↑左 北斎館、もしかして北斎の絵を生で見たのは初めてかもしれません。 ↑右栗の小径、のんびり散歩するにはいい場所です。

Ph20110928d Ph20110928e

↑左 高山鴻山記念館の内部 ↑右 記念館2階からの風景 北斎をはじめ文人が訪ねた隠宅とのことで、みごとな風情でした。

北斎館、高山鴻山記念館、栗の小径などを散策し、おぶせミュージアム中島千波館まで足をのばして見学。

am1100 竹風堂小布施店 早めの昼食
   昼食(栗おこわ)はすでに報告済み

am11
30 オープンガーデンを探して街中を散策。
小布施といったら、『オープンガーデン』も有名です。地図を印刷して持っていかなかったので、あちこち探したらこの看板がありました。
Ph20110928g
帰ってから調べたら86番は小林さん宅で、古木、象石、花咲く樹木と調和のとれた日本庭園とのこと。
Ph20110928i Ph20110928h

↑左側写真の間の先に、右の写真の庭園がありました。

小布施オープンガーデンには、100ケ所以上の個人宅のお庭が参加されているようです。観賞のルールがありますので、観賞する方はルールを守りましょう!

小布施オープンガーデンの詳細は----->こちらから    


am12
30 小布施堂本宅
   『朱雀』をいただきました、報告済み。

am13:00 小布施をあとに、新潟へ向かいました。

Ph20110928f Ph20110928k
↑左 小布施町内で見かけた栗の木 ↑右 フローラルガーデンおぶせで、リンゴの木とマイカー

次は、新潟県上越市へ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011年9月27日 (火)

小布施・新潟への旅 (1)

9月24日(土)・25日(日)、長野県小布施町から新潟県の上越方面へ出掛けたドライブを、何回かに別けて報告したいと思います。

24日(土)am4:30 福島西ICより東北自動車道へ
  まだ、真っ暗な中の出発です。前に紹介したように、小布施堂の『朱雀』の整理券ゲットのために早朝の出発です。予定より30分遅れています。
  長野へ行く場合、今までは磐越自動車道・北陸自動車道経由が多かったのですが、今回は北関東自動車道の岩舟JCT~太田桐生IC間が開通したので、これを利用し、上信越自動車道経由で長野へ行くことにしました。
  今回利用の高速道路は全線片側2車線以上の区間で、磐越自動車道・長野自動車道の対面交通区間を利用しなくてすむので、距離は若干長いですが運転にストレスは感じないし、時間的には断然短くてすみます。

am4:50 郡山JCT(磐越自動車道との分岐点)通過
   ↓左写真 まだ真っ暗で写真はうまく撮れませんでした。
am6:05 栃木都賀JCT(北関東自動車道 水戸方面への分岐点)通過
   ↓右写真 やっと明るくなりました。
Ph20110927a Ph20110927b

am6:12 岩舟JCT(北関東自動車道 高崎方面への分岐点)左方面へ
   ↓左写真 北関東自動車道高崎方面へ、初めて走る区間です。JCTからしばらくはトンネルが多いです。でも走りやすい道でした。
am6:38 高崎JCT(関越自動車道と北関東自動車道の分岐点)左方面へ
   ↓右写真 関越自動車道上り東京方面へ少しだけ走ります。
Ph20110927c Ph20110927d

am6:42 藤岡JCT(関越自動車道と上信越自動車道との分岐点)左方面へ
   ↓左写真 上信越自動車道方面へ。この辺は久しぶりに走ります。さすがに交通量も多くなります。
am7:20 佐久平PA 休憩
   ↓右写真 いい眺めのPAですね。
Ph20110927e Ph20110927f

am7:28 佐久小諸JCT(上信越自動車道と中部横断道との分岐点)通過
   ↓左写真 中部横断道は現在1区間のみ開通しているようです。
am7:50 更埴JCT(上信越自動車道と長野自動車道の分岐点)右方面へ
   ↓右写真 ここまで来れば、あと少し。右側車線をいつまでも走る車が目につく。県民性なのか?たまたまか?
Ph20110927g Ph20110927h

am8:00 須坂長野ICから一般道へ。
   ↓左写真 国道403号を小布施町方面へ。
am8:20 小布施堂本店着。相方を降ろして『朱雀』整理券の列に並ばせました。
am8:24 町営森の駐車場着。
   ↓右写真 ラッキーにも小布施堂へ近い町営駐車場がまだ空いており駐車することが出来ました。一応4時間まで300円です。(前払い)
   自宅から406㎞、4時間か。少々無理しました。( ´,_ゝ`)ハイハイ
Ph20110927i Ph20110927j

 『朱雀』関連は事前に報告済みのため、ここでは省略します。

am9:10 竹風堂小布施店で栗あんソフトクリームを購入
Ph20110927k Ph20110927l
↑左 なぜか旧竹風堂本店前にある、金属製のかぶとむしの親子
↑右 竹風堂駐車場前にある、栗あんソフトクリームの販売所

Ph20110927m
マロンの味が抜群のソフトクリームでした。

小布施、甘党にはパラダイスです、甘味三昧でした。今日病院で血液検査してきました。やばいです。

小布施散策は続きます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年9月26日 (月)

栗おこわ

小布施の話が、暫く続くかもしれません。

小布施を散策すると、栗おこわを食べさせてくれるお店が結構ありましたが、一昨年訪ねた時から気になっていた、栗菓子 竹風堂さんの栗おこわを頂くことにしました。

24日朝4時過ぎに家を出て、途中コンビニで買ったサンドイッチを食べただけなので、11時早めの昼食に栗ごはんをいただきました。

Ph20110926a
↑竹風堂 小布施本店 2階が食事・喫茶のお店になっています。1階の売店は8時オープン、2階は10時オープン。小布施の朝は早い!

Ph20110926b
↑栗おこわ 山里定食 1050円 この他に1522円の山家定食がありますが、この日は12時30分に『朱雀』を食べなくてはいけないので、山里定食をいただきました。それでもお腹一杯になりました。他のお客様で持ち帰り用パックをもらって、持ち帰る女性もおられました。

Ph20110926c
↑お腹大丈夫か?でしたが、どうしても食べたかった、『栗あんしるこ』550円を1つオーダーし、相方と2人でいただきました。
栗あんだけでできた栗しるこ。栗のあじが濃厚でねっとり。

Ph20110926d Ph20110926e
↑竹風堂のメニュー クリックすると拡大します

栗菓子 竹風堂さんのHP----->こちら


お腹がパンクしそうです。でも1時間後には小布施堂の『朱雀(すざく)』を頂く予定が!、再度小布施の街を散策しました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

小布施堂 朱雀

無事帰ってきました。

秋が近付き、栗が食べたいと思っていました。
栗・・・・長野県小布施(おぶせ)だ。2009年夏に訪問しましたが、雨降りで散策をあきらめたのでリベンジ。
ネットで色々調べていたら、小布施堂の「朱雀(すざく)」がすごいらしい!。

朝8時に整理券を配布するらしいが、8時前に配布枚数の人数が並んでしまうらしいとの情報が。

高速道路の小布施スマートICは高速無料では使えず、最寄りの須坂長野東ICを出たのが24日8時ちょうど。
もう配布開始時間、しかも連休中日。無理かな!?

小布施堂本店前に到着したのが8時20分前。とりあえず相方を下して並ばせました。本店からずら~と人が。

町営の駐車場へ車を入れ、相方の所へ行ったら、お店に方が人数を数えており440番目当たりらしいとのこと。w(゚o゚)w  お店の案内では1日400名の整理券配布と書いてありました。

でも、係員が今日はまだ大丈夫で私らが並んだあと、数10名分は並ばせていました。約500名分位なのかな?
Ph20110925e
 (朝8時30分頃 幟旗の奥にある本店建物の向こうから並んでいます。早い人は朝5時から並ぶそうです)

指定時間、最後は午後2時過ぎになる場合もあるとか、その後の予定もありあまり遅いのは?
9時前やっと本店の建物に入りました。人数を言って、お金を支払うと提供場所と時間が記載された『朱雀お食事券』が渡されます。
私たちは、本宅で12時30分からでした(よかった)。その間、小布施の街を散策しました。

指定時間の15分位前においで下さいと書いてあったので、12時15分本宅へ向かいます。
Ph20110925f Ph20110925g
(↑左側写真の人が立っている前が本宅へ入る正門です。ここを入っていきます。この門の前が現在の国道403号です。)
Obuse001
↑小布施堂さんからいただいた小布施堂界隈図。真ん中あたりに本宅があります。全ての写真はクリックすると拡大します。

Ph20110925h
(↑本宅の内部、小布施堂を営む市村家の本宅なのでしょう。この朱雀を提供するときだけ?利用するみたいです?)

席は2名だと相席になるようです。少し待っていると席に案内され数分で「朱雀」が出てきました。
Ph20110925a
見た目はモンブランの大きい感じです。
Ph20110925b
大きさは携帯電話と比べてください。
Ph20110925c
持ち上げられます。箸とスプーンがついてきます。
Ph20110925d
真ん中に栗餡が入っています。

「朱雀」と書いて「スザク」と読むそうです。名前の由来は雀の巣に似ている所からきているようです。見た目は蕎麦やモンブランに似ていますが、採れたての新栗を蒸して栗の皮を除き、素麺状に裏ごししたものを、ソーメン状にして「栗餡」の上にふわり盛りつけてあるので、甘くはありません、栗の渋さも感じる位で、中の甘い栗餡と一緒に食べるとまた違った感覚が。


販売期間 2011年は9月15日から10月16日頃まで
整理券配布時間 8時から
整理券配布枚数 400枚程度
料金 1000円(お茶付)

小布施堂の『朱雀』案内---->こちらから

小布施堂のHP---->こちらから

大満足の朱雀でした。小布施にこの時期行かれる機会がありましたら、ちょっと無理しても。

ロングドライブと小布施の街散策は後日報告します。

--------------------------------------------------
2013年9月29日追記
当ブログを最後までご覧いただきありがとうございます。
小布施堂 朱雀については2013年9月27日(金)に再訪しております。平日は並ばなくても朱雀を食べることが出来るようです。(休日はそれなりに並ぶようです)
2013年9月27日朱雀に関する記事です、よろしければこちらもご覧ください。----->こちら

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011年9月24日 (土)

こんなのを

こんなのを
これを食べに来ました。詳しくは、帰ってから報告します。

--------------------------------------
ここからは、帰ってから編集しています。
携帯電話から投稿すると、写真が思うようになりません。縦横難しいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

おはようございます

とりあえず、運転に注意してお出かけしてきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月23日 (金)

西村京太郎 『京都から愛をこめて』

台風15号の被害、県内のあちこちに甚大な被害を与えているようです。
郡山市内の路線バスは、今日も1日運行休止。
東北本線は福島~名取、黒磯~郡山間が運転休止。
7月の新潟・福島豪雨の影響で磐越西線が以前、津川~馬下間が不通。
只見線は会津宮下~大白川間が不通。
磐越西線、只見線は復旧まで時間がかかりそうで、満身創痍の福島県。これ以上何も起きないことを願います。


さて、花火やら暑さで買っていた本をまったく読んでいませんでした。
でも、秋風がさわやかな季節になり少しづずつ制覇していけそうです。


西村京太郎著 860円 文藝春秋社

『十津川警部 京都から愛をこめて』 2011年2月発売

Ph20110514cc

お宝鑑定番組「本物か偽物か」で紹介された「小野篁の予言書」。そこには今より千二百年後に京都で災いが起こると記されていた。霊界と現世を自由に行き来できたといわれる、平安時代の人物・小野篁が、現代に生きる我々へ「戦イ退治セヨ」と呼びかけていたのだ。この番組を見ていた十津川の元に「予言書」を持ち込んだ人物がやってきた。彼の口から語られた「予言書」の忌まわしい来歴。そして番組の放映後、京都で次々と奇怪な事件が起きる。十津川は京都へ赴き、府警と連携しながら事件解決の鍵を見つけ出す。

私の好みのストーリーではなかったです。

そのせいか、半月以上かかって読み終わりました。

記憶のために、記録しておきます。



┐(´д`)┌ヤレヤレ

3連休どこも行かないのは、考えられないのでhappy01
明日早朝、某所へロングドライブへ出かけます。渋滞に遭わないことを祈りながら出発します。
そのため、今晩は早寝をして準備?しますので、コメントへのご返事は遅くなるかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月22日 (木)

大江戸温泉物語 あいづ

昨日の台風、県内に大きな被害を与えていきました。須賀川市の仮設住宅は床上浸水するし、郡山でもあちこちで床上浸水。福島では東北自動車道上り線側に土砂が流れ込んだようで今日一日通行止めでした。(今は解除されたようです)
弟が郡山へ単身赴任しているのですが、アパートが床上浸水、車もダメになったとのことで、明日、お墓参りに来れないとのこと。
郡山は毎年洪水で床上浸水するニュースが流れます。かつての安積原野(現在の郡山)は水源が少なく、開墾するため明治時代に猪苗代湖の水を引くために安積疏水を完成させているエリアなのに、何故なんでしょうかね?



先週日曜日のドライブも最終回です。
磐梯山ゴル-ドラインから会津若松市へ。
国道49号から会津若松駅方面へ左折してすぐの所にあるJAさんの直売所「まんま~じゃ」へ立寄りお買い物。
Ph20110921f

その後、会津若松市内にある『大江戸温泉物語 あいづ』へ行ってきました。
Ph20110921a

郡山方面から国道49号を新潟方面へ向かうと、会津若松市内を過ぎた、田園地帯の中にあります。

かつては『ウェルサンピア会津』という名で作られた建物です。旧社会保険庁が厚生年金保険加入者の福祉増進を目的に???作った建物です。

売却処分された時に大江戸温泉物語さんが購入し、温泉施設として再開した施設です。国道49号から大きな『日本一』の看板が目につきます。

温泉の写真は、こちらから

当初は、日帰り温泉の利用料1000円以上でオープンしたようですが、現在では500円で利用できます。さらに、ランチバイキング(980円)が温泉利用者は780円で利用できるので、1280円で温泉に入り、ランチバイキングを食べることができます。

さらに土日祝日は、ランチバイキングが11:30~14:00と17:30~20:00で営業されており、夕食にランチ?バイキングを食べてから温泉に入って帰っても格安ですみます。

宿泊者用の夕食バイキング会場と区別するために、日帰り温泉利用者用のバイキングにはランチという名前を付けて夕食で利用可能としているのではと思いました。

Ph20110921b
入館時に自動券売機でランチバイキング込みのチケットを購入すると、係員から上のようなチケットを渡されます。お風呂が先でも後でも大丈夫です。

Ph20110921c
格安バイキングですので揚げ物が多いのは仕方ありませんが、驚く程にメニューも幅広く、色々なものがありました。ソフトドリンクも無料です。アルコール飲料だけが別です。一般的なバイキングから(天ぷら、お刺身、お寿司等)を除いた感じですかね。主食も、カレーや味付けご飯、お稲荷さん、蕎麦、パン、スパゲティ、ヤキソバなどもありましたし、デザートも果物、ソフトクリームなどもありました。サラダも5~6種類以上。
大・大 大満でした。

Ph20110921e

『ウェルサンピア会津』時代には、アイススケート場だった場所は、無料で利用できる体育館になっていました。


満腹で判断が鈍りました。
普段は一般道を帰るのですが、高速無料の誘惑に負け高速に乗ったのですが、郡山JCT手前、災害復旧工事のための1車線規制区間での渋滞や出口渋滞で、会津若松から自宅まで2時間かかってしまいました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年9月21日 (水)

桧原湖畔

台風が近づいています。雨と風が強くなっているようですが、部屋にいる分には静かな感じがします。しかし県内でも郡山、須賀川などの一部で避難指示が出ているようなので、川の水量は増えているのでしょう。
これ以上、fukushimaをいじめないで欲しいです。

こんな天気のなか、快晴の18日、桧原湖畔の様子を報告。

このエリア、コンビニのマークも茶色。郵便局も茶色でした。ガソリンスタンドも茶色だったような?(景勝地では茶色の看板多いですね)
Ph20110920a

桧原湖畔の駐車場にも空きが目立ちます。
Ph20110920b
ボートもあまり出ていませんでした。
Ph20110920c
桧原湖側の五色沼入口ちかくにある裏磐梯物産館五色沼の駅
その側にある柳沼。あまり特徴のない沼ですが、この時は鏡のような湖面で思わず写真を撮ってみました。
Ph20110920d
物産館の反対側には桧原湖周遊のボンネット型バスが停まっていました。
Ph20110920e
物産館から見えるこのお店でジェラートをいただきました。
Ph20110920f
左は相方のカボチャ味、右はしゅうちゃんのマロン味です(スプーンをとって写真を撮ればいいのにと、後で気づきました)。もちろん美味しかったです。
Ph20110920g Ph20110920h

それにしても3連休中日でも、観光客の皆さん少ないです。

台風も太平洋側を通過したようです。海のそば、大丈夫なんでしょうか?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年9月20日 (火)

福島産花火 打上げ中止

書きたくないけど、花火にね・・・驚いて・・・情けなくなりました。

皆さん、あちこちで見聞きされているのでお判りでしょうが

毎日jp-----> こちら

また、愛知県ですか、東海テレビのセシウムさんといい、愛知県民全員がそうとは言えないでしょうが。

花火が放射能の危険があるから市民20名の抗議で中止。同じようなニュースが過去にも。

京都の大文字焼きで、薪に放射能の危険があるからと市民の抗議で中止。

福岡で福島支援ショップを開こうとしたら、搬入のトラックが放射能をまき散らすからと、市民の抗議で開店中止。

全て市民20数名の抗議で中止だそうです。

「市民」20数名のクレームで中止するなら、行政は何も出来ないのではないですか?と言いたいですね。
それとも中部大学の某先生の・・・。


今回の花火師さんは福島県川俣町にある菅野煙火店さんですが、菅野さんは毎年大曲の花火大会に参加されており、今年も参加されています。もし、大曲の線量が高くなったのであれば仕方ないですが、そんな話は聞いたことがありません。

日進市のHPに、東日本大震災への対応について記載があり、今まで色々な応援をしているようですが、今回の件で何か空しく感じます。
自治体が風評被害を増長させてどうするのでしょうか?

------------------------ここから追記---------------
このブログを投稿してから、大曲のkonysさんのブログを読んだら、自分の言いたいことが的確に書かれており、読みながら(;ω;)が出そうになりました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

レークライン・ゴールドライン

福島県の磐梯吾妻スカイライン、磐梯吾妻レークライン、磐梯山ゴールドラインの3ラインが今年の営業期間は全て無料となっています。

せっかくなので、昨日訪ねてみることにしました。本来なら1ケ月後の紅葉の時期が最高なのでしょうが、たぶん混む?だろうから今ならと。

さらに、福島の最高気温が34℃と言われていたので、山は涼しいかなと思って、岳温泉でお昼を食べてから(昨日報告済)向かったので、土湯トンネルを抜けたのは午後1時を廻っていました。

国道115号、福島市内から土湯トンネルを抜けてしばらく走ると、レークライン方面への分岐点に。
Ph20110919a_2
こちら側には、普段から料金所ゲートがありません。料金は裏磐梯側のゲートで支払うようになっています。
Ph20110919b
↑いつも、高原大根を買いにくる場所、今年は、まだ早いようで直売所開店していませんでした。
Ph20110919c
↑ゴールドライン最高地点付近から秋元湖を望みます。
Ph20110919d Ph20110919e
↑有料のときは、ここ三湖パラダイスの地点から戻っています。手前が小野川湖、奥が桧原湖、反対側に秋元湖が望めます。
Ph20110919f
↑料金所ですが、無料ですので、もちろん誰もいません。

さて、国道459号を通って、桧原湖をかすめて磐梯山ゴールドラインへ向かいます。
Ph20110919g
↑ここは、道なりに走ると有料道路磐梯山ゴールドラインへ導かれます。国道459号喜多方方面へは右へ分岐です。
Ph20110919h
↑国道459号から入ってすぐ、料金所ゲートがあります。もちろん無料です。
Ph20110919i_2
↑こがね平駐車場で磐梯山を望む。裏磐梯、噴火の跡が間近に。

Ph20110919j
↑表磐梯側になって、猪苗代湖が見えてきます。上の写真の左奥の稜線上に布引高原の風車が写っています。(判らないですね?クリックして拡大しても?ですね)。
すすきがアクセントです。(o^-^o)
Ph20110919k
↑先ほどの撮影場所から下がってきた場所からです。猪苗代湖、ひろ~いですね。
この写真だと右奥の山の稜線が布引高原で風車が写っているのですが???
Ph20110919l
↑表磐梯側の料金所です。

3連休の中日でしたが、桧原湖の駐車場も空いていました。無料なので福島ナンバーの車も多かったですが、渋滞もなく走りやすかったです、でもやはり寂しいですね。観光バスと会ったのは数台のみ。先日スカイラインは走ったので一応観光3ライン走破。

福島県の有料道路(今年は無料)の状況は、こちらから

磐梯山ゴールドラインは久しぶりに走りました。新鮮で良かったです。表磐梯側の料金所のすぐ下に、榮川酒造株式会社の製造工場があり試飲できるようですが、しゅうちゃんは運転しなくてはいけないのでスルーしました。

明日は最高気温が22℃の予想です。体調を崩さないように気をつけましょう!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年9月18日 (日)

和カフェ 食菜 じねん

岳温泉から県道30号を本宮方面に4㎞程下って行った、フォレストパーク入り口の手前右側にある『和カフェ 食菜 じねん』さんに行ってきました。

福島県ローカルの情報誌Mに載っていたお店で、美味しそうな料理だったので行ってみました。我が家から車で40分程ですかね。

メニューは田舎膳の「山コース」と「畑コース」1200円です。コーヒーをセットで1500円となります。

Ph20110918e
≪↑山コース てんぷら+おまかせ(今日はシャケ)、豆腐、煮物・漬物など小鉢が5つ≫

Ph20110918f
≪↑畑コース 豆腐ハンバーグ+海老の変わり揚げ、豆腐、煮物・漬物など小鉢が5つ≫

Ph20110918g Ph20110918h
↑両コースともに共通のごはん(今日は山菜おこわでした)、汁もの、デザート(梨)とコーヒー(コーヒーセットコースを注文しました)

地元の国産大豆を使った豆腐で豆乳まで飲めますと言われました。本当に美味しくコーヒーを除けば1200円でこのボリュームは大満足です。今の福島県では使える野菜が限定される中で苦労がうかがえます。

Ph20110918d
↑メニュー表です。シンプルですが御夫婦2人で営業されているようで、10数人も入れば満員位の席しかありません。

Ph20110918a Ph20110918b
↑お店の外観です。お店の前に駐車場が6台?分位ありました。

もし、訪ねる場合は、電話で予約されることをお薦めします。一度に3~4組程度しか入れないようです。私たちも予約して行きました。

住所 福島県二本松市馬場平159-10
電話 090-7667-1287
和カフェ 食菜 じねん
休日 月曜・火曜


↓近くにある二本松市岳温泉の岳温泉観光協会 ニコニコ共和国国会議事堂の看板が掲げられています。
Ph20110918i

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年9月17日 (土)

LIVE福島 風とロックSUPER野馬追

2011年3月11日の東日本大震災による津波、原発事故、度重なる余震、そして風評。
大きな被害を受ける福島を音楽の力で元気にするために。また、"FUKUSHIMA"としてその名を知られることになった福島の今を、そのまま世界に発信するために。
奥会津、会津若松、猪苗代、郡山、相馬、いわきと、広大な福島県を、西から東へ1日ずつ会場を変えながら2011年9月14日~19日までの6日間をかけて移動していく野外ロックフェス。

「LIVE福島 風とロックSUPER野馬追」

この名前は、相馬市の伝統行事であり、国の重要無形民俗文化財である「相馬野馬追」から。
県内を横断していくこのロックフェスを、相馬野馬追で野馬が力強く駆け抜ける様になぞらえ、
相馬野馬追執行委員会の快諾を得てその名を冠しました。

以上HPの開催概略から抜粋

今日はこのイベントのメイン開催である郡山開催。
福山雅治・長澤まさみ・西田敏行・BEGIN などが出演。
さらに、シークレットゲストとして
内田裕也・ユニコーン が出演したようです。

でも、シークレットゲストとして名前が上がっていたのが、○沢○吉さん。○沢さんなら凄いと思ったのですがね。

LIVE福島 風とロックSUPER野馬追のHP----->こちら



世間一般は、3連休。
しゅうちゃん、今日土曜日はお仕事。あさって19日敬老の日もお仕事(休出)です。
私がお世話になっている会社は、給与支給日が25日ですが、今月は休みが多く22日。
20日には銀行へデータを送らねば、きつ~~いです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月16日 (金)

青森県 道の駅『ひろさき』

暑い、あつい・・・・
今日の福島市内、最高気温33.1℃だって。
去年の9月16日のブログ読み返したら、最高気温が20℃で寒かったとの記載が。
どちらがよいものやら

さて、先月末の大曲・青森訪問関連、最後の投稿かな?
 
東北自動車道大鰐弘前ICを降りて、国道7号線を弘前市内方面へ数百メートル走った場所にあります。愛称は「サンフェスタいしかわ」。
1995年にJA津軽石川(現JA津軽みらい)の直売所として開設され道の駅にも登録されたようです。
Ph20110901e
国道7号側の駐車場は狭く、裏側を足しても公称66台の駐車スペースは狭く感じました。
Ph20110901f
道の駅の中も農産物直売所が半分位のスペースをとり、お土産品も販売しており、少しゴチャゴチャとした印象は受けました。
この辺はリンゴの産地らしく、秋にはすごい人になるでしょうね。

自分用お土産に『豆腐かまぼこ』を買ってきました。写真を撮らずに胃の中へ入ってしまいましたので、写真を探しましたがなかなか無くこちらを参考まで
http://www.applenet.jp/home/08001102/chunan/sannhulesuta.html

道の駅ひろさきHPは----->こちら


大曲の花火 河川敷はいま----->こちら
大曲商工会議所青年部花火日記さんの、このシリーズも今回が最後のようです。桟敷席の撤去に約3週間かかるようです。来年もよろしくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月15日 (木)

NHK 新感覚医療エンタメ

NHKで木曜夜10時から放送されている、『新感覚医療エンタメ! 総合診療医ドクターG』を観ながら、今書いています。

医療関係の番組も沢山ありますが、この番組

実際の症例をもとに作成されたビデオ等を見ながら、研修医の先生方が病名を推理していく番組です。

今日の番組案内では
これってどういう病気? 謎の症状に悩む患者の病名を探り当てる、新感覚の医療エンターテインメント。登場するのは総合診療医・ドクターG。問診によって病名を探る医療界注目のエキスパートである。そのドクターGが、実際に解決へ導いた症例を再現ドラマで出題。全国から選ばれた若手の医師が病名当てに挑戦する。今回は「腹が痛い」と訴える73歳の女性。老夫婦の穏やかな暮らしが、突然の腹痛で破られる。果たして病名は?
ここまで

しゅうちゃん、何度か入院していますが、特に石で最初に入院したときは何が起きたか???七転八倒の傷みでしたが、夜間救急の先生に石と言われとき、お医者さんて凄いと思ったことを。(石の痛みは誰でも判るらいしですが)

NHKさんの番組としては、好きな番組のひとつです。

番組のHP-----> こちらから




でも、暑いです。今日日中、少しの時間外で作業したら、汗が沢山ポタ、ポタと。
残暑お見舞い申し上げます。もう9月中旬ですよ~~~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月14日 (水)

365日連続

なんとなく、昨年の9月15日から連続更新中。
この記事を投稿して365日連続となります。
飽きやすくて、何でも中途半端なしゅうちゃん、自分でもよく投稿続けられたと思います。

いつからだろう、連続更新を意識したのは?
たぶん1ケ月経過したころかな?続けてみよう!かな?

東日本大震災の時は、公開日時指定で準備していた記事が自動で投稿され、たまたま連続投稿が継続されました。

あの時は、携帯はダメ。固定電話もダメ。ネットもダメ。日本は、福島はどうなるの?

電気は大丈夫だったのでテレビだけが情報源でしたね。

この1年で投稿した内容をカテゴリー別に別けて数えてみました(1記事で複数カテゴリを設定した記事もあるので件数が多いです)
 1位 日記・コレム・つぶやき   166件
 2位 グルメ・クッキング      62件
 3位 東日本大震災        53件
 4位 花火              45件
 5位 ドライブ            25件
 6位 書籍・雑誌          24件
 7位 地域旅行           19件

やはり、日々の思いを投稿したのが圧倒的に多く、東日本大震災を除けば自分の好きなことを書いているようです。


これと言って特徴のない、しゅうちゃんの記事を訪問いただいている方々に感謝し、今後も日々更新できれば幸いだと思っています。

happy01今後もよろしくお願いいたします。happy01

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011年9月13日 (火)

青森県 道の駅『いなかだて(弥生の里)』

震災後初、道の駅カテゴリーでの投稿です。
あの日に戻りたい、といのが偽らざる感想です。
 


訪問日 2011年8月28日(日)

青森県田舎舘村の国道102号沿いにある道の駅です。
Ph20110831a
       (国道102号にある道の駅の看板)

駐車場は広く、普通車180台以上停められるようです。
残念ながら産直センターとレストラン施設は別になっているようです。道の駅を利用する者としては、施設はまとまっているのが利用しやすいと思うのですが、デザインで利用するわけではないので。
Ph20110831t
(産直センターの建物です。この右側にレストラン棟がります)
Ph20110831u
(右奥にあるのがレストラン棟です。申し訳ないですが特徴あるメニューは見つけられませんでした。この間奥に遊具施設があり充実しているようです。

Ph20110831uu
この看板を見てビックり。JRAのウインズ津軽が近くにありました。

道の駅『いなかだて』のHPはこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

片貝の花火

正式には『浅原神社秋季例大祭奉納花火』
新潟県小千谷市片貝町で毎年9月9日・10日に開催される花火大会です。
まだ、訪問したことがありません。
5000人たらずの片貝町民の方々が、町の神社のお祭りに花火を奉納する花火大会で、なんか敷居が高いのと、桟敷席も個人で確保するのが困難なため、いつかツアーで行ってみたいと思っています。

祭りの詳細は片貝まつり迎賓館さん
http://www.adacchi.com/geihin/top/top_main.html


片貝まつりの様子などは下記の方々のブログで

konyさんのブログ
http://konys.exblog.jp/14538510/

樹美さんのブログ
http://photo.ap.teacup.com/jumi/454.html#readmore

新潟ラーメン日記さんのブログ
http://niigata.way-nifty.com/ifamily/2011/09/post-8d04.html?cid=65660296#comment-65660296

映画『おにいちゃんの花火』
http://hanabi-ani.jp/

今年の片貝の花火の映像
祝還暦 先掛十号大仕掛 超特大スターマイン(片貝中学校 第二十回卒業  にれ会)

毎年卒業年度毎に積立ているとのこと、ベスビアス大スターマインは長岡で見てはいますが、片貝の還暦祝の花火はすごすぎる。
お立ち台があるのも素晴らしいし、アナウンスの名調子。いつか是非。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

アバター衣替え

昨日10日で片貝の花火大会も終了しました。アバターも花火のバックから衣替えしました。
子供の頃なりたかった、鉄道員さんモード。自分では結構気にいっています。

しゅうちゃん

しゅうちゃん家の近くにある福島競馬場、やっと本格復旧工事が始まりました。来年春競馬できるかな?
総費用約50億円! 詳しくはこちら

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月10日 (土)

復興の要 東北自動車道

明日で東日本大震災から半年、アメリカ同時テロから10年ですか。


9月5日から本格復旧工事が始まった『東北自動車道』。来年の12月までの予定で昼夜連続で工事を行うようです。

復旧工事の予定は----->こちら

東北新幹線、東北本線の鉄道が使えない中、東日本大震災直後『東北自動車道』が使えなかったらと思うと、恐ろしく思えます。早く本格復旧させて欲しいと思います。

ただ、上の復旧工事の地図を見ても判るとおり、東北と他の地域を結ぶ高速道路は、現在『東北自動車道』しかないのが実情。常磐自動車道は原発事故の影響もあり復旧には時間がかかりそうです。
やはり、日本海側の高速道路を早く繋げてもらわないと、万一のとき困ってしまうのではと思います。


先日、青森の帰りに『東北自動車道』は分岐が多いと思い、写真を撮ってきましたので紹介しておきます。
撮影は全て8月28日です。大鰐弘前ICから東北自動車道へ入りました。
ちなみに、これを青森方面へ行くと終点青森ICの手前,青森JCTで青森自動車道が分岐しています。
Ph20110910a

〇八戸自動車道の分岐点 安代(あしろ)JCT 川口JCTから563.3㎞地点
 八戸自動車道は、昨年一度だけ走ったことがあります。
Ph20110910b
↓岩手山 頂上が雲で隠れていました。
Ph20110910c

〇釜石自動車道の分岐点 花巻JCT 478.6㎞地点
 釜石自動車道は、東和ICまでの11.4㎞しか開通しておらず、いまだ利用したことがありません。
Ph20110910d

〇秋田自動車道の分岐点 北上JCT 461.8㎞地点
 秋田自動車道は、大曲へ行く時を始め、何度もお世話になっています。対面通行区間が多く、早く解消して欲しいものです。
Ph20110910e

〇仙台北部道路への分岐点  富谷(とみや)JCT 349.3㎞地点
 2010年3月供用開始の比較的新しいJCTで、仙台北部から三陸自動車道、仙台東部道路、仙台南部道路と繋がっている。残念ながらまだこのJCTは利用したことがありません。
Ph20110910f

〇仙台南部道路への分岐点 仙台南IC 326.8㎞地点
 標記上はJCT扱いになっていないようですが、仙台南部道路へ直接接続はしているので一応JCTかな?何度か利用はしたことがあります。夕方でしかもこの付近はカーブがきつく写真をうまく撮れませんでした。
Ph20110910g

〇山形自動車道の分岐点 村田JCT 314.5㎞地点
 何度も利用しているJCT。仙台方面から走ってくると、この下り坂結構きついです。
Ph20110910h

今回は白石ICで降りてしまったので写真はここまでですが、
〇磐越自動車道との分岐点 郡山JCT 220.2㎞
〇北関東自動車道(水戸方面)への分岐点 栃木都賀JCT 75.4㎞
〇北関東自動車道(伊勢崎方面)への分岐点 岩舟JCT 61.8㎞
〇首都圏中央連絡自動車道(白岡菖蒲方面)への分岐点 久喜白岡JCT 24.1㎞

これだけJCTが多いということは、『東北自動車道』が大事なことが判ります。キチンと復旧させてください。よろしくお願いします。

ちなみに、福島市内の261.7㎞地点、あと5年後位に東北中央自動車道(米沢方面)への分岐点、福島JCTが出来る予定です。さらに、福島JCTより仙台方面で東北中央自動車道(相馬方面) も分岐される予定(開通時期はまったく未定)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月 9日 (金)

風評被害 いまでも

今日の地元紙にも載っていましたが、福岡県の福島応援店が『福島からトラックが福岡に来るだけでも放射性物質を拡散する』といったメールや電話が相次いだため、開店が中止となった。
読売オンラインで----->こちら

野田首相がいくら『福島の再生なくして日本の 再生はない』などど言っても、これではね。


あさって11日で東日本大震災から6ケ月。

明日から地元テレビでは、東日本大震災関連の特別番組がたくさん。

11日(日)は、NHKが朝7時45分から特集番組が

また、津波の映像流すのかな?アメリカの同時テロの映像と同じで、何度も何度も写す意味があるの?

そんなことより、もっと大事なことがあると。


ふくしまは、復旧・復興が何も進んでいないよな。

除染した土、下水処理場の汚泥、雑草を刈っても処分できない etc

みんなで植えた向日葵、枯れた向日葵どうする?

何も進んでいない・・・かな



去年の9月何してたかなと、自分のブログを見ていたら宮城県亘理へ『はらこ飯』を食べに行ってました。9月・・・秋ですね。

よく行っていた亘理町荒浜にある『あら浜』さんですが、ブログを書き始めてからは、なぜか『かきせいろ飯』の写真しかありません。

津波で大きな被害を受けた『あら浜』さんについて検索していたら、こんなニュースが

河北新報ニュース----->亘理の魂 弁当に込める 店被災のすし店主が仙台で再出発

早く、亘理町でお店再開できることを願っています。再開したら必ず行きますよ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年9月 8日 (木)

赤川花火大会(山形県鶴岡市)

会社で、お客様と話ていたら山形県鶴岡市の話に。


そういえば、赤川の花火大会の記事を書いて、投稿しようと思って準備していて、そのままになっていました。
大曲の花火で、最優秀賞内閣総理大臣賞を受賞した、長野県 株式会社紅屋青木煙火店さんが市民花火を担当されていました。

明日9・10日は、片貝花火が
10日は、茨城県常総きぬ川花火大会(3日開催が台風の影響で10日に延期)が開催されます。
まだまだ花火が上がります。
片貝は2日間とも夜7時30分から10時15分まで花火を打ち上げます、さすが花火の町ですし、常総きぬ川は山崎煙火さんが中心ですし、・・・・・見たいな~。
しゅうちゃんは、投稿された映像で楽しみます。crying


*****ここからは8月中旬に記入した内容です*****

行きたいけど、残念ながら仕事の関係などで今まで行ったことがない花火大会。

でも、評判は↑の花火大会です。

毎年8月10日に開催。

今年で第21回目をむかえた山形県鶴岡市で開催される花火大会です。

全国各地の花火師さんが、デザイン花火と割物花火を打上げます。

あるサイトでの案内

「この大会の呼び物は「エレクトリックミュージカルワイド花火」。音楽とシンクロさせながら次々に打ち上げられる美しい花火はまさに光のミュージカルを見るよう。オープニングとエンディングでは700mの広大な打ち上げ場所をフルに使い、見る者の心を震わせる感動の花火が夜空一面を覆いつくします」

投稿された映像でしか見れませんが、ワイドな打上げ花火とトラ(トラの尾のように太い火の粉を地面から真上や///\\\に上がる花火)が素晴らしいです。

9分にも及ぶ打ち上げ、ネットで見ていても厭きさせない花火、現地で見たい!

第21回赤川花火大会 市民花火(長野県 紅屋青木煙火店)

 

第21回 赤川花火大会 エンディング(秋田県 小松煙火工業)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)

大曲のお土産

今年の自分へのお土産はこれです。『花火玉あられ』1575円
Ph20110907a
中味はこれ
Ph20110907b
Konyさんの会社、カネトクさんから発売されています。
5号玉の模型とあられが入っています。
5号玉の模型は本物と同じ素材で作られているとのこと(中味はカラ)で、あられも何種類か入っており、竹炭豆は花火の星に似せて作られているとのことです。

模型はテレビの横に飾ってあります。

konyさんのブログを読んでいたら、今週9・10日片貝まつり花火大会の記事が。
      ↓
http://konys.exblog.jp/14512229/

いつになったら行けるかな片貝。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月 6日 (火)

黒石やきそば すずのや

今日の帰り、肌寒い風が吹いています。
秋がそこまでやってきています。

今年は、東日本大震災、新潟・福島豪雨、そして今回の台風12号による災害と日本はどうなってしまったのでしょうかね。

先月の大曲・青森訪問のネタです。
先月末に青森を訪問した際昼食をいただいたのが、黒石市こみせ通りの菊乃井さんの斜め向かいにある、「すずのや」さん。やきそば専門店でやきそばをいただくことに。

Ph20110901a

店内はテーブルが5つ、店主さんが一人できりもりしています。お水もセルフです。13時頃でも満席でした。先客さんが空けてくれたので座ってまちました。

Ph20110901b
やきそば専門店なので、『やきそば』しかありません。やきそば400円、つゆやきそば500円、この店オリジナル?の化けやきそば600円の3種類。

Ph20110901c
やきそば400円太平麺で、野菜と豚肉が少々入っています。

Ph20110901d
つゆやきそば500円。やきそばに和風だしの暖かいつゆをかけたようです?天かすとネギが薬味としてのっています。

ちなみに『化けやきそば』は、やきそばがどんぶりに入ってきて半分まで、やきそばとして食べて、残りは別についてくる「和風だし」をかけて「つゆやきそば」として食べるようです。
また、トッピングとして煮たまご100円があるようです。

太麺の焼きソバとのことですが、食感は焼きうどんかな?
「つゆ焼きそば」も地元の人にとっては、小さい時に食べた忘れられない味なんでしょうが?初めて食べる私にとっては、微妙な味ですかね。

TBSのテレビ番組ピッタンコカンカンの取材で安住さんが来店しているようで、色紙が飾ってありました。

???
どこかで、焼きそば+スープ・・・・
sign03
栃木県の那須塩原の名物『スープ入り焼きそば』だ~!まだ、食べたことはありませんが、お隣の県なので地元テレビで何度か見たことがあります。
どうなのかな?  詳しくはこちらから---->塩原温泉名物スープ入り焼きそば

ふくしまは負けないsign01 We Love ふくしまsign03

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年9月 5日 (月)

大台に

本日2本目の投稿です。

愛車の走行キロ、今朝ついに大台に達しました。

いつもの国道13号線信夫山トンネルを抜けたところで100,000キロになりました。

Ph20110905a

トンネルの前で、ALL9。トンネル抜けた所の信号待ちで大台達成でした。
Ph20110905b Ph20110905c

いつもなら、吾妻山が見えるのに台風の影響で雲だらけの中で100001。
Ph20110905d Ph20110905e

いつもの通勤路で大台を迎えました。
愛車さん、もう少し頑張ってください。

ふくしまは負けないsign01 We Love ふくしまsign03 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

地元紙から

今日も細野原発相がインタビューで、放射能に汚染されたがれきの中間貯蔵施設について「原発内に高い放射線量のがれきが相当あり、簡単に持ち出せない。中での処理をある程度考えなければならない」と述べたようですが、東京電力福島第一原発内のものは仕方ないとして、それ以外はどうするの?

昨日の地元紙『福島民報』さんに載った記事
計画的避難区域ルポとして、共同通信が8月下旬に福島原発の20キロ圏外の浪江町、飯館村などを車で走り、線量を測定した結果が載っていました。
峠付近で最高線量に 浪江町赤宇木の手七部地区の399号国道上。付近に数軒の民家はあるが、住民はすでに避難し、辺りは静まりかえっていた。地上1メートルで計測すると今回の取材で最高の毎時40マイクロシーベルトに達した。単純計算で年間350マイクロシーベルト。避難区域設定の年間20マイクロシーベルトをはるかに上回る。さらに道路脇の林に分け入り腐葉土に測定器を近づけると毎時90マイクロシーベルトにまで達した。・・・・・
ここまで福島民報記事の一部引用

赤宇木は昨年国道399号を走ったときのこの場所
http://fuku-ozisan.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-f223.html

4枚目の写真のおにぎり(399号国道標識)の下の地名が赤宇木

山の除染が問題になっています。

山の除染は出来ないのではと言われています。でも、山の除染ができないと、放射線を含んだ水等がいつまでも残り、山里に流れてくるのではとも言われています。

野田新総理、期待していいのかな?
 

同じ福島民報の9月2日付あぶくま抄から
大震災で甚大な被害を被ったいわき市の沿岸部に、津波の影響をほとんど受けなかった地区が点在する。平藤間、平下神谷、四倉町下仁井田などで、海岸線の松林が防波堤代わりとなった。「防潮林」にまつわる歴史が市暮らしの伝承郷の研究で浮かび上がる。
 松林があるのは、昔から波が荒くて漁業に向かないとされ、漁港のない地区だ。元和8(1622)年、磐城平の藩主となった内藤政長は、こうした地域には田畑を広げる方針を打ち出す。塩気を含んだ海風や高潮から農地を守るため植林事業に力を入れた。
 松林の保護に向け、並々ならない熱意を注ぐ。枯れたら春に植え替えるよう命じ、番人を任命した。樹木を引き抜いたりすれば「牢[ろう]舎20日間」の罰が待ち受けた。田畑の下に根が入り込むこともあるが、根を切れば田畑取り上げという厳しい処分を課す。
 松林は成長し、約400年後の住民を守った。今度は大震災を体験した私たちが未来に何を残すかを考える番だ。市の復旧・復興計画検討委員会は提言の素案をまとめた。岩手県陸前高田市のように、海近くの松林が大半流された地域もある。今後、具体化する防災対策の議論で英知が問われる
ここまで福島民報の記事より引用

400年後とは言いませんが、10年・20年後の福島県民を考えた対策をお願いしたいものです。

本日は2本立てです。

ふくしまは負けないsign01 We Love ふくしまsign03 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

桃?

いただいた桃をおすそ分けで頂きました。
したがって、名前が判りません。

生産者の方も、この品種は3本しか植えていないので市場には出荷はしていないとのこと。

外観はこんな感じ

Ph20110904a
黄桃系と思える色

中味はこんな感じ

Ph20110904b
黄色の果肉に、さしのようなのが入っています。

味は、甘~~~いです。

今頃の時期で、黄桃系だと黄金桃(おうごんとう)かな?
自信がないです。

生産者から頂いたかたは名前を聞いたらしいのですが、名前を忘れてしまったとのこと。

黄貴妃(おうきひ)なる桃もあるようなのですが、黄貴妃は9月中旬収穫のもっと遅い桃らしいですし?

謎の桃です・・・・・でも美味しいく頂きました。

ふくしまは負けないsign01 We Love ふくしまsign03

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月 3日 (土)

大曲の花火 映像

一応自分でもビデオを持って行き撮影したのですが、桟敷席が打上げ場所の真ん前で近すぎて全体が判らないので、YouTubeに投稿された、大曲の花火の映像ですばらしい映像を集めてみました。

自分がいつでも見れるための全集と言ったほうがいいかも知れませんね。

まず
大会提供花火「奥州曙光」


内閣総理大臣賞
長野県 株式会社紅屋青木煙火店さん

創造花火の部優勝 愛知県 株式会社磯谷煙火店
   『今夜、どこかのBARで~男と女の物語~』



10号割物の部優勝
山梨県 株式会社山内煙火店さんは、konyさんのブログ記事を見ながらご覧になると、なぜこの花火が優勝になるか理解しやすいと思うので。

konyさんのブログは----->こちらから

昼花火スターマイン



フィナーレ 10号割物30連発  


↓これは、しゅうちゃんが撮影したフィナーレです。私の場合、映像は?ですが、10号割物花火が開くと桟敷席が揺れるのが判ってもらえるかと思うので、よかったら見てください。いざないの街の歌詞付きです。


福島県民歌は?ですが、なぜか秋田県民歌が歌える私。


来年もくるぞ大曲!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年9月 2日 (金)

田沢湖高原温泉郷「アルパこまくさ」

訪問日 2011年8月28日 午前7時30分

この施設についてHPでは、

『田沢湖高原の中核施設として、平成18年6月1日に新しくオープンしました。
自然ふれあい温泉館、秋田駒ヶ岳情報センター、及び駒ヶ岳火山防災ステーションの3つの施設からなります。
旧駒草荘跡地にあり、広さ11.3ヘクタールの敷地に、山小屋風の木造平屋造りの建物のほか、散策路、ミニパーク、240台駐車可能な駐車場が配置されています。登山時は、ここでバスに乗り換えると便利です。』

とあります。

大曲の花火大会の翌日は、私のような者が多いのか、お風呂は朝7時から食堂も朝9時から営業とのことで、今回初めて訪問しました。

私が着いた7時30分頃でも駐車場には50台以上の車が停まっており、大半が秋田駒ケ岳へ登山される方の車のようです。
Ph20110831r
(秋田駒ケ岳とアルパこまくさ、登山の準備をされている方。シャトルバスは結構乗っていました。)

お湯の泉質は単純硫黄泉で、動脈 硬化症、高血圧症、慢性皮膚病、慢性婦人病、糖尿病に効能がありとのことで、源泉掛け流しのようです。

自動販売機で入浴券を購入して入ります。

内風呂は硫黄泉特有の白濁したお湯で、気持ちよかったです。カランも10ケ所以上ありました。硫黄の香りもさほど強くなく、湯船にゆっくり浸かることができました。
さて露天風呂へ。

 外へ出るなり、田沢湖が目に飛び込んできます。半分は目隠しがされています。本当に良い景色。露天風呂に入りながら田沢湖を見ていると、時折吹いてくる風が心地よかったです。
こんな朝早くから利用のお客さんが途切れないので写真が撮れませんでしたので、パンフレットでご覧ください。パンフの写真のとおりでした。
Komakusa001
Komakusa002
  (クリックすると拡大します)

温泉館開館時間
9時~19時(受付18時まで)
※定休日以外の木曜日、及び毎週金曜日は18時まで(受付17時まで)
入湯料
大人500円 小学生300円(小学生未満は無料)
休館日
5月・6月、9月・10月:毎月第3木曜日
7月・8月:無休
11月~翌年4月:毎週木曜日(※年末年始は無休)


お風呂上りに休憩室で少し休んだあと、駐車場でこの景色を見ながら朝食をとりました。
Ph20110830g
前日に買っておいたパンを食べようと思ったら、パンの包装がパンパンに膨らんでいました。???
Ph20110831s
たぶん?高度が高くなったから?かな。

いいお湯でした

ふくしまは負けないsign01 We Love ふくしまsign03

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)

青森へ(2)

9月なってしまいました。
福島市内も原発事故の影響で例年より1週間程遅く今日から小学校が始まりました。台風は来ている。総理大臣は替わった。etc
そんな中、今しばらく大曲関連にお付き合いください。


久しぶりの青森県弘前近辺。2007年春、弘前の桜見物以来ですね。


11時25分 道の駅『いなかだて』着

初めて訪ねる道の駅です。地元産の野菜直売所も広く、車も沢山停まっていました。ただレストランが別建物に。詳しくは後日。
Ph20110831a
(3桁国道が3車線なんて、私の地元ではありえません)


11時40分 道の駅『いなかだて』出発
目的地の田舎館村(いなかだてむら)役場まで1㎞程です。


11時45
分 田舎館村役場到着
なぜここへ?
これを見るためです。ジャンジャジャ~ン。
Ph20110831h 
え!何? 失礼しました。




Ph20110831c
田んぼアートです
Ph20110831d
竹の部分なんてどうやって稲を植えているんでしょう?
Ph20110831q
展望台への入場に20分位待ちましたかね。エレベータで4階まで、そこから階段で展望台へ。田んぼ何枚を使っているのか?1.5haとか、スケールでか!!!
実際、綺麗です。
ゆっくり見ていたいのですが、すごい見物のお客さんの数で、パンダ見物と同じで通路にそって歩き写真を撮ったら終わりで~す。と言われてしまいます。
Ph20110831e Ph20110831f
(私のうしろにも沢山の行列が続いています。入場無料ですが、田んぼアート継続のため募金のお願いがあります。入場料を徴収してもいいと思うのですがね)
Ph20110831g Ph20110831i
(黄色いおじさんが誘導しています。外の回廊を左から右へ田んぼアートを見ながら写真を撮りながら移動です。右側は田んぼアートの反対側の風景で岩木山が綺麗に見えています。)
Ph20110831j
(第15回ふるさとイベント大賞の大賞を受賞したようです)

福島からワザワザ行く人がいるくらいですから ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ すごいです!
下で見ると???ですがね。

NTT東日本さんがライブカメラを設置していますので、こちらからどうぞ(ちなみに夜は真っ暗です)
http://view.aomori.isp.ntt-east.co.jp/livecamera/tanbo_art/tanbo_art.html

上のHP右側にある平成14年からの模様で、今までの田んぼアートが見れます。なお、今年は10月1日までとのこと?。
Ph20110831vv Ph20110831xx
(入口で頂いたパンフレット。過去の田んぼアートの写真も載っています。クリックすると全ての写真が拡大します)

12時20分 田舎館村田んぼアート出発
青森訪問2つ目の目的地黒石市へ。
こみせ通り見学と焼きそばを食べるために黒石市へ。10分程で黒石市役所駐車場に到着。

12時30分 黒石市到着
こみせ通りもシャッター通りになってる所が多いように感じました。
Ph20110831l
Ph20110831k
「黒石焼きそば」と「つゆ焼きそば」が有名なので、今日のお昼は「やきそば」
やきそばのまち 黒石会はこちら----->http://www.kuroishiyakisoba.com/

Ph20110831m
太麺の焼きソバとのことですが、食感は焼きうどんかな?
すずのやさんで焼きそば400円、つゆ焼きそば500円と2人で900円のお安い昼食でした。
詳しくは後日報告したいと思います。
Ph20110831p
(黒石ねぶた祭りで使ったねぶた?観光客に見せるため?祭りの後の侘びしさを感じます)

今朝、道の駅せんなんを出発して、ここまで204㎞。さて帰りますか。

13時10分 黒石市出発
黒石ICから高速使ってもよかったのですが、道の駅ひろさきに寄ってみたかったので、国道102号を弘前方面へ。さらに国道7号を南下

13時50分 道の駅『ひろさき』着
この前は弘前城桜見物のときに何度か通っているのですが、もしかすると立寄るのは初めてかもしれません。桜見物のときは激込みと、早朝に弘前城駐車場に車を入れてしまうので。
お土産購入と嶽きみ他の野菜を購入。
Ph20110831n


14時20分 道の駅『ひろさき』出発
大鰐弘前ICから東北自動車道へ。
Ph20110831o
さすがに疲れがピーク。SAで休みを取りながら安全運転で南下。
震災の影響で、あちこちに不自然なアップダウンが残っています。
宮城県内に入ると交通量がアップ。さらに各IC出口では本線まで繋がっている状態。
飯坂ICは混むので、国見SAで出ようと思っていたら白石IC手前で「国見IC出口混雑」の表示が!
急遽、白石ICで高速を降りることにしました。(弘前IC~白石IC間344.2㎞)高速料金7300円も無料でした。

18時40分 白石ICから国道4号へ
出口渋滞なし。ここは国道4号線に直結しており、福島県境を挟んで混雑もなく福島まで40数キロを順調に帰ることができました。

20時30分 自宅着
帰宅してから夕食に出るのは億劫なので、外で夕食を済ましてから帰宅しました。


2日間で約900㎞弱(通常だと高速料金14650円)のドライブも終了。
大曲往復でも600㎞なので、300㎞余計に走ったことになりました。
さすがに疲れました。
次の日は、振替でお休みを頂いていたので、無理ができましたが、月曜日仕事だったら会社で寝ていたでしょうね。
相方も運転してくれると有難いのですが、でも横でドキドキしながら乗っているのもね・・・・・
やはり自分で運転した方が楽かな?

ふくしまは負けないsign01 We Love ふくしまsign03

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »