« 大曲の花火 あと20日 | トップページ | 第33回ふくしま花火大会 »

2011年8月 7日 (日)

京都大文字の護摩木

テレビで気になるニュースを見て、投稿せずにはいられなくて、3日連続の1日2回投稿になってしまいました。

 

msnニュース ----->  元ニュースはこちら

被災の松使う「送り火」取りやめ 放射性物質に不安の声

京都市で16日に行われる「五山送り火」の一つ「大文字」の護摩木として、東日本大震災の津波で流された岩手県陸前高田市の松を使う計画が、放射性物質の汚染を不安視する声を受け、取りやめになったことが6日、関係者への取材で分かった。

 大文字保存会は京都に松を運ばず、陸前高田市で迎え火として使う方向。代わりに、遺族が祈りの言葉などを書き込んだ松の護摩木を写真撮影して別の木に書き写し、大文字で燃やすよう調整している。

 京都市文化財保護課や同保存会によると、報道などで知った市民から7月に入り、「放射能汚染が心配」などの声が寄せられた。松から放射性物質は検出されなかったが、保存会は議論の末、8月に入って取りやめを決めた。

------ここまで

 

東海テレビのセシウムさんと、同じレベルでは?。

京都人の言葉には裏があるとよく言われますが、信用できませんね。

岩手の松がダメなら、福島のは・・・でしょうね。

元々ひねくれていましたが、よりひねくれてしまっています。

|

« 大曲の花火 あと20日 | トップページ | 第33回ふくしま花火大会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ggさん、ippuさん、hibochanさんへ
牛肉でもそうですが、安全と言われていても信用できないので、京都の人を責めることは出来ないのでしょうが?
責めるは東電か!?

投稿: しゅうちゃん | 2011年8月 8日 (月) 20時48分

自身昨日そのニュースを見て愕然としました。
大文字焼には ぴったりだと思ってましたが
残念です。

投稿: hibochan | 2011年8月 8日 (月) 09時07分

≪被災の松使う「送り火」取りやめ 放射性物質に不安の声≫
使用中止を決めたのは役所のようですね。
役所が風評被害を促進させているようでは困りますね。

投稿: ippu | 2011年8月 8日 (月) 08時23分

それだけ情報が錯綜してしまっているようです
そのデタラメをきちんと説明しても・・・
間違いの情報が多かったから 皆さん 本当のことまで 疑いを

それだけ政府もマスコミも悪いことを隠したツケでしょうか?

投稿: gg | 2011年8月 8日 (月) 06時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/52419090

この記事へのトラックバック一覧です: 京都大文字の護摩木:

« 大曲の花火 あと20日 | トップページ | 第33回ふくしま花火大会 »