« 宮城県道10号塩釜亘理線 | トップページ | 竹駒神社 »

2011年5月24日 (火)

金蛇水神社

21日、宮城県岩沼市の金蛇水神社(カナヘビスイジンジャ)を訪問してきました。

藤の花が有名で、名前も変わっていて一度訪問してみたいと思っていました。岩沼市も津波で大きな被害を受けていますが、この神社は山側で被害は少ないほうとのことでした。

花まつりと例大祭が重なっており、参拝客も多くハナトピア岩沼に駐車して10分位歩きました。

 

金蛇水神社由緒

金蛇神社の創祀はその水源の神としての性格からみると、この地方に人々が初めて足跡を記した悠久の太古にさかのぼるものと考えられる。御社名をめぐっては、次のような縁起が伝えられている。

 平安時代中頃一条天皇の御代、京都三条の小鍛冶宗近は、天皇の御佩刀を鍛えよとの勅命を受け名水を求めて諸国を遍歴してこの地に至り、水神宮のほとりを流れる水の清らかさに心をうたれた。

 早速、水神宮に祈願をし、炉を構えて刀を鍛え始めたが、カエルの鳴き声で精神統一ができず、よい刀が打てずにいた。そこで宗近は巳のお姿をつくり、田に放ったところカエルはピタリと鳴き止んだ。無事素晴らしい刀を鍛え上げることができた宗近は神への感謝のために巳のお姿を献納し都に帰った。

以来、水神宮ではこれを御神体と崇め、社名も金蛇水神社と称するようになったと言う。

Ph20110523a  Ph20110523c

↑左 正面鳥居 右 樹齢300年といわれ、一名「九竜の藤」とよばれる巨大な藤。残念ながら藤の花は終わりに近かったです。

Ph20110523b  Ph20110523d

↑左 本殿 右 蛇紋石(蛇石) 中に蛇の紋様が浮かぶ石で、境内に沢山ありました。皆さん撫でていきます。クリックして拡大すると石の本物の蛇がいるように見えます。最初はリアルすぎて触れませんでした。

Ph20110523e  Ph20110523f

Ph20110523g  Ph20110523h

↑境内前にある牡丹園、今年は無料で観覧できました。

金蛇水神社のホームページは--->こちらから 

 

ふくしまは負けないsign01 We Love ふくしまsign03

|

« 宮城県道10号塩釜亘理線 | トップページ | 竹駒神社 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

hibochanさんへ
農作業されのですから蛇さんには遭遇されるのでは?
私、ニョロニョロ系は全てダメです。
ヘビ、ミミズ、etc
したがって釣りができません。餌を付けれませんから。
今回は石だと言い聞かせ触ってきました。

投稿: しゅうちゃん | 2011年5月25日 (水) 22時40分

恐ろしい名前の神社どうも蛇は 苦手
でも藤 ボタンがきれいです。

投稿: hibochan | 2011年5月25日 (水) 17時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/51751838

この記事へのトラックバック一覧です: 金蛇水神社:

« 宮城県道10号塩釜亘理線 | トップページ | 竹駒神社 »